コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

24 2012

ジャンプ29号感想

スケットダンス
「おはようございますサーヤ様!!」
シスコン兄貴が卒業したことで自重しなくなった一部の男子たちは、サーヤファンクラブを結成してサーヤをおっかける。迷惑そうにしていてもなんだかんだで相手してしまうところが、サーヤの甘いところだ。
「おとりこみ中失礼します」
サーヤが好きな男を捜すために、スケット団を訪れたファンクラブのメンバー。目の前の男が当の本人だとも知らずに…。
「あの男だったんだ 間違いない」
なんとかごまかしきったものの、ボッスンを見つめるサーヤの、恋する乙女の表情を目にしたことで確信を得たファンクラブ会長。男の嫉妬は見苦しいぜ。
「陰湿だな!!」
恋敵であるボッスンに様々な嫌がらせを行うサーヤファン達。こんな事してるからモテないんだよ…。


めだかボックス
「本当に好きだったよ 初めて会ったときからずっと 初めて会ったときよりずっと」
失恋の痛みを乗り越えて、決死の特攻を行う江迎。喜びとも悲しみとも知れぬ涙を流しながら。
「『きみは本当に弱くて駄目だよ怒江ちゃん』『だけど確かに』『きみは悪くない。』」
いつだって、本当に苦しい時に江迎を支えてきたのはこの男だった。悲劇のヒロインとして散ろうとする江迎を間一髪のところで救った球磨川!もはや完全に主役のお役を奪うような絶妙のタイミングでの出現には、天晴れというほか無い。


ジャン魂G!
日本一ダメな聖火ランナー決定戦!!
「頭に引火している。」
誰か早く消火器持ってきてー!グロく死んじゃうよー!!
「放屁で火力アップ。」
聖火になんてことを!だいたい、火力上げる必要無いし!!
「この炎でロンドンに地獄を見せてやる!!」
放火犯かお前は!おまわりさーん、こいつでーす!!

万物の三本柱
「●タイムリミットの三本柱
1.時限爆弾
2.寿命
3.コンビニのトイレでウンコしてたらドアをノックされた」
下痢気味でなかなか出れないのに、ドアを叩く音はどんどん大きくなる。怖いよー!!
「●徒党を組まれると恐ろしいもの三本柱
1.サイヤ人
2.軍隊アリ
3.文句を言いにきた女子」
公衆の面前で「謝りなさいよ!」と袋叩きにされるオレ。そうか、これが数の暴力か…。

記憶スケッチ お題:ケンタウロスの体
「騎馬戦」
馬は馬でも!でも、帽子被ってないから既に負けてるんじゃない?
「キリン」
でかいなー!これだけ高いところから攻撃したら、威力もすごそうだ。
「全裸のおっさん」
タイホー!ただの変態のおっさんじゃねーか!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 20:48 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

19 2012

ジャンプ28号感想

スケットダンス
「ボクの好きなフェロモンを感じます」
そもそも、なぜボッスンとチェリーが一緒に街を歩いているんだ?それほど仲が良いわけでもないだろうし、わざわざこのコンビじゃなくても。
「よけた!!」
これってバトル漫画だったっけ?もはや達人のような華麗な動きでコマ砲をかわすチェリー!
「ぐへへへへ お気に入りの女子からの「キライ」はボクの糧!罵られてこそのゲスラーげす!」
こいつ本物のクズだな。我々の業界ではごほうびです。
「こんなキレイな土下座初めて見たぞ!!」
女子の部屋にあがりこめるチャンスを逃したとあっては、ゲスラーの名がすたる!そのためなら己のちっぽけなプライドなどかなぐり捨てる覚悟!!
「ウキャアアアアアアアアア!!」
念願の女子の部屋にたどり着いた興奮で、文字通り狂喜乱舞するチェリー!ここが俺のパラダイス!!
「ブラジャーが見たい!!」
本能のおもむくままに!今のチェリーは誰にも止められない!!
「家族全員でけぇー!!!」
巨人族、襲来!コマちゃんの家族のスケールのでかさに圧倒されるボッスン達!!
「ビビって言葉発せてねえ!!!」
根がヘタレなのが功を奏したか、いつものセクハラ発言はもちろん、何もしゃべれないチェリー。まぁ、爆弾発言して粉々にされるよりはマシだな。
「じゃあちょうど二つあるからさっき部屋で見たコマちゃんのブラジャーに包んでもらおっか なんつって!」
最後の最後でやらかしたボッスン!シャレにならない冗談を放った代償として、コマちゃん一家の総攻撃で吹っ飛ばされる。口は災いの元だね。


トリコ
「その女は愛も情けも既に食べ飽きていた…」
このアオリ文、かっこいいな。飽食の時代への警鐘のようで。


めだかボックス
「今でも全然人吉くんのこと好きだし 黒神さんにすごく嫉妬してる」
割り切ったつもりでも、恋心はそう簡単には消えない。思いを引きずる自分を自己嫌悪する江迎。


ジャン魂G!
日本一の小心者決定戦!!
「カレーうどんを食べる時は常に全裸。」
汁が服につくとシミになるからな!でも、熱いカレーの汁が地肌に触れるほうが危険だと思うぞ!!
「念のため豆腐の角は取り除く。」
豆腐の角に頭ぶつけて死ぬようなマネはしたくない!でも、そんな死に方は逆に難しい!!
「痴漢に間違えられないように電車は外にしがみついて乗る。」
逆に度胸あるだろ!目立つし、危ないし!!

ミステリーハンター
「ラップの切れ目が消えてしまうミステリー」
やっと切れ目を見つけても中途半端な部分で切れてしまい、結局もう一度切り直すはめになるミステリー。
「ダイエット中のはずの母ちゃんがどんどん太るミステリー!」
食事制限をしたものの、おなかがすいて眠れず、結局夜食をとるので逆に太ってしまうんだろうか。
「マスクをするとほとんどの女子が美人に見えるミステリー!」
できるだけ顔を隠したほうが美人だなんて。じゃあ、むしろ覆面すればいいんじゃね?

J喜利 こち亀の日暮の登場する話のサブタイトル
「パジャマな日暮」
ラブコメなの!?年中寝たきりのオッサンを主人公に、どう話を展開しろと!?
「そんなことより2011年に来日するはずだった中川の父・龍一郎はどうなったんだ!!の巻」
あまりにも気の長い予告だったもので、作者も忘れちゃったんだろうね。

教えて!おじいさん
「Q.なんでボクにはかわいくて優しくてちょっぴりドジな幼なじみがいないんですか? A.そんな生物はいわゆるUMA(未確認生物)だからぢゃ!」
幸せなギャルゲーの世界にどれだけ没頭しても、明日はつらい現実が僕らを待っている。あてもなく理想を追い求めるよりも、目の前にある現実に立ち向かおう。
「Q.この空の下、僕らはどこまでもつながってるのかな? A.うるせぇよ!!」
バッサリ切ったー!お前のポエムには付き合ってらんねーよってことか。

Posted by seiji | 21:55 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

10 2012

ジャンプ27号感想

スケットダンス
「部室なう 寂しい…(´Д`)」
雨の中でびしょ濡れになりながら仕事していたせいで、風邪をひいてお休みのボッスンとヒメコ。一人寂しく部室にいるスイッチだが、一人しかいないなら自分も部活休めばいいのに。
「まとめてやってやっから待ってろ!!」
面倒な依頼が立て続いて困るスイッチだが、こんな時だからこそ俺が頑張らねばと男気を見せる。
「あっしは匂いを辿れやす 財布を見つけるのにお役に立ちますぜ」
動物後翻訳機「ブラビエラ」のおかげで、忠犬ジョンソンの力を借りることに成功。さすがに一人ではどうにもならないが、一人と一匹なら!
「うちのお嬢がお世話いただいてますし 当然の事をしたまででやんす」
「お前のそのキャラ何なんだ!?」
妙な口調のジョンソンにとまどいつつも、まずはひとつ依頼達成。ジョンソンがいて、本当によかった。
「わかってやすぜ 財布についたキモ男の匂いを辿るんですね お任せを」
たまたま現場近くにいた、美術部の森野くんからの情報もあって犯人の特定に成功。事件は佳境へ。
「終了!」
面倒なので出会い頭に殴り飛ばして、犯人確保。ボッスン達はいないが、なんとかやりとげた!
「部長 副部長 いつもお疲れ様です」
珍しく一人で仕事して、改めてボッスンとヒメコの偉大さを認識したスイッチ。やっぱり、三人揃ってのスケット団だね。


戦星のバルジ
「ごめんなさいぶたないで下さい!」
てっきり殺されたものかと心配してたけど、本物のジーノさんはちゃんと生きていたのね。よかった。


斉木楠雄のΨ難
「どうしたの?誰かにいじめられた?ほらこれ使ってもう大丈夫だから」
素になると、海藤は優しいお兄ちゃんなんだな。変にキャラ作らずに、そのままでいた方が人気者になれるんじゃね?


めだかボックス
「ガソリンってのはカタカナだ」
読みや誤読までオッケーという、卑怯くさい「漢字使い」の叶野に対して、カタカナの物で攻撃して撃破した名瀬。おそらく生徒会現メンバーで一番頭が切れる彼女だからこそ勝てた相手だった。


ジャン魂G!
日本一格安すぎる航空会社決定戦!!
「座席は翼の上。」
怖いのを通り越して、死ぬわ!そのまま天に昇ってしまうわ!!
「故障したら、お婆ちゃんが叩いて直す。」
昔のテレビか!精密機械だから、どれだけ叩いても直らないよ!!
「機長「お客様の中でパイロット免許を持っている人はいませんか?」」
お前は持ってないのかよ!今すぐここから出してくれ、俺はまだ死にたくない!!

オレの流儀
「オレの流儀!家に帰ったらまず靴下を脱いで匂いを嗅いで健康チェックする!」
そんなもん、臭いにきまっとるわ!今日のはキツいぜ、あやうく失神するところだった。
「オレの流儀!手をつないで歩いているカップルの真ん中を自転車で駆け抜ける!」
危ないよ!そんなみっともない嫉妬してるからモテないんだよ!!

フキダマシイ お題:かぐや姫
「私は金曜ロードショーで『天空の城ラピュタ』を観るので家へ帰らなければなりません」
もう何回も観ただろ!飽きずに何度も観るのねぇ…バルス!
「私は忘れ物をしたので、一回家へ帰らなければなりません」
面倒だけれども、自分のミスなら仕方ないな。出かける前には持ち物のチェック、基本中の基本だね。
「私は家具屋へ帰らなければなりません」
かぐやなだけにな!…って、やかましいわ!!

Posted by seiji | 20:43 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

03 2012

ジャンプ26号感想

スケットダンス
「そう 彼の名は八木卓人だ」
ポケット団のタクトは、八木ちゃんの弟だった。カタブツのお姉ちゃんとは、ちょっと性格が違うが。
「タクトの弱点は八木ちゃん!!」
高校三年生だというのに、悪ガキ根性丸出しのボッスン。小物だねぇ。
「ボクは…家ではいい子ちゃんなんですよ!!そして姉さんは怒るとめちゃ怖いんですよ!!」
弱点を暴かれ、開き直るタクト。しかしこれ位で勘弁してもらえるはずもなく、ボッスンとスイッチの波状攻撃でとことんいびられる。ひどい先輩たちだ。
「家でお説教よ 早く帰ってらっしゃい」
ボッスンと口論している決定的瞬間を目撃して、静かな怒りを燃やす八木ちゃん。いつもは生意気なタクトでも、相手が悪すぎる。
「バカね 気づいてない訳ないじゃない 姉弟でしょ」
八木ちゃんは、タクトが外では生意気言っているのを知ってて、それでもあえて気づかないふりしていたのか。どうやら、姉の方が一枚も二枚も上手だったようだ。


戦星のバルジ
「何故?偽装(スキンコート)は完璧だったはず!!」
結局、本物のジーノさんは、人知れず暗殺者に殺されてすりかわっちゃったの?かわいそうに。


めだかボックス
「あの人は名瀬夭歌 不利な勝負であればあるほど 氷のように燃えるお方だ。」
詩人のような言い回しで、名瀬を評する善吉。この絶大な信頼感が、仲間に力を与える。


ジャン魂G!
ザリパイ2コマ お題:転がる雪だるま
「逃げる銀行強盗」
どういう状況なのコレ!?正義の雪だるまが、犯人を追撃しているのか?
「行かないでくれーゆき子~」
泣き叫ぼうと、あの人はもう帰ってこない。愛とは、まるで雪だるまのように、時が経てば儚く消え去ってしまうもの。

日本一憑かれたくない幽霊決定戦!!
「写真を撮るとき肩を組んでくる。」
なれなれしいな!お前は俺の親友か!!
「おはようのキスをしてくる。」
かわいい新妻ならうれしいが、幽霊にキスされたら呪われそうだ!
「オレが「じゃない方」と認識されてる。」
オレは幽霊よりも存在感がないってことか。ちくしょう、ちくしょう…。
「よくオレに「地に足がついてないぞ」とアドバイスしてくる。」
正論だけれども、元々足が無いヤツには言われたくないわ!!

プロジェクトアホ
「アホ飼育員。ダチョウのエサに熱々おでん。」
ダチョウはダチョウでも、ダチョウ倶楽部の竜ちゃんだろ!もちろん、お風呂は熱湯風呂だ!!
「アホ愉快犯。」
格好が愉快なだけじゃねーか!お前、犯罪者なんかより芸人にならないか?

Posted by seiji | 22:26 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。