コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

28 2013

藤近小梅先生を応援します

先日、週刊少年チャンピオンにて、藤近小梅先生の連載デビュー作「ペーパーブレイバー」が始まりました。
デビュー時の読切「愛のかたち」シリーズでは、高い画力、読者の意表を突く展開、ちょっと間抜けな愛すべきキャラなど、独自の世界観を見せつけてくれただけに、今後が楽しみです。基本はドタバタギャグですが、そこにほんの少し変化を入れて来るのが面白いんですよね。
ちょっと気が早いかもしれませんが、はてなキーワードにも藤近小梅先生の記事を作っておきました。
僕は藤近先生を応援します。


ところで、先週は少し体調を崩してしまったので、ジャンプ感想は遅れて書きます。申し訳ありません。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 07:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

19 2013

ジャンプ24号感想

暗殺教室
「俺の身内が…迷惑かけてすまなかった」
教育ではなく、敗北による怒りからの暴力を振るおうとする鷹岡に対して、ついに実力手段による制止を行った烏間。一撃でダウンさせるとは、やはりこの男の力は次元が違う。
「解雇通知です 以後 あなたはここで教える事はできない」
無様な姿をさらし、「つまらない授業」をした鷹岡に対し、理事長直々に解雇通告。完全敗北した鷹岡は、この恨みをどういう手段によって晴らそうとするのだろうか?
「良い教師は迷うものです」
最善を尽くす。言葉にするのは簡単だが、それを実行するのは難しい。迷いながらも、自分は正しいのだと信じて、その理念に基づいて行動する。誰もがみな、そうやって生きているのかもしれない。


新連載 ソウルキャッチャーズ
「僕と一緒に吹奏楽やんない?」
まさかの吹奏楽部漫画。視覚情報しか与えることのできない「漫画」という形態で音楽を描くのは難しいとされるが、心が「見える」主人公を使って心を視覚化させることで、同じく目には見えない音をも視覚的に表現した、ということか。そのアイデアは良いと思うし、ハッタリの効いた演出もあいまって、なかなか面白かった。


スケットダンス
「まず来月行われる文化祭は中止とする」
卒業を前に、理不尽なまでに生徒たちを管理しようとする新理事長を悪役に仕立て上げることによって、それに対抗して結束する生徒たちの姿を描いて、大団円でクライマックスを迎えるつもりなのかな。なんか、先の展開が見え透いていて、新理事長の存在もポッと出感が強くて、あんまり面白くないな。


恋するエジソン
「この好沢 乳輪を失おうとも良心まで失ってはいない!!」
ちょっとかっこいいじゃない。乳輪を失うなんて相当なショックだろうけど、それで心まで腐らせていちゃあダメだからね。


ジャン魂G!
今週はG-11王者のむちむち花火さんの優勝者インタビュー。V2達成、さらにめでたくお子様もできたということで、二重の喜びだったようだ。

Posted by seiji | 19:20 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

07 2013

テキスト更新しました

テキストにて、「ふわり!どんぱっち」のアオリ文と巻末作者コメントを更新しました。
また、せっかく最強ジャンプを毎月購読しているので、感想文も書きたいのですがなかなか更新できずにいます。簡易的なものでいいからとりあえず書いてみようかとも思っていますが、まだ考え中です。気長にお待ちください。

Posted by seiji | 23:07 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

06 2013

ジャンプ22・23号感想

暗殺教室
「そうだ 戦って勝たなくていい ―殺せば勝ちなんだ―」
笑顔の裏に潜む、静かな殺意。ゆっくりと標的に向かい、その懐に忍び寄る渚。
「捕まえた」
流れるような動きで、鷹岡の首筋にナイフを当てた渚。有無も言わせぬ完全勝利!!
「戦闘の才能でも 暴力の才能でもない 暗殺の才能!! これは…咲かせてもいい才能なのか!?」
戦闘力は低くても、暗殺力は高い。渚の末恐ろしい暗殺の才能に恐怖する烏間。調子に乗ってる体罰教師は暗殺しちゃうよ。


読切 Moon Waker LTD.
「イケメンを助けるのに…オネエは理由なんていらないのさ」
J・Jマングローブ姉さんの女子力がハンパない。度胸のある姉御は好きよ。


めだかボックス
「さよならは言わない!!」
大団円にて、めだかボックスは完結。長いエピローグ、最終コマにカラーページを持ってくるなど、恵まれた円満終了だった。お疲れ様でした。


読切 てとくち
「追加の仕入れは禁止なんて一言も言ってねぇだろ!」
汚いな、さすが商人の息子きたない。
そんな重要なルール、事前に説明しないほうがおかしいだろ。頭を使ったつもりかもしれないが、勝負を持ちかけた方が勝負の内容を決めて、おまけに勝敗に関わる重大なルールの説明を怠るだなんて、全然フェアじゃない。こんな卑劣なことしてたら、後々袋叩きにされるぞ。


スケットダンス
「ボクが悪かった ゴメン」
難しいことは何も無かった。素直に謝れば、そして仲間の助けを求めれば、それですべてはうまくいくんだ。今までも、そしてこれからも。
「私…も…努力…するよ…」
意地を捨てて、真摯な態度を見せたキリに対して、ほんの少し心を開いたウサミ。不器用でも、足取りは遅くても、仲間と共に前に進んでいこう。
「私に叛く者は 即 退学(クビ)だ」
後継者問題も丸く収まり、順調に卒業を待つばかりと思っていたスケット団達の前に現れた新たな障害。高圧的な新理事長の手から、自由な学園生活を守るんだ!


恋するエジソン
「オナラの匂いの香水!!?」
誕生日プレゼントにオナラ香水!?どんだけ悪趣味なんだよ!!寮長もドン引きだよ!!


ジャン魂G!
今週はG-11GP閉幕スペシャルなので、ネタはお休みです。

Posted by seiji | 09:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog