コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

26 2015

ジャンプ21号感想

僕のヒーローアカデミア
「何のつもりだ 全力…? クソ親父に金でも握らされたか…?」
全力でかかって来いと挑発した緑谷。意地になってやっている「炎は使わない」という縛りを批判されてイラつく轟は、接近戦に持ち込んで決着をつけようとする。
「轟に…一発入れやがった!!」
近づこうとした一瞬のスキを狙った、カウンターパンチ!一撃で吹っ飛ばされる轟!!
「氷の勢いも弱まってる」
自分自身の力の反動でボロボロになりながらも戦い続ける緑谷。そのおかげで、無敵にすら思えた轟の力にも限界が見えてきた。
「止めますか?ミッドナイト」
激戦のさなか、主審のミッドナイトと連絡を取るセメントス。あまりにも痛々しい緑谷の戦いぶりに、例え勝っても次の試合は難しいと判断。
「何が緑谷(あいつ)をつき動かす」
担任教師の相澤。師匠のオールマイト。二人のヒーローが見守る中で、緑谷は戦う。激痛に耐え、歯を食いしばりながら。
「期待に応えたいんだ…!」
それは憧れ。夢。目標。目的。間単にできることじゃない事はわかっている。だからこそ緑谷は全力を尽くす。自分のため、そして自分に期待してくれるすべての人のために。
「全力も出さないで一番になって完全否定なんてフザけるなって今は思ってる!」
境遇は同情する。決心は理解する。それでも、全力を出して戦う事が、この場で戦うすべての人への礼儀だ。
「私…もう育てられない 育てちゃダメなの…」
戦いの中で、幼い頃の記憶を思い出す轟。優しかったお母さん。しかしエンデヴァーの度重なる暴力によって精神を病んで、愛すべき息子に熱湯を浴びせてしまった。お母さんは病院に連れて行かれ、轟とは離れ離れになってしまった。すべては父親であるエンデヴァーのせいだ。そう確信した轟は、復讐を誓ったのだ。
「でもヒーローにはなりたいんでしょう? いいのよおまえは 血に囚われることなんかない なりたい自分に なっていいんだよ」
まだ精神を病む前。優しかったお母さんからもらった、大切な言葉。その言葉を思い出した轟は「自分」の力を解放する。
「俺だって ヒーローに…!!」
緑谷の言葉に感化されて、涙を流しながら自分のすべてをさらけだす轟。ヒーローになりたい。幼い頃に誓った、自分の夢を、現実にするために。自分の力をすべてぶつけるんだ!


暗殺教室
「もういいっスよ 俺等E組だし 今さら頑張っても誰も見ちゃくれないスよ」
E組の担任教師として、精一杯授業するあぐり。しかし生徒たちは無気力で、E組に落ちてしまった以上はもう終わりだと絶望していた。
「多分その生徒は…見て欲しかっただけなんですよ あなたに」
見ているようで、見ていない。そのことを、教師として働く上でよく知っているあぐりは「死神」にアドバイスする。しかし「死神」は、まだその言葉の意味を理解できない。
「いわばあの女は…モルモットの邪心を図る捨て石だ」
モルモットと捨て石。他人を、自分の持ち駒のようなものとしか考えていない柳沢。傲慢でイカれた男だが、その科学的知識は天才的だ。
「今日も彼女は平和に笑う」
化け物へと変化していく死神。それに気づきながらも、いつもの笑顔を与え続けるあぐり。二人の奇妙な友情は深まっていく。


読切 蝿庭のジグザグ
以前に「肋骨さん」を掲載していた吾峠先生の新作。絵はまだ荒いが、台詞回しや世界観に独特のセンスを感じさせる。これからが楽しみな作家さんだ。


読切 マスターマン対懇親会
懇親会に誘われたマスターマン。でも彼はインドア派。断ろうとするが、少年は意外としつこくて強かった。昭和の雰囲気を感じさせる、古きよきギャグ漫画だった。意外とよかったよ。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 09:37 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

25 2015

ジャンプ20号感想

僕のヒーローアカデミア
「目を潰されたのか!!!早くリカバリーガールの元へ!!」
泣きはらして、お岩さんのような顔になってしまった麗日!これは飯田が心配するのも仕方がない!
「今は悔恨よりこの戦いを己の糧とすべきだ」
常にクールな常闇。この忠告が、彼なりの優しさなのだ。
「間に合え!!」
手加減なんてしていられる余裕はない!氷結攻撃を打ち消すため、自分の指を犠牲にする緑谷!
「震えてるよ 轟くん」
戦いの中で、轟のわずかな変化を見逃さなかった緑谷。冷気を使い続ければ、轟は凍えてしまうのだろう。
「全力でかかって来い!!」
ワンフォーオールの反動でボロボロになりながらも強がる緑谷。本気で戦え。でなければ、本気で戦っているみんなに失礼だ。本気同士のぶつかり合いでなければ、その勝負に意味などないから。


暗殺教室
「おまえの親父がうちの下請けだから情けでおまえをもらってやるんだ 恩に報いろ 俺の命令には誠心誠意全力で従え」
雪村あぐりは、柳沢のお見合い相手だった。横暴な柳沢に都合よく利用されるあぐり。
「お互い本職をやるのが一番良い」
観察者とモルモット。奇妙な関係の二人に生まれた、奇妙な友情。柳沢という共通の敵を持って深まる二人の絆によって、この後の悲劇はよりいっそう悲惨なものとなる。


読切 血界戦線
なんだかハガレンやブリーチっぽい、ファンタジーバトル漫画。ノリが独特で、ちょっとついていけなかった。

Posted by seiji | 23:29 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

20 2015

ジャンプ感想遅れます

体調不良のため、ジャンプ感想は遅れて書きます。申し訳ありません。

Posted by seiji | 06:42 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

12 2015

ジャンプ19号感想

僕のヒーローアカデミア
「麗日さんが君を翻弄したんだ」
緑谷の入れ知恵ではないかと文句を言う爆豪に対して、それは違う、彼女自身の作戦だと反論する緑谷。彼女を腰巾着か何かだと思っているのなら、大間違いだ。
「おーう何か大変だったな悪人面!!」
「組み合わせの妙とはいえとんでもないヒールっぷりだったわ爆豪ちゃん」
クラスメイトから、ちょっとイヤミを交えながらも迎えられる爆豪。一方、試合に負けてめちゃくちゃ落ち込んでいる八百万。完全に放心状態だ。
「フンッ!!どこがか弱ェんだよ」
強かった。そう、麗日のことを認める爆豪。ぶっきらぼうだが、これが彼なりの敬意だ。
「負けてしまった」
あっけらかんとした表情で、敗北を語る麗日。その予想外の明るさに困惑する緑谷。
「負けたからって負けてられんよ」
一度の敗北にこだわりすぎることはない。大事なのは、次に勝つこと。割り切ろうと努力する麗日。
「お茶子はもォ…急がんでも大丈夫やで そんななるくらい優しいお茶子は 絶対良いヒーローんなるって俺わかっとるもん」
父親からの優しい言葉に、思わず涙する麗日。悔しくないはずがない。負けたのが悔しくて、でも優しい言葉が嬉しくて。胸がいっぱいになって、涙があふれてくるんだ。
「ウチの焦凍にはオールマイトを超える義務がある」
緑谷の前に姿を現したエンデヴァー。彼は言う、これはエンデヴァーとオールマイトとの代理戦争だと。
「轟くんもあなたじゃない」
自分の息子を、己の野望を叶えるための道具として扱っていないエンデヴァー。その傲慢を、遠まわしに批判する緑谷。たとえ轟がトップヒーローになったとしても、それは父親のエンデヴァーではなく、轟本人の功績だ。
「来たな」
盛り上がる観衆とは対照的に、静かに対峙する二人。今、因縁の対決が始まる!!


暗殺教室
「殺しませんよ その価値が君等にあれば別ですが」
怪物になる前は、けっこうイケメンだった殺せんせー!スケベそうでもないし、物腰の柔らかい紳士のようだ。
「彼は「死」だけを信じて育った」
殺すことでしか生きられないから。劣悪な環境で生まれ育った彼が殺し屋になったのは、ある意味では必然だった。そして彼は、その職務を誰よりもうまくこなしたのだ。「死神」と呼ばれ、恐れられるまでに。
「今回の実験の素材としてはうってつけさ」
きつく拘束され、実験台にされた殺せんせー。すべての元凶は、このマッドサイエンティスト、柳沢だったのだ。
「さよなら先生 見えてなかったね 僕の顔」
やはり、信じられるのは「死」だけだった。大切に育てた弟子に裏切られ、捕らわれた殺せんせー。こうして「死神」の名は、唯一の弟子に奪われた。
「従順でそこそこ優秀で死んでも誰も文句を言わないモルモットなら他にもいる」
柳沢が観察役として連れてきた、一人の女。それが雪村あぐりだった。ダサいシャツが気になるこの女性が、この物語のキーマンなのだ。


読切 究極蹴舞(グランドムーブ・アルティメット)
ちょっと異色のサッカー漫画。グランドムーブに焦点を当てた作品。派手な動きは漫画として見栄えがいいし、良いアイデアだと思う。画力の高さともマッチして、完成度の高い作品だった。さすがに、長期連載を経験しているだけあって地力がある。


バトよん!!!!
今回から始まった読者投稿コーナー。ただし、4コマ漫画限定。
始まる前からあまり期待していなかったが、案の定つまらなかった。やはり、どんちゃんは偉大だった。

Posted by seiji | 23:08 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

05 2015

ジャンプ18号感想

僕のヒーローアカデミア
「お前浮かす奴だな 丸顔 退くなら今退けよ 「痛ぇ」じゃすまねぇぞ」
いきなり丸顔呼ばわりされて、ちょっとカチンときた麗日。爆豪のおどしには屈しない!
「退くなんて選択肢ないから!」
試合開始早々、突撃する麗日!実力差があるのはわかっている、だからこそ短期決戦で勝負を仕掛ける!
「アカン…わかってても反応出来ない!」
容赦なし!右手で爆破して迎撃する爆豪!そのスピードは、わかっていても回避できないレベル!
「上着を浮かせて這わせたのかぁ よー咄嗟に出来たな!」
爆風で起きた砂煙を目隠しに使い、さらに上着を浮かせて這わせ、さながら変わり身の術のように幻惑する!トリッキーな作戦を成功させた麗日!
「見てから動いてる…!」
小細工など通用しない!見てから反応できる、驚異的な反射神経!近づかせてもらえない!
「おらあああああ!!!」
獣のような雄たけびを上げながら、何度でも突進する麗日!しかし、爆豪の反撃が緩むことはない!
「お茶子ちゃん…!」「爆豪まさかあいつそっち系の…」
あまりにも痛々しく、悲壮感すら漂わせる麗日の戦いぶりに衝撃を受ける観客たち。もう見てられないと、顔を覆う耳郎。
「アホだね…あいつ」
もう止めるべきじゃないか?観客からそんな声が上がりだした頃、今戦っている選手を鼻で笑う物間。彼はある事に気づいていた。
「女の子いたぶって遊んでんじゃねーよ!!」
爆豪に浴びせられるブーイング!悪気はないんだろうが、それは戦っている二人に失礼じゃないか?
「そーだそーだ」
一緒にブーイングに参加しているこの子は、逢魔ヶ刻動物園のトイトイじゃないか!懐かしい!
「ここまで上がってきた相手の力を認めてるから警戒してんだろう」
爆豪は遊んでいるわけではない。手加減も油断もせず、麗日を手ごわい敵として認めているのだ。そんな二人の戦いを、外野がとやかく言うのは許せない。だからこそ相澤は、ブーイングを飛ばした観客に厳しい言葉を吐くのだ。
「ありがとう爆豪くん… 油断してくれなくて」
すべてはこの時のために!無謀な突撃と思われた一連の行動は、麗日の作戦の一部だった!その作戦の内容を、得意げに解説する物間。爆豪の攻撃によって剥がれた闘技場のコンクリの破片を大量に浮かせて、武器にしたのだ!
「勝あアアァつ!!」
自爆も恐れぬ、コンクリの流星群!能力を解除し、地球の重力によって大量のコンクリが降り注ぐ!
「デクのヤロウとつるんでっからなてめェ 何か企みあるとは思ってたが…」
麗日のとっておきの作戦を粉砕する大爆破!ここまでの火力とは、さすがに予想外だった!!
「一撃て…」
圧倒的な実力をまざまざと見せ付けられて、絶望的な表情を見せる麗日。オールマイトほどではないが、爆豪もチート級の強さだ。
「いいぜ こっから本番だ 麗日」
今のはさすがに肝を冷やした。だからこそ爆豪は「丸顔」ではなく「麗日」と、名前で呼んだ。その実力を認めたからだ。
「父ちゃん…!!」
衰えぬ闘志!しかし、もう体は限界だった。両親のために、一人前のヒーローになる。その熱い思いは、まだ燃え尽きていないから。
「麗日さん…行動不能 二回戦進出爆豪くん――!」
勝ち誇るわけでもなく、拍子抜けしたような顔で立ち尽くす爆豪。お互いに全力を尽くした、良い戦いだった。


暗殺教室
「キスで動きを止めるとはやるじゃないか」
渚の情熱的なキスによって、茅野を気絶させることに成功。そのことをからかうクラスメイトたち。
「キス10秒で15HIT まだまだね この私が強制無差別ディープキスで鍛えたのよ 40HITは狙えたはずね」
すべてはビッチ先生の「教育的指導」のたまもの。教師・イリーナという存在がいなければ、茅野は死んでいた。彼女が影のMVPだ。
「ウム…俺なら25は固いぞ」
ドヤ顔でキスのうまさを自慢する中学生。なんかイヤだな。
「使えない娘だ」
漁夫の利を狙っていたシロ。しかしその奇襲はかわされる。その隣には、怪しい暗殺者を従えて。
「最後は俺だ」
ずっと顔を覆っていた覆面を取り、素顔をさらすシロ。彼の正体は、殺せんせーの知り合いで、天才科学者の柳沢。
「3月には…呪われた生命に完璧な死を」
全身を黒い服で覆った、不気味な暗殺者。彼こそが、シロのとっておきなのか。さながら「クロ」とでも呼ぶべきか。
「…バカだよね 皆が純粋に暗殺を楽しんでたのに 私だけ一年間ただの復讐に費やしちゃった」
自分の行動を後悔する茅野。触手に振り回され、高まる殺意を抑えられずに、彼女は復讐の鬼となったのだ。
「どんなに1人で苦しんでたとしても全部演技だったなんて言わせないよ 皆と笑った沢山の日が」
仲間として一緒に過ごした日々。それは決して軽いものじゃない。茅野を暖かく迎え入れるクラスメイトたち。
「ありがと…もう演技やめていいんだ…」
鼻水を垂らしながら泣きじゃくる茅野。女優としてではない、これが彼女自身の真の姿。
「二年前まで先生は… “死神”と呼ばれた殺し屋でした」
殺せんせーこそが、伝説の暗殺者「死神」!では、烏間と戦ったあの男は、伝説を横取りしたコピーキャットだったのか?
「放っておいても来年3月に先生は死にます」
あまりにも突然に明かされた、衝撃の事実!なぜ殺せんせーは死んでしまうのか?謎が謎を呼ぶ!


読切 終わりのセラフ
小奇麗な絵柄のファンタジーバトル漫画。ベタな展開の作品だなあと思った。

Posted by seiji | 22:20 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog