コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2011

ジャンプ46号感想

スケットダンス
人前に出ると緊張してさらにグダグダになるボッスンが、徹子の部屋に突然出演させられて精神がズタボロになるお話。終盤のモノマネだけはいい感じだったが、ご高齢の方には通じないドラゴンボールネタをミスチョイスして万事休す。


めだかボックス
「男は黙ってジャンプSQ.だ。」
そこに気づくとは…やはり天才か。
いやいや、男は黙ってチャンピオンだろ。


ジャン魂G!
日本一ガッカリなUFO決定戦!!
「女子の後ろを飛び、風圧でスカートをめくろうとする」
ただのスケベ野郎じゃねーか!宇宙でモテないから、地球侵略しに来たのか?
「手を挙げたら止まった。」
タクシーなの?すいません、駅までお願いします!!

ヨイショNO.1 たこ焼き
「ポケモンを捕まえられそうな食べ物第1位!」
ただ丸いだけじゃん!いや、たこ焼きをエサにポケモンを油断させる作戦か?
「鼻栓になる食べ物第1位!!」
でかくて入らないだろ!「香ばしいにおいしかかぎたくない!!」ってムキになるのは勝手だけど、熱くて鼻の中ヤケドするぞ!

教えて!おじいさん
「学校のトイレで堂々とウンコ出来ない…どうすればいいの?」
普段みんなが使わない特別教室の近くのトイレを使うか、もしくは職員用のトイレを使う手もあるな。
「風邪をひいた時、尻の穴にネギを突っ込んだ最初の人はどんな心理状態だったの?」
その発想はなかったわ。
そもそも、尻の穴に何かを突っ込もうとする事自体がおかしいよね。風邪ひいてフラフラで、何がなんだかわかんなかったのかな。

オレが日本一!
「エアコンのリモコンでTVをつけようとした回数なら、オレだって日本一だ!」
なんでもかんでもリモコンひとつで操作できてしまう。人間、楽を覚えるとダメね。
「センサー式の蛇口にシカトされた回数ならオレだって日本一だ」
あれ?壊れてるのかな?と思って別の蛇口に行ったら、次の人は一発で水が出ていて敗北感を味わう。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 19:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

24 2011

1本満足メンと拍手返信

新しい「1本満足バー」のCMがやばいですね。



全員のテンションがおかしいし、ダンスのキレはいいし、何よりも「ヘルティー」の発音がちょっとムカつきます!(笑)
これが現代のハジケリストか…。


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 23:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

23 2011

ジャンプ45号感想

スケットダンス
「全然そんな空気じゃねえ!!!」
卒業生答辞を一発ネタで乗り切ろうとしていた安形。しかし椿たちが作った感動的な空気のせいで、一気に大ピンチに陥る!
「前だけを見て進め!!」
とても大事なことなので三度言いました。
どんな大きな失敗をしでかしても、反省して今後に活かせば、それは大きな財産になる。過去は未来をよりよくするための礎だ。
「オレ達の足跡を付けさせてもらったぜ」
文字通り、学校に足跡を残した安形たち。面白い演出ではあるけれど、体育館に来るたびに壁の足形を見るとなると、ちょっと怖いな。
「ちょっと憧れてたぜ」
普段はダラダラしていても、いざというときは頼りになる。そんな安形は、スケット団の団長であるボッスンにとって、ひとつの理想だったのかもしれない。


めだかボックス
「善吉は 敵に回した方が面白い――」
めだかと善吉の初対決は、大方の予想通りめだかの圧勝で終わった。しかし戦いはまだ終わらない。主人公とは、敗北を経て強くなり、最後に勝つものなのだから。


ジャン魂G!
日本一不吉な出来事決定戦!!
「先祖代々ハゲていたことを知った。」
今はフサフサでも、俺もいつか…。こ、怖い、怖すぎる!!
「アイスの棒に「たたり」の3文字。」
あたり棒だと勘違いして喜んだのも束の間、背筋を冷たいものが走る。この寒気はアイスを食べたせいじゃない!
「母ちゃんが妙に優しい。」
いつもはギャーギャーうるさいのに、今日は人が変わったようだ。これは裏があるぞ、とてつもない何かが…!

多くの細道
「飲み放題 何が何でも 元とるぜ!!!」
気合を入れてガンガン飲んだのはいいものの、全部吐いてしまうわ、おなかは下すわで大後悔。あまり欲を出しすぎるとダメだね。
「ドリンクバー 股間にこぼして ドリンクパー」
ダジャレじゃねーか!ドリンクはもう一回もらってくればいいけれど、ビショ濡れのズボンはどうしようもないなあ。

万物の三本柱
「●静かな場所の三本柱
 1.試験会場
 2.避暑地
 3.先生がブチ切れた後の教室」
関係ない生徒も、余計なことをしてとばっちりをくらわないようにシーンとしている。イヤだなこの空気、早く帰りたい!
「●進まないものの三本柱
 1.すごろく
 2.行列
 3.授業中の時計」
幸せな時間はほんの一瞬で、退屈な時間は息が詰まりそうなほど長い。難しいねえ、人生ってやつは。

Posted by seiji | 22:03 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

16 2011

ジャンプ44号感想

スケットダンス
「生徒会に入る」
自由な校風が特色の開明学園。しかし、安形が入学したころは規律に厳しい学校だった。それをわずか3年で変えたのが、安形たちの生徒会活動だったのか。
「寂しくなるよ」
ボソリとつぶやく校長の言葉。さりげない一言だけに、本音だということが伝わってくる。
「自由の意味を学んだキミ達は強い」
普段はギャグ要員としてひどい目に合っている校長だが、卒業式の答辞では真面目で寛容な一面を見せる。誇りと責任、それはとても大切なもの。
「お前が頭を下げたら前のやった事は間違いになる そんな半端な事はすんな」
自分の行動の責任を取ること、正しくあることは、とても難しい。それぞれの立場を考えれば、正解はひとつではない。
「寂しくない!」
人との出会いは一瞬だとしても、共に過ごした思い出は、いつも心の片隅に残っている。だから、笑って送り出そう。この記憶は、いつか自分の力になるから。


めだかボックス
「俺はめだかちゃんが好きだ だから 俺はめだかちゃんに敵対する。」
逆説的真理。彼女がそれを必要とするなら、彼は彼女の敵になる。
「父親を殺してるんだよ あの子は」
かつてめだかが殺した、「めだかのもう一人の父親」とは誰?そして、なぜそのことを安心院は知っているのか?
「そうかそうか!善吉! 貴様もようやく私の敵に回るのか!!」
常に傍にいた善吉が敵となる状況を、あっさりと受け入れるめだか。やはり彼女は仲間ではなく敵を欲しているのか。


ジャン魂G!
日本一カッコいい運動会での行動決定戦!!
「1人だけ砲丸で玉入れ。」
いやいや、あぶねーよ!人に当たったらどーすんだ!!
「借り物競争で借りたものは、菓子折りをつけて返す。」
あら、けっこう礼儀正しいのね。こういうさりげない気遣いがポイント高いのよね。
「一人でゴールした後、重りをはずす。」
ピッコロさんかお前は!余裕アピールしやがって!!
「力をすべて使い切り、次の日から半年休学。」
そこまで力を出し切るとは、あっぱれ!でも、学生の本分は勉強だからね?

王子のお部屋
「カメラマン王子。オレを言葉巧みに全裸にしたN。」
どういう状況!?野郎を全裸にして、Nはいったい何をしようっていうんだ!?
「遠回り王子。歌手になるのが夢で、生き物係になったW。」
まずそこから!?いきものがかりの二番煎じなんて、狙ってもたぶん売れないぞ!

記憶スケッチ 金太郎の服装
「成金太郎」
金の亡者と化した金太郎!あの純朴そうな少年が一変、嫌味な強欲家に!!
「日本一」
いやいや、これどう見ても桃太郎だろ!出るお話間違ってるぞ!!
「クマに食われている」
巨大クマの大きな口から、頭がひょっこり出ている様子がシュール。

Posted by seiji | 22:33 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

10 2011

7周年と拍手返信

自分自身すっかり忘れていましたが、先月の9月26日をもって、このサイトは7周年を迎えました。
それを記念して、わりしめじさんがお祝い絵を描いてくださいました。ありがとうございます!

そこで僕も、7周年を記念して久しぶりにボーボボ絵を描いてみました。

777.png

時には笑顔でみんなを癒し、時には激しいツッコミでハジケを加速させ、時には心配そうな顔でボーボボ達を見つめる優しいビュティさん。そんなビュティさんのことが大好きです。

後ろで自己主張している変な生き物のことは気にしないでください。7周年なんだから、お前はお呼びじゃないよ!


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:55 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

09 2011

ジャンプ43号感想

スケットダンス
「もっと役者としてのプライドを持てよ!!」
いやいや、確かに本番直前に風邪をひいたのは自己管理がなってないかもしれないが、単なる助っ人で参加したヒメコをそこまで責めるわけにはいかないだろ。本人はこんな状態でもやる気だし。
「アイツ ヒメコ見てる!!」
男に対して喋れないという弱点を、視線の先にあるヒメコに言っているんだと自分に言い聞かせることでごまかしきったウサミ。けっこう頭が切れるのね。
「おーやってやんよ! 飛びゃいンだろ!」
けっこうチンピラ役が似合っている椿。なんだかんだで普段から口悪いもんね。
「このヤンバルクイナがまったりするくだりが終わったら卒業式のシーンだ」
いや、このくだり丸々いらなくね?そもそも、ヤンバルクイナという役自体もいらなくね?
「もっとテンション上げなくちゃー!!」
トラブルによって暗くなった空気を、バニーのお色気と明るさで一気に変える事に成功。ボッスンの機転が舞台を救った。
「まずはあの娘と仲良くならなくちゃ」
自分の中にいる、嫌いだった「もう一人の自分」バニー。彼女に救われたことで、彼女を認め、歩み寄ることを決意したウサミ。ゆっくりでも、こうして一歩ずつ成長していく。


めだかボックス
「軟弱な男に用は無いぜ 代わりの女を用意してやるからそいつの尻でも追いかけてろ。」
養豚場のブタでもみるかのように冷たい目で、善吉を煽る安心院。めだかにとって特別な存在になるためには、めだかと戦わなければならないことを諭されて苦悩する善吉。


ハンターハンター
「おやすみなさい…メルエム…」
メルエムにとって好敵手であるとともに、まるで恋人のよう、母親のようであったコムギ。最期まで彼女と戦い続け、その腕の中で逝ったメルエム。あの激しい戦いの日々が嘘のように、穏やかな終幕だった。


ジャン魂G!
留守電マスター木村
「ここが山奥で圏外って事のほうが問題じゃ!!」
さすがの留守電マスターも、圏外となっては地の利が悪い。もっとヤバいのが電池切れ。
「10日が過ぎ帰ってきたのは渡辺謙似のおっさんに改造された携帯電話だった」
いったいどこをどう改造したらこうなるんだよ!携帯できねーだろこんなの!!無駄に渋くてウザイわ!!!

日本一説得力のある宿題忘れの言い訳決定戦!!
「一人で泣いている女性に「涙拭きなよ」って差し出しました!」
そこはハンカチを差し出せよ!涙流してる女性に、宿題を代わりにやってくれと要求している外道みたいだぞ!!
「この楽しい宿題を…終わらせたくなかったんだ…。」
ふ~ん、その割には宿題に取り掛かった様子すらないけどね。そこまで宿題が好きなら、今日からキミの宿題を倍にしてあげよう!
「歴代の総理だって約束を守れないじゃないかっ!!」
それを言われると頭が痛いな。キミが大人になる頃には、もう少しまともな政治家がいてくれるといいんだが。
「お母さんに頼んだのに忘れてたみたいです。後でボクからキツく言っときますんで。」
なるほど、キミは普段からお母さんに宿題を押し付けているのか。キツくお灸を据えてやるから、後で職員室に来るように。


ヒーローチェンジ
「くりぃむしちゅー有田ジャー。その悪人面をいかし敵側に潜入する!」
そういうの得意そうだよね。でも、彼なら本当に敵側に寝返る可能性もあるけど。
「出川哲郎ジャー。どんな拷問も彼には通用しない」
無理だって無理だって!と言いつつも、数々の死線をくぐってきた彼。どんな苦痛も笑いに変えてみせる!

プロジェクトA
「アホうまい棒。まずい。」
シンプルだが味わいのあるネタだ。うまい棒なだけに。
「アホジャングルジム」
ジャングルジムどころか、棒が一本立っているだけじゃん!のぼり棒にしか使えないよ!!

バカズバッ
「どうしたの?マスクつけて」「カゼひいたみたい…」
いやいや、マスクはマスクでも、それって覆面レスラーとかが被ってるやつだよね?ただでさえカゼひいてるのに、余計に息苦しくなるぞ!
「なぜオレを襲う!?」「お前は知りすぎたのだ…クレアおばさんのシチューの秘密をな…」
いったい、クレアおばさんのシチューにどれほど恐ろしい秘密が隠されているっていうんだ!?それを知っただけで命を狙われるほどのものなのか!?

Posted by seiji | 22:18 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

02 2011

ジャンプ42号感想

スケットダンス
「実はキミ達が作った校歌をベースにした学園生活コントをやるんだ」
演劇部の英断!あんなブラックなストーリーを演じるなんて、ツッコミどころ満載だな!
「オラオラ巣へ帰れ」
演劇の練習という名の椿いじめじゃねーのこれ?普段、生徒会長としてふんぞりかえってるからこんな役回りにされたのか?
「男なんてシャーペンの小っちゃい消しゴムです」
確かにあれは消しにくいし、すぐ無くなってしまう。でも、ちょっとだけ書き間違えて消しゴム出すのがめんどくさい時なんかに重宝するんだぞ!


めだかボックス
「…球磨川さんは行かないんですか?合法的に女子に抱きつくチャンスですよ」
阿久根、意外とそういう冗談も言うのね。そして、球磨川はまだきれいな球磨川のままなのね。
「人吉せんぱい一日中スタート地点で頭を抱えていたの…?」
人吉がバカすぎてみんなから軽蔑される展開に。すべては安心院の手のひらの上…?
「まるでここまでの冒険がすべて下らないがらくたになっていくよう…!」
人吉ひとりが置いてけぼりにされたせいで、「ここまでの冒険が何よりの宝物」という報酬がビー玉以下の価値になってしまった。さっきまでの和やかムードが、修羅場へと一転。
「若造ひとり誑かすなんて週刊少年ジャンプを卒業するのと同じくらい簡単なことなんだよ」
いや、ジャンプ卒業するのって結構難しいよ?だって僕、いまだに卒業できていないもの!

 
ジャン魂G!
日本一頼みたくない引っ越し屋決定戦!!
「そんな所で突っ立ってないでお前も手伝えよ!!!」
引っ越しは、猫の手も借りたいほどの大仕事!でも、お客様にその言い分は無いでしょ!?
「おい坊主、引っ越す前にあいつに気持ち伝えないのか?」
ほっといてくれよ。あいつにはあいつの幸せがある。オイラなんかが邪魔するわけにゃあいかないのさ。
「バシルーラ!」
いやいや、それじゃあ人間だけが飛んでいっちゃうだろ!家具を運んでくれよ!!

拡散希望!!
「【拡散希望】天然女子は計算高い!」
天然を装って男子の油断を誘い、そのスキを付いて攻め込んでくる高等戦術だ!
「【拡散希望】友だちの友だちが一番気まずい。」
お互いよく知らないからなかなか会話が続かず、微妙な雰囲気に!誰か助けて!

飛びこみ!まおジャン 『銀魂』に出るなら
「エリザベスの中に入っている。」
「エリザベスのプラカードを作る人。」
「エリザベスのすね毛を剃る人。」
なんじゃこのエリザベス3連続ネタ?どんだけエリザベス押しなんだよ!
「ハタ王子の触覚を引きちぎる。」
ドSだな!これぞ暴君!!

Posted by seiji | 21:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。