コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

28 2012

ジャンプ47号感想

暗殺教室
「新幹線とバスで酔ってグロッキーとは…」
自分はマッハで動けるくせに、乗り物には酔う殺せんせー。ぐったりしている今なら殺せるんじゃ?
「大丈夫?寝室で休んだら?」
優しい言葉をかけながらも、ナイフで殺そうとする女子生徒。この光景を誰もツッコまないこの状況が、一番シュールだな。
「ホント隠れやすいなココ おい 女さらえ」
チンピラたちにさらわれた女子たち!頼みのカルマも、武器で後頭部を強打されてはたまらない。
「去年の夏ごろの東京のゲーセン これおまえだろ?」
まじめでおとなしい優等生タイプの神埼さんがエンドのE組にいるのは、過去の非行が原因だったようだ。
「旅にトラブルはセットとはいえ あまりにでかすぎるトラブルに…僕等が途方に暮れていた時」
殺せんせーが作った旅のしおりには、クラスメイトが拉致られた時の対処法まで書かれていた!こんな状況まで想定しているとは、頼りになる先生だぜ!!


スケットダンス
「動くなァ!!!」
久しぶりに出てきた、出オチレベルの変人!一人でギャーギャー騒いで、迷惑なヤツだな!!
「2年の英語教師 針生・ドウエイガー先生だ」
ドウエイガーって、無理やりなネーミングだな!名前どおりハリウッド映画好きなのか!!
「頼むからその物騒なモノをしまってくれ」
銃を構えられてビビってるのか?自分は散々指の銃をつきつけといて、自分勝手だな!!
「ああ~エリカ先生 超かわいいなぁ~ やはりデートに誘うべきだろうか」
散々もったいぶっておいて、針生先生の依頼は色恋沙汰!しらねーよ、勝手にやってろ!!
「そそっかしいハリー先生 奪還ご苦労様でした」
散々グダグダになりながらも、無事にメモを取り戻した針生先生。しかし、メモはすでにエリカ先生の目に触れた後だった!
「今日のテストは50点てところね ボウヤ」
エリカ先生もハリウッド好き!粋な演出で、一枚上手の大人の女を演じた。結局、この二人は相思相愛だってわけか。


めだかボックス
「私はなんとなく あわよくばお金をもらおうとここに来ました どうか軽蔑してください」
生煮さんがマジで自分のことしか考えてなくて笑った。基本的に、面白そうな方向にノリで突き進んでいるだけだよね、彼女。
「黒神家の家長権を今この場で私黒神めだかが継承します」
たった一人の友達のために、自由を捨て、権力を行使するめだか。もはや手段を選んでいられない。
「自由を捨てるのもまた自由 いと嬉しからずや!」
彼女にとって自由よりも大切なもの。自由を捨てることそれ自体も自由の行使ならば、あえて捨てよう、友のために。


ジャン魂G!
日本一ハードな借り物競争決定戦!!
「カレーライスが嫌いな子供」
みんな大好き、カレーライス!だからこそ、カレーライスが嫌いな子供を見つけるのは非常に難しい。
「猫の手」
猫の手も借りたいっていうけど、ぶっちゃけ猫の手なんて借りられないよね。
「HIROから上戸彩」
俺たちのアイドルを奪っていった憎き相手。独り占めせずに、ちょっと貸してくれよ。

多くの細道
「息継ぎで必死の顔がキモすぎる」
鼻から一気に息をしなきゃいけないからね。ちょっと怖いね。
「沈みます クラスで浮いてる オレだけど」
プールの中じゃあなくても、団体行動の時は気持ちが沈んでいるけどね。
「ゴーグルと 水泳帽で 宇宙人」
あと、体育の時間は紅白帽をウルトラマンっぽく被ったりもしたよね。

はじめての一歩
「カップ焼きそばの第一歩。先に粉末ソース入れちゃう。」
ソースが湯と一緒に流れ落ちて味気ないので、台所に置いてあったとんかつソースで味付けしてみたり。
「ゲームセンターの第一歩。メダルと両替をまちがえる。」
千円札がすべてメダルになって絶望する。店員さんに言えば、両替し直してくれるかなぁ?

拡散希望!
「【拡散希望】めがねを授業中にはずしたら、そいつは寝る気だ。」
座りながら寝ようとすると、うつぶせになってどうしても腕や机にめがねが当たるからね。あおむけに寝るやつはほとんどいないだろうし。
「【拡散希望】現実問題、オケラとかアメンボを友だちと思うのは難しい。」
こっちが勝手に友だちと思っても、向こうは毎日を生き抜くために必死にがんばっているだけだからなぁ。たまに意地の悪い子供に虐殺されることもあるだろうし、むしろ外敵としか思われていないかも。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

24 2012

マーニーのファンサイト

先日、週刊少年チャンピオン連載の漫画『名探偵マーニー』のファンサイトを作りました。

Marnie Mania

前々から、『ヘレンesp』などで知られる作者の木々津先生のファンだったのですが、満を持してチャンピオンで連載開始したこの作品を毎週楽しんでいるので、一念発起してサイト開設しました。
基本的に一話完結ものなので、途中からも入りやすく、話もしっかりまとまっていて読みやすいと思います。興味がある方はぜひ読んでみてください。

Posted by seiji | 00:02 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

22 2012

ジャンプ46号感想

暗殺教室
「正直先生 君達との旅行が楽しみで仕方ないです」
修学旅行を前に、ワクワクしすぎて興奮しっぱなしの殺せんせー。あれもこれもと荷物を詰め込み、とんでもない量に。
「バカってさぁ 実はケッコー何でも知ってんだぜ」
京都に向かう電車の中で、高校生のチンピラに目をつけられてしまった暗殺教室の生徒たち。早くも前途多難!


スケットダンス
「イケメンになる薬が欲しい? どうしたボッスン 何があった!!」
いやいやボッスン、その発想はおかしくないか?イケメンになったところで、依頼が増えるわけじゃないだろう。仮に増えたとしても、相談というよりイケメンと話したいだけの人が増えるだけで、本当に助けが欲しい人が待たされるだけの結果になってしまうだろう。
「よっ」「めちゃイケメンになっとる!!」
しかも少女漫画とかに出てきそうな、現実にいたらイラッとくるタイプのイケメンだ!!
「はい カモミールティー」
いつもはヒメコにまかせっきりのお茶出しを、率先して行うイケメンボッスン。でも、カモミールティーなんてどこから出してきたんだ?
「すごくない?開盟イケメン五人衆よ!!」
イケメンボッスン、椿、スイッチ、キリ、あっくんの五人が集まり、女子生徒たちはキャーキャーと大興奮。どんどんおかしな方向に行ってるな。
「清らかさが顔にあふれ出て仏のようになってきたぞ」
薬の飲みすぎで、イケメンを通り越して悟りを開いた聖者の域にまで達したボッスン。これはもう、俗世間を捨てて出家するレベルだな。
「いや 薬が切れた反動でクズ野郎になってる」
イケメンからブサメンへの急転直下!やはり人間、ムリはよくない。イケメンにはなれなくても、たまにはちょっと他人のために働くぐらいでちょうどいいのかもしれない。


めだかボックス
「お前の会った言彦は英雄 言彦そのものではない 不知火の里が五千年間伝承してきた獅子目言彦という『存在』なのだ。」
つまり、あれは言彦本人ではなく、影武者ということか。それも、何十代も何百代も引き継いできた、由緒正しい影武者なのか。
「死人の影武者か」
言彦と同じように、死んだ鶴喰梟の影武者も代々引き継がれていた?そして次の梟の影武者になるのは半袖!


ジャン魂G!
日本一来てほしくない死神決定戦!!
「「お待たせ~」って言いながら来る。」
待ち合わせに遅れた女友達か!別に待ってないよ~、今来たとこだし。
「アイドルと熱愛が発覚したイケメンしか狙わない。」
ただのアイドルオタクの嫉妬野郎じゃねーか!仕事に私情をもちこむのは感心しないなぁ~。
「死神「『生きたい』と言えェ!!!!」」
ワンピースじゃねーか!生ぎたいっ!!!!(鼻水もふかずに号泣しながら)

オレの流儀
「オレの流儀!「尋ねる」という文字を書く時に、心の中で「ヨーエロスン」と思いながら書く。」
あー、僕も小学生のころに同じことしてたよ。ごちゃごちゃした漢字だけど、こうやって語呂で覚えるとすぐ思いだせるよね。
「オレの流儀!スギちゃんも一応年上だからスギさんって呼ぶ!」
それは結構だが、「一応」年上っていうのは、心のどこかでスギさんをまだバカにしているんじゃあないか?

すごスキル お題:野球選手
「レベル15 モンスターの上に飛び乗った。スパイクの金具で敵は苦しんでいる。」
あれはほぼ凶器だからね。スパイクで足を踏まれたら流血ざただよ。
「レベル22 釘バットを装備した。攻撃力が20上がった。」
いや、それは野球選手じゃなくて不良の道具だろ!釘バットなんて試合じゃ使えないよ!!
「レベル90 送りバントで敵を地獄に送る。」
バントの名手はザラキ使いってことか。でも、送りバントって本来は味方しか送らないよね?
「レベル99 レーザービームで全てを焼き払う。」
いや、レーザービームってそういう意味じゃないから!比ゆだから!!

Posted by seiji | 22:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

20 2012

ジャンプ45号感想

暗殺教室
「この問題なら殺れる!!」
殺せんせーのマッハな授業のおかげで、未知のモンスターのような凶悪な問題も解けるようになったE組の生徒たち。難解な中間テストの問題もスラスラと解いていける。
「次の瞬間 僕等は…背後から見えない問題に殴り殺された」
序盤は優勢だったが、突如現れた本当に未知の問題。それは理事長の陰謀だった。
「テスト2日前に…出題範囲を全教科で大幅に変えるなんて」
テスト前にいくら勉強したところで、まだ教わっていない範囲の問題など解けるはずもない。意地になった殺せんせーが全力の授業をすることを見透かした理事長は、すでに先手を打っていたのだ。
「…先生の責任です この学校の仕組みを甘く見すぎていたようです …君達に顔向けできません」
完敗を認めた殺せんせーは、ただ静かに謝罪する。こんな汚い手を使われては、生徒が課題を達成できるはずもない。
「…で どーすんのそっちは? 全員50位に入んなかったって言い訳つけて ここからシッポ巻いて逃げちゃうの? それって結局さぁ 殺されんのが怖いだけなんじゃないの?」
落ち込んでいる殺せんせーをあえて煽ることで、いつもの元気を引き出すカルマ。だって先生は、大人に絶望したカルマの心を救ってくれた存在だから。
「逃げるわけありません!!期末テストであいつらに倍返しでリベンジです!!」
一度は凍りつくように静まり返った暗殺教室に、再び笑い声が響く。僕等は落ちこぼれのE組。だけど今の僕等には、殺せんせーという頼もしい味方がいる。


めだかボックス
「紹介しよう 普通なる俺の 異常(アブノーマル)な仲間だ。」
アニメ出演に合わせて、突如現れたアブノーマルな6人!古賀ちゃんは一度体を壊してからはずっと怪我人扱いだったけど、今はすっかり元気なようで何よりだ。
「反転したのさ 俺となじみが。」
安心院が死んだことで、ついに動き出した不知火半纏!実はかなりのイケメンだった!!
「心配しなくてもすべて説明してやる だからまずは俺を 反転院さんと呼びなさい。」
ボケているのか大真面目なのかわからないが、呼び名をえらく気にする「反転院さん」こと半纏。彼こそが暴君・言彦の手からめだか達を救ったのだ。


読切 岸辺露伴は動かない
露伴先生は相変わらずいいキャラしてるな。戦闘能力は低いものの、敵の能力を丸裸にする『ヘブンズ・ドアー』のおかげで、何とか命拾いすることができた。結局何も得る物は無かったけれど、この危険な山から生きて帰れただけでも儲けものだよね。


スケットダンス
スケット団発足から、現在に至るまでの経緯のお話。一度はホラー映画をきっかけに仲良くなりそうだったものの、すぐにギスギスしだすスイッチと結城さんの話がよかった。


ジャン魂G!
日本一入れたくないおにぎりの具決定戦!!
「具のありかを書いた地図」
歩む道が困難なほど、それを達成した時の喜びは大きい。さぁ旅立とう、まだ見ぬおにぎりの具を求めて。…って、普通に梅とか入れてもらえばいいよ!
「このいにぎりを脇の下で作っている写真」
うーん、かぐわしい香り。ダシもしっかり効いているみたいだね~。…って、こんなの食うわけねーだろ!
「おにぎり「ねぇ、そろそろ籍入れない?」」
まだそんな時期じゃないだろ?そんな言葉で、ずるずると先延ばしにする日々。しつこく食い下がる彼女の言葉をさえぎってほおばったおにぎりは、ちょっと大人の味がした。

万物の三本柱
「落ち込んだ時に思うこと三本柱
1.がんばろう
2.気分転換しよう
3.「おちこんだ」と「おちんこだ」って似てるなぁ」
そんな下ネタを思いつく時点で、すでに立ち直っているんじゃないか?
「回る三本柱
1.コマ
2.地球
3.回らない寿司屋の会計の時の父の目」
今夜は奮発だ、好きなだけ食え!食べる前にはそう言った父だったが、食べた後は青い顔をしていた。

記憶スケッチ お題:非常口のマーク
「オレにかまわず…先に行けッ!」
大丈夫だ。オレも後で必ず追いつく!そう断言した彼の顔を見ることは、もう二度となかった。
「レンタルビデオ屋のアダルトコーナーののれん」
それは現実と妄想との境界線。一度そこをくぐったが最後、もう二度とこちら側に戻ることはできないのだ。

Posted by seiji | 17:30 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

16 2012

スパム対策と拍手返信

お絵かき掲示板のスパムがひどかったので、対策としてコメントパスワードを設定しました。
ちょっと面倒ですが、コメントするときに「1234」とパスワードを入れる必要があります。これで、ロボットによる無差別なスパム投稿は防げるはずです。今まで見苦しい状態でしたが、どうも失礼しました。

ちょっと用事が重なってゴタゴタしていたのでジャンプ感想が遅れていますが、土曜日にでもまとめて書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:33 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

08 2012

8周年記念絵と拍手返信

遅ればせながら、サイト8周年を記念して、久しぶりに絵を描きました。

8888.png

いやー、やっぱりマウス絵は疲れますね。遅筆なのもあって、2時間以上かかりました。
指がつりそうになったので所々簡略化しましたが、勝手にアシュラにされているビュティと、イタズラ好きな首領パッチです。『ふわり!どんぱっち』は全体的にほのぼの路線なので、こういうドタバタ劇が楽しいですね。
8周年ありがとうございます。最近あまり体の調子が良くないので更新が遅れていますが、溜まっている『ふわり!どんぱっち』感想なども、徐々に書いていくつもりですので、今後ともよろしくお願いします。


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 23:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

08 2012

ジャンプ44号感想

暗殺教室
「さらに頑張って増えてみました さぁ授業開始です」
浅野に侮辱されてやる気を出した殺せんせーは、分身をもっと増やした。えーと、努力の方向性間違っているんじゃないか?
「俺達エンドのE組だぜ殺せんせー」「テストなんかより…暗殺の方がよほど身近なチャンスなんだよ」
この学園の最下層である「エンドのE組」に組み込まれ、負け犬精神が染み込んでしまった生徒達。その情けない姿を目にして、一計を案じる殺せんせー。
「今の君達には…暗殺者の資格がありませんねぇ」
教師として、勉強よりも先に教えるべきこと。最強の暗殺対象に立ち向かうのは、最強の暗殺者たちであるべきだ。
「第二の刃を持たざる者は…暗殺者を名乗る資格なし!!」
超高速で回転し、巨大な竜巻を発生させた殺せんせー。その圧倒的な力を見せ付けることによって、暗殺を言い訳に勉強を怠る、たるんだ生徒達の危機感を煽る。
「先生は地球を消せる超生物 この一帯を平らにするなどたやすい事です もしも君たちが自身を持てる第二の刃を示せなければ 相手に値する暗殺者はこの教室にはいないと見なし校舎ごと平らにして先生は去ります」
すっかり愛嬌のある先生として定着した殺せんせーだが、本来は地球を破壊する怪物。珍しく恐喝じみた手で、自らの力を誇示する。
「明日の中間テスト クラス全員50位以内を取りなさい」
無理難題を押し付けて、生徒たちを焚きつける殺せんせー。いくら自分の教育に自信があるからって、そういきなり成績は上がらないとは思うが…。


銀魂
「エンディングまで泣くんじゃない」
うん、やっぱり初代MOTHERは名作だよね。昔のゲームだから難易度は高いけど、それでもマジカントの世界感や、クイーンマリーとギーグの悲しい物語は秀逸だった。


めだかボックス
「言彦が世界に与えたダメージはその後決して回復しないんだ」
おかしな話だな。安心院さんは一億回以上、この言彦に敗北したんでしょ?それなのにさっきまで元気にしてたのは何故だろう。毎度毎度、ダメージを受ける前に逃げたのか?
「痺れるだろう?俺の放った電撃は」
ここで登場したのは、まさかの王土!めだかLOVEなら善吉にも劣らないが、なぜお前が今、ここに!?


スケットダンス
「いやあ~笛吹氏 久しぶりだねェ 見てくれこのTシャツ!!」
久しぶりに登校したものの、クラスメイトたちは遠巻きに見守るだけ。そんなスイッチに真っ先に話しかけたのはオタクラだった。オタク特有の、空気を読まずに発言する性分が、今回は吉とでたか。
「へえ面白いなこのパソコン」
スイッチがパソコン音声で話すのを見て、物珍しそうに話しかける生徒たち。これをきっかけに、少しずつクラスに溶け込んでいけたらいい。
「はいOK」
新会長・安形の適当な決済によって、トントン拍子で部活申請が通る。大きな障害をひとつ乗り越えれば、後は意外とすんなりといくものだ。
「さあスタートだ」
仲間を集めて、ようやくスタート地点に立ったスケット団。立ち止まっている誰かを、きっと自分たちの力で助けてみせると誓って。


ジャン魂G!
日本一乗せたくないヒッチハイカー決定戦!!
「運転手の膝の上に座る。」
子供か!前見にくいし、重たいわ!!
「乗った瞬間、ファブリーズ連射!!」
失礼な野郎だな!俺の車はそんなに臭いってか!?
「信号待ちしている時、勝手にドアを開けて乗り込んでくる。」
ちょっと、何なのこの人!?車両不法侵入!?
「キャップ捨てちゃったコーラ持ってるから、揺れない運転を頼むぜぇ」
スギちゃんなの!?ワイルドなら、そのコーラ全部飲み干せよ!!
「1か月間よろしくお願いします」
いや、そんなに長くは乗せないよ!?なんて図々しい野郎だ!!

ヨイショNO.1 お題:納豆
「顔中にくっつければブラマヨ吉田の気分になれる食べ物第1位!」
ブラマヨ吉田に失礼だろ!確かに、あまり肌はきれいな方じゃあないが。
「最強の防具として使えるアイテム第一位」
全身納豆まみれ!臭くて敵は近づけない!でも仲間や町の住人達も近づけない!

国民の常識 お題:国民の三大義務
「勤労・納税・タオルは湯船につけない」
銭湯での大事なマナーのひとつだね。あと、湯船に入る前はかけ湯で軽く体を洗いましょうね。
「勤労・納税・モテないのを顔のせいにするな!」
ブサメンでも、顔以外の部分を延ばして美女を射止めた男はいっぱいいる。大事なのは努力と不屈の精神だよね。
「勤労・納税・もういっちょ納税」
この国は、苦しい生活をする国民からいったいどれだけ搾り取れば気が済むというのだろうか。

美男道!
「眠れる獅子をキスで目覚めさせる。」
相手が白雪姫なら結婚できるけど、獅子なら喰われちゃうだろうね。
「全米が泣いた時、全米をなぐさめた。」
キミは泣き顔もステキだけど、笑った顔の方がもっとステキだよ。ほら、このシルクのハンカチで涙を拭いて。

Posted by seiji | 22:48 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

07 2012

ジャンプ43号感想

暗殺教室
「なんとも悲しい生物(おかた)ですね 世界を救う救世主となるつもりが世界を滅ぼす巨悪となり果ててしまうとは」
殺せんせーの過去を知っている様子の理事長・浅野。結局、殺せんせーはいつ、どうやって生まれて、なぜ地球を破壊しようとしているんだろうか?
「この世の中には…スピードで解決出来ない問題もあるんですよ」
殺せんせーをありとあらゆる手段で挑発する浅野。確固たる信念があるとはいえ、この怪物を相手にここまでする度胸はすごい。
「やあ! 中間テスト期待してるよ 頑張りなさい!」
うわべだけで「優しい大人」を演じつつも、その笑顔の裏にある冷徹な心。その薄暗い気配に恐怖する渚。
「この学校にはあの強力な支配者がいる」
徹底的におちょくられ、闘志を燃やす殺せんせー。今、理事長と怪物教師との冷戦の火蓋が切られた。


めだかボックス
「新しい。」
あの無敵を誇った安心院さんが輪ゴムひとつでやられるとは、新しい。
「このジープは新車のようだな…新しい!!!」
お前、「新しい」って言いたいだけだろ!!!


スケットダンス
「やあ はじめまして」
窓を割って部屋に押し入り、スイッチと殴りあうボッスン。まるで、デスファイトの被害者の代わりに襲撃に来たみたいだな。
「最後の一歩に助っ人はいらない 必ず 自分で」
ボッスンと拳で語り合い、そして父親を殴った暴漢を一緒に捕まえた事で、ようやく外に出る決意をしたスイッチ。だけど最後の一歩だけは自分の力で踏み出すと。はっきりと宣言する。
「大丈夫だよ」「大丈夫かな」「うん ボクはもう行くね」「ああ…」
心の中に住む弟の幻影に別れを告げ、ゆっくりと歩き出したスイッチ。情けない兄ちゃんでも、きっと誰かを助けることができると信じて。


ジャン魂G!
日本一協力したくない募金活動決定戦!!
「両手にジャラジャラ、ロレックス付けている。」
とりあえず、そのロレックスを質屋に入れた金を募金しようか。
「バイクで後ろから来て財布ごと奪っていく。」
ただのひったくりじゃねーか!誰か捕まえてー!!
「その上、浄水器を買わされる。」
新手のインチキ商法かよ!そんな手にだまされねーよ!!
「ボキンちゃんという版権ギリギリのキャラが募金箱に描かれている。」
せっかく募金したお金も、原作者との裁判闘争の資金として消費されてしまうわけだ。

ミステリーハンター
「かき氷機は買ってもあまり使わないで終わるミステリー!」
2~3回使っただけで、めんどくさくなって使わなくなるのよね。
「『サッポロ一番』に博多とんこつラーメンがあるミステリー!」
札幌が一番じゃねーのかよ!この裏切り者ー!!

J喜利 お題:ロジャーの死に際の一言
「OK~!バイバーイ!」
明るいな!これから処刑されるっていうのに!!
「みんなの目線をいただきまゆゆ~!」
うぜえ!そりゃ、処刑シーンを見学しに集まったわけだから、みんなの目線を独占する形にはなるが。
「コント「死刑」」
究極の体張ったギャグだな。

教えて!おじいさん
「Q.どうしてボクの渾身のギャグ「帰れまてんとう虫!」は全然ウケないんでしょう? A.つまらん!お前のギャグはつまらん!!」
とっておきのギャグが全然ウケなかった時の絶望感は、それこそ公開処刑のようなものだね。
「Q.おじいさん、こないだ言ってたむっちゃ面白いギャグって何でしたっけ?A.帰れまてんとう虫!」
おい!それさっき「つまらん」って一蹴したギャグじゃねーか!!

Posted by seiji | 17:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

02 2012

8周年ありがとうございます

9月28日をもって、サイト公開8周年を迎えました。ありがとうございます。
ですが、自分は今、病気で通院している状態なので、更新が遅れています。今週末の3連休でジャンプ感想書いて、その後に8周年記念絵を描く予定です。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by seiji | 07:09 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。