コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

29 2012

ジャンプ8号感想

スケットダンス
「ダルくて退屈、掃除の時間も3人揃えばたちまちLIVE!お掃除ロック・フェスティバル!!」
いやいや、遊んでないで掃除しろよお前ら!スイッチなんか掃除道具すら持ってないじゃん!!
「おい!髪切ってくれ!!」
早速後輩のポケット団を活用するボッスン!手先の器用なシルクがタダで髪を切ってくれます!!
「見ろ!どっからどう見ても椿だ!!」
ボッスンのイタズラに加担させられたポケット団!こんな悪巧みに付き合わされるなんて災難だなあ。
「大丈夫だよ椿のモノマネなんて単純なもんだ 喋り方は偉そうに 一人称は「ボク」 人を見下した態度で 考え方はカッチカチ これで完璧だ」
「すごい舐めてるな 椿を」
主人公にあるまじき悪どさ!椿に変装して生徒会メンバーをからかうボッスン!!
「では規則を変える 今後は部室に茶菓子を常備するように スナック類を好む」
慣れない生徒会室の雰囲気にとまどいながらも、生徒会を自分好みに徐々に改悪するボッスン。スナック菓子なんか食ってたら部屋がすぐ汚れるだろ!!
「何だスケット団の250円て!!小一のこづかいか!!」
部費があまりにも少なくて驚愕するボッスン!まあ、スケット団って、依頼が無ければ部室でダラダラしているだけだもんなあ。
「スケット団の活動にお金はほぼいらないはずだ 与えてもすぐにお菓子を買ってしまうだろうから…と」
「あ…あの野郎!!!」
正論すぎて、ぐうの音も出ません。あと、後ろでうんうんうなづいているデージーが可愛いな。
「本当に椿くんか?」
見破られた!?散々言いたい放題したばかりに、生徒会役員たちの疑惑は最高潮に!!
「ボクは変わろうと思っているのだ!!」
窮地に立たされたボッスンは賭けに出た!椿の言葉を借りて熱い演説を展開し、見事に生徒会役員の信頼を得る!!
「椿くん おはヨーデル アルプスの誇り」
翌日、椿が見たものは変わり果てた生徒会だった。着崩した制服、変な挨拶、産卵するお菓子と陳列された漫画、そしてスケット団の部費は10万円に。
「おは容疑者藤崎悪の権化!!!」
ノリツッコミだー!マジギレした椿のノリツッコミが出たぞー!
この後の椿の報復が恐ろしい。ボッスンも一時の気の迷いで取り返しのつかないことをしたものだ。


読切 ドッペラー
なんかアイシールド21の作者の人と絵柄が似ているなあ。元アシスタントなのかな?
ヒロインの子が主人公をかまう理由は、最後まで結局明かされないのね。意味深な言い方してたから、主人公の優しさを認めたエピソードが触りだけでも語られるものと思っていたのに。


めだかボックス
『委員会連合の才媛達がパンツ丸出しで廊下を歩いてたらあの二人もバトルとかどうでもよくなると思うんだよね』
球磨川の発想が相変わらず変態すぎて笑った。
真面目な顔して歩いているのにパンツ丸出しというギャップがすごい。あと、太刀洗さんは廊下で寝ないでください。


ジャン魂G!
日本一カッコいいウンコの叫び決定戦!!
「ビッグベンアターック!!」
今日も快便!ウンコならオレが宇宙一なんだー!!
「BURYYYYYY!」
ディオっぽい!催眠術だとか超スピードだとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…。
「何が出るかな~♪何が出るかな~♪」
オレがじっくり育てた自慢の一品!出てこいやー!!

美男道(イケメンドウ)!
「じゃあ有名人でしりとりやろうぜ、初めは「オレ」!」
ただ自意識過剰なだけじゃねーか!
「クラスの女子をセニョリータと呼ぶ。」
スペイン風!?ちびまるこちゃんの花輪くんあたりなら言いそうだけど。
「主な移動手段は馬。」
騎馬民族の方ですか?ガソリンもいらなければ排気ガスも出ない、これぞ究極のエコカー!

飛びこみ!まおジャン 『ばるせバブ』に出るなら
「アランドロンを接着剤で開かなくする。」
次元転送できなくなっちゃう!子供のいたずらか!
「ヨーグルッチを買い占めて神埼を泣かせる。」
大好きなヨーグルッチがどこのお店に行っても売り切れ!ちくしょー、どこのどいつだ大人買いしたヤツは!?
「大まおー。」
なんか可愛い。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:30 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

29 2012

ジャンプ7号感想

スケットダンス
「もううるっさい!!!!」
ろくに相槌すらしないボッスン達を相手に、ベラベラとしゃべり続けるヒメコ。ずっとスルーし続けてきたボッスンだが、ついに堪忍袋の緒が切れる!!
「A組の中谷さんて誰だ!!!!」
ツッコむの遅いよ!だいぶ前から話題に出てたのに放っておくから、聞くタイミングを見失っちゃうんだよ!!
「アンタ 中谷さん知らんの?」
ドン引きやわあ…。もはや常識という感覚で話していたヒメコなだけに、ボッスンの無知さに愕然!
「漫画解説の早乙女浪漫です。」
話せば長くなる話は、ロマンちゃんが1コマでわかりやすく解説!さすがは僕らのロマン先生!!
「おそらくとってもいい人でヒメコちゃんがいつも頭が下がっちゃうほどリスペクトされてる人物なの」
クラスが違うのに親しく付き合っているなんて、よっぽどの人なんだろうね。でもそんなに仲がいいなら、スケット団の部室に普段から連れてきていてもよさそうなものだけど。
「データが破損してるようだな この部分だけ」
こんなタイミングで、スイッチのパソコンのデータが見れないだって?ボッスンをからかうために嘘をついているんじゃないか?
「いや…女の言うかわいいはアテになんねえからな…」
男子の目から見て本当にかわいい女子は、女同士の嫉妬でちょっと疎外されがちだもんな。
「中谷さんてどんな人なんだ…」
ヒメコの露骨な中谷さん推しについに陥落し、中谷さんのことが知りたくてたまらなくなってしまったボッスン。知りたくてもすぐにわからないから、もっともっと知りたくなる!!
「絶対一目見てやるぞ!!誰なんだ中谷さんて!!」
運命が二人を切り裂く!こんなにも会いたい人なのに、神か悪魔がボッスンの邪魔をする。そう、これは大いなる冒険の物語なのだ!!
「神よどうやらオレの勝ちのようだな! あと数メートルでこの手に届く!! もう逃げられないぞA組の中谷さん!!」
苦難に満ちた旅だった。だが、栄光はもはや目と鼻の先にある。テンションMAXのボッスン!!
「そのガキじゃねえそうだ 降ろせ」
ヒメコが冒頭で話していた、この街にはびこっているギャングに勘違いでさらわれたボッスン。誤解が解けて解放されたのはよかったものの、結局中谷さんには会えず。
「誰なんだ中谷さんて…」
これだけ苦労しても会えなかったのに、翌日学校に行ったらあっさり紹介されたら、お笑いぐさだよね。


ジャン魂G!
ザリパイ2コマ 大変です!このまま進むとスカイツリーです!
「サナギから孵化」
宿り木につかまって、サナギは蝶になる。美しい蝶になる。
「窓をふいています!良い方の怪獣です!」
こんな派手な窓掃除いらねーよ!誰も頼んでないし!!
「折り返したー!!」
マラソン中なの?もう戻ってこなくていいからなー!!

日本一ダメな宮本武蔵が遅れた理由決定戦
「巌流島に行くのが楽しみで寝れなかった。」
遠足前日の小学生か!それで体調崩して、遠足当日は楽しめなかったら災難だな!
「給食を全部食べ終わるまで帰してもらえなかった。」
食べる量や食べる速さなんて人それぞれなのに、全員同じ料理を同じ量だけ、決められた時間内に食べさせようとするから無理が出る。小食な子やのんびり食事する子にも配慮すべきだよね。
「寒いから。」
冬はこたつでみかんに限る。ぬくぬくしてると、面倒くさくてどこにも行きたくない。
「会いたく会いたくて震えてた。」
ビジュアル系の歌の歌詞か!震えてるヒマあったら約束の時間通りに来いよ!!

拡散希望!!
「妹がハマグリに似てきました。」
どういう意味!?貝にとじこもっているみたいに引っ込み思案っていうこと!?
「キーパーはヒマ。」
太っている子はサッカーではキーパー、野球ではキャッチャーに割り当てられるんだよね。あんまり動かなくていいから。

Posted by seiji | 11:49 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

21 2012

巻末作者コメントと拍手返信

テキストを更新しました。「ふわり!どんぱっち」の巻末作者コメントです。
アオリ文もそうですが、単行本には収録されない文章ですので、ウチみたいなファンサイトでまとめる意義があると思っています。
作品の中では盛大に大暴れしているのに、巻末コメントでは丁寧な言葉で語る、澤井先生の紳士な姿勢が好きです。


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:38 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

10 2012

テキスト、リンク更新と拍手返信

久しぶりに、テキストを更新しました。「ふわり!どんぱっち」のアオリ文です。
これから毎月まとめていこうと思っています。本編の感想やイラストなど「ふわり!どんぱっち」関連のネタは今後も徐々に増やしていくつもりですので、お楽しみに。
また、リンクも更新しました。素敵なイラストやMMD動画が楽しい「EMIPON.NET」さんです。ボーボボ好きなら行って損はありません。


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 22:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

09 2012

ふわり!どんぱっち第一話感想

最強ジャンプ連載の漫画「ふわり!どんぱっち」第一話の感想です。
ネタバレOKな方は続きからどうぞ。

続きを読む...

Posted by seiji | 14:57 | Comment [0] | TrackBack [0] | ふわり!どんぱっち

07 2012

ジャンプ5・6号感想

スケットダンス
「モーは妊娠してたんだ」
ボッスンの切り札とは、モーの子供だった。いなくなったネコの居場所だけではなく、いなくなった理由まで推理していたのだ。
「外の廊下から会話が聞こえてたんだ」
めちゃくちゃ都合いい偶然だな!推理まではよかったけど、そこから結論までたどりつけたのは運がよかっただけかい!!
「電話で聞いたんだ「キミは文通していて相手は『ヤスハル』か?」
ここで「違います」と言われたり、文通相手がペンネームを名乗ったりしていたら、ボッスンは何も出来ずに座っていただけだったんだろうなあ。
「オレ達はスケット団だからな」
えらくドヤ顔してるけど、今回はボッスンのワンマンプレーだったし、たまたま運良く正解にたどり付いただけのいきあたりばったりだったし、結果オーライだっただけじゃね?すごく違和感があるぞ。
「勝負はどげんなりよったと?」
キザなタクトと無口なスマイルとは違って、シルクは常識人で安心できるな。奪ったゴーグルもちゃんと返してるし。
「学園生活応援部 通称ポケット団です」
結局、スケット団とは共存する形で決着が着いたわけか。基本的に部室でグダグダしてるだけのスケット団とは違って、ポケット団は積極的に学園内で活動しそうだな。


現存!古代生物史パッキー
「まさか好きなゴジラの怪獣であんなに盛り上がるとは不覚だったわ!」
まさかのタケル姉回。ササコという名前も判明。
可愛くて優しいし、ちょっと天然だけどしっかりしているところもあるし、いいキャラだよね。


めだかボックス
「愛は勝たなくてもいい。」
もはや達観してるな。かっこいいわこの人。
そして、何気に告白してるのね。不知火は人吉を愛していると。


ジャン魂G!
新春アホ笑い バカズバッ!SPECIAL
「-パクリヒーロー見参!- ゴリラ人間クワガタ」
ここまで思い切りよくパクると、いっそすがすがしいね。
「~連続ハガキ小説~ ミートボールとぼく」
あの時、ミートボールは一口で僕に食べられるだけだった。そう、それが当然のことだった。あんなことが起きなければ…。
「この俺が二代目ブタゴリラ君になろう!」
見た目ゴリラっぽい人も二代目ブタゴリラ争奪戦に参戦!でも、ブタゴリラって呼び名、どう考えてもバカにされてない?
「ホーッホッホッホッわたしこそが二代目ブタゴリラ君にふさわしい!」
宇宙の帝王フリーザ様まで!?何が彼らをそこまで動かせるんだ!?
「ブタゴリラ、ブタゴリラってうるせぇな」
す、すいません!なんか知らないけど、みんな二代目ブタゴリラ君襲名にやっきになってるんですよ!本当、どうしちゃったんですかねぇ。

Posted by seiji | 22:23 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

01 2012

最強ジャンプと拍手返信

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

この前、年末の忙しさにかまけてなかなか買えなかった『最強ジャンプ』を買いました。
もちろん、お目当ては澤井先生の新連載「ふわり!どんぱっち」です。

内容の感想は別記事で書きますが、絵柄と世界観の違いに驚きました。ボーボボキャラを役者に使った、パラレルワールドのようですね。
念願の主役の座を手に入れた首領パッチと、ちょっぴり女の子らしさが増したビュティの二人を中心とした、ちょっとおかしな日常系ギャグ作品といった感じです。
やはり、低年齢向けの雑誌ということで、かつての澤井先生の作品にあったバイオレンスな部分を抑えたんでしょうか。数年間の充電期間を経て修行を積んだ、澤井先生の新たなる一面が見れると思うと楽しみです。
今後は毎月『最強ジャンプ』を購読し、感想文や絵を描いていけたらいいなと思っています。やっぱり澤井先生は最高だ!ずっと信じてついていくよ!!


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 19:53 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

© FC2 BLOG / ooq:blog