コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

29 2013

ジャンプ21号感想

暗殺教室
「あなたの家族じゃない 私の生徒です」
可愛い生徒達に暴力を振るわれ、怒り心頭の殺せんせー。しかし鷹岡は、これも「教育」だと反論する。
「超生物として彼を消すのは簡単ですが それでは生徒に筋が通らない」
教師としての立場を重視する殺せんせーは、鷹岡の事が気に入らなくても手を出すことはない。それならばと、烏間に助力を願う。
「烏間 おまえが育てたこいつらの中でイチオシの生徒をひとり選べ」
ナイフを使った実戦訓練で、教師としての勝敗を決めようと提案する鷹岡。これに負けたら、一切文句は言わせないという条件付で。
「渚君 やる気はあるか?」
烏間が選んだ「イチオシの生徒」は渚。おそらくカルマあたりを選ぶと思っていただろうE組一同は、みな驚きの表情。
「やります」
烏間の真摯な態度に触発され、受け取ったナイフ。クラスメイトを傷つけられた怒りを殺意に変えて、「暗殺者」渚は動く。


読切 DARK PAWN-闇の質屋-
「成長しなさい…この部屋のために」
ぬらりひょんの孫の椎橋先生の読切。定評のある画力に、おどろおどろしい不気味な世界観・キャラがうまい。この先生作品の魅力は、一言で言えば「美しき狂気」だと思う。


読切 ぶらんにゅーSCHOOL DAY
「どっちも勝ったって事でさ」
高校デビューした男女二人が、お互いを笑ってバカにしてたのに、色々あって結局くっつくお話。お互いに同じような境遇で、似たような苦労をしただけに、いいカップルになるんじゃあないだろうか。リア充爆発しろ。


恋するエジソン
「どんなに湿った布団もその華麗な技でふかふかに仕上げます!」
界王様の下で修行した悟空のように、すばやい動きで布団をたたくロボット。ナッパをまるで赤子扱いだ!


スケットダンス
「引退の時が来た」
卒業を前に、後輩に道を譲るボッスンたち。だけど、そう簡単にはいかなくて…というお話。


めだかボックス
「社会人になってからの遅刻は恥ずかしいーっ!」
大人になった善吉たち、見た目は変わったけれど、内面はあまり変わっていないようで。


ジャン魂G!
日本一ダメなラブレターの書き出し決定戦!!
「オレ、オレ。」
オレオレ詐欺でもする気か!?しょっぱなから失礼な野郎だ!!
「原稿用紙58692枚にも及ぶ長文で失礼します。」
長すぎるわ!愛が深いのはわかったけど、重すぎてイヤがられるぞ!!
「双方に益をもたらす良い話があるのだが、取引しないか?」
それは二人が恋人同士になることさ。さぁ、一緒に幸せになろうよ。
「ムシャクシャして書いた、誰でも良かった。」
今は反省している。…って、犯罪者じゃねーんだからさ。ラブレターなんて、誰にでも送っていいものじゃあないだろう。

多くの細道 お題:卒業式
「今日だけは 涙を見せる 鬼教師」
そんな鬼教師にもらい泣き。絶対泣かないって決めてたのに…。
「校長の 必殺技の 以下同文」
厳かな式なのに、ちょっとシュールで笑っちゃいそうになる言葉、「以下同文」。
「後輩が 春から僕の 同級生」
留年したのか。来年こそは卒業できるようにがんばれよ。

世界悲惨
「娘の描いた家族の絵に自分がいない。」
お父さんはいらないのか?なあ?お父さんは悲しいぞ!
「誰にでもボディータッチする子だった。」
オレに気があるのかと思って期待してたのに…。ちくしょー!
「くそっ!今度はPS4かよ!!」
次世代機の移り変わりについていけないぜ!お小遣いも足りないぜ!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 18:05 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

21 2013

ジャンプ20号感想

暗殺教室
「夜9時まで…訓練…?」
地球存亡の危機とはいえ、中学生にはあまりに過酷な訓練カリキュラム。食べ物で釣っておいて、この仕打ちはひどい。
「言ったろ? 俺達は「家族」で俺は「父親」だ 世の中に…父親の命令を聞かない家族がどこにいる?」
命令を聞かない子供には、制裁として体罰を加える!まさに軍隊そのものの、暴力と恐怖による支配!!
「私は嫌です 烏丸先生の授業を希望します」
恐怖で脚を震わせながらも、はっきりと鷹岡の「授業」を拒否した神崎。自らの誇りを貫き通した健気な彼女にも、容赦なく制裁が加えられる。
「文句があるなら拳と拳で語り合おうか? そっちの方が父ちゃんは得意だぞ!!」
自分の力を誇示して、有無も言わさずに命令を聞かせようとする鷹岡。しかし、こんなことをされて黙っているE組、そして殺せんせーではない!!


読切 W.C.フレンズ
「一緒にトイレへ行く友達が必要なの!!!」
少年誌で女子高生の便友ネタ?と、最初は疑問に思ってたけれども、一貫してギャグ展開だし、男子にとっては「近くて遠い」ネタだから、これはこれでアリなのかな、と思った。この作品を少女漫画として発表したら、女子にとってはリアルすぎて敬遠されるかもしれないからね。女性作家だから書けるネタではあるだろうけど、主人公がアホの子で、クールビューティーな友達のツッコミがあるおかげで、漫才のような軽快さのある作品だった。
「カプチーノ」
童話の中で生きているような森ガール達の会話の中で、突如発せられた謎の単語。いったいどういう意味なのか、常人の僕らには知る由もない…。
「どうしたらいいのあたし!パンツ!!」
可愛い女子高生のパンモロシーンなんだけれども、今まで散々主人公のヨゴレキャラっぷりを描いた後なだけに、あんまりうれしくないという。なかなか面白いお色気シーンだ。
「無理して作った友達とつるんでても 手に入んのはまやかしだけだよ」
無理して友達になっても、一緒にいる間もずっと無理しなきゃあいけないなら、一理あるな。でも、友達作りなんて、最初はちょっと無理して、仲良くなったら段々本音をさらけだしていくものじゃない?
「うんこしてくるから」
男子でもなかなか言えないぞ、そんな言葉!さすがは深雪!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ!
「あ でもうんこはマジだから できればついて来ないで」
便意に耐えつつも、友達の悩みを聞いてあげていた深雪の優しさに天晴れ。何気に、前のページでお尻にタックルを食らった時に「ウッ」とえづいているのね。衝撃で、もらす寸前までいったのかも。


スケットダンス
「みんなはなればなれになるな」
出会いがあれば、別れもある。一緒にすごした時間が楽しければ楽しいほど、別れのつらさは増してくる。
「ボッスンに好きやって伝えてくる」
卒業を前に一大決心をしたヒメコ。でも、あの鈍感なボッスンなら「ああ、オレも好きだぜ」と、友達感覚のままであっさり流しそうな気もするけれど。
「はなればなれになれへんのかい!」
同じ大学を目指すことがわかって、ボッスンに告白する機会を逃してしまったヒメコ。でもこれ、どっちか片方だけが受かって、もう片方は落ちて気まずくなる流れじゃないか?


恋するエジソン
「ブラジャーしとる!!」
いくらスピカが中に入っているとはいえ、サッカースーツにブラジャー着ける意味ねーだろ!ていうか、よくこんなビッグサイズのブラジャーあったな!!


めだかボックス
「理想とパンツははき違えるな。」
深い…のか?パンツのように、理想は常に内に秘めていよう。


ジャン魂G!
日本一イヤな悪の秘密結社決定戦!!
「お腹が痛いと言えば休める。」
お腹が痛いならしょうがないな。今日はゆっくり休んで、明日こそは元気な顔を見せてくれよ。
「壊滅させると数万人の失業者が出て、経済に大打撃を与える。」
もはや大企業じゃないか!壊滅させるのではなく、業務内容をもっと平和的なものに改善させていくことを考えた方がいいかもな。
「「恋愛禁止」という鉄の掟がある。」
もしバレたら丸坊主になって謝罪会見。
「より強大な真の悪から地球を守っている。」
毒をもって毒を制す。抑止力という名の必要悪として、悪の秘密結社は今日もがんばっているのだ。

ミステリーハンター
「スライム一匹にまわりを囲まれるミステリー。」
正しくは「まわりこまれてしまった」だね。ものすごく俊敏なスライムで、逃げる先にうまく回り込まれてしまったのだろう。
「あれだけ叫んでいた室伏選手が「落ち着いて投げられました」とインタビューで答えるミステリー。」
プロスポーツ選手は、自分のベストを大会に合わせるのが仕事。大声で気合を入れて、自分の最も力の出る瞬間をうまく出せたという意味なんだろう。

プロジェクトA
「アホマグロ。命を削ってまで「だるまさんが転んだ」に夢中。」
マグロは泳ぎ続けないと死んでしまう魚。つまり、止まることは死を意味するんだよ!!
「アホ白雪姫。毒リンゴ完食。」
毒に耐性あったのか?ずいぶんと生命力の強そうな白雪姫だなあ。

すごスキル お題:美容師
「レベル5 死ぬほど熱い蒸しタオルを敵の顔に投げる。」
蒸しタオルの温度って難しいよね。熱すぎるのもダメだけど、ぬるいとなんか気持ち悪いし。
「レベル13 美容師さんのどうでもいい話が始まった。敵はこんらんした。」
へ~、そうなんですか~。そう、適当に相づちを打つことしか僕にはできない…。
「レベル65 仲間の眉毛を剃った。弱い敵に出会わなくなった。」
しかし、町の人々の対応がよそよそしいものになってしまった!

Posted by seiji | 20:58 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

14 2013

ジャンプ19号感想

暗殺教室
「生徒の訓練は…今後全て鷹岡さんが行うそうです 同じ防衛省の者としては生徒達が心配です あの人は極めて危険な異常者ですから」
仲間ですら恐れる“異常者”こと鷹岡。一見、食べるのが大好きな好青年だが、その笑顔の裏にいったいどんな狂気を隠しているのか?



読切 ジェダの通学路
「ジェダの通学路…とっても危険だから」
いやいや、危険なことがわかっているなら、誰か大人を迎えに行かせるなり、なんらかの対策をとれよ!今回は運よく生き残ったけれど、本当に死んじゃったら学校はどう責任を取るつもりなんだ!?


スケットダンス
「大人になっとる!!」
大人の姿になって、なんだかチャラ男みたいに変身したボッスンとスイッチ!でも、スイッチは若干、生え際が後退ぎみのような…。
「小難しいカタカナ言葉使て仕事できてる気になっとんちゃうぞ!」
こういうこと言いたがるヤツほど仕事できねーんだよ!ベラベラ言い訳してねーで、黙ってやれや!!
「おわあああああ!!頭ポンポンすな!!」
年上の男性にからかわれるヒメコの図っていうのも、新鮮でいいな。いつもはオカンキャラなだけに、年下扱いされるのも珍しい。
「数分後に死ぬ」
いじられキャラのボッスンだけど、ついに老衰で死に掛けるところまできたか。どんだけ不遇な主人公なんだ…。(涙)


恋するエジソン
「その名も暗記パン!!こんなおもしろ発明ないでしょ!?」「あるわい!!!」
ドラえもん顔の二人、いつもより可愛いな。やっぱりF藤子・F・不二雄先生は偉大だね。


めだかボックス
戦闘中にめだかのスカートをずり下げている変態おにーさんが面白かった。


ジャン魂G!
日本一売れないミュージシャン決定戦!!
「自分の歌に号泣しすぎて歌えてない。」
自分に酔うのも結構だけど、その感動をみんなに伝えるのがミュージシャンの仕事なんだよ。
「5分歌って、2時間ナンパ。」
結局、女の興味引くための手段なのか!そんなインチキなヤツが売れるわけねーだろ!!
「一心不乱に念仏を唱えている。」
ミュージシャンというより、虚無僧なんじゃないの?
「女子小学生が男に「おじさんの歌を聞かないかい?」と声をかけられる事例が発生した。」
ただの変質者じゃないか!すぐに防犯ブザーを鳴らすんだ!!

はじめての一歩
「映画館の第一歩。映画予告の段階でポップコーンを食べ終わる。」
映画館で食べるポップコーンは、なぜかいつもよりうまい法則!映画予告が結構長くて退屈なせいもあって、パクパクいっちゃう!!
「高校生バンドの第一歩。バンド名を決めて自然消滅。」
最初は勢いだけでみんなやる気だけど、結局練習するのがめんどくさくなっちゃうのだ。
「スケートの第一歩。第一歩が踏み出せない。」
このネタ、うまいな。転ぶのが怖くて、なかなか手すりから手を放せない!
「ヒトカラの第一歩。後半こうなる」
序盤は一人だけで思いっきり歌える喜びに興奮するものの、後半は疲れとむなしさで座り込んじゃう。やっぱり、一緒に盛り上がれる仲間がいないとね。

教えて!おじいさん
「Q.男が立ち上がらなければならぬ時っていつですか? A.エッチな本を見た時ぢゃ!」
立ち上がるのは一部分だけだろ!
「Q.どうしてラーメン屋は店内にポエム載せてるの? A.ラメンティックがあふれてるからぢゃ!」
ラメンティックあげるよ♪ラメティックあげ~るよ♪(ロマンティックあげるよ?)

記憶スケッチ お題:魔女が空を飛ぶのに乗っている道具
「イルカ」
なんか壮大で美しい!乗っているのがおばあさんじゃなければ、もっと絵になるのに。
「トナカイが引くソリ」
それ、サンタクロースだから!人の仕事奪っちゃダメだろ!!
「ハシラとられたー!!」
今度はタオパイパイのハシラを奪ったのか!ベロを突き刺されて殺されるぞ!!
「おばあさん、もうすぐで家ですよ」
なかなかの好青年じゃないか。やっぱり、高齢者の方々には親切にしないとね。

Posted by seiji | 23:16 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

07 2013

ジャンプ18号感想

暗殺教室
「いけませんよ 露出の季節に平常心を乱しては」
愛読書がエロ本の殺せんせーは、少々の薄着などでは平静を乱さない。映画がダメならビーチの女の子を撮影しようって、それはそれでダメだろ!!
「さらしたくなかったぜ 神々に封印されたこの左腕はよ…」
菅谷くんが中二病だ!奇抜なボディペイントでみんなの目を釘付けだぜ!!
「ギャー!!」
ウキウキボディペイント初体験♪しかしそれは罠だった!殺せんせーの顔がドロリと溶けた衝撃で、ホラー漫画のような阿鼻叫喚の教室!!
「先生ふつうにカッコいい模様描いて欲しかったのに」
完全に油断していた殺せんせー。でもちゃんと描いてくれなくて悲しい。その悲壮な姿に罪悪感を感じる菅谷。
「激しくお気に召さなかった!!あの銃本物だぞ!!」
イリーナが気絶したのをいいことに、好き勝手に体にラクガキした菅谷と殺せんせー。怒りのあまりに、こち亀の大原部長のような重装備で復讐に来たイリーナ!!
「ちょっとぐらい異端な奴でもE組(ここ)じゃ普通だ いいもんだな 殺すって」
担任の先生を殺さなければいけないという異常な教室。しかし、そんな異常な場所だからこそ、輝きを増すことができる異端者たちがいる。はみ出しものの居場所としてのE組、その心地よさに感謝する菅谷。


読切 さくらん(仮)
「キミをウララ星へ連れていく 永遠に」
最後まで読んだ後にこのセリフを見ると、これが愛の告白だったのかとも解釈できるな。
「私…英太クンと遊べるのはこれで最後かもしれない だから英太クンと星を見たいんだ」
ミリカのこのセリフは、つまり地球潜入任務の期限切れで星に帰らないといけないっていう意味だったんだな。星を見たいっていうのも、宇宙船から地球という「星」を一緒に見たい、そしてあわよくば一緒に来て欲しいという願いがこめられていたのかもしれない。


スケットダンス
「脱スケット団だ!!」
そうやって他人を変に意識するのは逆効果だよ。むしろ自分たちの原点を思い返してそれを突き詰めていくことで、それぞれのオリジナリティが出てくるものじゃあないのかな。
「…ちょっ…何でメガネかけてんだお前!!」
スマイルもタクトの暴言の数々にちょっとイラついているのか、タクトを煽りにいってるな。こういう悪ノリは嫌いじゃない。
「なにがスマートにだ 泥まみれの方がカッコイイじゃないか」
スマートにすまそうとするあまりに、依頼を達成できなかったタクト。一方、泥まみれになりながらも依頼を達成したボッスン。どちらが優れているかは明らかだ。
「なくしたくないよな この学校から」
ボッスン達、スケット団の意思を継ぐことを決意した表情のタクト。想いは、こうして繋がっていく。


めだかボックス
「我々は大人ですよ? 子供の相手など座ったままで十分です。」
年長者たちがかもしだす大人の風格、威圧感!でもこんな恐ろしい大人たちを相手にしても最終的には勝ってしまうんだから、めだかも化け物だよなあ。


恋するエジソン
「ネジ子…なんではいてないんだよ…」
少年誌でノーパンヒロインはNGだろ!うら若き乙女なら、ちゃんと隠すべきところは隠しなさい!!


ジャン魂G!
日本一盛り上がらないサッカー中継決定戦!!
「ヘリコプターからの中継。」
視点が遠いよ!試合にイマイチ熱中できないよ!!
「選手の上半身しか映さない。」
ボールがどこでどうなっているかわかんない!まあ、これはこれでシュールな面白さがあるかもしれないけど。
「実況も11人いる。」
みんないっぺんにしゃべってたら、何言ってるか聞き取れないよ!
「観客の可愛い子が映ったら「ゴール!!」と叫ぶ。」
僕のハートにイナズマシュート!キミの瞳はハットトリックさ!!
「上級生がサッカーコートを貸してくれない。」
ちょっと早く生まれたぐらいで、ずるいよな、あいつらよー。しょうがないから田中んちでゲームでもしようぜ。
「ウホッ、裏番組で生着替えやってるぞ!!」
男には、見逃せないものがある。生着替え、いつ見るのか?今でしょ!!

J喜利 お題:殺せんせーを真っ黒ド怒りにする方法
「先に地球を破壊する。」
早いもの勝ちだもんねー!でも、全生物が滅亡しちゃうから結局バッドエンドだ!!
「まだ6時45分なのに「もう7時よー」と起こす」
ヤバイ、遅刻じゃん!…え?ウソ?…はじめてですよ、このわたしをここまでコケにしたおバカさん達は……
「せんせー、真っ黒になってド怒りしてください」
お願いするのは反則でしょ!でも、実際にそう頼んでも困惑して断られると思うけど。

オレの流儀
「オレの流儀!「コミックスは買う。ジャンプも買う。両方やらなくちゃいけない、ってのがファンの辛いとこだな。覚悟はいいか?オレはできてる」」
ブチャラティじゃねーか!マンガ買いすぎて、僕のおこづかいはアリアリアリアリアリーヴェデルチ!(さよならだ)
「オレの流儀!土下座は一日三回まで!それ以上はプライドが許さない!」
いやいや、普通は滅多に土下座なんかしないからね。それでプライド語られてもなぁ。

バカズバッ! パンダ特集
「化粧中パンダ」
その白黒模様、化粧だったの!?一昔前のヤマンバギャルみたいだな!!
「王様から銅の剣と50Gを受け取り、旅立ったパンダ」
なんかかっこいいぞ、勇者パンダ!それにしても王様はケチだよなあ、こんなはした金渡しただけで魔王を倒してこいだなんて。
「サングラスかけてみたけど気づいてもらえないパンダ」
わかりづらいよ!どうせイメチェンするなら、もっと冒険しないと!!

Posted by seiji | 22:42 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

02 2013

神と神と拍手返信

10数年ぶりの新作劇場版ドラゴンボール映画、「ドラゴンボールZ 神と神」がついに公開されましたね。

中川翔子またまた号泣!「ドラゴンボールZ 神と神」初日舞台あいさつ

僕はまだ見ていないんですが、既に見た方の感想はおおむね好評のようで、見るのが楽しみです。ちょっと前まではDVD化されるまで待つつもりでしたが、ひょっとしたら映画館に見に行くかもしれません。
子供の頃に味わった、あの胸の底からワクワクするような興奮がまた味わえるんでしょうか。


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 23:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

© FC2 BLOG / ooq:blog