コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

31 2013

ジャンプ4・5号感想

暗殺教室
「おまえ等に盛ったのはこっち 食中毒菌を改良したものだ」
殺し屋同士で話し合い、殺人ウイルスを使わなかったことを明かすガストロ、グリップ、スモッグの三人組。プロとして、今後のリスクを考えた上での判断。
「全員分の私服2日分考えんのエグすぎるしね」
「不破さん?」
メタ発言が目立つ不破さん。学園ものはキャラが多いだけに、服装を考えるのも一苦労だ。
「おはようございます殺せんせー やっぱ先生は触手がなくちゃね」
殺せんせー、完全復活!しゃべる玉からしゃべるタコへと進化した!!
「真夏の夜にやる事はひとつですねぇ」
現実世界は真冬だが、作中世界は真夏!はたして、ヌルヌル暗殺肝だめしの内容とは!?


ニューカマーギャグ祭!!
「前夜祭(プロローグ)」
恵まれないギャグ新人のために身を張る井坂さんマジイケメン。でも、「面白い漫画載せられるんだろうな?」の質問に対してうつむいちゃダメだよ。
「はしやすめに 猫田さん 出張版」
ゆるぐだ猫漫画。ほのぼのしているけど、これでは笑えないなあ。
「オンオフ」
社長にだまされた、一人の悲しき社畜の物語。…というほど大げさなものではなく、無意味にレバーをオンオフするだけで給料がもらえるという、夢のホワイト企業で働く越谷くんの物語だ。
「もしジャンプの編集長がドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
かっこつけて英語版の本を買ったのはいいが、結局ちんぷんかんぷん。結局、日本語訳の本を買ったのはいいが、適当に流し読みしただけで二度と読まないという現実。
「奥間セイのツボ」
シュールギャグ。だけどつまらない。ちょっと物悲しい雰囲気が出ているのはいいけれど。
「善代官」
劇画調の絵柄で語られる、悪人面した善人たちの物語。二人が善行自慢する時のドヤ顔がいいね。
「微塵虎兄さん」
ミジンコ豆知識が楽しい、ミジンコ番長ギャグ。妙な勢いがあって、結構好きかも。
「ガンバレカンチャン!!」
ガリガリ男の儚きラブストーリー。序盤からオチが見え透いていただけに、面白くなかった。
「半見開き漫画」
巨大なスズメに狙われる「朝」と、銃を乱射しても全くの無傷のハトに戦慄する「顔」の二本立て。それぞれに共通して「絶望」が描かれていてよかった。
「全力マジシャン」
1コマ目だけはイケメンだったマジシャンがどんどん壊れていくお話。スベってもひたすらギャグをやり続ける、売れないお笑い芸人のような痛々しさがあった。
「週刊少年伊原」
ちょっとシュールな4コマ漫画。絵もネタも、もう少しトガったところが欲しい。
「Ohじゅけん!」
エロで頭がいっぱいな受験生のお話。ネタも絵柄も古臭い。
「フリーメイソン小林」
見た目は怖いけど、要求したものを与えればちゃんと勉強は教えてくれる小林くんの物語。でも、マチュピチュの中央階段持ってくるより、自分で勉強したほうがよっぽど効率いいと思うけど。
「ドッグ&ボーイの巻」
中二病をわずらうぼうやが、「ダークシャイン」こと、子犬のマルちゃんを拾う物語。わがままなぼうやを温かく見守る母の愛が美しい。
「異議あり!!」
この企画を根本から問い直すメタなお話。でもオチはない。
「後夜祭(エピローグ)」
オッサンの拷問シーンが大ゴマで味わえる、誰得な1ページ。


HACHI-東京23宮-
「わーいわーい 誕生だよ!! 新中野宮(ネオなかのく)!!」
迷宮を分断し、組み替えて、新しい迷宮を作り直したアポロン。無邪気な子供のように、その恐ろしい力を行使する。
「もうオレのMAPはただの紙キレだ このままみんなバラバラの迷子になって 全員死んでく運命なんだ…!!」
多くの犠牲を払って作ったMAPが紙クズ同然になってしまった事実に絶望し、自暴自棄になるイガ。しかし、ハチの鼻があればアポロンの居場所はわかるのだから、暗殺計画が完全に破綻したわけではないのでは?
「ほんとはコレ 嫌なんだけどなあ」
敵の半神達に囲まれたピンチから逃れるため、薬を飲んで一角獣に変幻するオトネ。ついに半神という正体を現した彼女。いつも袖がだるだるの服を着ている理由などが、もうすぐ明らかになるのか?


ジャン魂G!
ザリパイ2コマ お題:で!?これで何をどうすれば!?
「兄さん!!父さんまで!!!」
家族みんなで魔法少女風のコスプレを!?ただの変態家族じゃねーか!!
「あと妖精ポジション的なやつがダルッダルなんだけど!!」
老いぼれのブルドックみたいだ!ぜんぜんかわいくねえ!!
「あれからもう10年経つ… まだ答えは見つからない…」
すっかり老けちまって…。でも、わからないならさっさと脱げばいいのに。

日本一イヤなRPGのステータス異常決定戦!!
「口中口内炎」
口の中が痛くて、のどが渇いても水すら飲めない!こんなのってないよ!!
「金銭感覚が麻痺」
無駄づかいがやめられない!これは重症だ!!
「くしゃみ出そうで出ない状態」
ものすごくイライラする!もう何も手につかない!!

プロジェクトA
「アホプロ野球選手。超高校級。」
高校時代、超高校級だと騒がれた選手でも、プロでは成功しないこともある。プロの世界は厳しい。
「アホ勇者。勇気を出すのはナンパする時だけ。」
その勇気を出せない草食系男子が多いなか、なかなかの勇者だとオレは思うよ。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:08 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

22 2013

ジャンプ3号感想

暗殺教室
「相撲で言う“猫だまし”だ」
ロヴロが渚に授けた必殺技は“猫だまし”!相手の意表を突いてスキを作り出し、そのチャンスを逃さず二本目の刃で敵を倒す!!
「鷹岡先生 ありがとうございました」
渚に負けたトラウマを解消するため、卑劣な策をもって再戦を果たした鷹岡。しかしその結果として、より深いトラウマを得ることになってしまった。渚の笑顔が、鷹岡にとっては悪魔の微笑みよりも恐ろしいものになっていることだろう。
「フン テメー等に薬なんぞ必要無え ガキ共 ここから生きて帰れるとでも思ったかい?」
敵の親玉を倒し、一息ついたところで現れた、殺し屋三人組。ひどい目にあわされた恨みがあるだけに、戦うともなればさっきよりも手ごわそうだが!?


読切 三ツ首コンドル
絵柄やストーリーも含めて、なんかサンデーっぽい作品だと感じた。王道展開でそんなに悪くない作品だとは思うが、ちょっとインパクトが弱いようにも感じた。


HACHI-東京23宮-
「ハチ おまえ… その…それは大丈夫なのか」
半神に変幻したハチを気遣う、ハチのお姉さん。半神と何度も戦って、その恐ろしさはよくわかっているだけに、その思いは複雑なようだ。
「2人共でかした」
セレーネに帰還し、アポロンの根城発見を報告するハチとイガ。この朗報に、歓声が鳴り響く。
「モ 戻レネエ…!!!」
半成体に進化した代償なのか、変幻解除薬ひとつでは人間に戻れなくなってしまったハチ。もしかすると、あまり変幻しすぎると、そのうち人間に戻れなくなるのかもしれないな。
「肉とメシ。」
猛烈に腹を空かせて、食糧庫に突進するハチ。ヨダレを垂らして獲物に無我夢中になる様子は、まるでゾンビのようだ。
「奴の根城に忍び込み潜伏し 帰城時に変幻解除の姿を狙って仕留める」
敵のアジトがわかったので、暗殺計画を発表するレニ。敵との戦力差が圧倒的に開いている現状では、最も効率的な作戦だ。
「はいはいッ ズルくね??」
暗殺という卑怯な手を使うことに否定的なハチ。横のオトネも同意する。しかし、一刻も早く半神たちの横暴から人間を救うためなら、手段は選んでいられないのでは?
「神話上でアポロンは太陽神と呼ばれる一方で “狩猟の神”――すなわち 一撃必殺の能力に長け 空間断裂を生むとされるその力は 絶対不可避!!!」
一緒に行動していた仲間たちを全員殺されたイガだからこそ、アポロンの恐ろしさはよくわかっている。正面から真っ向勝負しては勝てない相手だからこそ、たとえ卑怯な手段だろうと使わなくてはいけないのだ。
「あ~あ たいくつだな~…」
気だるそうな表情で、一人でダーツに興じるアポロン。少年のような外見だが、中身はそれに増して幼稚なようだ。
「地面が 消えた――…!!?」
それは、まるでおもちゃに飽きた子供のように。中野宮を一瞬で分断したアポロン!これが、空間断裂という彼の能力の真骨頂!!


ジャン魂G!
日本一ときめかない交換日記決定戦!
「教室の棚に置いてあるので、誰でも気軽に閲覧できる。」
交換日記は親しい友人同士で個人的な話を文通しあうのが楽しいのであって、不特定多数に見られたらまずいだろう。
「※来月以降も日記を継続する場合は課金して下さい。」
お試し期間を過ぎたら課金制なのかよ!あざとい商売だな!!
「瀕死の兵士が渡してきた。」
それ、交換日記というよりはダイイングメッセージに近いものじゃね?そもそも、返すころまで生きてるのか?
「テーマが「流体力学について、およびこれらの働きについての主張と論考」」
難しそう!ボク、物理学専門じゃないんで、よくわかんないなぁ~。

はじめての一歩
「スマートフォンの第一歩。電話に出られない。」
あっ、電話かかってきた。うん?これ、どこ押せば通話できるの?…あぁ~っ、切れちゃったよ。
「ドミノの第一歩。自転車置き場で。」
ちょっとぶつかっただけなのに、ドミノ倒しでどんどん倒れていって大惨事だ。ひとつずつ立て直していくの面倒くさいなぁ~。

万物の三本柱
「当たり前の三本柱
1.息をすること
2.食べること
3.「なくなり次第終了します」」
いや、それはそうなんだけど、事前に張り紙しておかないと文句言う客が多いってことでしょうよ。
「●旅立つ桃太郎にかける言葉の三本柱
1.無理しちゃだめよ
2.無事に帰っておいで
3.渡る世間に鬼はなし」
いや、全部いい言葉なんだけど、最後のは今から鬼退治に行く桃太郎にかける言葉じゃねーだろ!旅の目的無くなっちゃうよ!!

飛びこみ!まおジャン お題:ワールドトリガー
「石につまづいただけで緊急脱出(ベイルアウト)。」
めちゃめちゃ貧弱じゃねーか!戦闘に参加する前に離脱してどーすんだ!!
「真央「このお菓子はいくら食べても太らない。私のサイドエフェクトがそう言っている」」
ウソこけ!ただお菓子いっぱい食べたいだけだろ!!
「木虎と仲がよくて週1ケーキバイキングに行く。」
いいねそれ。ほのぼのしてて。
「毎回ダイエットからのベイルアウト!!」
痩せたいとは思ってるんだけれど、つらくて、苦しくて、結局あきらめちゃうの。

Posted by seiji | 15:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

15 2013

ジャンプ2号感想

暗殺教室
「殺してやる…よくも皆を」
殺意の波動に目覚めた渚!普段の穏やかなまなざしはどこへやら、標的を狙う敵意に満ちた眼光!!
「テメーはキレるに任せて百億のチャンス手離すのか?」
スタンガンを投げつけて、興奮する渚を制止する寺坂。外道とはいえ、渚の手で殺す必要はない。
「…やれ渚 死なねぇ範囲でブッ殺せ」
今にも気絶しそうな寺坂の言葉を受けて、覚悟を新たにした渚。殺意を静かに胸に秘めて、暗殺教室の生徒として、外道を断罪する!
「一応言っとくが 薬はここに3回分ほど予備がある」
あんなに派手に薬を爆破しておいて、ちゃんと予備も用意しておいたのかよ!意外と用意周到なのね。
「殺し屋とは戦闘をする職業ではない 戦闘になる前に致命的な一撃を与える職業だ」
暗殺者と軍人。戦闘せずに敵を倒す者と、戦闘して敵を倒す者。正面切っての一対一の戦いでは、当然のごとく暗殺者が不利。文字通り大人と子供の鷹岡と渚、その実力差は歴然。
「手足切り落として標本にしてやる ずっと手元に置いて愛でてやるよ」
悪意に満ちた笑顔で、渚をにらむ鷹岡。そろそろとどめを刺してやる!
「渚の奴…まだ何か隠し玉持ってるよーだぜ」
プロの殺し屋であるロヴロが渚に教えた「必殺技」。あっけにとられたような渚の表情から見るに、相手の意表を突く奥義のようだ。
「鷹岡先生 実験台になって下さい」
鷹岡のトラウマになった、渚の笑顔。プロの殺し屋の指導を受けて、より鋭い恐怖を帯びたその笑顔の裏に潜む殺意が、鷹岡をおびえさせる!


読切 うるし
二重人格の少年が主役の将棋漫画。将棋漫画全般に言えることかもしれないが、絵面が地味であまり面白くなかった。もっとハッタリを効かせて、エンターテイメント性を高めないと連載は厳しいと感じた。ヒロインすら登場せず、花が無いのも問題だ。


HACHI-東京23宮-
「おーいみんな そこで珍しい弟を拾ったぞ!!」
人間達が隠れ住む集落で、歓声で迎えられるハチのお姉さん。すっかりみんなの人気者のようだ。
「新宿ではぐれちまって以来だよな あたしは練馬駐屯地に向かう途中で中野に閉じ込められてえ」
軍隊があるところは真っ先に半神たちに壊滅させられただろうから、ハチのお姉さんが練馬にたどり着けなかったのは、むしろ幸運だったかもしれないな。もし練馬にいたら殺されていたかもしれない。
「しかし家じゃだらしねえ姉キがリーダーしてっとはなあ」
「しっけいな あたしは泣く子も黙る陸自女だよ?」
実は陸上自衛隊所属の軍人だった、ハチのお姉さん。確かにワイルドな見た目だけど、お仕事もワイルドだったのね。
「半神共は銀が苦手だと分かってから銀製品集めて 全部銃弾に作り変えててさ これがまあ 効くのよ」
セレーネとはちがって、人間のみで構成されているハチのお姉さんのグループは、半神に効果的な銀の銃弾を武器に戦っているようだ。
「ま、製造には犠牲払ってるけどね…」
半神に隠れて動いているため、換気の悪い不十分な設備で銀の銃弾を作るしかない。その結果、重金属の毒にやられて倒れる作業員も続出。半神への対抗手段があるとはいえ、やはり形勢は不利。
「行け こっちの事はいいから テッキンとこ今すぐ行け」
ハチと二人きりで話し、一刻も早くテッキンの下へ向かうように助言するハチのお姉さん。後悔が無いように、今自分が一番やりたいことをやれ。それがハチへ向けた思い。
「生存してる」
テッキンは生きている。エレナからその事実を伝えられ、喜びの余りに呆然とするハチ。希望に満ち満ちた結果として能力が高まったのか、かすかなニオイをかぎわけるハチ。
「…ヤッパリココカラ匂ウ」
ハチが突如としてケルベロスに変幻し、集落はパニック状態に。しかしハチは冷静に、敵のニオイをかぎつける。
「今 の… アポ ロン――…」
ハチのおかげで、アポロンの隠れ家を発見したイガ。敵の居場所さえわかれば、一気に奇襲を仕掛けることができる!
「…テッキン怒るよな こいつらおいて行ったら」
仲間たちは、テッキンを助けに行くことを応援してくれている。でも仲間たちを見捨てて一人で行ったら、きっとテッキンは喜ばないだろう。
「みんなと行くよ だからそれまでオイラの みちしるべでいてくれ――」
テッキンを助けることしか頭になかったハチ。だけど今は周囲の仲間を思いやり、一緒に戦うと決めた。迷いはない。テッキンを、そして仲間たちを守るんだ!


ジャン魂G!
日本一自白する刑事の取り調べ決定戦!!
「今ならハワイ旅行プレゼント!」
わーい、タダでハワイ旅行だー!…って、自白して刑務所に入れられたら旅行行けないやんけ!!
「取調室がサウナ。」
蒸し暑さに耐えきれず、早くここから出してくれと自白に応じる容疑者。でも、これって拷問の一種になるんじゃないか?
「「どうなんだ?」と言うごとに乳首をダブルクリックする。」
ひどいセクハラだ!ダブルクリックで心のzipを解凍し、容疑者の心のフォルダを開くんだ!!
「刑事「お前が先に自白したらオレもするから」」
そんな口約束にはダマされないぞー!だいたい、お前はいったい何をやらかしたんだよ!!
「壇蜜「お・し・え・て」」
美女のおねだりにゃ男は弱い!鼻の下を伸ばした容疑者は、胸の谷間をガン見しつつ語り出した…。

オレの流儀
「オレの流儀!女子にタッチされたらその日は風呂に入らない!」
きたねーよ!そんな不潔にしてるからモテねーんだよ!!
「オレの流儀!自制心を持ってかっぱえびせんを食べる。」
やめられない止まらない♪
「オレの流儀!オシャレなじいさんを「ベストジーニスト」、ばあさんを「バーミヤン」と呼ぶ。」
なんとなく言葉の響きが似ているだけじゃん!じいさんはジーパンよりもモモヒキが似合うよ!!

プロジェクトA
「アホフィギュアスケーター。インタビューで華麗にスベる。」
トークスキルが無い人がヘタに面白いことを言おうとしても、華麗にスベるだけ。無難な言葉を並べておいたほうがいいね。
「アホふなっしー。図書館でもあのテンション。」
周りのご利用者の迷惑になる行動をされる方は、退館していただきます。
「アホ徹子の部屋。もう何年も出てきてない。」
ただの引きこもりじゃねーか!
「アホ妖精」
ウンコにたかっとる!こんなハエみたいな妖精、夢も希望もないよ!!

記憶スケッチ お題:自由の女神が右手に持ってるもの
「ヤンキー」
番長倒したどー!これでワイがこの学校で最強や!!
「最後尾はこちらでございます」
はーい、押し合わずに、押し合わずにお願いします~!
「いつ放つ このにぎりっぺ」
や、やめろ、こっちにくるんじゃない!それはニオイのテロ行為だぞ!!

Posted by seiji | 17:29 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

09 2013

観寺風貴先生の『半見開きまんが』感想

先日、ジャンプ本誌にて『半見開き昔話』が読切掲載された観寺風貴先生。とても面白かったので、デビュー作の『半見開きまんが』も読んでみたいと思いました。ネット検索してみたら、『半見開きまんが』が掲載されている「少年ジャンプNEXT! 2013WINTER」はまだ売っていたので、購入しました。Amazonで、送料込みで500円でした。
ホラーと見せかけてラブコメの「メリーさん」、突然サスペンスな展開になる「ゴミ箱」、掛け合いが楽しい「僅差」、ちょっとエロい「透明人間」などが面白かったです。ベタなネタにちょっと変化をつけて、新しい笑いを生む発想がいいですね。

せっかくなので、姉妹サイトの「seijiの百科事典」に、『半見開きまんが』の記事を書きました。これからも観寺先生を応援しています。

Posted by seiji | 22:46 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

08 2013

ジャンプ1号感想

新連載 アイアンナイト
「オレはみんなを守る騎士になる!!」
突如として街は崩壊し、異形の化け物達に支配され、人間達は惨殺された。街が化け物達に占領される話は「HACHI」でもやったけれど、破壊と殺戮によって廃墟と化した街が描かれている分、この作品の方が絶望感が強く感じられるな。奴隷として生きたまま搾取され続けるか、無慈悲に殺されるか、どちらがより残酷かはわからないけれど。


暗殺教室
「屋上へ…行こうか」
屋上へ行こうぜ・・・・・・ 久しぶりに・・・・・・ キレちまったよ・・・・・・。(漫☆画太郎「珍入社員金太郎」より)
クラスメイト達の命を盾に、全員を屋上に連れて行く鷹岡。狂気のショーが始まる!
「対先生弾に触れずに元の姿に戻るには…生徒ごと爆裂しなきゃいけない寸法さ」
生徒を殺して自分は生き残るか、生徒を救って自分は死ぬか。殺せんせーに究極の選択を迫ることで、おとなしく死ぬ方を選ばせようとする鷹岡の計画。非人道的だが、殺せんせーの性格を理解した計画ではあるな。結局、殺せんせーを殺せなければ、地球は破壊されて人類すべてが死滅することになるわけだし。
「謝罪しろ 土下座だ」
やられたらやり返す!倍返しだ!!
屈辱を受けた復讐に、渚に土下座を強要する鷹岡!大人げないぞ!!
「あはははははははは!! そう!! その顔が見たかった!!」
渚に謝罪と土下座をさせて満足した鷹岡は、これでもう用は無いと、治療薬を爆発させる。絶望する渚の顔を見て、勝ち誇るかのように大笑い!!
「殺…してやる…」
渚、激おこぷんぷん丸!!!!
いつ殺るの?今でしょ!!絶望は殺意の炎を燃え上がらせ、復讐の鬼と化す渚。そんな渚を見て「じぇじぇじぇ!!」と驚くクラスメイト達とは対照的に、鷹岡は嬉しそうに舌なめずりする。本気の殺意がぶつかりあう、真の殺し合いが始まる!


HACHI-東京23宮-
「もう少し もうちょっと寄って!!」
アレスの手下の半神の協力を得て、闘技場の参加者にハチがいないか探すテッキン。囚われのお姫様状態ではあるが、それなりに順応しているようだ。
「人気あるんすね~ 墨田宮のアイドル」
テッキンのプロマイド写真を買った山羊沼。「アレスの女・テッキン」」として、すっかりアイドル扱いになっているようだ。
「ホレ食え おまえの分だ」
豪華な食事でもてなされるテッキン。しかし彼女は、パンと水だけしか受け取らない。それが彼女の意地。
「せいぜい元気で餌を演じておけ 犬の女」
闘いにしか興味が無いアレス。ハチを誘うエサとして、テッキンには手厚いもてなしをする。すべては、ハチとの再戦のために。
「あっバカ 泣いたらダメだ」
テッキンの貴重なお風呂シーン!半年間経っても音沙汰がないハチのことを思って涙するテッキン。信じたいけれども、不安が胸を締め付ける。
「フハハハハハ聞いたか犬の女!!! 生きてたぞ!! しかも バッカスを倒したそうだ」
ハチが生きていたことを、大笑いするほど喜ぶアレス。それもそうだろう。強敵は、闘いを愛するアレスにとって恋人と言ってもいい存在だから。
「生きてた よかった………!」
もう死んでしまったのではないかと頭をよぎったことも、一度や二度ではなかった。でもハチは生きていた!嬉しくて嬉しくて、テッキンは枕を抱きしめる。ヒーローはきっと、自分を助けに来てくれる。
「ちょっとお話していい?」
奇妙な術を使って、テッキンを夜這いする山羊沼と狼先輩。言葉巧みにテッキンを連れ出そうとする山羊沼とは対照的に、狼先輩は我慢できずにかぶりつく!!
「復讐だ その昔 人が我等に犯した大罪への 罰ッッ!!」
盛りすぎた狼を片手で握りつぶすアレスの怪力!その強さに恐れをなした山羊沼はすぐさま逃げ出し、命を拾う。
アレスたち半神に対して犯した、人間の「大罪」とは?
「来ちゃダメ ハチ―――」
強すぎるアレス!こんな化け物にハチはかなわない!そう確信しておびえるテッキン。そんな彼女の思いをテレパシーのような能力で感じるエレナは、いったいどんな存在なのだろうか?
「姉貴ッ!!?」
中野宮で武器を持って抵抗活動を行っていたらしい、ハチのお姉さん。もし半神の能力が遺伝性なら、彼女にもハチと同じく、半神に変身する素質があるのかも?もしそうなら、彼女が新たなバトルヒロインとして活躍するのだろうか。


ジャン魂G!
日本一新しい信号表示決定戦!!
「紫色「8時間仮眠をとれ」」
それ、仮眠って言わねーよ!がっつり寝てるやんけ!!
「藍色「次の信号の色の効果が逆転する」」
カードゲームか!わかりにくくて、事故が多発するわ!!
「肌色「脱げ」」
セクハラよ!このスケベ!!
「無色「働け!!」」
無色と無職をかけたのね!仕事のやりがいなんて、仕事してから見つけるものなんだよ!!

ミステリーハンター
「「疲労の色」とは、どんな色なのかミステリー。」
無理しすぎて、顔が青白くなっているような色じゃないかな。
「「踏んだり蹴ったり」だと自分に被害がないミステリー。」
自分が「踏んだり蹴ったり」したなら、他の何かが踏まれたり蹴られたりされるわけだからね。「教えて!goo」に似たような質問があったけれど、語源には諸説あるみたいだね。
「紙コップをくわえたくなるミステリー。」
普通のコップだと重くてくわえにくいから、軽い紙コップだとついついくわえちゃうのかな。

教えて!おじいさん
「Q.『男の意地』ってなに? A.彼女は「作らない」主義だと言いはることぢゃ!」
作ろうとしてもできないくせに!つまらない見栄を張っていても、見苦しいだけだぜ。
「Q.今、凄く好みな女子が2人います。どちらに告白すればいいですか? A.ルドマンさん」
なんと この私が 好きと申すか!? そ それはいかん! もう1度 考えてみなさい。(ドラクエ5より)
「Q.お年寄りはどうして小刻みに震えてるの? A.会いたくて会いたくて仕方ないからぢゃ!」
西野カナか!ずっと私だけにくれてた言葉も、優しさも、大好きだった笑顔も全部あの子にも見せてるの?(西野カナ「会いたくて 会いたくて」

J喜利 お題:こんな「食戟」はイヤだ!
「判定者「今ダイエット中なんで食べませ~ん」」
それなら、ダイエット中でもおいしく食べられる低カロリー食で勝負だ!!
「ランダムに選ばれた判定者を笑わせろ!」
いやいや、料理じゃなくてお笑い勝負になっちゃってるじゃん!そもそも、「ザ・イロモネア」のパクリ企画だし!!
「料理の上をハエが飛んでいる。」
くさそぉー!これ、腐ってるんじゃないか?
「最後にもこみちがオリーブオイルをぶっかけて終了。」
すべてを支配する魔法の液体、もこみちのオリーブオイル。

世界悲惨
「一生のお願いを「それ一口ちょうだい」に使ってしまった。」
しょーもない!それならせめて、一口とは言わずに全部もらえばよかったのに。
「『合格折願!!』←絵馬の漢字が既に「不合格」。」
祈るっていう字と折るっていう字は間違えやすいから、気を付けないとね。
「一枚目の焼き肉で口の中をやけどした。」
みんながおいしく焼き肉を楽しんでいる横で、やけどしたところが痛くてまともに食事ができない苦しみ。あぁ、あせらずにフーフーしてから食べていれば…。

Posted by seiji | 17:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

03 2013

ペパブレ1巻12月6日発売!

僕が好きな漫画、週刊少年チャンピオンで連載中の『ペーパーブレイバー』の単行本1巻が、2013/12/6に発売されます。


hatibe.png        muu.png

可愛い絵柄で描かれたキャラクターたちが、ハチャメチャなコメディを演じる愉快な作品です。オススメです。
とりあえず、近場ではとらのあなで店舗購入特典が付くらしいので、発売日には名古屋駅のとらのあなまで買いに行く予定です。楽しみです。

関連リンク
ペーパーブレイバーお試し読み|秋田書店
ペーパーブレイバー | Champion タップ!
seijiの百科事典 - ペーパーブレイバー

Posted by seiji | 07:09 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

© FC2 BLOG / ooq:blog