コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

26 2015

ジャンプ34号感想

僕のヒーローアカデミア
「すみません 僕出ます!!」
車掌の制止も聞かずに飛び出した緑谷!このまま座っているのが安全なのかもしれないが、彼の良心がそれを許さない!
「ガチ戦闘は何年振りかな」
今までずっと隠居していたグラントリノ、脳無のことは知らないようだ。圧倒的なパワーとスピードを誇る脳無だが、それでもグラントリノの方が早い。すごいおじいちゃんだ。
「ヒーロー殺しを狙っていたんだが…タイミングの悪い奴だ 存じ上げませんがそこのご老人 俺に任せておけ」
一般人を襲おうとする脳無に浴びせられた業火!こんな炎を操れるのは、あの男しかいない!
「あ!あなたは!!マジ!?」「何でここに――…」
「ヒーローだからさ」
ヒーロー殺しを狙っていたのは飯田だけではない!野望の男、エンデヴァー参戦!傲慢なのが玉にキズだが、その実力は折り紙つきだ!
「こら邪魔だよ!下がってて!!ヒーロー(わたし)らが食い止めてる!警察の避難誘導に従いな!」
街は破壊され、多くのヒーローたちがなすすべなく倒されていく。あまりの光景に呆然とする緑谷。女性ヒーローが、そんな緑谷を注意する。
「ヤツは伝聞の為生かした おまえは… 弱いな」
赤子の手をひねるように、いともたやすく飯田を倒すステイン。やはり、実力差がありすぎる。
「兄さんは多くの人を助け…導いてきた 立派なヒーローなんだ!! 僕に夢を抱かせてくれた立派なヒーローだったんだ!!!」
飯田が最も尊敬し、愛し、憧れたヒーロー。それは実の兄、インゲニウム。それを傷つけ、おとしめたステインを決して許すことはできない!
「あいつをまず助けろよ」
飯田の行為は、目先の憎しみに捉われ私欲を満たす行為だと軽蔑するステイン。目の前で殺されようとしている人を放っておいて、自分の肉親を傷つけた事に怒るのか?そう指摘して、ステインは己の正当性を語る。
「何を言ったっておまえは 兄を傷つけた犯罪者だ!!!」
ステインの主張には、ある程度の正当性があるのかもしれない。でも、彼がやっていることはまぎれもない犯罪行為だ。それを決して忘れてはいけない。
「助けに来たよ 飯田くん」
もう大丈夫だ 私が来た!とオールマイトのようにかっこよくは名乗れないが、親友の危機を察した緑谷が颯爽と登場!
飯田の奇襲を防いだステインですら反応しきれぬスピード!この恐るべき敵を相手に、緑谷はどこまで戦えるのか?


暗殺教室
「殺してみろよ渚君 俺には無かったその殺意(さいのう)で それを全部へし追って…俺が勝つ!!」
カルマのカカト落としをあえて受けて、気絶したように見せかけて油断を誘った渚。カルマがトドメの一撃を刺そうとした瞬間に炸裂した、渚の猫だまし。舌を噛んで気絶は免れたが、大きなスキを見せたカルマに渚のナイフが迫る!
手さい


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第十一話では、本番で何もできずに立ち往生してしまう悔しさを描いた。それでも、遅れても踊りだせばいい。大丈夫、僕がついているから。


少女復旧 リカバリーQ
かわいい絵柄とは対照的に、ぶっ飛んだシュールギャグ漫画。巨大化少女が主人公の、チョイエロコメディ。まずまずの作品だった。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 23:49 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

26 2015

ジャンプ33号感想

僕のヒーローアカデミア
「フェーズ2へ行く 職場体験だ! つーわけでいざ敵(ヴィラン)退治だ!」
タイマン特訓を終えて、いざ現場へ!様々な状況を経験し、応用力を身につけろ!
「君 ヒーロー殺し追ってるんだろ」
さすがはプロヒーロー、飯田の目的を見透かしていた。私怨で動くのはやめるべきだと忠告されても、飯田の怒りはおさまらない。理屈はわかっても、感情がそれを許さないのだ。
「この街を正す それにはまだ…犠牲が要る」
ヒーロー殺し、ステインの目的は「世直し」。彼が「英雄気取りの拝金主義者」とみなしたヒーローを殺すことによって、真のヒーローを浮かび上がらせようとしているらしい。あまりに身勝手な論理だが、彼は彼なりの信念を持って行動しているようだ。
「あれだけ偉そうに語っておいてやる事は草の根運動かよ 健気で泣けちゃうね」
ステインの回りくどい行動を鼻で笑う死柄木。しかし、その行動によって、犯罪率が低下しているらしい。彼の登場によって、ヒーロー達が危機感を覚えたのは間違いないようだ。
「大暴れ競争だ あんたの面子と矜持潰してやるぜ 大先輩」
オールマイトを苦戦させた恐るべき化け物、脳無。その別バージョンが3体も登場!悪夢の夜が始まる!
「キャアアアアア!!!」
不気味な化け物が突然乱入してきた!悲鳴と怒号が飛び交う車内!この緊急事態に、グラントリノは飛ぶ!
「スーツを着た子ども…何者だ」
路地裏でステインを見つけた飯田!自慢の機動力で奇襲を試みるが、カンのいいステインに迎撃される!
「おまえを追ってきた こんなに早く見つかるとはな!! 僕は――」
飯田が名乗りを上げるのを静止するステイン。彼も、子どもに対してはある程度配慮しているようだ。名乗りを上げられては、相手せざるを得ないからな。
「僕の名を生涯忘れるな!! インゲニウム おまえを倒すヒーローの名だ!!」
なめるな!俺はヒーローだ!兄の仇を目の前にして、兄の名を継ぐ決意をした飯田!
「そうか 死ね」
飯田の本気を感じ取ったステインは、子どもではなく、標的の一人として飯田を認識した。しかし、この恐るべきヒーロー殺しを相手に、飯田は何か策があるのだろうか!?


新連載 ベストブルー
競泳漫画。『新米婦警キルコさん』のイメージが強いのでギャグ要素を期待していたが、いたって普通のスポ根漫画のようだ。


暗殺教室
「ねじ伏せてやる!!」
カルマの提案で、タイマン勝負で決着をつけることになった。お互いに、それぞれの強さを認め合う渚とカルマ。だからこそ勝利したい。高ぶる!


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第十話では、試合直前の緊張感を描いた。しかし、選手控え室が男女共用なのには驚いた。スペースの問題なのだろうか。


読切 世界の黒さわ
キャラが濃い変人たちの映画同好会漫画。テンション高めで、意外と面白かった。

Posted by seiji | 21:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

20 2015

更新が遅れます

夏バテ気味で体調がよくないので、更新が遅れます。申し訳ありません。

Posted by seiji | 23:18 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

12 2015

ジャンプ32号感想

僕のヒーローアカデミア
「一発でも入れてみな!!」
グラントリノの実戦訓練開始!このスピードについてこれるかな!?
「久々に本気で避けたっつうに」
さすがに最初からはうまくいかないが、グラントリノにかすり傷をつけることに成功した緑谷。方向性は正しいようだ。
「だからこうなる(死ぬ)」
グラントリノに実力差を見せ付けられた緑谷と同じように、ステインに倒される死柄木。ステインは個性を無効化させる、何らかの個性を持っているようだ。だからプロヒーローもたくさんやられたのだろう。
「おまえと俺の目的は対極にあるようだ… だが 「現在(いま)を壊す」 この一点に於いて俺たちは共通してる…」
死柄木の中にある、ゆがんだ信念を見抜いたステイン。その想いを認めた彼は、共闘を了承する。
「用件は済んだ! さァ“保須”へ戻せ あそこにはまだ成すべき事が残っている」
ステインが言う「成すべき事」とは、いったい何だというのか?そして、飯田がいる保須へ、再びステインが襲来する!
「この手で始末してやる」
復讐の炎を燃やす飯田!尊敬する兄を再起不能にさせたにっくき敵を、この手で始末する!あまりにも無謀な彼の想いが、彼自身を傷つけることになってしまうのだろうか。


暗殺教室
「速水がやっかいすぎる!!」
美しきスナイパー、速水の脅威!自律思考移動砲台とも呼べるその機動力と射撃能力は一級品だ。
「私は旗を奪る事だけに集中する」
中村が選んだのは、寺坂達を盾に使った強行突破作戦!速水と交戦しているスキを突く!
「実はテメーがクラスで一番…クソ真面目なのかもな」
人を食ったような性格に見えるが、実は真面目な中村の本質を見抜いた寺坂。中村はちょっと照れくさそうだ。
「何も無い場所から突然出てきた!」
一瞬で4人を始末した渚!烏間先生の背後に隠れて、絶好のチャンスをうかがっていたのだ!
「これで一対一だ ケリつけよーよ渚君」
クラス全員を巻き込んだこの戦争の結末は、二人の男たちの対決にたくされた!渚とカルマ、因縁の対決!!


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第九話では、試合前の準備と、その前夜の緊張感を描いた。試合前夜の不安で押しつぶれそうな気持ちを、精一杯の笑顔で勇気付ける。不器用な優しさが、心を暖めてくれる。


読切 とらぶるダークネス出張版
相変わらずのとらぶる。連載が長引いたせいなのか、設定がすいぶんマニアックなことに。スポンジに変身って…。


読切 新たなるホライズン
ニューホライズンっぽいキャラが繰り広げる、ドロドロの愛憎劇。一発ネタとしては悪くないと思うけれど、くどくてあんまり面白くなかった。

Posted by seiji | 23:19 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

05 2015

ジャンプ31号感想

僕のヒーローアカデミア
「君のように凶暴な人間を“矯正”するのが私のヒーロー活動」
爆豪の職場体験先は、No.4ヒーローのベストジーニスト。クールな彼は、血気盛んな爆豪をちゃんと「矯正」できるのか?
「何でおまえが!!」
なんだかんだで気が合う切島と鉄哲。二人仲良く、任侠ヒーローのフォースカインドの下で学ぶことに。
「喋り方かわいい」
見た目のゴツさと相反して、かわいい喋り方で優しく教えてくれるバトルヒーローのガンヘッド。このギャップにキュンときてしまう麗日。
「そうね あとは“副業”が許されてる」
動物園から、ウワバミさんがプロヒーローとして出演!スネークヒーローのウワバミが選んだ二人は、A組とB組を代表する美女。副業のCM撮影に精を出すのもいいけれど、顔で選んでないだろうね?
「もっと…ヒーロー的活動を 体験したいんだけどな」
「いえ!!これもプロ入りすれば避けては通れぬ道ですわ!」
あまり乗り気じゃない拳藤とは対照的に、真面目でやる気満々な八百万。やる気があるのはいいけれど、あまり気張りすぎて失敗しなければいいけれど。
「ムニャムニャ!! Z!!Z!!」
「寝てんだよな?」
ただ寝ているだけでも個性的なグラントリノ。寝言がzzz・・・ではなくて、Z!!Z!!なのね。食えないじいさんだ。
「ひたすら実戦訓練でゲロ吐かせたったわ」
学生時代のオールマイトを、徹底的にしごきあげたらしいグラントリノ。プロになった後も、スパルタ教育のグラントリノ先生よりも怖い敵なんて、そうはいなかっただろう。
「このたい焼きが 僕っ…です!!」
「違うぞ 大丈夫か!?」
おとぼけ漫才を繰り広げる緑谷とグラントリノ。ボケキャラのくせに、ツッコミは普通なグラントリノが笑える。
「一部にしか伝わってなかった熱が…… 万遍なく伝わるイメージ……!!」
電子レンジのたい焼きからつかんだ、ひとつのアイデア。全身に力を少しずつ加えて、強化すればよかったんだ!


暗殺教室
「千葉をやられたのは誤算だった」
千葉達を倒して勢いに乗る神埼を止めたのは、要所で待ち伏せしていたカルマ。さすが、頭脳も実力も一級品だ。
「三村の地味さは隠密性に優れてるって事」
クラスメイトの特徴を見抜き、その実力を最大限に引き出すカルマ。一人の暗殺者としてだけではなく、指揮官としても優秀だ。
「…先走りやがった 描く通りに動かないね 人って奴は」
調子に乗って深追いし過ぎたせいで、木村と岡野は死亡。命令違反して勝手に死んだ兵隊を嘆くカルマ。人の上に立つのも簡単ではないのだ。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第八話では、競技ダンスの種目を説明。その中でもスタンダードなワルツを選んで、その練習風景を描いた。夜の公園で、一人で自主練習するヒロインの姿が美しかった。

Posted by seiji | 23:44 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog