コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

24 2014

HACHI打ち切り



『HACHI-東京23宮-』より、ラフな性格でけっこう良いキャラしてたのに、あっさり退場してしまったアラクネを描いてみました。アラクネの後を追うように、何でも斬れるアポロンカッターでHACHIの連載自体もスポポンされてしまいましたが、僕はHACHIが好きです。単行本も揃えるつもりです。

そのHACHIが打ち切られた号のジャンプ感想ですが、ジャンプがどこかへ行ってしまったので、後日書きます。申し訳ありません。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 06:38 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

16 2014

ジャンプ11号感想

新連載 ILLEGAL RARE
アニメ化までした『ぬらりひょんの孫』の椎橋先生の新連載。違法なモンスターハンターを取り締まるハンター、いわば「モンスターハンターハンター」とでも言うべき存在を描くバトル漫画だ。迫力あるアクション、魅力あるキャラを描ききる作者の力量は健在なので、とても期待できる作品だ。


暗殺教室
「強者になるんだ竹林君 強くなければご家族は見てくれないぞ」
狡猾な理事長の罠!彼は竹林を利用して、いったいどんなことを企んでいるのか!?


HACHI-東京23宮-
「これってハチ もしかして…完成体ケルベロスに――…!?」
友を殺された怒りによって覚醒したハチ!人間時の姿の面影を残しつつも、悪魔のように禍々しい迫力!!
「ちぇ…!! つまんな―――」
黒い炎の鎖でアポロンを縛りつけ、全てを焼き尽くす神殺しの火「プルトン」によってアポロンを瞬殺したハチ!あまりにも圧倒的な力!!
「何だ ハチのやつ暴れ始めたぞ!?」
アポロンを倒しても興奮は冷めず、暴走して見境なく攻撃するハチ!このままでは敵も味方も全滅だ!!
「待たせたな――…オトネ」
間一髪のところでハチを止めたのは、キマイラとの激戦を終えたばかりのドラキリー!彼ぐらいしか、今のハチを止められる者はいない!
「暴走する犬コロをなだめるつもりだったが よかろう…オレの不死の火か おまえの冥王の火か 今ここで最強の火がどちらか決しようぞ!!」
完全に正気を失っているハチに対して、これもいい機会と勝負を仕掛けるドラキリー。仲間割れなんてしているヒマは無いのに!
「そうだ エレナは半神 人の心に侵入する力を持つ夢魔(サキュバス)…!!!」
変幻し、えらく可愛らしい姿になったエレナ!暴走するハチを鎮めるため、彼女は飛ぶ!!
「それだけ危険な賭けなんだ 今の荒ぶるハチと 彼女の心をつなぐのは――…!!」
ハチの暴走を止めるキーマンはテッキン!彼女の声を、ハチへ届けるんだ!!


ジャン魂G!
日本一もりさがるライブパフォーマンス決定戦!!
「ボーカルが入れ歯を忘れて、何を言ってるか分からない。」
そもそも、そんなおじいちゃんがボーカルなのかよ!ライブ終了まで、体力が持つのか!?
「車に乗って客席に突っ込む。」
大惨事だよ!ライブパフォーマンスで済む話じゃないよ!!
「観客が帰ったらライブ始めまーす」
観客に聴かせる気がないなら、ライブなんかやるなよ!それとも、いったん会場から出て、頃合いを見て戻ってくればいいのか!?

ミステリーハンター
「大笑いした時、手を叩いちゃうミステリー!」
大笑いしてテンションが上がった結果、何かを叩きたくなるのよね。
「スポーツ刈りをしているスポーツ選手をあまり見かけないミステリー。」
でも、坊主頭の坊主はよく見かけるミステリー。(当たり前)
「すね毛は伸びないミステリー!」
確かに、全く処理してないのに、ほどほどの長さで生えているものばかりだな。勝手に抜けちゃうのかな?

国民の常識 お題:2020年、東京での開催が決まった国際的な大会
「シャーペンの芯早出し選手権世界大会」
めっちゃ地味だな!会場中にカチカチ音が鳴り響くことだろうよ!!
「セルゲーム」
無数のセルジュニアの手によって次々と倒されていくZ戦士たち!頼みの綱は、孫悟飯だけ!!

世界悲惨
「カレーライスのルーを大分早く食べ切った…。」
食べ終わりからごはんとのバランスを逆算して食べないから…。仕方ない、ふりかけでもかけるか。
「リモコンの裏ブタなくなって、チャンネル変えるたびに電池落ちる。」
不恰好だけど、セロハンテープを巻いて補強しとくか。
「父ちゃんがニコ生で神扱いされてる!」
何やってるんだよ、父ちゃん!その年でネット依存か!?

Posted by seiji | 20:28 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

07 2014

ジャンプ10号感想

暗殺教室
「なんで…竹林君が!?」
前回、殺せんせーにE組脱退宣言をしたのは竹林だった!始業式で、全校生徒の前で挨拶する竹林!
「おかえり 竹林君」
今までの仲間を裏切り、A組に媚を売るようなスピーチを披露した竹林。そのおかげで、A組からは拍手で迎えられる。
「頑張った分報われる 弱者から強者になれる 殺せんせー 私は何か間違った事を教えていますか?」
理事長の教育信念の成果の象徴として、竹林は利用された。あまりに露骨で冷酷かもしれないが、大筋では間違っていない。今回は何も言えず、すごすごと引き下がる殺せんせー。
「僕にとっては 地球の終わりより 百億よりも 家族に認められる方が大事なんだ」
代々病院を経営している、エリート一家の息子だった竹林。しかしその家族は、どこまでも冷酷に「エリートであること」を竹林に強制する、重い鉄の鎖のような存在だった。グレても仕方のないような家庭だが、竹林はその重圧に耐え、今もなお戦っているのだ。
「呪いの解き方を…学校の授業は教えてくれない」
家族の期待に応える。その最大の目標を叶えるため、仲間たちを切り捨てた竹林。呪いのごとき心の鎖から解き放つため、殺せんせーはどんなヌルヌルを竹林に与えるのか!?


読切 WONDERFUL WONDER WORLD
破天荒な賞金稼ぎ漫画。だが、キャラもストーリーもどこかで見たことあるような設定で、意外性が無かった。
あと、結局主人公二人が「互いの視界を共有している」理由が描かれなかったところが、モヤモヤを残してよくないと思う。


磯部磯兵衛、JCを告知する。
ソウルキャッチャーズのセリフをモノマネしているのが面白かった。「虹だ!!頼む!!虹を!!出してくれ!!」ってノリノリで言っているけど、バカにしているようにしか見えない。


読切 ジェントルくん
脱力系ギャグ。ノリは嫌いじゃないが、自分には合わなかったのか、笑えなかった。
あと、ダンス関係のキレイなお姉さんは、いったい何の用事で学校に来たんだろうか?あんなキャバ嬢みたいな派手な格好で。


HACHI-東京23宮-
「星のアザを持つ人の子が ケルベロスを宿しておる 探し出して育てよ さすれば神殺しの冥王の炎を有する猛き獣となろう」
5年前のイギリスで、若かりしころのレニとエレナは、天使のような半神の予言を聞いていた。それは、ハチこそが絶望を切り裂く刃を持つ戦士である、ということを示唆するものだった。
「…夫の…ゼウスの覚醒は止められぬ… 我が名は「ヘラ」 ゼウスの妻であり仇なす者」
人間にとっての破滅をもたらす存在、その名はゼウス。それに対抗する存在を示したのは、ゼウスの妻であるヘラ。つまりこの戦いは、人間と半神を巻き込んだ、壮大なる夫婦喧嘩ということだな。
「斬れぬものなどないいい!!!」
水が斬れないという弱点がバレ、かんしゃくを起こしたアポロン!やたらめったら斬りまくり、仲間の半神たちに大きな被害が!
「みんな 行けえ!!」
俺のことは構わず先に行け!そんな男気を見せたイガを、容赦なきアポロンカッターが襲う!!
「イガアアアアアア」
いいかげんにしろ…… このクズやろう………  罪もない者を つぎからつぎへと 殺しやがって………  い… イガまで…… おこったぞ… オレはおこったぞーーーー!!!!!  アポロンーーーッ!!!!!(孫悟空?)
イガの死を目の前にして、激しい怒りによって目覚めたハチ!怒りが、悲しみが、ハチを復讐の鬼へと変える!!
「逃げたって ムダだよ??」
獲物を追う狩人のように、余裕の笑いすら見せるアポロンを強襲する獣の手。今この瞬間から、狩る者と狩られる者は、その立場が逆転したのだ!!


ジャン魂G!
今週はG-13GP王者の陽向マルスくんの優勝者インタビュー。
和歌山に住む中三男子、趣味はスポーツ。サッカーやマラソンも得意なのにハガキ職人までこなすという、多彩な少年だ。

Posted by seiji | 22:50 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

02 2014

ジャンプ9号感想

暗殺教室
「母さんとは…上手くやっていけてるか?」
どうやら別居しているらしい父親と、回転寿司屋で話し込む渚。離婚しているのかどうかはわからないが、渚は複雑な家庭事情を抱えているようだ。
「雪村先生…どこ行ったんだろーな」
E組が始まる2年の3月だけ担任を受け持ったが、4月になったら忽然と姿を消したという雪村先生。優しくて生徒からの人気も高かったらしいが、彼が今後のキーマンとなるのだろうか?
「-生まれた時から 私はいつも君の隣に 畏れるなかれ 「死神」の名を」
謎の技で、一瞬で殺されたロヴロ。しかし、なぜ「死神」はロヴロを殺したのだろうか?
「うち貧乏だから百円で一食分浮いたのはありがたいわ」
さらりと恐ろしいことを言う磯貝。出店の金魚を食材にするという。貧乏すぎて、ちょっと感覚が一般人とは違うのだろうか。
「じわりじわりと支店を増やしてる」
分身の術を使って、勝手に出店を開いて小遣い稼ぎする殺せんせー。怒られるぞ!!
「E組を…抜ける?」
突然の脱退宣言!その生徒とは?その理由は?激動の夏休みを終え、二学期は更なる波乱が待つ!!


読切 E-Robot
エロコメディ。とことんエロで突き抜ける開き直った姿勢はいいと思うが、あまり面白くなかった。


読切 放課後・オブ・ザ・デッド
ちょっと絵柄を変えてきた、「恋するエジソン」の渡邉先生のゾンビコメディ。車を襲うゾンビの群れの中に、スピカたちがいるというファンサービスがよかった。


HACHI-東京23宮-
「フフフフ 我が この千里眼がとらえていたのだ おまえの仲間とみられる者共とアラクネの姿を」
実は千里眼という便利な能力を持っていたイビルアイズ!千里眼で敵を発見し、アポロンカッターで敵を瞬殺する。イビルアイズとアポロン、恐るべきコンビ!
「やったかキマイラ」
激闘の末、キマイラを倒したドラキリー。やはり強い!
「半神(ハーフ)における不安定な変幻は 遺伝子の暴走によるものと考えられ危険――」
半神の研究資料を読んで、ハチに命の危険があると気づいたエレナ。レニの制止も聞かず、ハチの元へと走り出す!!
「よっしゃかかった」
ハチとオトネの協力によって、アポロンを罠はめることに成功。おそらくイガの作戦だと思うが、全速力で逃げ回っている途中で、よくこんな仕掛けができたな。
「自分の手の中に隠れてただと!!?」
罠で不意打ちに成功したと思ったのも束の間、手の中に隠れて防御していたアポロン。アポロンカッターによる攻撃力だけではなく、防御力も優れているようだ。
「全員今すぐ 首スポポンだ」
ハチ達をおとりにして、ハチのお姉さん達を救出するために単独行動をとっていたイガ。しかしアポロンに作戦を見透かされ、あと少しのところで邪魔される!
「…来い 一緒に死のうぜ…!!」
もはやこれまでと観念し、爆薬で自爆して相打ちを狙うハチのお姉さん。悲壮な覚悟が、彼女を動かす!
「水だ みんな下の水の中に飛び込めえぇぇぇ!!! そいつのカッターは 切れないんだ 水だけは――…!!!」
自らの体から流れる血、そして眼下で流れ続ける水。絶体絶命の窮地で、ついにアポロンの弱点に気づいたイガ!
「はじいたッッ!!!」
「ナイス イガちん」
水の中に逃げ込むことで、アポロンカッターの無効化に成功。しかし、両手両足を縛られている人間達は、このままだと結局溺れて死んでしまうのでは!?


ジャン魂G!
今週はG-13GPエンディングスペシャルなので、ネタはお休みです。

Posted by seiji | 18:00 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog