コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

27 2014

ジャンプ34号感想

暗殺教室
「あれから…ビッチ先生は学校へ来ていない」
激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム!すっかりご機嫌ななめのイリーナは登校拒否だ!!
「死にかけていた」
実は生きていたロヴロ!あの「死神」に狙われて生き残るなんて、どういうことだ!?
「僕は「死神」と呼ばれる殺し屋です 今から君達に授業をしたいと思います」
突然教室に入り込んで、まるでそれが当り前であるかのように、教壇に立って授業を始める花屋のお兄さん。爽やかな笑顔の裏に殺意を隠した彼こそが、「死神」なのだ!
「君達全員で僕が指定する場所に来なさい」
イリーナを人質にとって、生徒たちを操ろうとする「死神」。彼はいったいどんな方法で殺せんせーを始末しようとしているのだろうか?
「人間が死神を刈り取る事などできはしない 畏れるなかれ 死神が人を刈り取るのみだ」
花束をばらまいたスキに、まるで忍者のように姿を消した死神。底知れぬ彼の恐怖。生徒たちは黙って彼の指示に従うしかない。


新連載 ヨアケモノ
時代劇風超人バトル漫画。リアルとファンタジーの分量を間違えると、全く面白みのなくなりそうなテーマだ。いきなり主人公の相棒が死ぬというハードな展開だが、まだキャラの把握がまともにできていない内に死んでしまったので、感動はなかった。


僕のヒーローアカデミア
「スマッシュ!!!」
超巨大ロボットを一撃で粉砕する、驚異の一撃!オールマイトゆずりのパワーはケタが違う!!でも、拳からめっちゃ流血してるし、戦った後の反動もすごそうだなぁ。


ハンターハンター
「奴等に一芝居打ってもらったんだろ?」
ジンの能力を探るため、部下に芝居を命じたパリストン。それに気付きながらもあえてその策にのったジン。結局、ジンの能力はわからなかった。この心理戦はジンの勝利だ。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 18:09 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

21 2014

ジャンプ33号感想

暗殺教室
「誕生日おめでとう」
期待はしていたが、渡されるわけがないと思っていた誕生日プレゼント。花束を手にして喜ぶイリーナ。
「おそらくは最初で最後の誕生祝いだしな」
しかし、余計な一言がイリーナの笑顔を曇らす。天国から地獄へ。すっかりご機嫌ななめだ。
「おかげで目が覚めたわ 最高のプレゼントありがと」
投げ帰された花束。それは決別のメッセージ。いつまでも恋する乙女ではいられないから。
「色恋で鈍るような刃なら…ここで仕事する資格は無い」
イリーナの気持ちには気づいていた。しかし、それが仕事の邪魔になるなら排除するまでのこと。どこまでも実直な彼は、あえて非情な選択をした。
「畏れるなかれ 君はもう学校へ戻る事はない」
学校を去るイリーナを狙うのは、親切な花屋のお兄さん!人畜無害そうな彼こそが、誰もが恐れる「死神」なのだ!


新連載 三ツ首コンドル
魔女の宝を求める、ちょっと変わった盗賊の漫画。絵もストーリーも、やや低年齢層向けの作品に感じた。こういう王道漫画は当たれば大きいとは思うが、今のところ将来性はあまり感じなかった。


僕のヒーローアカデミア
「私の“個性”は聖火の如く引き継がれてきたものなんだ」
オールマイトは提案した。彼が持つ力を緑谷に引き継がせることを。ヒーローになりたい緑谷にとって願ってもない話だが、すでにボロボロの体になっているオールマイト自身にとっても悪くない話だろう。しかし、オールマイトはこの力をいったい誰から受け継いだのだろうか。


ハンターハンター
「どちらが出ていくか今すぐ決めろ………!!」
ビヨンドの仲間たちと険悪な雰囲気になるジン。挑発に乗ったジンにパリストンも便乗し、戦いは避けられない状況に!

Posted by seiji | 22:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

13 2014

ジャンプ32号感想

暗殺教室
「な 何なんですか 今日は!!息つくヒマもない!!」
殺せんせーの憩いの時間を徹底的に邪魔する生徒たち!新しい服を身に着けてはしゃいでいるとはいえ、ちょっと嫌がらせが過ぎるんじゃないか?備品もいっぱい壊してるし!!
「畏れるなかれ 「死神」の名を」
なぜか、有名な殺し屋を次から次へと始末している、伝説の「死神」。ロヴロ、レッドアイに続く彼の標的はイリーナだ!


新連載 僕のヒーローアカデミア
超人だらけの世界で、ヒーローに憧れる少年。だが、彼には何の力もなかった。そして、彼が憧れたヒーローは激闘の末にもうボロボロの体になっていた。厳しい現実にうちひしがれた少年。しかし彼は、助けを求める人間のために、無謀にすら見える勇気をもって走り出した。その姿を見て、ボロボロのヒーローは再び戦場へ赴く。そしてヒーローは少年に告げる。「君はヒーローになれる」と。
しかし、勇気だけではヒーローになれないのは事実。何の力もない彼が、どんな方法でヒーローになるのだろうか?


読切 Cave Of Shin
ちょいエロギャグ漫画。簡単に言えば、バカが痴女と出会ったお話。そして安定のポリスエンド。

Posted by seiji | 20:48 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

06 2014

ジャンプ31号感想

暗殺教室
「祝!!連載2周年!!TVアニメ&実写映画化大決定!!」
作者の松井先生にとっては、ネウロに続いてのアニメ化。読者を引き込ませるストーリーとキャラが人気となり、今やジャンプの看板漫画と呼んでさしつかえない作品になった。おめでとうございます。ただ、実写化は地球よりも先に爆死するような不安があるけれども。
「う…上手く出来すぎとる!! おまえら手際が良すぎて…逆にちょっと気持ち悪い!!」
リフォームによって大変身した施設に驚く園長。図書館、室内遊技場、電動自転車まで作る手際に、気持ち悪さすら感じるほどだ。
「自分の一番得意な一撃を相手の体勢が整う前に叩きこむ これがE組(ぼくら)の戦い方だよ さくらちゃん」
いじめで不登校のさくらちゃんに、勉強と作戦を教えた渚。そのおかげで、算数のテストでクラス2番の成績をとって喜ぶさくらちゃん。施設を改築するだけではなく、子どもたちとの信頼関係を構築したE組の生徒たち。それを認めた園長は、秘密を守ると約束する。
「拍子抜けだったなァ」
中間テストでA組に惨敗し、嫌味を言われるE組の生徒たち。しかし、テスト前の二週間をボランティア活動に費やした以上、この結果は仕方ない。
「2か月後の二学期期末 そこで全ての決着つけようよ」
ハッタリを混ぜ込みながらも、真の勝負は二学期期末だとA組を挑発するカルマ。尋常ならぬ予習の結果として勝ち取った総合二位の成績を根拠に、その言葉は真実味を帯びる。
「身につけたその力は他人のためにも使えるんだって思い出しました」
自分のためだけではなく、他人のために。力の使い方を学んだ生徒たちは、今度こそ本当の意味で強くなったのだろう。
「本日から体育は…それを着ておこなうものとする」
防衛省からのサプライズプレゼント。それは戦闘服とも呼べそうな、新しい体育着!訓練はより厳しさを増す!!


読切 東京喰種JOKER
臆病な喰種捜査官が、信頼する上司のピンチにほんの少し勇気を出すお話。キャラもストーリーも絵も、完成度が高くて面白かった。


ハンターハンター
「これでお前達は「許可」を得た」
複数の行動制限を条件に、十二支んと共に暗黒大陸へ冒険する許可を得たビヨンド。悪趣味なカキンの王子が所有する緋の目を狙うクラピカ、そしてビヨンドの仲間たちに単独で接近するジン。物語は加速する!


読切 それいけ!融合くん
ページを大胆に使った一発ネタ集。なぜか屈強な格闘家たちに狙われ続けるOLがふびんだ。最後の白刃取り失敗はちょっと面白かった。


ソウルキャッチャーズ
「未来の話を始めようか」
今回、ジャンプ本誌からジャンプネクストへの連載移籍が突然発表された。打ち切りよりはマシとはいえ、こういう中途半端なところでの移籍は正直やめてほしい。ネクストの売上向上のためなんだろうが、やり方が姑息で不快だ。

Posted by seiji | 18:57 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog