コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

28 2015

ジャンプ30号感想

僕のヒーローアカデミア
「恐らく…“個性”を与える“個性”がいる」
脳無のDNA検査によって、恐るべき事実が判明した。脳無は全身薬物などでいじくり回された改造人間であり、複数の個性を持っていること。そして、他人に“個性”を与えることができる人間がいるということ。つまり、オールマイトを苦戦させた脳無のような化け物が、今後も出てくることは間違いないのだ。
「9人目の継承者がこんな湿った男とは…オールマイトはとことんド素人だァな」
尊敬するオールマイトへの侮辱は許さない!グラントリノの暴言に怒りを隠せない緑谷。おそらく、グラントリノも緑谷のそういう性格をわかった上で挑発しているのだろうが。
「分析と予測か だが 固いな… そして 意識がチグハグだ だからこうなる」
グラントリノの圧倒的なスピードにまったくついていけない緑谷。背後から襲ってくるだろうと狙い澄まして反撃を狙ったものの、軽くいなされてしまう。老いたとはいえ、さすがはプロヒーロー、まだまだ若い者には負けないグラントリノ。
「オールマイトへの憧れや責任感が足枷になっとる」
自分を追い込むのは大事なことだ。しかし、あまり追い込みすぎて焦ってしまうと、ロクな結果にはならない。一度立ち止まって、自分を見つめなおす時間も必要だ。
「僕はあいつが許せない」
敬愛する兄を再起不能にされた怒り。それが飯田を突き動かす。他の誘いを蹴って、少しでも手がかりをつかめそうな事務所に来たのはそのためだ。
「おまえたちが雄英襲撃犯… その一団に俺も加われと」
「ああ頼むよ 悪党の大先輩」
悪の会合!死柄木と「ヒーロー殺し」ステインが接触する!しかしステインは不機嫌そうだ!
「信念なき殺意に何の意義がある」
悪党には悪党の信念がある!死柄木の事を「最も嫌悪する人種」、「子どもの癇癪」と一刀両断するステイン。仲間に引き入れるつもりが、ケンカ別れで戦う事態に!?
「先生…止めなくて良いのですか!?」
「これでいい! 答えを教えるだけじゃ意味がない 到らぬ点を自身に考えさせる!成長を促す! 「教育」とはそういうものだ」
あえて放置して、死柄木の成長を見守る「先生」。その名前の通り、かつて教師をしていたのだろうか。ひょっとして、その正体は先代オールマイトだったりして。
「もっとフラットにワン・フォー・オールを考える!」
柔軟な動きとはなんだろうか?そう考えた緑谷の脳裏に浮かんだのは、幼なじみの爆豪の動きだった。大切な何かに気付いた彼は、きっと大きく成長することだろう。
「なかなか良い奴見つけたんじゃないか? 俊典……オールマイトよ」
オールマイトの本名は俊典!意外と普通の日本人名だった!
努力する若人を温かく見守るグラントリノ。きっと、彼が良いヒーローになることを信じて。


暗殺教室
「暗殺を続けたい」
E組が誇る二人のスナイパーは、この暗殺教室によって、秘めた才能を開花させた。だからこそ彼らは、暗殺を望む。
「殺せんせーを守りたい」
茅野と化学コンビは、先生を守りたいと、わずかな希望に賭ける。それが分の悪い賭けだとわかっていても。
「俺等ものづくり組は…暗殺自体が卒業制作だと解釈してる」
卒業までにやるべきこと。それを中途半端なままあきらめたくない。暗殺こそが彼らの卒業制作であり、暗殺成功という誇りを胸に、笑顔で卒業したいのだ。それが彼らにとっての恩返しなのだ。
「面倒は止めて殺しましょ」
地球の命の方が、恩師の命よりも大事。シンプルに考えれば当然の事。いろいろと考えるのも面倒だから殺そう。ドライな考え方かもしれないが、こういう意見もあっていい。
「殺せんせーを殺す毎日は楽しい 理由は…それだけでいい」
自分は殺すためにこの場所に来た。だから殺す。初志貫徹のイトナ。
「協調の観点からも中立します」
どちらの立場に加勢するかで、戦況が大きく変わるだろうと注目された律は、中立を宣言。答えを急ぎすぎずに、中立の立場を取るのもいいだろう。すべてが終わってしまってから、自分が間違っていたと後悔するよりはずっといい。
「殺せんせー 殺す事って…先生の事嫌いって事じゃないんだよね?」
「もちろんです岡野さん 暗殺されている時こそが君達を一番身近に感じます」
暗殺という絆でつながっているE組。大好きだからこそ殺す。その答えを笑顔で受け止める殺せんせー。そう、「暗殺教室」とは「君たちになら殺されてもいい」と殺せんせーが納得できる暗殺者を育成するためのものなのだから。
「どこか他人行儀だよね」
渚とカルマの微妙な距離感を指摘する茅野。この二人の間には、いったいどんな確執があるというのだろうか?
「皆 良い目をしている 信じる大義がそれぞれの胸にあるからです」
それぞれが考え、それそれが選んだ答え。その大義が、迷いを消して力を引き出してくれる。暗殺教室のひとつの集大成、クラス内暗殺サバイバルバトルが始まる!
「か…開幕アウト!?」
先手必勝!一瞬で退場させられた竹林と片岡!
「わ 私を撃った方向は…どう考えても100m以上距離がある!!」
超人的な狙撃技術!千葉の超遠距離狙撃の腕前に戦慄する片岡。この狙撃手をなんとかしないと、勝利は決してつかめない!
「クラス全員がとんでもなく育った殺し屋 激戦は必至ですよ」
美しき死神、神崎!彼女は千葉を真っ先に始末するべき標的だと狙いを定めていたのだ!恐るべき殺し屋たちの、めくるめく殺戮ショーのゴングが鳴った!


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第七話では、ライバルとの出会いを描いた。ライバルと呼ぶにはおこがましいかもしれないが。こっちは初心者、あっちはジュニアチャンプだから。でも、年齢が近い競技者同士、通じ合うことも多いだろう。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 08:31 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

21 2015

ジャンプ29号感想

僕のヒーローアカデミア
「オイラはMtレディ!!」
「峰田ちゃんやらしいこと考えてるわね」
自分の欲望に忠実な峰田。とりあえず、エロいお姉さんがいるなら真っ先に向かう!
「芸かよもはや」
ぶつぶつと独り言をつぶやきながら分析する緑谷。クラスメイトたちは、そんな彼を生暖かく見守っている。
「強くなればそんだけ可能性が広がる!やりたい方だけ向いてても見聞狭まる!」
より強く!より広く!自分を成長させるために、あえて武闘派ヒーローの事務所に行くことにした麗日。敗北を知ることで、人は強くなれる。
「ああ…コレ空気イス」
「クーキイス!!」
少しでも強くなるために、授業中もずっと空気イスで体を鍛える緑谷。努力家だなあ。
「君に指名が来ている! その方の名は グラントリノ かつて雄英で一年間だけ教師をしていた… 私の担任だった方だ」
大急ぎで緑谷に指名があった事を伝えに来たオールマイト。オールマイトの先生であり、先代のオールマイトの盟友。オールマイトのビビりようを見ると、相当厳しい人のようだ。
「こいつ…もっと上からの指名もあったはず… 保須のヒーロー事務所… まさか…」
飯田の選んだ事務所を見て、疑問を感じる相澤。飯田の思惑とは?
「この時 もっと強く言葉を掛けるべきだった 僕はこの日の事を やがて後悔する事になる」
決意の表情で、友と別れを告げる飯田。彼は周りを巻き込まないように、単身で復讐をしようとしているのだろうか?
「あ あ あ ああ死んでる!!」
完全に出オチ!ボロボロの事務所の扉を開けてみたら、ちっちゃいおじいさんが死んでるぞ!?
「生きとる!!」
人騒がせな!内臓ブチまけて死んでるようにしか見えんわ!
「撃ってきなさいよ!ワン・フォー・オール!」
うさんくさいボケ老人かと思ったら、突然しっかりしたことを言い出すグラントリノ。よくわからない人だ。
「おじいさんに付き合ってられる時間はないんです!」
「だったら尚更 撃ってこいや受精卵小僧」
帰ろうとした刹那、おもむろに高速移動を見せるグラントリノ。このおじいさん、あなどれない!


暗殺教室
「今から助かる方法探して…もし見つからずに時間切れしたらどーなるよ?」
殺せんせーが憎くて殺したいわけではない。無駄な時間を過ごして、悲惨な結末を避けるために、あえて殺そうというのだ。それがきっと恩返しになるのだから。
「え なにその目 小動物のメスの分際で人間様に逆らうの?」
話し合ってわかりあえないなら、戦うしかない!ケンカする渚とカルマ!
「中学生のケンカ大いに結構!! でも暗殺で始まったクラスです 武器(これ)で決めてはどうでしょう?」
よろしい、ならば戦争だ!分裂したクラスの意見を一つにまとめるため、戦争ゲームを提案する殺せんせー。一歩も引けぬ両者、ならば戦って決着をつける!


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第六話では、ダンスの衣装選びを描いた。華やかなダンスと、華やかな衣装。衣装によって、ダンスの美しさはよりひきたつのだ。


読切 天狗警察
セリフも絵も、ごちゃごちゃしていて読みづらい作品だった。あれこれ詰め込もうとせずに、もっとシンプルに物語を作った方がいいんじゃないだろうか。

Posted by seiji | 23:43 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

14 2015

ジャンプ28号感想

僕のヒーローアカデミア
「ヒーロー科の緑谷くん! 体育祭よかったぜ!惜しかったなァ!」
通勤電車の中で声を掛けられる緑谷。注目が集まる体育祭での活躍のおかげで、一気に有名人になったようだ。
「兄の件なら心配ご無用だ 要らぬ心労をかけてすまなかったな」
いつもどおりにふるまう飯田。でも、どこか無理しているような…。緑谷はそのことに気づいているが、あえて何も言わないようだ。
「超声かけられたよ来る途中!!」
「私もジロジロ見られて何か恥ずかしかった!」
有名人気分にひたるクラスメイトたち。でも、葉隠がジロジロ見られたのは、透明人間が珍しいからじゃないか?
「俺なんか小学生にいきなりドンマイコールされたぜ」
「ドンマイ」
いまいち地味で目立たなかった瀬呂だが、轟のおかげでドンマイキャラが確立した。それが本人にとって嬉しいことかどうかはわからないけど。
「今日の“ヒーロー情報学” ちょっと特別だぞ 「コードネーム」 ヒーロー名の考案だ」
「胸ふくらむヤツきたああああ!!」
名は体をあらわすというが、みんなに愛されるヒーローは、みんなに愛される名前でなくてはいけない。最高のヒーローを目指すなら、最高の名前を考えろ。これはセンスが問われるぞ。
「2人に注目が偏った」
決勝戦で戦った轟と爆豪が、プロからのドラフト指名人気でもワンツーフィニッシュ。爆豪が1位になれなかったのは、性格に難があるとわかって敬遠されたのだろうか。
「無いな! 怖かったんだやっぱ」
「んん……」
ドンマイ瀬呂ですら14件の指名があるのに、緑谷の名前は無いようだ。まだ個性を扱いこなしていないのは明らかなので、危なっかしいと敬遠されたのだろうか。
「いわゆる職場体験ってのに行ってもらう」
おいでませ、ヒーロー実習!座学だけでは身につかないものを肌で感じて、より良いヒーローを目指すのだ!
「ミッドナイト!!」
ネーミングセンスを査定するのはミッドナイト先生!相澤先生は名前とかどうでもよさそうな感じだから、良い人選だろう。
「輝きヒーロー"I cannot stop twinkling."(キラキラが止められないよ☆)」
「短文!!!」
これは、凝りすぎてクドくなってしまったダメな例だね。長すぎて呼びにくいわ!
「そこはIを取ってCan'tに省略した方が呼びやすい」
こんな変な名前でも、ちゃんと受け止めて改善しようとしてくれるミッドナイト先生は、良い先生だな。
「じゃあ次アタシね!エイリアンクイーン!!」
「2!!血が強酸性のアレを目指してるの!?やめときな!!」
いや、これはこれで面白いかと思うけど。ちょっとダークヒーローっぽい感じがかっこいい。
「バカヤロー!! 最初に変なの来たせいで大喜利っぽい雰囲気になったじゃねぇか!!」
これはまずい!普通の名前を出したら、逆に気まずい空気だ!誰か、この空気を変えてくれるヒーローはいないのか!
「小学生の時から決めてたの フロッピ」
「カワイイ!! 親しみやすくて良いわ!! 皆から愛されるお手本のようなネーミングね!」
「ありがとう梅雨ちゃん(フロッピー) 空気が変わった!!」
さすが梅雨ちゃん!変な空気を一瞬で変えてくれた!皆の心にうるおいを与える彼女こそ、愛されるべきヒーローだ!
「んじゃ俺! 烈怒頼雄斗(レッドライオット)!!」
憧れのヒーローの名前を少し借りる。そんなネーミングも悪くない。熱いぜ切島!
「爆殺王」
「そういうのはやめた方が良いわね」
鬼のような顔で、センスのカケラもない名前を出してきた爆王。ミッドナイト先生もドン引きだ。
「なんでだよ!!」
「爆発さん太郎は!?」
切島は、さりげなく駄菓子みたいな名前を提案。もしくは花火の商品名みたいだ。
「この名…受け取ってくんねえか」
尊敬する兄から、託された名前。しかし自分にはまだ早すぎると、飯田は遠慮する。苦悩の選択。
「これが僕のヒーロー名です」
悩みに悩みぬいて緑谷が選んだヒーロー名は「デク」。出来損ないのデクノボーじゃない、頑張れ!!って感じの「デク」だ。
「この方は…」
緑谷を指名した人の名前を見て、驚くオールマイト。彼が尊敬する先輩ヒーローからのものだったりするんだろうか。
「爆殺卿!!」
「違う そうじゃない」
難航する爆豪のヒーロー名。どうしてもそういう感じにしたいんだったら、英語にしてみるのはどうだろうか?「ボンバーキング」、「ボムエンペラー」、「クラッシャー・ボム」とか。


暗殺教室
「あんなの知っちゃったら…もう演技なんてできない!!」
渚のキスにすっかりやられてしまった茅野。あの時の余韻を思い出し、悶絶する。まったく罪な男だ。
「殺せんせーの命を…助ける方法を探したいんだ」
殺せんせーは、このままでは地球を巻き添えに死んでしまう運命。それは、先生本人の意思ではない。ならば、助ける方法を探すべきではないか。みんなを集めてそう提案し、複数のクラスメイトから賛同される渚。
「こんな空気の中言うのはなんだけど…私は反対 暗殺者と標的が私達の絆 そう先生は言った この1年で築いてきたその絆…私も本当に大切に感じてる だからこそ…殺さなくちゃいけないと思う」
あえて反対意見を述べる中村。殺せんせーを大切に思っているのは、彼女も同じ。しかし、だからこそ殺せんせーは自分たちの手で殺すべきだ。中村の言うことも、一理ある。
「中…村さん…」
おそらく中村と同意見なのであろう、数人のクラスメイトが中村の下へ歩み寄る。クラスを真っ二つに分ける殺せんせー問題、いったいどんな結論が出るのだろうか。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第五話では、パートナーと一緒にダンスする楽しさを描いた。難しいからこそやりがいがあり、達成感がある。ダンスの奥深い楽しさを、一歩ずつ味わっていこう。


読切 笑いの神々 ~最終回~
やけに不細工な笑いの神々が、神を勘違いして大暴れ。神レベルのハイテンションで降臨してドッカンするシーンが一番面白かった。さすがベテランなだけあって、ただひたすらバカバカしい、お手本のようなギャグ漫画だった。


読切 温泉街のメデューサ
ヒロインがメデューサなのは珍しいが、中身はいたって平凡なゆるふわラブコメ。絵柄はかわいいし、気楽に読める作品だった。

Posted by seiji | 19:29 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

07 2015

ジャンプ27号感想

僕のヒーローアカデミア
「締まんねー1位だな」
厳重に拘束されながらも、激しく暴れる爆豪!先ほどの戦いに納得がいかず、全力を出さなかった轟に食らいつきそうだ!
「兄が敵にやられた」
緊急事態に、表彰式を前に早退した飯田。家族が心配だろうから、仕方ないね。
「清算しなきゃならないモノがまだある」
自分の中の迷いを晴らすために、やるべきことを思い出した轟。暗闇の中に、わずかな光の筋を見つけたようだ。
「オールマイトォこんな1番…何の価値もねぇんだよ 世間が認めても俺(じぶん)が認めてなきゃダメなんだよ!!」
誇り高き男・爆豪。1位とはいえ、「完膚なきまでの一位」でなければ意味が無い。そう考えているからこそ、烈火のように怒っているのだ!
「顔すげえ…」
デビルマンのような恐ろしい顔の爆豪にビビるオールマイト。こんな凶悪な顔の少年、なかなかいないだろう。
「受け取っとけよ!“傷”として!忘れぬよう!」
栄光の象徴ではなく、傷の象徴として。あくまでメダルを拒絶する爆豪に、無理やり渡すオールマイト。栄光も屈辱も、人を成長させるきっかけにすぎないのだから。
「おつかれさまでした!!!」
「そこはプルスウルトラでしょ オールマイト!!」
かっこいいこと言っていたのに、イマイチ締まらないオールマイト。でも、こういうお茶目なところが彼の魅力だ。
「ごめんな…天哉」
ボロボロに傷ついても、弟に謝罪する気遣いを見せるエンデヴァー。お互いに尊敬しあう、仲の良い兄弟なんだなあ。
「何で今更お母さんに会いに行く気なったの!」
姉に心配されながら、一人で病院にお見舞いに行く轟。これが、轟が清算しなければいけないもの。
「父ちゃん母ちゃん!!?」
娘を心配して、田舎から駆けつけたお茶子の両親。思わず涙があふれる。張り詰めていた緊張の糸が切れたかのように。
「誰も心配することのない 僕なりのやり方が要る」
周りの心配を真摯に受け止めて、更なる高みを目指す緑谷。このリスキーパワーを制御できるようになって初めて、ヒーローとしてのスタートラインに立てるのだ。


暗殺教室
「もし仮に殺されるなら …他の誰でもない 君達に殺して欲しいものです」
そう、暗殺教室とは「君になら殺されても悔いは無い」と思える生徒を育成するために運営されてきたのだ。あぐりの遺言を叶えて優秀な生徒を育成するとともに、自分を殺してくれる暗殺者を育てるために。
「この先生を…殺さなくちゃならないのか!!!」
殺せんせーと初めて会った時、こんな怪物を殺せるのかと疑問に思った。暗殺教室で教育を受けた今、殺せる技術は手に入ったが、こんなに良い先生を自分の手で殺せるのかという思い入れができてしまった。「殺す」技術はあっても、「殺す」理由を失ってしまったのだ。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第四話では、ダンスに対する主人公の意気込みを描いた。最初はスケベ目的でも、ダンスに触れる内にダンスの魅力を体感する主人公。不恰好でも、踊り続けたい。その意思さえあれば、きっとダンスの神様は微笑んでくれる。

Posted by seiji | 23:57 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog