コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

31 2011

ジャンプ33号感想

スケットダンス
ボッスンと椿じゃないけれど、似たもの同士はいがみあうか親友になるかのどちらか。加藤と震平は、いがみあった末に、共通の敵との戦いを経て「ケンカするほど仲がいい」関係になったようだ。
しかし、タチ高のやつらはタチの悪いチンピラばかりとはいえ、結局は暴力で物事を収めたわけだ。殴りこみにいきたい気持ちはわかるけれども、もっといい方法はなかったんじゃないかと、イマイチ釈然としない。


バクマン。
ないわー。『ぱんちらファイト』はないわー。
少女達のパンチラに鼻息を荒くする服部さんは面白かったけど。妙に高評価してるけど、これは少年ジャンプよりはヤングジャンプに掲載するべき作品じゃないか?


読切 -SINS-
豹変する天使の顔芸がグロかった。


めだかボックス
「この子は馬鹿だ!しかも人生を確実に失敗するタイプの!!」
鰐塚さんが一気にアホの子と化していて笑った。いや、確かに前々から天然ぽいところはあると思っていたけど。


ジャン魂G!
今週はG-6王者、眠いあいうえおさんの優勝者インタビュー。
テニプリの影響で中学時代にテニスを始め、ヒカルの碁の影響で囲碁もやっていたという生粋のジャンプっ子。「名前がカッコいいから」という理由でファイナンシャルプランナーを目指し、すでに二級の資格を持っているという、実行力のあるなかなかのツワモノだ。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:53 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

30 2011

アナログ放送終了と拍手返信

2011年7月24日正午をもって、テレビのアナログ放送が終了しました。



僕は7月上旬に、近所のカーマで地デジチューナーを4千円くらいで買ったのですんなり地デジに移行できましたが、7月半ばからは駆け込み需要でチューナーの品薄状態が続き、中にはチューナーが買えずに地デジ難民になってしまった人もいるようです。
在庫が余るのを恐れ、ほとんどのメーカーはチューナーの生産をやめてしまい、まだ注文を受け付けているメーカーでも、納期が一ヶ月以上かかるとか。夏休みの宿題でもそうですが、期限ギリギリまで何もせずに先延ばししておくとロクなことにならないですね。本当に、早めに動いておいてよかったです。
小学生の頃は、8月になっても遊びほうけていて、8月末に泣きながらたまった宿題をこなしていた苦い記憶があります。あの頃の苦しみが反省材料となって、今こうして快適にテレビが見られる。やっぱり、つらいことは早いうちに経験しておくべきですね。


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 20:48 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

24 2011

ジャンプ32号感想

スケットダンス
「ボッスンが作ったぁ!!?」
持ち主のスイッチが気づかないほど精巧に再現されたサムシング・ブルーのフィギュアだったが、スイッチのフィギュア愛を熱弁された結果、良心が痛んだボッスンは結局ネタバレ。
「バーチャアイドル「狐ミコ」のフィギュアを作ってくれ」
ボッスンの罪悪感をうまく利用し、新たなるフィギュア作りを依頼するスイッチ。この男、策士!
「もうオレにはフィギュアしか見えないんだよ!」
ハマるときはとことんハマる、熱血漢のボッスン。こういう時だけ主人公らしいな。
「どうだスイッチこの出来は!」
自慢の作品ができて満足そうなボッスン。スイッチの評価も文句なしで、めでたしめでたしかと思われた。
「こんなコンテストがあるんだがやってみないか」
すっかりスイッチの手のひらで踊らされ、職人魂に火がついたボッスンは、美少女フィギュアコンテストに作品を出品することに!
「モチーフにギリシャ神話を選んだのもポイント高いよな!」
しかし芸術を求めるあまり、なぜか美少女フィギュアではなくギリシャ彫刻を作ってしまい、あえなく落選。製作に熱中しすぎて、本来の目的を忘れちゃったのね。


めだかボックス
「私に『おいしい』と言わせたらお前達の勝ちだ!」
「希望が丘 お前おいしいなあ!」
料理の味ではなく、料理に対する姿勢で食育委員長に「おいしい」と言わせた希望が丘。案外、これがこの試験の正攻法だったのかもしれない。


ジャン魂G!
今週はG-6グランプリ総括だったので、ネタはお休みです。

Posted by seiji | 19:29 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

18 2011

ジャンプ31号感想

スケットダンス
「のっぺらぼうだ…!!」
スイッチの大切なフィギュアをグチャグチャにしてしまうボッスンとヒメコ。ちょっとしたミスをごまかそうとしてどんどん悪化させてしまう様子は、校長の胸像をグチャグチャにした生徒会たちとかぶる。
「一人前のガレキモデラーにオレはなる!!!」
友人の宝物を台無しにしてしまった罪悪感と、天性の職人魂でフィギュア再生に取り組むボッスン。こういう地味で孤独な作業は得意なんだね。
「きっとこれは神がオレに与えた試練なんだよ 正直言うともうオレの右腕はとっくにうずいてた… これで覚悟ができたぜ オレ 原型からフィギュアを作る!」
せっかく塗装し直したのに、車にひかれてペチャンコになってしまったフィギュア。しかしボッスンは、2日徹夜した妙なテンションゆえか、一からのフィギュア製作にやる気満々。熱いぜボッスン、たまには主人公らしいところ見せるじゃないか!


めだかボックス
「1/3の確率で赤の明日は裸エプロン!!」
ギャンブラーが、たかが1/3の確率におびえて勝負を投げ出しちゃあいけないな。いや、それほどまでに球磨川のプレッシャーのかけかたがうまかったのだろうか。


ジャン魂G!
日本一愛されないシンデレラ決定戦!!
「舞踏会じゃなくて、天下一武道会に出て優勝した。」
「12時を過ぎると大猿になる。」
なんでお前らドラゴンボールネタでかぶってんだよ!無名の武道家が優勝して、たちまちシンデレラ級の人気者に!でも大猿に変身して武道会がめちゃくちゃに!
「ガラスのクツは忘れても、ごちそうを詰めたタッパーは忘れない。」
貧乏くせーな!でも、その庶民っぽさに親近感!!
「決め台詞が「お前はもうシンデレラ」」
ケンシロウか!その台詞、むしろ魔女の方が似合うんじゃない!?

フキダマシイ
「おお、勇者よ!抱かれたくない勇者3年連続ワースト一位とは情けない」
勇者じゃなく、お笑い芸人ならおいしいポジションだったのに。そんなにブサイクなのか。
「おお、勇者よ!保険係の女の子に絆創膏を貼られるだけでときめくとは情けない」
普段は遠目で見ているだけのあの子が、こんな近くに!傷は痛むけど、なんだか幸せだなあ。
「おお、勇者よ!最初の100Gでエロ本を買ってしまうとは情けない」
ついつい己の欲望に負けてしまったのか。こいつなら、りゅうまおうに世界を半分やるから部下になれと口説かれたら「はい」と答えてしまいそうだな。

万物の三本柱
「コーチがサインをする時の三本柱
1.盗塁する場面
2.送りバントする場面
3.家に荷物が届いた場面」
そりゃコーチじゃなくてもサインするだろ!ていうか、サインの意味が違うだろ!
「現実に戻される三本柱
1.夢が覚めたとき
2.妄想をやめた時
3.大金持ちになって人生ゲームを終えたフリーター」
現実も人生ゲームのように、結婚できて、家も買って、順風満帆だったらよかったのにね…。

Posted by seiji | 22:51 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

10 2011

ジャンプ30号感想

スケットダンス
「女子高生に殴られるなら本望だ」
これはひどい。しかしここまで徹底的にスケベをさらけだしていると、一周回ってかっこよく見えてくるな。いずれにしろ、コマちゃんの全力攻撃を生身で受けきったその根性は評価に値する。男だぜチェリー。


めだかボックス
「もしも僕が勝った時は きみの制服は明日から裸エプロンだ」
球磨川さんはどれだけ裸エプロンが大好きなんだ。正義や悪なんていう概念にとらわれず、自分の本能のままに動く彼は、一周回って逆にかっこいいな。


ジャン魂G!
日本一カッコいいコンビニでの行動決定戦!!
「「お弁当温めますか?」に対して「いい質問ですね」と返す。」
うぜー!いい質問も何も、暖めるかそのままでいいかの二択じゃん!
「暖めますか?」「いや、俺がやるよ」
意味が分からん!こんなところで、ちょっと気の利く男子を演じなくてもいいんだよ!!
「肉マンを2つくれ。1つはアンタにだ」
肉マンひとつで店員を口説く気か!安い口説き方だな!!
「レシートに口付けをしてレジを去る。」
気持ち悪いわ!そのレシート、ちゃんと自分で捨てとけよ!

教えて!おじいさん
「どうして懐中電灯を持つと「オバケだぞ~」ってやりたくなるの?」「バカだからぢゃな」
ベタな行動って、そういう状況になるとついついやっちゃうのよね。回りには苦笑されるけど。
「どうして洗濯バサミを見ると体にはさみたくなるの?」「集中力が増すからぢゃ」
痛いとわかってるのに、ヒマだとついついはさんでしまう。でも、ドMの世界にハマっちゃダメだぞ。

Posted by seiji | 22:17 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

03 2011

ジャンプ29号感想

スケットダンス
長編が終わった直後の、恒例のギャグ回。ロボットアニメのパロディだが、ヤバえもんのチープさに笑った。着ぐるみ以下のクオリティだよ!
敵であったはずのロボット達をツッコミによって懐柔し、配下に収めてしまうヒメコのカリスマ性がすごい。逆に、自分が作ったロボットに裏切られて悪の道に進むスイッチ。正義と悪って、こんなにも簡単に逆転してしまうんだね。


めだかボックス
「人類の十人に一人がこの悪平等(ぼく)だ」
安心院さん、ケタ外れすぎるだろマジで…。もはや世界を征服してるようなものじゃないですか!


ジャン魂G!
日本一行きたくないサファリパーク決定戦!!
「乗り物が人力車。」
人間も一種の動物だからね。でも、猛獣が近くに来たらどーするつもり?
「飼育員が客のことをエサと呼ぶ。」
最近、ウチの経営も厳しくてね。エサ代も足りないくらいなんですよ、お客さん。
「ライオンが一匹。あとは死骸。」
俺も死骸に仲間入りしちまう!早く、早くここから出してくれ!!

王子のお部屋
「セミ王子。夏休みに入ると大騒ぎするが、8月下旬ごろになるとまだ宿題が終わってないので静かになるY。」
毎年同じ苦しみを味わってるのに、昼間は暑いし、夜は面白いテレビがやってるしで、宿題やる気になれないのよね。
「海賊王子。職員室のことを「海軍本部」と呼ぶS。」
かっこいいな!白ヒゲと一緒になって、職員室を襲撃だぜ!!

飛び込み!まおジャン 『こち亀』に真央ちゃんが出るなら
「人生の迷子になってしまった役で登場する。」
両さんは、警察官という窮屈な職業についていながらも自由奔放。そんな彼にかかれば、悩みなんかふっ飛ばしてくれることだろう。
「ひとりだけ昔のタッチで。」
昔のこち亀風タッチうまいな!そうそう、昔は劇画調だったのよね。


Posted by seiji | 21:43 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog