FC2ブログ

コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

27 2018

ジャンプ8号感想

僕のヒーローアカデミア
「焦凍 おまえは自慢の息子だ ならば俺もおまえが胸を張れるようなヒーローになろう 父はNO.1ヒーロー…最も偉大な男であると」
息子の成長を見守り、かつてのライバルと言葉を交わしたことで、エンデヴァーにも心境の変化があった。もともと実力はピカイチなのだから、今後は彼もまた新しい「最高のヒーロー」を演じるのだろう。
「彼が本性を現し始めたんだ」
いつもより増して、異常な行動を取り出した青山!彼の本性は…ガチホモ!?(違う)
何にしろ、人の部屋のベランダに侵入してるのはダメだろ!デク逃げて~!!


新連載 アクタージュ
「こいつ本当に今悲しみの中にいやがる」
夜凪は、あまりにも悲しいので、呆然として打ちひしがれている演技をしているんなんだな。
「このネギソードのサビにしてくれる」
首領パッチソード!?
「それにバイトもクビになってしまったの」
「えーまたー!?」
夜凪は、バイトクビの常連らしい。家族の前では明るいけれど、外では愛想がないのかな?
「メソッド演技」
この作品では、こういう演劇の専門用語をわかりやすく読者に伝えることもテーマなのかな?せっかく原作者が別でついているのだから、しっかり取材して、知識を作品に生かしてほしいな。
「役者になることがあの子の幸せになるの?」
スターズの社長は、夜凪が役者になるのは危険だと考えた。確かに危なっかしい子だけれども、そういう子を正しく導くことこそが、大人の責任ではないだろうか。それに、このオーディションで不合格にしても、他の事務所で拾われる可能性は考えないのか?
「スターは作り上げるものよ」
そんなジャニーズ事務所みたいな経営方針なの?才能以上に持ち上げられたところで、いつか己の限界を知って絶望することだろう。その結果として世間からのバッシングを受けさせることこそが、不幸なんじゃないの?
「どう?自然に笑えてるでしょ?」
急にギャルっぽくなった!きっと、家族以外の周囲の人からは、ものすごく情緒不安定な子だと思われているんだろうな。
「役者さんにならないならおねーちゃん怖い」
仮に役者さんでも怖いよ!演技とか関係なく、実生活でもコロコロ性格が変わるんだもの!!
「すまないが一緒に来てくれないか」
なんで若手俳優が、新人発掘オーディションの候補者を事務所に招待する運転手役に成り下がっているんだ?百歩譲っても、マネージャーとかがやる仕事なんじゃないか?
「この子は何を言っているんだ?」
それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?(魁!!クロマティ高校
ほぼ初対面の男相手に、唐突に昔話を始めても意味不明だろ!質問の答えになってないし!
「夜凪さんを見て確信しました 私は本物になれないって」
役者を夢見ていた赤井ヒカリをドン引きさせた、夜凪の演技。演技だけにとどまらず、一流の表現者は狂気すら感じさせるものだ。
「睨み合っての臨戦状態!!」
腰を落として身構える様子で、場の空気を一変させるほどの緊迫感を出す演技をしたのは立派だった。自分だけではなく、周囲を巻き込む存在感は、まさに主役といっていい名演技だ。
「バカね!女優が戦う芝居してどうすんの!?求められてるのは怯えた芝居でしょ!!」
自分がどんな芝居を求められているか考えた上で行動しているのは賢いな。でも、ただ怯えるだけじゃあ動きがないから、逃げ出したり、腰を抜かしたり、どんな動きをするかが重要なんだろう。
「え 立ち回り演じるの!?」
夜凪の演技に反応して、隣の子の前に腕を伸ばして野犬からかばう演技をしたのはいいアドリブだね。
「分かる 野犬は今にも彼女に飛びかかる!!私はそこを叩けば良い!!そこが私の見せ場!!」
夜凪の演技がすごいのもあるけど、自分がこの後どんな演技をすれば見せ場ができるか理解できるこの子の感覚もすごいんだろうね。
「ナメていた…一体どんな半生を送れば…創造の産物をここまで…!!」
想像上の野犬との死闘を演じる夜凪!想像上の巨大カマキリと死闘を演じたバキみたいだな。
「私の家族に何するの」
想像上の野犬とはいえ、戦いに勝利した夜凪。いま流行りのバトルヒロイン路線でもいけるな。
「嘘みたいね おねーちゃんが落ちるなんて」
完全に夜凪の独壇場だったのに、あの中のいったい誰をグランプリに選んだというんだ?
「黒山墨字 映画監督だ お前は?」
「夜凪景 役者」
まさに芝居じみたやりとりだな。ここで自分は役者だと即答できるところが、彼女の意志の強さを表しているね。


約束のネバーランド
「…“電話”?」
ゴールディ・ポンドの先にあったのはエレベーター。それ起動させたら、かかってきた電話。いよいよ、ミネルヴァ側の人間からの言葉が聞けるのだろうか?


鬼滅の刃
「ガアアアァアア!!!
額の痣が炎のように変化し、鬼神のような力を発揮する!この力はなんだ!?
「内臓の位置をズラすなんてお茶の子さいさいだぜ!! 険しい山で育った俺には毒も効かねえ!!」
生きとったんかワレ!!(by漫☆画太郎
致命傷のはずが、心臓の位置を動かすというファインプレーで生存だ!でも毒は効いているみたい!!
「逃げろ――――――――ッ!!!」
全員の力を結集して勝った。…はずだった!
掴み取ったはずのわずかな希望すらも打ち砕かれた!満身創痍の面々を襲う毒の刃!あまりにもしぶとい上限の鬼!


トマトイプーのリコピン
「やたら上手くて詳しいねめめちゃん…」
「ちょっと引く」
「引くの!?」
めめちゃんはクレーンゲームが得意!勉強はちょっと苦手だけれど、結構頭が良いんだよね。特に詐欺まがいの商法に関しての知識はピカイチだね。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 23:19 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

27 2018

ジャンプ7号感想

とりあえず、書いた文だけ。
また後日、追記します。


僕のヒーローアカデミア
「いつまでも見下したままじゃ自分の弱さに気付くけねェぞ」
かつての自分のように、周囲の人間を見下して、自分の殻に閉じこもっている少年にアドバイスを送る爆豪。彼もまた、ヒーローとして少しずつ成長しているのだ。


新連載 BOZEBEATS
心霊+近代兵器のバトル漫画。現代版「仏ゾーン」といったところか。
狼に育てられた少年が、流暢に言葉を操るところには疑問を感じた。文字は読めないし、一緒に話す相手もいないのに、どうして会話だけはできるんだ?


鬼滅の刃
「コイツ!!あの瓦礫から抜けやがった!!」
ボロボロになりながらも、千載一遇のチャンスを逃すまいと飛び出してきた善逸!堕姫の頚を神速で狙う!!
「「譜面」が完成した!!!勝ちに行くぞォオ!!!」
絶体絶命のピンチに、復活した宇髄!三刀流のゾロのように、武器を口にくわえてやってきた!!そして、ようやく「音」柱らしいセリフを吐いたぞ!!
「斬る!!頚を斬る!! 諦めない絶対に斬る!!」
毒の刃で貫かれても、決して折れぬ固い意志!執念の刃よ、鬼へと届け!!


約束のネバーランド
「生き残ったのは僕だけだ」
実は生きていたオジサンの仲間、ルーカス。ひたすら隠れて生き続け、密猟者への復讐のチャンスをうかがっていた。

Posted by seiji | 21:07 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

12 2018

ジャンプ6号感想

僕のヒーローアカデミア
「私の目指した象徴を君もなぞる事はない」
平和の象徴と呼ばれたオールマイトですらも、すべてを救ってきたわけではない。エンデヴァーなりのナンバーワンヒーローを演じていけばいい。かつてのナンバーワンは、等身大の自分を大事にするように助言した。
「来いよガキ共 相手してやるぜ」
交渉でなんとかしようとしたものの、全くうまくいかずに破談に!こうなったら個性をぶつけあうしか道は無い!全く大人げの無い戦いが始まる!


約束のネバーランド
「やっぱりあなた女の子!」
いろいろとエマの面倒を見てくれたボーイッシュな子の名前はヴァイオレット。女性名であることから、エマは彼女が女の子であると、ようやく確信する。ずっと男言葉でしゃべっていたからね。
「他の農園の出身者は君を含めても3人だけだ」
「グレイス=フィールド出身はあなたが初めてよ」
この発言で、ここにノーマンがいる可能性は無くなった。ちょっと期待していただけに、残念だ。
しかし、エマ以外の「他の農園の出身者」が誰なのかは気になるな。
「密猟者(やつら)を殺す!一匹残らず!!」
進撃の巨人のエレン並みに、密猟者に対する激しい殺意を吐き出すオリバー!この惨劇を終わらせるのは俺たちだ!
「密猟者(やつら)を殺し皆で人間の集落へ逃げる」
オリバーが安息の地として挙げた「人間の集落」。それはこの近くにあるのか?彼はどうやってその情報を手に入れたのか?
「初めまして 僕はルーカス」
杖をついて現れた男性の名はルーカス。かつてのオジサンの仲間。シェルターに逃げたオジサンとは違って、彼は猟場に残って、密猟者への反撃の機会をうかがっていたのだ!


鬼滅の刃
「伊之助ーッ!!!」
堕姫の頚を抱えて猪突猛進!元気に走っていた伊之助の胸を貫いたのは、非情なる妓夫太郎の刃!
「なんでアイツがこっちに… 宇髄さんは…… 宇髄さん」
死んでるーっ!
腕を斬られ、血だまりの中に横たわる宇髄!あの派手好きな男が、こんなに地味に死んでしまうのか!?
「幸せかどうかは自分で決める 大切なのは“今”なんだよ 前を向こう 一緒に頑張ろうよ 戦おう 謝ったりしないで お兄ちゃんならわかってよ 私の気持ちをわかってよ」
死の淵で、妹の夢を見る炭治郎。謝らなくていい。思い通りにならなくたって、幸せになるために頑張る。下を向いて立ち止まっているくらいなら、前を向いて歩き出そう。どこまでも前向きな妹の言葉に、背中を押される長男。
「みっともねえなあ みっともねえなあ お前ら本当にみっともねえなあ 特にお前は格別だ」
鬼殺隊、全滅。そして、唯一意識のある炭治郎を侮辱する妓夫太郎。悪趣味なヤツだ。
「クナイ!!頭突きと同時に刺された」
絶望的な状況でも、決してあきらめなかった炭治郎!自慢の石頭と、奥の手のクナイで、千載一遇のチャンスを作った!
「なぜブレない!!」
絶望なら何度だって味わってきた。だからこそ炭治郎は、決して諦めない!偉大なる長男の刃よ、妓夫太郎に届け!!


読切 eの原点
話の流れはベタなんだけれども、ご都合主義な展開が目に付いて、イマイチ楽しめなかった。
何よりも、主人公が格ゲーの全国大会決勝で優勝してしまう理由付けが薄い。話のオチとしては順当なんだろうけど、格ゲーという、運よりも技術と知識が重要な競技で、トッププレイヤーのヒロインに一回勝った程度の主人公が優勝してしまうなんてありえない。
また、ゲームと勉強の両立をしているヒロインに感銘を受けた後に、主人公が勉強に対して努力している姿が全くなかった点にも違和感を感じる。結局、勉強せずにゲーマーたちと一緒にずっとゲームしていたヤツが最後に勝つの?じゃあヒロインの努力は何だったの?


新年ショートギャグフェスタ2018
「ツヨシは強すぎ優しすぎ」は、タイトルに反してツヨシの強いところも優しいところも描写されず、体がガチムチなツヨシにドン引きするアカネ先生の方が印象的だった。
「なかまんが地獄変」は、絵柄はまずまず可愛いけれども、肝心のネタはありふれたものでつまらなかった。
「起承転結のヤツ」は、カードゲームにお金を使いすぎて、キャッシングが焦げ付いてカード破産する寸前のネタがリアルで面白かった。
「メタルメンタル目田くん」は、メタルメンタルなのはいいけれど、だからといってKYな行動を連発する理由にはならないので深く反省してほしいと思った。
「月影の守護騎士」は、注文にまごつく客を演じた練習太郎にキレて串刺しにするシーンが、勢いがあって面白かった。
「BENRIMAN」は、明らかに異常な松田の体のことを「便利」という一言で片付ける友人の狂気が恐ろしかった。
「亜空間先輩」は、ジョジョを知っている人にとっては亜空間といえば「亜空の瘴気ヴァニラ・アイス」のイメージが強いなあと痛感させられた。また、消え方が切ないところがちょっと面白かった。まるで死んだみたいだ。
「思春期ルネサンスダビデ君」は、ヒロインのヴィーナスさんだけ萌え系の絵柄なので、少し意表を突かれた。


トマトイプーのリコピン
「戸棚にカステラあるよ」
めめちゃんの家の居候としてすっかりなじみ、VRゲームで遊んだり、洗濯をしたり、戸棚のおやつ管理までこなしているリコピン。めちゃめちゃ順応性高いな!
そして、ただ遊ぶだけじゃなくて家事を率先してやっているところは偉いな!

Posted by seiji | 21:25 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

04 2018

ジャンプ4・5号感想

僕のヒーローアカデミア
「特例受け直しオケオケとか超懐でまじ足向寝ゲンキン よろぴー」
独特のケミィ語で、仮免講習を受けられる喜びを語るケミィ。特例で受け直しを認められるなんてすごく懐が深くて、本当に足を向けて寝られないです、よろしくと言いたいのだろう。
「ケミィは底抜けに阿呆である」
敵連合は、ケミィが阿呆であることをリサーチした上ですり替わったのか。敵連合にまで知れ渡っているとは、ケミィの阿呆っぷりはすごいんだな。
「今日も懲りずに揃ったか あの温い試験にすら振るい落とされた落伍者共め」
仮免講習の担当教官は、ギャングオルカ!その怖い外見通りの鬼教官っぷりで、ヒーロー志望者を熱血指導だ!
「市立間瀬垣小学校の皆さんだ」
講習の内容は、まさかのマセガキのお守り!学級崩壊しまくりのモンスターチルドレンを攻略せよ!
「いるんですよねェ そうやって頭ごなしにどなってれば思い通りになると思ってる大人… ま 響きませんよね」
物知り顔で語ってくるキザなマセガキ登場!超うぜぇ!!
「貴様は特例だ 本試験で見極められなかった あと恐らく駄目そうだ」
「何それ マジ憤怒」
ケミィの扱いが雑なギャングオルカ!さすがにケミィも怒ってるぞ!
「まァいーやあたし子ども好きだし」
ありとあらゆる男たちが大好きな最終兵器「おっぱい」で男子を攻略しようとするケミィ!しかしそれは、嫉妬する女子たちの怒りをも買ってしまう諸刃の剣!!
「ショウくんタブらかしてんじゃね-よ」
「ムシしよムシしよムシしよ」
女のイジメは陰険だ!出る杭は打たれてしまうのだ!!
「わーマジ年頃」
意外と冷静な目で女子たちの様子を見ているケミィ。彼女にもこんな時期があったのだろうか。
「先生 ご安心を」
「シャチさん」
ギャングオルカと先生の間でロマンスが生まれそうな雰囲気だな。先生の「シャチさん」呼びが、ちょっと可愛いな。
「元No.1ヒーローよ 平和の象徴とは……何だ」
己のヒーロー活動に疑問を感じるエンデヴァー。珍しく弱気な彼はオールマイトに問う、新たなる平和の象徴として、自分に足りないのは何かと。


約束のネバーランド
「落ち込んでんの? こんなもんだよ 毎回必ず誰かが死んでいく」
日常的な死。それに慣れきった他の子供たちは冷淡に見えるほど落ち着いているが、まだここに来たばかりのエマにとっては衝撃だった。嘘で美しく死を覆い隠した農園とは違って、ここでは死の恐怖が眼前に突きつけられているのだ。
「我が名はレウウィス」
帽子をかぶった鬼の名前はロウウィス。雑魚狩りを好まず、敵意を持った獲物との駆け引きを楽しもうとする狩人だ!


鬼滅の刃
「頚 頚 頚!! くっつけらんねえように 持って遠くへ走るぞ!!」
猪突猛進!三人がかりで堕姫の頚を斬ることに成功!
おまけに頚を持ったまま走り去るなんて、伊之助なりに頭を使ったんだな!


読切 ワンピースショート!
「扉絵」は、テンションガタ落ちの麦わら一味の表情がなかなか面白かった。率先してゴミを片付けるロビンの女子力の高さもポイント。
「コビー似の小日山」は、周囲の人間たちのコビー扱いがひどすぎて、もはやイジメのレベルだった。先生が勝手に海軍将校を進路に決定しちゃダメだろ。
「ニコ・ロビンの楽に生ぎたいっ」は、ズボラなロビンと、執拗な「生ぎたいっ」押しが面白かった。
「どこでもクロッカスさん」は、出オチな人選と、意外とうまい絵が面白かった。
「ゴーストプリンセスペローナちゃん」は、可愛い絵柄と、生活感あふれるペローナの一人相撲が面白かった。
「ワンピース地獄編」は、完全に怪獣と化したチョッパーが気持ち悪かった。
「部屋探し」は、あえてワンピースキャラを出さずに二人のトークだけで完結させているのが、なかなかうまいと思った。


トマトイプーのリコピン
「お願い!なんでもするからぁ!もう都知事との2ショットネタ言わないからぁ」
さすがに連発しすぎだと、リコピン自身も思っていたのか。小池都知事も、もういろんな意味で賞味期限切れだからね…。

Posted by seiji | 22:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。