コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2010

ジャンプ46号感想

スケットダンス
「えぇ!!?付き合ってない!!?」
結局ボッスンが早とちりしてアタフタしてただけだったな。誤解もあっさり解けちゃったし。


SWOT
「入院中ヒマだと思ってな スライムいっぱい持って来た」
病室でスライムを楽しそうに触ってたら、また別の病気だと思われるだろうが!
「滅茶上モノのスライムじゃん!流石スライム屋のせがれ」
オヤジがそんな変な仕事やってるから、息子がグレちまったんだろうな。


ジャン魂G!
日本一ガンコなラーメン屋決定戦!!
「行列が出来てないときはマネキンを並ばせている。」
不気味だろ!怖くて余計に客がこねーよ!!
「気にくわないやつにはうどん。」
お前にワシのラーメンを食う資格はない!…でも、そのうどんが案外おいしかったりして。
「親父「美味いと思ったら金を払え!! マズかったら俺を殴ってそのまま立ち去れ!!」」
熱いぜ、親父!その心意気にこたえられるよう、俺もよく味わって食うよ!!
「冷やし中華始めません!」
世間の季節モノブームになんて流されない。それがうちのラーメン道だ!

J喜利 ベル坊が1番大泣きすることって何?
「ラピュタの再放送を見逃す。」
もう何度も見ただろうが!君も男なら聞き分けたまえ。(ムスカ
「黒髪がキレイなあの子が茶髪になっていた。」
夏休み後に久しぶりに会ったらすっかり変わっていたクラスメイトか!小さな片思いが壊れた瞬間だね。
「陸南戦の試合終了間際に小暮先輩が試合を決定づける3Pシュートを決めるシーン。」
ただのスラムダンクファンじゃねーか!普段地味な脇役が、大舞台で活躍すると燃えるよね。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 11:40 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

26 2010

そんな初音ミクの消失で大丈夫か?にPV付けてみた【エルシャダイ】

新PVも発表されてさらに勢いづくエルシャダイMADですが、また名作が生まれました。

そんな初音ミクの消失で大丈夫か?にPV付けてみた【エルシャダイ】


序盤の、イーノックとルシフェルの後姿がかっこよすぎます。センスを感じさせる丁寧な映像編集がすごいです。
あと、「都合のいい妄想を繰り返し映し出す…“神”」のシーンの爆発力が面白いです。


今週はちょっと忙しかったので、ジャンプ感想は後日書きます。
今週は拍手コメントありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

Posted by seiji | 07:16 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

17 2010

エルシャダイMADと拍手返信

今、時代を席巻するエルシャダイに僕もハマりました。ネタ満載のPVを素材に、MADもたくさん作られてますね。


ひたすら「そんな装備で大丈夫か? 」「大丈夫だ、問題ない」でゴリ押しする様子に、固い信念すら感じます。


シュールさではピカイチですね。じわじわ笑いがこみあげてきます。

他にもたくさんの爆笑MADがあって、「エルシャダイ」タグを巡回してるとあっという間に時間が過ぎてしまいますね。この勢いは本物です。


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 20:49 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

17 2010

ジャンプ45号感想

スケットダンス
「おらァ!!どいつもこいつもオレをバカにしやがってえ!!」
怒りに任せて大暴れする男子生徒!なぜか生徒会がなだめ役として期待されているようだが、こういうのは先生か近くの男子生徒がやるべき役目じゃないか?
「騒ぐんじゃねぇブッ潰すぞ」
なぜ人の上に乗る!?変なことするから、余計に相手を興奮させてしまったじゃないか!!
「勝手な行動を取るなと言っただろう!!!」
鉄拳制裁!加藤の挑発行為が男子生徒を怒らせ、結果として丹生に被害が及んだことに激怒する椿。
「中学ん時 オレは学校というものに絶望した」
ヒメコとの会話の中で、自分が学校を、集団を信じられなくなったいきさつを語る加藤。しかし、だからといって一人ですべてを支配しようというのも無理があるんじゃないか?
「オレは中学の時アンタに助けられた事がある」
無愛想な加藤がヒメコにだけは心を開く理由は、かつてケンカで助けられた義理があったからだった。昔話に花が咲く二人。
「フン なれなれしいんだよ オレは一人でやる オレのやり方に口出しすんならアンタだろうとブッ潰す!」
「……… おう やってみいや ま ええわ 今日はアタシもただのヒマ潰しや 付き合ってくれてありがとうな」
スケット団という居場所を見つけたヒメコと、まだ生徒会という居場所に慣れていない加藤。まだ分かり合えない二人だが、時が過ぎれば、いずれきっと。
「つ…つきあってくれてありがとう…?」
ヒメコと加藤の会話を途中から盗み聞きしていたボッスンは、すっかり二人は恋仲だと勘違いしてしまったようだ。明日から普通にヒメコと接することができなくなっちゃうよ!


SWOT
「そろそろ後継者候補立てないとマズいでしょ?」
敵を排除すべき対象ではなく、自分の後継者候補としてとらえているなんて、さすがテッペンに立つ存在なだけあって、終はなかなかの大物だな。


ジャン魂G!
日本一ホカホカじゃない母の弁当決定戦!!
「包丁とライターと矢しか入ってない。」
これで食料を現地調達して、自分で調理して食えっていうのか!俺は狩人じゃねーぞ!!
「我慢できずに母が半分以上食べた痕跡がある。」
我ながらおいしそうだったので。
「うんこのキャラ弁。」
俺の食欲がどん底。

フキダマシイ
「先輩!放課後みんなでマックに行くんで、お金だけ払いに来て下さい!!」
なんで俺だけハブられてるのに、金だけ払わなきゃならねーんだよ!俺はお前のサイフじゃねー!!
「先輩!放課後全裸になって警察署前に来て下さい!!」
どんなテロだよ!俺に前科を付けさせてどういうつもりなんだ!?
「先輩!放課後ピリオドの向こうに来て下さい!!」
要するに死ねってこと?

IS THIS IT?
「これはスパイダーマンデスカ?」
「いいえ、これは納豆を食べてる幼児です。」
納豆の糸が四方八方に飛び散って大パニック!かわいいな。
「あれは壊れたラジオデスカ?」
「いいえ、いいともの客です」
そーですね!

どうかしてるぜ!!
「やっと読書感想文が終わったのに、読書の秋って、この世の中、どうかしてるぜ!!」
感想文を学校に提出する必要はないから、好きな本読めばいいんじゃない?漫画も本だと言い張れば、漫画読んだっていいわけだし。
「五十歩百歩って結構な差じゃねえか!この世の中、どうかしてるぜ!!」
確かに歩数だけを見れば結構な差だね。でも、語源では戦場から逃げ出したこと自体を問題としてるから、たいした違いじゃないのよね。

プロジェクトアホ
「アホラーの鏡。ラー油まみれ。」
ラー油の鏡じゃん。
「アホ歴史上の人物。住民票から籍がいまだに消えていない。」
今問題になっている、所在不明高齢者ってやつだね。公務員の怠慢が問題だよね。

Posted by seiji | 14:11 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

12 2010

ジャンプ44号感想

スケットダンス
「今日も相変わらずときめきキュンッキュンの少女漫画描いてるかぁ~~い?」
第一印象最悪!ウザいテンションで乱入してきたのは、男子漫研部のお二人!
「メガネをかけてる方が副部長のマガーファンクルこと真賀田道則くん クズ野郎よ」
決して口が悪い方ではないロマンに「クズ野郎」と言わしめるマガーファンクル。常にヘラヘラしてていけすかない野郎だ。
「まるでこのボクが女子部員とからみたいばかりにわざとミスノンを借りに来てるとでも言いたげな口ぶりだな!!」
めんどくさい性格な上にムッツリな女好きときたか。そりゃあ、女子に嫌われるわな。
「漫画描きなら漫画で決着をつけたまえぃ!!!」
無駄に健康的な色黒肌の、毛塚先生の鶴の一声!平行線をたどる互いの主張の優劣は、それぞれの作品の優劣で決まることに!
「スペースコスモユニバース大運動会」
昭和の臭いがプンプンするぜ!数十年前のボンボンとかに載ってそうな絵柄だな!!
「マイケルバーガーは帰ってこなかった…」
ただマイケルバーガーが無重力状態でジャンプして戻って来れなくなっただけじゃん!主人公らしきやつ何もしてないじゃん!!
「うん」「どうかい?」
ときめき状態の男女がどうでもいい会話を繰り返す。相変わらずシュールだな。
「ああっ アレは!! マイケルバーガーかい!!?」
まさかのマイケルバーガーオチ!他人の作品のオチを借りて天丼ネタにするとは、ロマン恐るべし!!
「漫画は面白ければいいんです 面白ければ勝つ!当たり前だ」
お前バクマンの編集長のセリフ使えば丸く収まると思ってるだろ!確かに物語の真理を突いた言葉だと思うけど。
「これが「熱い」「友情」ってヤツね」
勝負はロマンが制したが、切磋琢磨したライバル同士、健闘をたたえあう。ともに漫画を愛するものどうし、協力すればよりよい作品が生み出されるだろう。


SWOT
「内臓 引きずり出されたくないよね」
言うことグロいなこの人!しかもマジでやりそうなヤバイ目してるよ!!


ジャン魂G!
日本一イヤなバスガイド決定戦!!
「最後列までツバが飛んでくる。」
どんだけ熱弁してんだよ!そこまで激しくガイドしてくれなくてもいいよ!!
「バスに用意されているゲロ袋を全て一人で使い切る。」
バスガイドのくせに車酔いしてんじゃねーよ!そして吐きすぎだろ!!

多くの細道 ビーチで一句
「砂浜を全力疾走 貝刺さる」
踏まれて貝が割れてたりすると、とがってるから普通に血が出るよね。
「砂浜で 結局DS してただけ」
俺、泳ぎとか苦手だし…。あんまり日焼けしたくないし…。
「砂の城 帰る間ぎわに ハイキック」
苦労して作った作品だからこそ、自分自身で破壊する興奮は格別だ。

ご当地計画 ご当地時計
「埼玉県 鳩胸時計」
トゥース!…って、オードリーの春日じゃん!埼玉出身なのね。
「宮崎県 地鶏時計」
調理済みなの!?シュールな光景だな。

王子のお部屋
「ウォールペンギン王子。給食のスープに自分のよだれを入れ、「センチュリースープの完成だ!」とほざくK。」
きたねーな!他人のよだれがまじったスープなんて気持ち悪くて飲めないよ!!
「ケチ王子。「ティッシュちょうだい」と言うと「今週中には返せよ!!」と言うK。」
使用済みでよかったらすぐにでも返しますけど。

Posted by seiji | 06:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

11 2010

ジャンプ43号感想

スケットダンス
「そしてこのカッコイイボデェー!!」
この古臭いノリがちょっとイラッとくるね。
「ホウスケが「部室なう」と言っている」
意外と流行に敏感なのね、このフクロウ!
「フッ…愚かな人間共よ」
魔王かお前は!餌付けされてる分際で魔王気取りなのか!!
「す…すげーなブラビエラ…これで5万8千円なら超お買い得だぞ」
周囲の生物の思考を読み取って言語化するマシーン、ブラビエラ!省エネで地球にも優しい!!
「もう誰も信じられねーよ」
面白がってお互いの心を暴露しあった結果、ひどくギスギスした雰囲気に!仲のよさだけが取り柄のスケット団に最大の危機!
「ケンカして 怒って 泣いて でも最後には必ず笑う そんなキミ達が大好きです」
ブラビエラでほころびかけた絆は、ビラビエラで再び繋がった!己の愚かさを知った3人の絆は、きっと前よりも確かなものになるだろう。
「まさかのロマン脳内(オチ)!!」
ホウスケの心の声だと思っていた言葉は、実は壁一つ隔てたロマンのものだった。でも、結果オーライだからいいよね。


SWOT
「じゃこのマトリョ 頭に乗っけてじっとしてろ」
こいつはいったいどんな計算で裏カクゴの特訓材料にマトリョーシカを選んだのだろう。


ジャン魂G!
日本一イヤな流しそうめん決定戦!!
「一本ずつ流れてくる。」
取りにくい上にほとんど食べれないじゃないか!これも不景気のせいなのか!?
「たまにイケメンが流れる。」
ラーメン、つけめん、僕流しそうめん!!
「流れ流れて場末のスナックに行き着く。」
流れすぎだろ!傷心で落ちぶれた流浪人じゃねーか!!

ドラマチックジャンプ
「タンスの角に小指を500回ぶつけたのと同じほど泣ける!少年ジャンプ!!」
そこまでぶつけると、小指の感覚が麻痺して逆に泣けないんじゃないか?
「洗濯したズボンから、一万円札の残骸が出てきた時ほど泣ける!少年ジャンプ!!」
これに懲りたら、洗濯に出す前にポケットの中身がないことを確認しようね。

バカズバッ!
「くっ…力を使いすぎた ダメージが大きい こうなったらあそこに行こう 落花生(ピーナッツ)の楽園(パラダイス) CHIBAに!!」
いつの間に千葉がこんなことに!?それは傷ついたピーナッツマンが足を引きずりながらも目指す桃源郷!!
「ピーナッツマン最終話『転生』」
うん、そりゃ食べ物だからね。最終的にはウ○コになるよね。

鎌金釜
「電車+ラブプラス=鋼の心臓」
恋人たちにかかっては、どんな場所だろうがきらめく舞台になるのだろう。
「学校+30センチの定規=武士の誕生」
学校+そろばん=ローラースケートという式も成り立つな。

Posted by seiji | 15:33 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

03 2010

焔魔を憐れむ歌

すっかり出遅れてしまいましたが、ソワカちゃんの新作が久しぶりに発表されて燃えました。

焔魔を憐れむ歌 護法少女ソワカちゃん第15話の歌


ミステリアスな曲調と不気味な世界観が魅力的ですね。「ぜんぱたーんをためすのだ」というアホなアドバイスを受けて、ノリノリで全パターン試そうとするソワカちゃんがかわいいです。
そして、主人公の座を奪わんとばかりに現れたニワカちゃん!黒髪と燃える瞳、そして奇妙な歩き方がおかしくて、人気でそうですね。
物語もそろそろ終盤に近づいたようで、楽しみであるとともにちょっと寂しさも感じますね。いったいどんなラストが待っているのか、期待しています。


今週はちょっと忙しかったので、ジャンプ感想は後日書きます。
今週は拍手コメントありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

Posted by seiji | 23:46 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。