コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

24 2012

ジャンプ3号感想

暗殺教室
「汚れた姿で大慌てでトイレに駆けこむ 彼等にはずいぶんな屈辱でしょう」
暗殺教室の生徒一同による、お仕置き完了!ターゲットに姿を見せずに攻撃を行うその姿は、まさに暗殺技術の応用!!
「強い弱いはひと目見ただけじゃ計れない それをE組で暗殺を通して学んだ君は… この先弱者を簡単にさげすむ事は無いでしょう」
報復という名の課外授業はこれにて終了。強さというのは、ひとつじゃない。
「あ やばっ 俺これから他校の女子とメシ食いに行かねーと じゃあ皆ありがとなまた明日!!」
色男は忙しい。一人の女に振られても、また別の女の所へ通わなければいけない。これもまた、ひとつの強さか。


スケットダンス
「この扇風機タイムマシンなんだ!!」
今回はタイムスリップネタ。こんなすごい発明したのに、それでも部室を出ないまま三人でグダグダしてるだけっていうのが、この作品の特徴だね。


めだかボックス
「800x800で64万人の私です☆」
ケタが違いすぎる…。もはや軍隊だぞこれ!同じ顔がこんなにいっぱい揃っていたら、気が狂いそうだな!!


ジャン魂G!
拡散希望
「拡散希望!!「空飛ぶジジイ」よく飛んでるから気にするな!!」
こんなに発見したら驚くわ!ヘタなUMAより怖いわ!!
「ホモです。」
お、おぉ…。そうか…。

はじめての一歩
「「チャパンガ族豊作盛況祭り」の第一歩。自分だけ間違ってイノシシではなく、セルゲイ・アホウドリを持って行ってしまう。」
そんな祭り参加したことねーよ!おまけにセルゲイ・アホウドリってどんな動物!?

オレの流儀
「オレの流儀!驚くときはメガネを割る!」
割れないよ、そんな簡単に!マンガではあっさり割れて、いつの間にか復活してるけど!!

プロジェクトA
「アホチワワ。僕の知っているチワワじゃない。」
チワワどころか、人間じゃない?誘拐事件として、警察に通報しないと!!

ジャン魂ブログより がんばれ香川!
リアル調の香川から、似せる気が感じられない香川へ、そして香川照之へと。どんどんあさっての方向へ向かっていくな!!

バカズバッ!
「節子それロマネコンティーやない。パンティーや」
あの感動の名作が、アホな下ネタで台無しに!!
「ウチはラーメンしかないよ。」
じゃあ、その手に持っているカレーは何!?インド風の格好といい、カレー屋にしか見えないよ!!

がんばれシニア世代!!
「エスパー伊藤」
戦闘機の羽根にへばりついている!?これぞエスパーの真髄!!
「築地のスーザンボイル」
なんだこのオバサン!?変な乗り物乗ってるけど、歌うまいわけ!?
「おじさんのベンツ」
どう見てもただの変態だこれ!おじさんがベンツ気取りなの!?

素晴らしきパクリの世界
「ファアアアアル!!!ファール!!ファアアアル!!!」
なんでバッターがファール主張してんの?普通はポール際の打球をホームランだと主張するところじゃない?
「ゴリラ人間クワガタ -パクリヒーロー見参!!-」
この「本名は田中」っていう投稿者はパクリネタを量産してるんだな。どうせなら、二番煎じの王者を目指しちゃえ!
「ゴリラ人間対決」
オリジナルのカブトか、パクリのクワガタか。ゴリラ人間の誇りを賭けた戦いが始まった!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 09:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

23 2012

ジャンプ2号感想

暗殺教室
「新カレが忙しいから俺もキープしとこうと?」
プレイボーイの前原だが、遊んでいたつもりが遊ばれていた?彼女に二番手扱いされて、ちょっとプライドが傷ついたようだ。
「ダメだよ暴力は 人の心を…今日の空模様のように荒ませる」
罵声から集団リンチになりそうなところを、割って入ったのは理事長。スマートに、だが薄暗い感情を滲み出しながらも、威厳ある態度で仲裁する。
「そんな心が醜い人とは思わなかった 二度と視線も合わせないでね」
あ…あの女の目…養豚場のブタでもみるかのように冷たい目だ。残酷な目だ…。『かわいそうだけど、明日の朝にはお肉屋さんの店先にならぶ運命なのね』ってかんじの!(by.ジョセフ・ジョースター)
さっきまで幸せそうに腕を組んで歩いていたとは思えないような、ひどい豹変ぶり。いまのあんたがいちばんみにくいぜ!(by.Sa・Ga2 秘宝伝説
「ヒトって皆ああなのかな 相手が弱いと見たら… 俺もああいう事しちゃうのかな」
確かに彼女は醜い。だが、自分はどうなのか。そう考えることができた時点で、彼の心はすでに美しい。
「屈辱には屈辱を 彼女達をとびっきり恥ずかしい目に遭わせましょう」
こんなことをされて泣き寝入りするほど、暗殺教室の生徒達は甘くない。先生公認の仕返しで、力の使い方を実践だ!!


スケットダンス
「クエスト・ダンス 旅の始まり」
まさかのドラクエ回の続編。スライムとなったボッスンに、徹底的に冷たいパーティーが面白かった。
ていうかこれ、もう一度転職しなおすっていうのはダメなわけ?


めだかボックス
「『「大噓憑き(オールフィクション)」』 『人吉善吉をなかったことにした』」
一瞬で人間を消し去る、恐ろしいスキルで善吉を消した球磨川。半袖を挑発するためとはいえ、とんでもないことをするものだ。


ジャン魂G!
今週はG-10GPの打ち上げスペシャルなので、ネタはお休みです。

Posted by seiji | 21:11 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

18 2012

わたもてと拍手返信

今週末の12月22日に、漫画『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』の第3巻が発売されます。
ある日、コンビニでたまたまこの漫画の単行本を立ち読みして以来、僕はこの作品をすっかり気に入ってしまいました。新刊発売を機会に、ちょっとこの作品を紹介してみたいと思います。

漫画の世界では、友だちのいない落ちこぼれの主人公の前に突然異世界の住人が現れるとか、ふとしたきっかけで変人集団に絡まれるとかいうのが物語の始まりの定番ですが、この作品は違います。
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」というタイトルが示している通り、主人公は、モテない女の子です。しかもただモテないだけではなく、自意識過剰であまりにも痛々しい、ダメな女の子。
彼女は美少女ではありません。オタクで、下品で、おしゃれをしてみればブスだと言われ、時にはゲロを吐きます。学校ではろくに話す相手もおらず、孤独を持て余す日々。家でも、弟にうっとうしがられています。
いま流行りのタイトルに例えるとすれば、「私は友達がいない」であり、「俺の姉がこんなに気持ち悪いわけがない」です。彼女は孤独なまま、学校ではほぼ誰とも話さないままに物語は始まり、その状況にほとんど進展の無いままに、物語は続いています。

作中で「おかしいな・・・女子高生だが二ヶ月近く高校生と会話してないぞ?」と独白しているように、「女子高生」というある種のブランドを身に着けたにもかかわらず、幸せが向こうからやってくるわけではないという現実。かつて持っていた淡い期待は裏切られて、為すすべも無いままに時間だけが過ぎていきます。
がんばっても、うまくいかない。伝えたくても、わかってもらえない。報われない自分に嫌気がさして、幸せそうな他人に嫉妬してしまう。そんな、誰もが持つ大きな悩みを、彼女は抱えています。
この状況だけ見れば、救いの無い欝漫画になりそうなものですが、この作品が単なる欝漫画で終わらないのは、主人公が「愛すべき馬鹿」だからだと思います。

いつかはモテたいという夢を持つ彼女は、その夢をかなえるためにいろんな行動をします。根拠の無い自信を持って、見当違いの努力をするその姿は、他人から見ればとてもこっけいですが、本人はいたって本気です。馬鹿馬鹿しいんだけれども、どこか微笑ましいその様子は、どこか応援したくなります。昔のダメだった自分の姿を重ね合わせながら。
そんな、笑いながらもどこか優しい気持ちになれるこの作品が、僕は好きです。


先週は用事が重なってジャンプ感想が書けなかったので、今週末に遅れて書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 23:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

09 2012

ジャンプ1号感想

暗殺教室
「いいじゃないか2D(にじげん)…Dを一つ失う所から女は始まる」
「竹林それおまえの初ゼリフだぞいいのか!?」
二次元美少女の固定砲台にゾッコンの竹林!三次元など時代遅れ、二次元こそが最先端なんだよ!!
「…しまった 先生とキャラがかぶる」
「かぶってないよ1ミリも!!」
生徒に大人気の固定砲台に嫉妬する殺せんせー!大人げないぞ!!
「今すぐ分解(オーバーホール)だ 暗殺に不必要なものは全て取り去る」
点検に来た開発者たちの手によって、殺せんせーの自費をつぎ込んだ改造を撤去される固定砲台。少し悲しそうな顔をしつつも、言われるがままに分解を受け入れる。
「はい 私の意志で産みの親(マスター)に逆らいました 殺せんせー こういった行動を“反抗期”と言うのですよね “律”は悪い子でしょうか?」
「とんでもない 中学三年生らしくて大いに結構です」
“律”こと固定砲台をあくまで生徒の一人として教育した殺せんせーの力によって、中学生らしい反抗をした固定砲台。その様子に満足そうな殺せんせー。
「カラスマカラスマ 顔描いたら人気者になるって本当?」
「…… おまえはどこに迷走してるんだ」
なぜかおっぱいに顔を描く宴会芸を練習しているビッチ先生。心配しなくても、彼女はそれなりに人気者だと思うけど。


スケットダンス
「ピラミッドパワーを浴びた12人の光臨である」
何だよこのスピリチュアルな展開!?十二使徒みたいな感じなのコレ!?
「そしてこの後「争いはよくない」と叫ばれ始め得点板が破壊される」
争いはよくないけど、得点板は暴力的に破壊しちゃうの!?物にあたるのもよくないと思うけどなあ。
「みんなで手を繋いでゴールしたのであった」
こういうのって偽善的だよね。勉強では露骨に優劣付けられるのに、こういうイベントの時だけ平等だとか声高に言うのは筋が通っていないよ。


めだかボックス
「くっ…やめろ!黙れ! 歌うのを…その言葉(うた)をやめろ!!」
この歌うのをやめろという言葉で、ファミコンの「MOTHER」のギーグを思い出してしまった。
「弾丸を…否!あたちのスタイルを避け…!」
「共振(ともにふる)え 共鳴(ともにな)き 共感(ともにかんじ)る スタイル…」
歌には歌!アーティスト達の言葉からヒントを得て、自らスタイルを編み出しためだか!!


ジャン魂G!
ザリパイ2コマ お題:車を止める力士
「危なかったな、ぼうず。おれ?おれは未来のお前さ」
俺、将来は力士になるの!?助けてもらえたのはありがたいけど、ちょっとイヤだなあ。
「そのままひかれて吹っ飛ぶ」
ですよねー!力士とはいえ、走ってくる車にぶつかったらそうなりますよねー!
「力士飛び出し注意」
あ!やせいのりきしがとびだしてきた!(ポケモン?)

日本一イヤなお天気お姉さん決定戦!!
「天気予報は当たらないが、よく食あたりになる。」
いつも何を食ってるんだよ!毎日出演するのが前提なんだから、健康には気をつけようよ!!
「ファンレターが多い地域は晴れの予想が多い。」
ひいきはよくないよ!結局、天気予報が当たらなかったらダメだし!!
「ちょっと待って、今パソコンで調べるから」
そんなことしてたら、お天気お姉さんの仕事が無くなっちゃうよ!いや、視聴者の一部は天気よりお姉さんの方に興味があるのかもしれないけど…。
「明日の天気はどうなるのか…次週、明らかに!」
引っ張るなよ!来週になったらどうでもいい情報だよ!!
「恋はいつでもハリケーン!!!」
すべてを吹き飛ばす恋の嵐!たとえ涙の雨に降られても、いつかは晴天の日差しが愛となって降り注ぎますように。

Posted by seiji | 21:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

05 2012

マーニーの単行本発売!

いよいよ今週の金曜日、僕が応援している漫画『名探偵マーニー』の単行本が発売されます。
単行本発売記念に、イラストを描いてみました。

tankoubon1.png

マーニーという作品は、金田一やコナンとも違う、一味違う探偵の物語です。殺人事件が毎回起きるような事はありませんが、それでもスリルやコメディやミステリーの要素が詰め込まれており、物語の結末には「おっ」と思わせるようなひねりが利いていて、とても面白いです。

あらすじや登場人物などは、僕が管理している別サイトにまとめています。もしご興味があればご覧ください。
名探偵マーニーファンサイト Marnie Mania

Posted by seiji | 23:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

02 2012

ジャンプ52号感想

暗殺教室
「どー考えたって邪魔だろうーが 常識ぐらい身につけてから殺しに来いよ ポンコツ」
度重なる授業妨害の結果、生徒の手によってガムテープで身動き取れなくされた固定砲台。さすがにやりすぎた。
「危害を加えるのは契約違反ですが…性能アップさせる事は禁止されてませんからねぇ」
すっかり生徒に嫌われてしまった固定砲台に対し、協調の大切さを教える殺せんせー。おまけに、性能アップのカスタマイズまでする親切さ。
「君の才能を伸ばすのは生徒を預かる先生の仕事です」
手入れをするのが殺せんせーの趣味。人でも機械でも、それは変わらない。ましてや、その相手が転校生というのならばなおのこと。
「おはようございます!!渚さん杉野さん!! 今日は素晴らしい天気ですね!!こんな日を皆さんと過ごせて嬉しいです!!」
クールで無愛想な彼女が、一転して明るくて気さくな子に変身!その天使のような笑顔には、惚れてしまう男子もいるかも!?
「先生の財布の残高…5円!!」
安月給をほとんど使い果たしてまで、固定砲台を生徒達に溶け込ませるために働いた殺せんせー。その姿、先生の鑑!


スケットダンス
「これは失礼つかまつった ワシはキリの父 加藤五佐衛門と申す者」
歌舞伎役者と忍者と侍を足したような妙なおじさんは、キリの父親!こりゃまためんどくさそーな人だ。
「オレ達を忍者にしようとしてる!!」
加藤NINJAスクールの経営者という顔を持つ五佐衛門は、忍者に興味があるボッスン達に忍者修行を強要する!
「藤崎が深草兎歩をマスターした!!!何でできるんだ!!」
なんでもそこそここなす器用さを発揮して、次から次へと忍術をマスターするボッスン!ぜってー火影になるんだってばよ!!
「何やってんだ親父ィ!!!」
いつものように帰宅したキリの目には、いつもとは違う信じられない光景が!忍者修行を受け、免許皆伝を受けるボッスンと、まだまだ修行中の椿!!
「オレの主だ!!!」
キリの主君たる椿に厳しい修行を課してしまったことを知り、後悔の念にかられる五佐衛門!しかしもう手遅れ!!
「音もなく逃げた!!」
三十六計逃げるに如かず!都合悪いから逃げ出すだなんて、情けないぞ親父!!


めだかボックス
「確かに漆黒宴とは様子が違うようだな強敵だ だが寿常套私はあえて貴様を赤子の手をひねるように倒す!」
頼れる仲間達はみんな赤ん坊にされて無力化され、たった一人で逃げ隠れることしかできなかっためだか。しかしこの絶望的な状況でも、めだかはまだ勝利を信じている!


ジャン魂G!
日本一ダメな専用車両決定戦!!
「朝一で餃子食べた人専用車両」
満員電車で、口臭や体臭がキツい人の近くにいると息苦しいから隔離しようという発想は買うが、限定的すぎるだろ!
「下半身裸の人専用車両」
変態専用かよ!そのまま刑務所へ連行しろ!!
「家から追い出されて電車くらいしか居場所が無い人専用車両」
人はみな、自分の居場所を求めてさすらう旅人。今日も電車にゆられ、あてのない旅に向かうのだ。
「専用車両なんかには乗らないという意志の強い人専用車両」
じゃあ、結局その車両には誰も乗れないじゃねーか!

フキダマシイ
「風が止んだ…まさかオレみたいなニセモノじゃないちゃんとした勇者が目覚めようとしているのか!?」
今まで勇者だからという理由で町の人々にちやほやされてきたが、ついにニセモノのメッキが剥がれるのか!?
「風が止んだ…まさかまだ早朝4時半だというのに全国の老人たちが目覚めようとしているのか!?」
老人たちの朝は早い。早朝に目が覚めてしまうので、玄関の掃除したり、新聞の朝刊が配達されるのを待ったりしているのだ。

はじめての一歩
「たい焼きの第一歩。想像を絶するあんこの熱さにもだえ苦しむ」
皮はサクサク、あんこは熱々。慎重に少しずつ食べ進めないとヤケドしちゃうぞ。
「恋愛相談の第一歩。翌日にはクラス中に知れ渡ってる。」
絶対秘密だぞ。絶対だからな!とあんなに言ったのに、ひどいよ!
「お年玉の第一歩。おじいちゃんおばあちゃんからオレへ。オレから母へ。」
思えばはかない希望だった。親からのおこづかいではとてももらえない金額が、一瞬で自分の手から離れる絶望感。

拡散希望!!
「【拡散希望】おしくらまんじゅうで押されて泣いたヤツを見たことがない。」
おしくらまんじゅう、押されて泣くな!…って、今どきの子供達はおしくらまんじゅうで遊ばないんじゃないか?
「【拡散希望】彼女というものは高校に入ったら自然にできるものと思ってた。」
現実ってやつは、いつだって面倒でうまくいかないもの。彼女が欲しかったら、女子と気さくにトークできるような会話力を身につけなければいけないんだ。

Posted by seiji | 21:16 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog