コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

26 2016

ジャンプ29号感想

僕のヒーローアカデミア
「オールマイトの弱体化が世間に晒され もう今までの“絶対に倒れない平和の象徴”はいない 国民(われわれ)にとっても 敵(ヴィラン)にとってもな」
平和の象徴は消えてしまった。巨悪を打ち倒した代償として、すでに満身創痍だったオールマイトは、ついに戦えない体になってしまった。国民の安心は失われ、闇に潜んでいた敵がうごめくだろう。
「我々警察も“敵受け取り係”などと言われてる場合じゃない 改革が必要だ」
敵連合への対策として、警察幹部は改革を唱える。つまりは、敵退治をヒーローに任せるのではなく、警察が先頭に立って敵と戦うということか?
「私の中の残り火は消えた “平和の象徴”は死にました」
まるで緑谷のように、ボロボロになった手を見つめるオールマイト。もう自分はヒーローではない。
「しかしまだやらねばならぬ事があります」
「死柄木弔 志村の孫………か」
巨悪は倒した。だが、まだ終わりではない。尊敬する先代の孫が悪の道に染まってしまったと知ったからには、放っては置けない。
ヒーローフォームではないグラントリノの姿は、今回が初登場かな?普通の、背が低いおじいちゃんという感じだな。
「志村は夫を殺されていてな 我が子をヒーロー世界から遠ざけるべく里子に出している」
過酷なヒーローの世界。敵との戦いにおいて、家族が犠牲になるとは。そして彼女は、家庭を捨てて戦場に生きたのか。
「だめだ 見つけてどうする」
私情に走るオールマイトをたしなめて、死柄木の捜索を名乗り出るグラントリノと塚内。オールマイトはまだ納得のいっていないようだが、戦えなくなった以上は、危険な場に頭を突っ込むのは得策ではない。
「こんな形で…認めんぞ 認めてたまるか 認めるわけには いかんのだ………っ!!」
オールマイトの事実上の引退。その結果、ナンバーワンヒーローの座はエンデヴァーのものに。こんな不本意な形での悲願成就に、荒れまくるエンデヴァー。
彼はナンバーワンであるオールマイトに強烈な劣等感を抱き、同時に憧れを感じていた。だからこそ、自分ではなく、息子である焦凍にナンバーワンの夢を託していた。内心では、自分自身がナンバーワンになることをほとんど諦めていたのだ。
「遅いよも――!! テキサス…SMASH!」
オールマイト、挨拶代わりの鉄拳制裁!今はトゥルーフォームだから大丈夫だけど、マッスルフォームでやってたら死んでたぞ!
「君ってやつは本当に言われた事守らない!!」
無茶するなって何度も言っているのに、懲りずに無茶ばっかりする緑谷に怒り心頭のオールマイト!結果オーライだったとはいえ、ダメなものはダメ!
「緑谷少年 私ね 事実上の引退だよ もう戦える体じゃなくなってしまった」
悲しい事実を緑谷に告げるオールマイト。そう言った直後に、一瞬とはいえマッスルフォームに変身するところがお茶目だね。
「君が初めて怪我せず窮地を脱したこと すごく嬉しい これから私は君の育成に専念していく この調子で…頑張ろうな」
殴って、抱きしめて。学習しないから、怒った。成長したから、褒めた。先生と生徒、お互いに新米だけれど、一緒に頑張っていこう。最高のヒーローになれるように。
「ううっ… ああ ああ…」
「君は 本当に言われた事を守らないよ… その泣き虫なおさないとって言ったろう」
嬉しくて。悲しくて。さみしくて。いろんな感情が頭の中をぐちゃぐちゃにして、言葉にできずに涙があふれてくる。
そんな緑谷を抱きしめながら、貰い泣きするオールマイト。今、ひとつの時代が終わったのだ。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第五十五話では、天才たちに囲まれたリオの、劣等感に悩まされた過去を描いた。
二位であることに、どこかで慣れてしまった自分。そんな自分を変えたくて、でもどうしたらいいかわからなくて。


ハンターハンター
ついに新大陸へと向かう、カキンの王族たち。無数の陰謀が渦巻き、さらに王子たちに授けられた念能力の謎が混沌を深める。何が起きても不思議ではないこの緊張を破るのは、はたして。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 23:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

18 2016

ジャンプ28号感想

僕のヒーローアカデミア
「正面からはまず有効打にならん 虚をつくしかねえ」
フェイントからの左フック!しかし、これは決定打にはならず!
「浅い」
「そりゃ腰が入ってなかったからな!!」
三度目の正直!フェイントからのフェイントで、正真正銘のラストパンチを浴びせるオールマイト!最大の敵と、自らの力に別れを告げる、全身全霊の一撃!
「オールマイトォ!!」
みんなの期待を一身に背負ったヒーローは、勝利のガッツポーズを決める。これがオールマイトの、ヒーローとしての最後の一仕事。
「この下!2人います!!あっちにも!」
救助活動に大活躍のウワバミ!CM出てるだけじゃないぞ!!
「次は君だ」
私はもう、役目を終えた。次は君の番だ。テレビカメラを通して、緑谷にそう告げるオールマイト。そのさみしそうな背中を見て、涙が止まらない緑谷。
一方、人々はスーパーヒーローは健在だと歓喜していた。どんな巨悪が現れようと、きっとオールマイトが打ち倒してくれるだろうと。
「眼が見えてないとでも言うのか?」
オールマイトが満身創痍だったように、オールフォーワンも満身創痍だった。眼は見えず、音や赤外線などで周囲を把握していた。
そんな状態であの強さなら、全盛期の彼の強さは想像もできないな。個性が増えた今のほうが、やれることは多いのかもしれないが。
「君は死に時を見誤った 死に時を失った」
敗北してなお、邪悪な笑みを浮かべるオールフォーワン。
戦士としては、オールマイトが上だった。しかし、先生としてはどうかな?
「大丈夫だ 死柄木弔 経験も憎悪も悔恨も 全てを糧としろ 次は 君だ」
オールマイトが緑谷に次を託したように、オールフォーワンも死柄木に次を託した。正義の意思と邪悪の意思、それぞれに次の世代へと託され、新たなる戦いが火蓋をあげる!


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第五十四話では、黄金世代のトップ3の怪獣大決戦の様子を描いた。
同じヒートで踊る他の組がペースを乱す中、落ち着いて自分のダンスをする土屋たち。そんな土屋たちの成長した姿を見て、リオは奮起する。後輩があんなに頑張っているのに、自分は何をしているんだと。」これは、


ハンターハンター
ヒソカ、死亡。
でも蘇った!敗北したヒソカは、勝つためには手段を選ばないことにした!だって、先に寄ってたかって無茶苦茶したのはクロロのほうだもんね!まずは旅団の仲間たちを暗殺して嫌がらせしてやる!
そんな駄々っ子のような感じで、団員を殺して回るヒソカ。一人ずつ確実に、皆殺しの宴が始まった!


読切 ふぞろいの分身たち
自分の分身が学校で一日過ごして、いろいろやらかしちゃったお話。ギャグ漫画なのに淡々とした展開で、イマイチだった。

Posted by seiji | 23:44 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

12 2016

ジャンプ27号感想

僕のヒーローアカデミア
「皆が笑って暮らせる世の中にしたいです その為には…“象徴”が必要です」
限界を超えろ。原点を思い出せ。自分の戦う意志を。
満身創痍のオールマイトが思い出したのは、まだ学生の頃に師匠に語った、自分の夢だった。平和の象徴。それこそが、彼の目指したものだった。
「渾身 それが最後の一振りだねオールマイト 手負いのヒーローが最も恐ろしい 腸を撒き散らし迫ってくる君の顔 今でもたまに夢に見る」
かつてオール・フォー・ワンを追い詰めたオールマイト。互いに重症を負い、痛み分けとなった。
しかし今回は、明らかにオールマイトの方が劣勢。間違いなく、次の一撃が最後の攻撃となる。
「その姿は何だオールマイトォ!!!」
援軍到着!力をほぼ使い果たしてガリガリになったオールマイトに驚き、同時に怒るエンデヴァー!
「頑張ったんだな…!!Mt.レディ」
シンリンカムイ、大活躍!重傷を負ったヒーローたちをいっぺんに救出する!
「我々…にはこれくらいしか出来ぬ… あなたの背負うものを少しでも… あの邪悪な輩を…止めてくれオールマイト…!! 皆あなたの勝利を願っている…!! どんな姿でもあなたは皆のNO.1ヒーローなのだ!」
人々を救う!それこそがヒーロー!ボロボロになりながらも、一般人を救出する虎。
そして虎は、オールマイトを鼓舞する。勝ってくれ、僕らのNO.1ヒーロー!!
「この国には今“柱”がないんだって だから自分がその“柱”になるんだって」
お前は青学の柱になれ。(by手塚
この国に平和をもたらすため、自分自身が柱になる。壮大な夢を語り、のちにその夢を叶えたオールマイト。
「煩わしい 精神の話はよして 現実の話をしよう」
圧倒的な力で、すべてを吹き飛ばすオール・フォー・ワン。並みのヒーローでは、とても太刀打ちできない!
「君を殴る」
複数の個性で強化され、いびつな姿となった右腕。あんな拳で殴られたら、ひとたまりもない!
「緑谷出久 譲渡先は彼だろう?」
ワンフォーオールの譲渡先がバレた!ここで決着をつけなければ、緑谷が始末されてしまう!!
「そこまで醜く抗っていたとは…誤算だった」
右手での攻撃はフェイント!ボロボロになった左手にすべての力を込めて、SMASH!
この一撃で、オールマイトは勝利できるのか!?


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第五十三話では、ドキドキの一次予選結果発表の様子を描いた。
祈りは通じて、無事に一次予選突破。そして、念願の二次予選へ突入!温存しておいた必殺技で、みんなを驚かせてやれ!


ハンターハンター
手数が違いすぎる!
観客を操り人形として、数の暴力でヒソカを追い詰めるクロロ。右足をもがれ、観念したヒソカは自爆する!?

Posted by seiji | 23:09 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

12 2016

ジャンプ26号感想

後日書きます。

Posted by seiji | 20:53 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。