コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

29 2017

ジャンプ8号感想

僕のヒーローアカデミア
「帰りたい………!」
みんなの前で話すのが苦手な天喰!顔は怖いが小心者!
「どの子も皆気になるところばかり!不思議」
トップ3の紅一点の波動さんは、人に質問しといて答えを待たずに他の人に話し出すこまったさん!
「前途ー!!!? 多難ー! っつってね! よォしツカミは大失敗だ」
何の根回しもなしに、妙なノリを強要する通形!この三人、誰一人としてまともに会話が通用しない!
「君たちまとめて 俺と戦ってみようよ!!」
御託はいいからかかって来い!先輩たちの力を見せたるわい!トークよりもバトルで語ろうぜ!
「おまえらいい機会だ しっかりもんでもらえ その人…通形ミリオが俺の知る限り 最もNo.1に近い男だぞ プロも含めてな」
5秒で10人近くを無力化!その圧倒的なスピードと、すり抜ける「個性」には驚愕するしかない!この男を攻略する方法は、はたしてあるのか!?


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第八十三話では、話が一気に二年後へと飛び、イギリスでダンスの大会に出場する土井垣たち、東京でダンス教室の講師として働く八巻たち、そして競技ダンス部の部長になった土屋たちの姿を描いた。この作品も、ついに最終回に向けて動き出してしまったか。


約束のネバーランド
「制御できているのなら問題ありません かつての私のように」
イザベラも、子供のころに脱走を企てたことがあった!それを阻止したのがグランマ!
おそらくそのころのイザベラは、発信機の存在を知らなかったのだろう。そのせいで、塀の上まで登ったところで捕まってしまったのか。
「負けていた 最初から私に勝ち目など」
結局は、イザベラを引きずりおろそうとしたことが、シスター・クローネの死期を早めてしまった。皮肉だが、勝ち目のない戦いなどせずに、淡々とイザベラの部下として職務を全うすることが、彼女が生き延びる唯一の道だったのか。
「あれはただのペンじゃない」
殺されるかもしれないという危険を感じて、クロ-ネが引き出しにしまっておいたペン。それは、鬼と対等に話す人間が落としていったペンだった。
「このクソみたいな世界をブチ壊せ!!」
死を押し付けあう日々の中で、必死に生き抜いてきたクローネ。しかしその最期は、彼女が仲間たちに押し付けてきたのと同じように、鬼の手によって胸に花を突き刺されて死んだ。
「行こう 下見を終えれば脱獄だ」
レイがママと話しているスキに、下見を決行だ!脱獄の日は近い!!


読切  GOLEM HEARTS
ゴーレムバトル漫画。「たぶん主人公はゴーレムなんだろうな」と思って読んだら案の定で、意外性はなかった。
物語の重要な情報を台詞で説明しすぎなのの気になった。やはり、漫画は絵で語らないと。


読切 Whim
手塚賞準入選受賞作。でも、あまり面白くなかった。
ぼっちの男子高校生の妄想をそのまま漫画にしたような作品だった。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:17 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

22 2017

ジャンプ7号感想

僕のヒーローアカデミア
「キレると人語忘れちまうのかよ… 雄英ってまだ知らねーことたくさんあるぜ…」
始業式でバウバウ吠えて雄たけびを上げてしまったハウンドドッグ先生!生活指導担当なのに、自制心が足りないよ!!
「体育祭の頑張りは何だったんですか!!?」
体育祭以外での、ヒーローとしての自己アピールの場、ヒーローインターン!仮免取得により校外でヒーロー活動ができるようになったため、一年生の彼らも参加することができるようになった!
「たった一日ですごい置いてかれてる感………!!!」
ケンカの代償!授業に出れなかったせいで会話の内容が理解できず、疎外感を覚える緑谷!ああもう!
「元気な一年生って君だよね!?」
突然、壁や地面に現れた人面!怖いわ!でも、のぞきに重宝しそうな個性だな!
「通称 ビッグ3の皆だ」
この前の突然人面男は、雄英のトップグループの一員だった!?
この、MOTHER3のリュカみたいなシンプルな顔の男が、いったいどれほどの力を持つというのか?とりあえず、体はムキムキだけれども!!


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第八十二話では、三年生の引退と二年生への引継ぎ、そして次からは後輩を持つことになる土屋たちの不安と期待を描いた。
たくさんの人と出会い、たくさんの力をもらった。でも一番は、パートナーのわたりさんの存在だった。彼女となら、どんな困難でも向かっていける。さあ行こう、次のダンスステージへ!


約束のネバーランド
「残念だけどそういうことね さようなら」
ママがシスターに手渡した、本部からの手紙。その内容は、シスターにとって驚きの内容だった?
手紙は未開封だったのに、なぜママは手紙の内容を知っている様子なのか?そして、「さようなら」の言葉の真意とは?


読切 忌の重倶郎
悪役のヤンキーが、女でも平気で殴る腐れ外道なのでイラッときた。
ヒロインは今時流行りの歴女で、結構かわいかった。歴女であることを恥ずかしがっているところがポイント。

Posted by seiji | 21:04 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

15 2017

ジャンプ6号感想

僕のヒーローアカデミア
「以前と違って真っ当にライバルっぽくなった」
プルスウルトラ!力を自分のものにして、オ-ルマイトを超えるヒーローになる!!闘いを通して、お互いに共通する意思を確かめ合った二人!!!
「相澤くん待って 捕縛待って」
喧嘩両成敗!勝手に抜け出して、ケンカしてボロボロになった二人にキツいおしおきだ!!
「二名!!そちら仮免落ちが二名も出たんだってえ!!?」
鬼の首をとったかのように、ここぞとばかりに煽りに来る物間!ひどい顔芸だ!!
「B組物間!相変わらず気が触れてやがる!」
こいつはほんとにヒーロー志望なのかと疑いたくなるくらい、性根が腐っている物間!自然と、彼に対する言葉も汚くなる!!
「こちとら全員合格 水があいたねA組」
わりと地味な「個性」持ちもいたのに、B組は全員合格だって?きっと、担任のブラドキング先生の指導のおかげだね。
「ブラドティーチャーによるゥと 後期ィはクラストゥゲザージュギョーあるデスミタイ 楽シミしテマス!」
トゥギャザーしようぜ!(ルー大芝
角が生えた女子というだけでも個性的なのに、角取ポニーちゃんはルー語っぽいカタコト日本語を操るアメリカ人なのね。
「まさしく君の後継にふさわしい人間がいる」
校長が「オールマイトの後継にふさわしい」と太鼓判を押す、優秀な生徒がいた!オールマイトったら、校長の推薦を無視して、勝手に緑谷を後継者にしちゃったのね!このせっかちさんめ!


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第八十一話では、激闘を終えて、それぞれの決意を新たにする様子を描いた。全力を尽くしても、なお王者にはかなわなかった。悔しさを胸に、八巻はプロダンサーへの道を歩むのだろうか。


約束のネバーランド
「言葉だけじゃないのよ 情報は」
シスターのほうが一枚上手だった!さすがは今まで生き残っていただけあって、彼女の知略は子供たちの予想以上のものだった。
「そろそろ 頃合かしら」
しばし静観していたママも、ついに動く!子供たちを、シスターを泳がせて、ママはどんな作戦を練っていたのだろうか?


読切 はるよ、こい!<後編>
ヒロインの涙の理由がひどい。応援したサッカー部が負けただけなんて・・・。
結局、2話にまたぐ必要性を感じられなかった。構成次第で、もっと短くまとめられたんじゃないか?

Posted by seiji | 21:29 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

04 2017

ジャンプ4・5号感想

僕のヒーローアカデミア
「人気投票結果発表ー!!」
1位は爆豪。2位には緑谷、3位が轟。順当な結果だろう。主人公のライバル格が1位になるのはよくあることだから。
女子メンバーに限定すれば、1位が耳郎、2位が梅雨ちゃん、3位がお茶子。耳郎が1番人気なのは意外だった。サバサバした性格で男女関係なく好かれるタイプだからかな。
「使えないとは言ってない!!」
シュートスタイルでキックの印象を植え付けておいてからの、とっておきのパンチ!その狙いはズバリ的中!爆豪の頬にめりこむ拳!
「敗けるかああああ」
敗北を目の前にした爆豪の叫び!それはプライドというよりも、意地と呼ぶべき野蛮なものだったのかもしれない。しかしその意地が、限界のその先の力を呼び起こした!プルスウルトラ!
「俺の勝ちだ」
激戦の末に、勝利したのは爆豪!しかし、どこかむなしい。
「そこまでにしよう 2人共」
2人の戦いを見届けたオールナイト。そして、自分の不備を詫びる。
「すまない 君も少年なのに」
爆豪の強さだけではなく、弱さにも目を向けるべきだった。未熟な新米教師の後悔。
「ここだけの秘密だ」
お互いの気持ちをぶつけあって、不器用ながらもわだかまりを解消した二人。秘密を共有して、新しい絆を紡ぐ。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第八十話では、「最速のダンス」ジャイヴで躍動するダンサーたちの姿を描いた。誰もが頂点を目指し、華麗に踊る。その情熱は、会場を熱狂の渦へと誘う。


約束のネバーランド
「私と組まない?」
シスターからの勧誘。それは、共通の敵であるママを出し抜くための共闘の申し出だった。しかし彼女はあくまで自分の利益のためだけに動いているのであり、まったく信用できないが…。


読切 Canvas
ある意味、哲学的な漫画。絵さえ見なければ、最後まで真面目に恋愛漫画していた。首から上と、腰から下しかない体の絵は「キモイ」としか言いようがないけれど…。
そのせいで、シャワーシーンが全然うれしくないところがちょっと面白かった。これならモヤはいらないぜ!
あと、ラストシーンのヒロインのスケッチが普通の人間のようだったのは、どういう意味があるんだろうか?誰かうまく解釈してくれないかなあ。


読切 トマトイプーのリコピン
かわいい顔して、グロかったり闇が深かったりするギャグ漫画。実の子供たちを相手に悪どい商売をするママが面白かった。


読切 はるよ、こい!<冬編>
パンモロ漫画。
はたして、2話にまたぐ必要性はあるのだろうか?

Posted by seiji | 19:33 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

04 2017

ジャンプ2・3号感想

後日書きます。

Posted by seiji | 19:32 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

04 2017

ジャンプ1号感想

後日書きます。

Posted by seiji | 19:31 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

04 2017

ジャンプ52号感想

後日書きます。

Posted by seiji | 19:31 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

01 2017

2017年もよろしくお願いします

お久しぶりです。seijiです。
昨年、身内に不幸がありまして、いろいろとバタバタしていたので、すっかり更新が停滞していました。申し訳ありませんでした。
今年は、気を取り直して少しずつでも更新していきたいと思っています。
2017年もよろしくお願いします。

Posted by seiji | 00:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。