コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

26 2012

ジャンプ38号感想

暗殺教室
「地球を滅ぼす奴がなんで給料で暮らしてんのよ」
その気になれば盗んだりすることも簡単だろうに、なぜ殺せんせーは教師としての給料だけでつつましく暮らしているんだろうか。彼なりのモラルなのか、それとも何かに縛られているのだろうか。
「毒です!!飲んで下さい!!」
「……奥田さん これはまた正直な暗殺ですねぇ」
今回の主役は毒少女!メガネが似合う奥田さんは、みんなの前で毒をプレゼント!
「この味は水酸化ナトリウムですね 人間が飲めば有害ですが先生には効きませんねぇ」
物理的に殺すのは無理そうだから、毒ならどうかとは思っていたが、殺せんせーは毒の耐性があるのか。ツノが生えたりするのは、どういう原理かわからないが。
「てか先生真顔薄っ!!」「顔文字みてーだな!!」
「先生の事は嫌いでも暗殺の事は嫌いにならないで下さい」
「いきなりどうした!?」
生徒とのボケツッコミの掛け合いもすっかり板についてきた先生。仲良しクラスで、いいことだ。
「一緒に先生を殺す毒薬を研究しましょう」
殺る気のある生徒には教育熱心な殺せんせー。放課後の個人レッスンは危険な香り。
「君に作ってもらったのはね 先生の細胞を活性化させて流動性を増す薬なのです」
奥田さんに嘘をついて、毒薬ではなく強化薬を作らせた殺せんせー。液状になれるので、いよいよもって物理的に殺すのは無理そうだ。
「君の理科の才能は将来皆の役に立てます それを多くの人にわかりやすく伝えるために…毒を渡す国語力も鍛えて下さい」
全ては奥田さんのためだった。理科は得意だが、国語は苦手だと諦めていた奥田さんに、国語の大切さを教える殺せんせー。手入れ好きな殺せんせーは、人を磨くのも大好きなのだ。
「正真正銘…プロの暗殺者を送り込む」
まったりとした暗殺ライフを営んできた暗殺教室に吹き込む硝煙の香り。妖艶なる魔性の女らしいプロの暗殺者は、無敵を誇る殺せんせーをどう攻めるのか?


スケットダンス
「笛吹の事を知りたい?」
スイッチの過去に興味を持ったボッスンは、担任の先生に事情を聞きに行く。それは今とは少し髪形が違うチュウさんだった。
「どうしたらいい…オレ達に何ができる!!!」
スイッチの壮絶な過去を知ってやりきれない感情にかられるボッスン。何かしたいのに、何もできない自分に怒り狂う。
「アンタとキャプテンがアタシにそうしてくれたみたいに」
ボッスン達に救われたことを、涙ながらに感謝するヒメコ。何も手助けできなくても、そっとそばにいればいい。
「誰かが現場で直接撮ってる」
デスファイトの映像から、カメラマンの存在を確信したボッスン。このカメラマンを捕まえれば、裏サイトの管理人へと一気に迫れるかもしれない。
だが、このカメラマンが裏サイトの管理人自身とも限らないが。脅されて動かされているだけの、被害者の一人かもしれないし。
「作戦はとにかく管理人に「密告メール」をいっぱい送る!」
あえてデスファイトのターゲットに選ばせることで、デスファイトの現場を特定して、その場で管理人を捕まえる。正体の見えない犯人には、囮捜査が一番だ。
「来たで招待状!!」
写真も添付して真実味を増した密告メールを地道に送ったのが幸いして、うまくデスファイトに参加できたヒメコ。あとは管理人を見つけるだけだが、この一番重要な部分はノープランなの!?ボッスン一人で探すんじゃなくて、もっと人数集めるとかしたほうがよかったんじゃないかなぁ。


めだかボックス
「降参である 言葉もない!」
この場にいる全員の言葉を支配するという離れ業をやってのけ、桃園に「降参」と言わせためだか。屈辱に泣く彼女は、試合前の約束どおり、この後舌を抜いたんだろうか?
「え?お前一緒に来んの!?」
後ろで楽しいリアクション芸を何度も披露していた贄波も、ちゃっかり箱庭学園へ同行。このままレギュラーメンバーに抜擢か!?


ジャン魂G!
今週はG-9グランプリの総決算なので、ネタはお休みです。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:56 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

15 2012

ふわり!どんぱっちのアオリ文など更新しました

だいぶ溜め込んでいましたが、テキストコーナーにて、最強ジャンプ連載中の「ふわり!どんぱっち」のアオリ文と巻末作者コメントを更新しました。
なかなかまとまった時間が取れなくて感想文が書けませんが、最強ジャンプは毎月購読しています。ボーボボとは違ったふわり和やか路線に、「シゲキが足りねぇ・・・ハジケてえよ」という気分になることもありますが、澤井先生の新境地を、毎月楽しんでいます。そのうち、感想文やイラストも更新したいなあと思います。

Posted by seiji | 22:21 | Comment [0] | TrackBack [0] | ふわり!どんぱっち

13 2012

ジャンプ36・37号感想

暗殺教室
「赤羽!!おまえが正しい!! ケンカっ早いおまえは問題行動も多いがな おまえが正しい限り先生はいつでもおまえの味方だ!!」
カルマにはかつて、信頼できる先生がいた。多少の無茶をしても、先生はいつも味方だった。
「助けに来れば救出する間に撃たれて死ぬ 見殺しにすれば先生としてのあんたは死ぬ!!」
カルマ、決死のダイブ!自らの命を盾に、殺せんせーを殺すチャンスを演出する!!
「おまえは成績だけは優秀(ただし)かった だからいつも庇ってやったが俺の評価に傷がつくなら話が別だ」
信頼していた先生の化けの皮がはがれる。先生はカルマを信頼していたわけではなく、ただ成績がいい生徒を飼いならしておきたいだけだった。
「生きていても人は死ぬってその時知った そいつの全てに絶望したら…俺にとってのそいつは死んだと同じだ」
ずっと味方だと思っていた先生に裏切られて、幼き心をズタズタにされたカルマ。そうと知らずに、汚い大人の見栄に付き合わされていた今までの自分にヘドが出る。
「見捨てるという選択肢は先生には無い いつでも信じて飛び降りて下さい」
先生として、生徒を必ず守る。サラリと言ってのけた殺せんせーの言葉には、嘘偽りなど全く無い。
「殺すよ 明日にでも」
「健康的でさわやかな殺意 もう手入れの必要はなさそうですね」
いつも淀んだ顔をしていたカルマの目に、うっすらと光が戻る。手入れするのが趣味の殺せんせーによって、カルマの心も手入れされたのだ。


スケットダンス
「デスファイトの参加者を調べた 全員何らかの加害者…クズ野郎だ アンタも例外じゃねえ」
片桐の保身のために、真実を知らされないままに動かされたボッスン。人助けはいいが、相手を選ばないと都合よく働かされるだけの結果に終わってしまう。
「招待状は悪人に届く これはただの見世物じゃねえ「粛清」だったんだ」
裏サイトの管理人と、そこに群がる人々による独善的な報復。それがデスファイトだった。
「道を誤ったからってあきらめるヤツは後悔する資格なんてねえ 人は何度だってやり直せるしな」
片桐も、救いようの無い悪人というわけではない。自分の過ちを認め、それを悔やみ謝罪すると約束した。そんな彼の姿にかつてのヒメコをダブらせつつも、ボッスン達は再び裏サイト撲滅に動く。
「オレが弟を死なせた デスファイトの招待状オレの所に届けばいいのに 罰を受けられる」
意味深な言葉を残し、自暴自棄な様子を見せ付けた後に消えたスイッチ。まだ何も知らないボッスンは、ただ呆然と立ち尽くすしかない。


めだかボックス
「ほっとしたよ もしも見抜いてくれなかったらそれで私の負けだった!」
全てはめだかの手のひらの上だった!?裏の裏の裏をかく心理戦の末に、めだかが成し遂げた大作戦とは!?


ジャン魂G!
日本一イヤな金魚すくい決定戦!!
「イートインのみ!」
観賞用じゃなくて、食用なの!?しかもその場で食べろなんて、そんな殺生な!!
「おっちゃん「はい、ライフル」」
金魚すくいと射的の奇跡のコラボ!?でも、こんな残酷な遊びをお祭りでやっちゃダメだろ!!
「1匹もすくえなくても、店主のおっちゃんがもらえるよ!」
いりません。
「通行人「それは、本当の意味で金魚を救うことにはならないんだよ」」
生まれながらにして見世物として育てられ、一夜の遊びでさらわれて、見知らぬ人の水槽の中で一生を終える。かくも儚き金魚の物語。

プロジェクトA
「アホ人面魚。オレよりイケメン。」
人魚は美女というのが一般的なのに、なんで人面魚は不細工というのが一般的なんだろうね。
「アホゴルフボール。穴があったら入りたい。」
恥ずかしがりやなのね。自分から穴に入りたがるなら、パターが下手な人御用達だね。
「アホぬり絵。」
パンダかよ!白と黒しか使えそうにないんですけど!!

Posted by seiji | 17:09 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

05 2012

ジャンプ35号感想

暗殺教室
「対先生BB弾が…いつの間にか床に!!」
マッハの機動力と、多少の傷ならすぐ治る自己再生能力があるせいか、殺せんせーは結構不注意でスキがあるんだよな。暗殺するなら、こういうところを突くべきか。
「あんたという「先生」は…俺に殺された事になる」
月を破壊するほどの力を持ちながらも、「先生」という立場に執着する殺せんせーの弱みを突いて動揺を誘うカルマ。手段を選ばない、弱者の強みを利用した立ち回り。
「ちゃんとした先生を殺せるなんてさ 前の先生は自分で勝手に死んじゃったから」
他人を精神的に追い詰めることが得意なカルマ。彼は、かつて他の先生の精神を崩壊させ、自殺に追い込んだ過去があるのだろうか。
「殺せんせーと間違えて殺しちゃったぁ 捨てとくから持ってきてよ」
教卓の上にタコの死体を放置するという、あまりにも陰険なイタズラを仕掛けるカルマ。これには殺せんせーも激怒か?
「先生はね カルマ君 手入れをするのです 錆びて鈍った暗殺者の刃を 今日1日本気で殺しに来るがいい そのたびに先生は君を手入れする 放課後までに君の心と体をピカピカに磨いてあげよう」
生意気な問題児を相手に、ついに本気を出した殺せんせー。暗殺教室で行われるのは、殺意に彩られた狂気の実践授業!


ジャンプ金未来杯 ゴブリンナイト
「ありがとう鎮くん また助けてくれて…」
ヒロインの雪の、人間状態の姿が女の子に見えない。髪型も服装もボーイッシュなせいかな。
「こないだの弁当のやつ食べたい トマトなしで」
主人公とヒロインが、互いを頼りにしながらも成長する王道ストーリーだった。ただ、ヒロインが素直で、主人公がツンデレだけど。


タカマガハラ
「これが私の神業 文字化(モジバケ)だ」
この能力、万能すぎるし強すぎるだろ。先制攻撃仕掛けたら、どんなヤバイ敵でも一撃必殺じゃん。


スケットダンス
「コイツらケンカさせられてんだ」
弱みを握った人たちを無理やりケンカさせ、負けた相手をさらし者にする。自分の手を汚さずに人を傷つける、卑怯者の謀略。それがデスファイトだ。
「コメント欄には容赦ない罵詈雑言 こういった嘲笑と共に晒された恐怖を味わい続けるんだ」
これ、ほとんど管理人の自演じゃね?パスワード式の裏サイトなら、そう多くの人が見てるわけじゃあないだろうし。そもそも、ここまで露骨な事やっているなら、サイトのサーバー管理者に通報するか、サイバー警察に助けを求めるべきだと思うが。
「暴力 カツアゲ いじめの常習犯! 殴られても文句の言えねえワルばっかりだ 片桐さんも…!!」
片桐さんの落ち目っぷりがヤバイ。正義感溢れる好青年→晒されることにおびえる嘘つき→押し売りやノート燃やしたりする乱暴者にまで落ちたか。
しかし、こういうネットの噂を鵜呑みにするのもどうかと思うけどね。証拠が提示されてるわけでもないし、もし本当の事だとしても、面白おかしく脚色されているだろうし。
「デスファイトの日が決まった!」
ボッスン達の健闘むなしく、片桐はデスファイトの会場へと相談無しに行ってしまった。嘘をついて自分だけ助かろうとしていたのだから自業自得とも言えるが、こんな事をさせて裏で笑っている連中は気に食わない。


めだかボックス
「もう一人の父親など実在しません 黒神めだかの父親はいつだって この黒神舵樹ただ一人です」
ついに、めだかの実の父親登場!娘とその婚約者たちの血なまぐさい戦いを傍観して、彼はいったい何を思う?


ジャン魂G!
ザリマン。 『留守電マスター木村』
「そろそろ私たちの出番が来たんじゃあないかしら?」「おじさん達がドン引きさせちゃいますよ~。」
なぜかバトル漫画展開に突入して、謎の敵たちが我先にと現れる!打ち切り直前のような急展開!!
「もう今のスマホには誰もついていけてないんだよっ!!進化するのは大事だが…人も精密機器も基盤が大切なんだよっ!!」
過度な競争は、ユーザーをおいてけぼりにした進歩という皮肉な結果を招いた。それが必要かどうかではなく、競争に勝つことだけを目的にした競争。
「だからもうやめにしないか? そして あの頃に戻ろう…」
だからといって、糸電話にまで一気に退化しちゃうの!?いくらなんでも、急変しすぎじゃね!?

日本一目を引く道路標識決定戦!!
「一日停止」
いくらなんでも長すぎるわ!そんなにヒマじゃねーんだよ!!
「今あなたの後ろにいるの」
メリーさんの電話!?怖くて、事故起こしちゃいそう!!
「どーも道路標識です。名前と顔だけでも覚えて帰ってください。」
駆け出しのお笑い芸人か!でも、ネタがつまらなかったら、結局忘れちゃうよな。

Posted by seiji | 23:18 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog