コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

27 2010

電光外伝と拍手返信

5月3~4日に、大阪で「電光外伝-アカツキ段位認定試合」が開催されるので、応援イラストを描いてみました。

あなたにメソッドを教えてあげる

今、「アカツキプレイヤーのための段位診断」が大人気☆簡単2日間&200円(1日)のテストで適正段位や対応力、自分相性ぴったりのキャラがその場ですぐ分かっちゃう!利用者は13万人を突破…(嘘)

前回の応援イラストはちょっとネタがわかりにくかったと反省したので、旬のネタ(?)をぶっぱしてみました。
広告としては間違ってないと思うけど、宣伝としてはうさんくさくて逆効果になってるかもしれません。
年収が低すぎる僕は、大阪まで行く余裕はありませんが、出場される方は高段位を目指してがんばってください。


拍手返信です。

続きを読む...

スポンサーサイト

Posted by seiji | 23:29 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

25 2010

ジャンプ20号感想

スケットダンス
「ハッキリ言ってもうオレの手には負えない」
さすがのスイッチもお手上げの難問。横から見てて面白がっていられるレベルのトラブルじゃない。いつになく真剣な顔で拒否するスイッチが新鮮。
「後はキミ達二人の羞恥心の問題だ ボッスンが一人でトイレに行ってもいいのなら即問題解決だぞ」
あまりにも投げやりなアドバイスをするスイッチ。確かにそれが一番いいのかもしれないけど、ヒメコは絶対イヤだろうな。
「オレはいつだってチャレンジャー!その気になれば初の女体目隠し立ちションだってきっとできる!!」
どんな自信だよ!適当なこと言いやがって!!
マジでやったら、たぶん下半身がションベンまみれになるぞ。
「拭くやろ…」「拭く?」
ヒメコの一言で、のんきなボッスンもやっと事態の重大さに気づいたようだ。その場に重苦しい空気が漂う。
「も もうダメだ…!いたたまれない!オレはもうこれ以上この場に居たくない すまないが失礼する ごきげんよう!」
今すぐこの場から逃げ出したい!友情を捨て、厳しい現実から目をそらして逃げ出したスイッチ!この卑怯者ー!
「あ!?つーか何だこの格好!!」
ヒメコの苦肉の策!目隠し・ヘッドフォン・鼻栓でボッスンの五感を奪い、その間に事を終わらせようということか!
「ほな ズボン下げんで」
元々は自分の体とはいえ、他人のズボンやパンツを脱がすなんて、抵抗あるだろうなあ。
「はい オシッコしいや」
「……う…うぅ…ん…」
まるで小さい子のトイレを手伝ってるお母さんみたいだな。ボッスンもこれは屈辱だろう。
「いや何か あのォ さっきはマジすげーしたかったんだけど 今ちょっと出ない」
やっぱり、緊張すると出が悪くなるよね。でもなるべく早く嫌なことを終わらせたいヒメコはボッスンを散々罵倒する!どんなプレイだよ!!
「うっく……ふん…っく」
「泣くな!!泣きたいのもわかるけど!!こっちだって泣きたいねん!!」
ようやく出すものが出せて安心したのと、こんな状態でオシッコしなきゃならない悔しさが混ざって、つい涙が出てしまったんだね。君は立派だったよ。
「ふ…拭こか?」
一難去ってまた一難!文字通り「他人のケツを拭く」行為をしなければならない事態に、ヒメコの目からも自然に涙があふれる。
「あ どーも」
「照れんなや!!」
絶体絶命の危機を共に乗り越えた戦友に感謝の意を表すボッスン。あれだけ恥ずかしいところを見られたら、もう何も怖くないね。
「アタシも…オシッコしたくなってんけど」
オシッコは一日に何回かは行かなきゃならないから、遅かれ早かれこの事態は来ていた。あとは大がしたくなったときどうするか考えないと…考えたくないけど。
「はぁ――めんどくせぇ オレ呼吸する意味あんのかな」
頼みのチュウさんは、やる気がゼロになる薬を飲んだせいでいつも以上に怠惰な性格に!特効薬が入手できなくなった今、もはや薬の効果が切れるのを待つしかないのか?
「A組からC組の生徒は入浴して下さい」
おしっこするだけで一苦労だった。しかしもうひとつの難問が待ち構えていた!
男女入れ替わった体での裸の付き合い!でもそんなの無理に決まってる!!


めだかボックス
「みんながそんなことばかりするから黒神さんがどんどん一人ぼっちになるんじゃないか!!」
今週のもがなさんは、実にいい「少年漫画」していた。
熱い友情って素晴らしいよね。


ジャン魂G!
日本一テンションがMAXになるとき決定戦!!
「自転車に乗ってるときに超追い風!」
風すらもオレに味方する!来たよ来たよ、オレの時代がー!!
「地球儀をなぞりながら、世界征服の幻想を抱いている時!」
フフフ…まずはどこから侵略してやろうものか…。世界のすべてはこの手にあり!!
「先生に「お母さん!」と言ったら、先生が「なぁに?お小遣いの前借りはダメよ」と返してくれた!」
ノリがいい先生だな!先生、オレ、将来は先生みたいな大人になりたいなあ。

万物の三本柱
「●「しまった!」と思うときの三本柱
 1.忘れ物をした時
 2.ウンコを踏んだ時
 3.レジで小銭を一枚一枚出すおばあさんの後ろに並んだ時」
そういう時はあきらめて、列を離れて立ち読みを再開したほうがイライラしなくて済むよ。
「●知っているのに実物を見たことがない三本柱
 1.ツチノコ
 2.ネッシー
 3.ハチマキまいてるタコ」
あれ、けっこうかわいいよね。誰が考えたキャラクターか知らないけどさ。

カッケー名! おなかピーピーのカッコイイ別名
「下痢裸GO!ウッ!!」
実に臨場感あふれるキャッチコピーですね。だめだー!下痢が止まらねー!!
「肛門耐久レース」
あまり出しすぎると、おしりを拭くのも苦痛になる。くそったれー!!
「下痢ック砲」
俺の下痢ック砲は絶対にくい止められんぞー!!

帰ってきたピーナッツマン
出落ちの最高峰、第一話の冒頭で死んだと見られていたピーナッツマンが帰ってきた!
がんばれ負けるなピーナッツマン!たとえ世界が君の敵になろうが、僕らは君の味方だよ!!

Posted by seiji | 20:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

25 2010

ジャンプ19号感想

スケットダンス
「各自 部屋でウェアに着替えてゲレンゲに集合して下にゃい」
サイミンの効果で元に戻ったはずの椿。しかし、催眠をかけるときに猫が邪魔してきたせいで、ちょっとおかしなところがあるようだ。
「お前何しれっと着替えようとしとんねん!!アタシの体普通に見る気か!!」
デリカシーという概念を全く持ち合わせていないボッスン。女の子としての恥じらいを持つヒメコは、ボッスンを本気で責める!
「大体なあ!アタシの部屋で着替えたら他の女の子の着替えも見る事になるやんけ!!!」
ヒメコの体に興味はないが、他の同級生の女の子の体には大いに興味があるボッスン。ヒメコの一言に、ようやく事態の重大さを知る。
「触るやろ?」
「はい?」
女の子として当然の心配をするヒメコに対して、人を小馬鹿にするような表情で返事を返すボッスン。これはひどい。
「着替え問題を解決する唯一の方法 それは「お互いを着替えさせる」事だ」
スイッチの提案で、なにやらおかしな展開に。そんなことしなくても、おねえさんにだけ事情を話して、ヒメコの体のボッスンを着替えさせてもらえばいいんじゃね?
「今オレどういう状況スかねえ…??」
目隠しされた女の子を脱がしているという、はたから見たらすごくいやらしい状況です。
「アタシの背中めちゃ綺麗くない?」
ボッスンの体になっているからか、男の発想で興奮するヒメコ。ナイスバディな自分の体を自画自賛。
「オシッコ行きたくなっちゃった」
寒いと近くなるからね。でも、今の状況だと、トイレはミッション:インポッシブル!
さすがのスイッチも困惑の表情。しかし出すものは出さないと始まらない!!


ジャン魂G!
ザリパイ2コマ 「どこいくねん!」
「でも…しょうゆが出るよ!」
21世紀は、ミサイルの先っぽからしょうゆが出るのか…。って、そんなわけねーだろ!!
「なんだ放せばいいのか」
人間、あきらめが肝心だよね。自分じゃ抱えきれない重荷なら、背負わなければいいじゃない。
「もうどこにいかねぇさ」「……バカ…」
なにこの茶番劇!?バカップルどもは勝手にキャッキャウフフしててください!!

日本一ピカピカじゃない1年生決定戦!!
「お母さんよりも女子高生が好き。」
オッサンか!このマセガキが!!
「校長先生の話に「理想論だよ!」とヤジを飛ばす。」
現実が絶望的な状況だからこそ、理想を語らなければならない。オレはそう思うよ。
「友達が100人もできない事を悟っている。」
この少子化の時代、友達を100人作るのは至難の業だ。でも、友達が多ければいいってもんでもないけどね。

オレが日本一!
「ドッジボールでメガネが綺麗に割れた回数なら、オレだって日本一だ!」
顔面セーフ!でも、厳しい家計的にはアウト!!
「アサリを食べて…「ジャリッ」となった回数なら、私だって日本一だ!」
おかあさん、ちゃんと砂抜きしといてよ!塩水に漬けるといいらしいよ!!

Posted by seiji | 19:56 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

21 2010

お前の年収低すぎ

明るい曲調で暗い歌詞を歌う、kihirohitoさんの新曲を聴きました。



疾走感のある曲がいいですね!惰性で流れる日々、遊ぶ金も意欲もなく、仕事ばかりで、ただ年齢だけを重ねていく。そんな20代後半~30代の女性の倦怠感が伝わってくる歌詞もいいです。
「いつも体疲れてる」「花の給料日だけど特に何もない」「何となく始めてたブログ更新2年前」というフレーズが、切なくて好きです。
何もやる気がしない彼女が唯一本気を出す行為が、Gを抹殺する事というのも悲しいですね。
「謎のつまみがうまい」っていうのも危険なニオイがします。そのチーズ、青カビ生えてるんじゃないの?

スタイリッシュな曲と、ユーモア溢れる歌詞。これぞkihirohitoさんの醍醐味ですね!


今週は拍手コメントありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

Posted by seiji | 07:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

11 2010

ジャンプ18号感想

スケットダンス
「茎わかめを侮ってはいけない 食物繊維が豊富な上に意外とおいしい」
修学旅行に茎わかめを持ち込む変人・椿!銀魂の神楽の酢昆布に対抗してんのか!?
「食べる? 「モンスーン」」
食いしん坊のキャプテンを侮ってはいけない。「恋するポテトチップス」などなど、変なお菓子を大量に持ち込んでいる、用意周到なキャプテン!よくそんなんで太らないな!!
「休憩は20時間よー 遅れないでねー」
20時間も休憩するなら1泊しなきゃいけないじゃん!この不景気に休みすぎじゃ!!
「オレは割と単独行動が多いぞ 一言も喋らずに一話終わることもある」
それは寂しいな…。ていうか、そもそも毎回喋ってはいないけどね。パソコン音声で会話してるだけで。
「気になるなら直接ボッスンに聞いてみたらどうだ?」
ボッスンとヒメコの仲が気になって相談するサーヤに、積極的な行動をすすめるスイッチ。いったれいったれー!
「アタシな バスとかそんなんごっつ弱いねん」
天下の鬼姫にも意外な弱点が!でも、修学旅行のバスの中って、長時間閉じ込められるから酔うよね。
「一時期 全くやる気がなくて世界の全てに絶望していた事がある 復帰できて本当によかった」
女の子にフラれた中学生とかが通る道ですね。でも、そうした絶望をひとつずつ乗り越えることによって、人は大人になっていくのよね。
「お前ら 飲んでみろ」
「ヤだよ!!!」
怪しい薬を、これ以上ないほどのいい笑顔ですすめるチュウさん。こういう人を悪魔っていうんですね。
「ええいお前らうるさいねん!!アタシ気分悪い言うとるやろ静かにせえ!!!つべこべ言わんと早よ飲んだらええがな!!!」
車酔いのせいでテンパったヒメコの強烈な迫力によって、嫌々ながらも薬を飲むハメになったボッスンたち。前途多難だなぁ。
「要するにボッスンとヒメコが入れ替わって椿は単に自分をボッスンだと思い込んでるだけという訳ですね。」
ただでさえややこしい薬なのに、チュウさんが薬をまちがえたせいで余計ややこしく人格が入れ替わった3人。なんていい加減な人体実験なんだ。
「残りのイレカワールが…………よく見たら全部サイミンだったわ」
チュウさんの雑な管理のおかげで、もう一度人格を入れ替わることができなくなったボッスンとヒメコ。お風呂とかトイレどうすんの?
「三日間そのままでいてくれ」
簡単に言うなぁこの人は…。これは怒っていい。
でも、サイミンしかないならないで、3人とも「元の人格に戻る」っていう暗示かければいいんじゃね?



ジャン魂G!
日本一ダメなこども店長決定戦!!
「つかまり立ちがやっと。」
こどもっていうか赤ん坊じゃねーか!かわいいけど、お店の管理は任せられないよ!!
「朝「お店に行きたくない」と泣きじゃくるので、「みんな待ってるから一緒に行こ!」と店員が迎えに来る。」
いじめられっこの小学生か!先生が一人で迎えに来ても登校しないからって、クラス全員連れて迎えに来るのは恥ずかしいからやめてね!?
「喫煙室ってどこですか?」
こどものくせにタバコ吸う気か!いくら店長だからって、やっていいことと悪いことがありますよ!
未成年者の喫煙の悪影響について、詳しくはこちら

PR栞ちゃん!
「何度か四股を踏む。」
新感覚「相撲アイドル」登場!目標は女人禁制である大相撲の土俵に上がることです!
「カメラにハァ~!ってやって指で「スキ」って書く。」
恋愛ドラマか!実際にそんなことやったら痛い人だと思われちゃうよ!!

プロジェクトA(アホ)
「アホ東京マラソン。島根県で開催される。」
普通に「島根マラソン」でよくね?こういう矛盾した表現が許されるのは、「国産のアメリカンコーヒー」だけですよ!
「アホ都市伝説。田舎で広まった。」
そういうのは「言い伝え」とか「民話」って呼ぶんじゃね?
「アホ魔王。勇者「世界をめちゃくちゃにしやがって!」魔王「反省してま~す」」
チッ、うっせーよ。…って、國母和宏か!お前の態度からは反省が全然感じられない!!
「アホ皇帝ペンギン。校庭にいる。」
これじゃあ校庭ペンギンだな。だがしかし、どんな場所にいようがエンペラーとしての誇りは失わぬ!!

王子のお部屋
「ビフォーアフター王子。テストや通知表を見るたび「なんということでしょう!」と叫ぶY。」
それは当然、以前よりも劇的によくなったからなんでしょうね?え?そうじゃない?
「ダーマ神殿王子。「丸井はあと50回くらい練習すればレギュラーになりそうだな」というT先生。」
褒められてるのかバカにされてるのかわかんないよ!ちくしょう、この屈辱をバネにして、絶対レギュラーになってやるんだからな!!

Posted by seiji | 22:00 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

11 2010

ジュラえもんと拍手返信

チャー研MADの名作がまたひとつ生まれました。



まずサムネからして、何かキ○ガイじみた雰囲気をかもしだしてますが、序盤の星くんのゴリ押しが最高です。実にいい笑顔です。
空を自由に飛びたいポルガ博士の願いをかなえてくれる優しいチャージマン、ウザさ増量の青いバリカン、満を持して登場するサムネのジュラえもんなど、1分弱の動画に狂気が凝縮されています。
最後はチャージマン死亡→伝統の尺あまりで締めて、実に気持ちのいい終わり方になってますね。


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 18:29 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

04 2010

ジャンプ17号感想

スケットダンス
「サーヤ すごい運動オンチだもんね」
運動が苦手な人にとって、「大なわとび」は死刑宣告!自分一人のミスでみんなの足を引っ張る罪悪感は、のたうちまわりたくなるほどの苦痛!!
「フンッ 何がなわとびよ 子供じゃあるまいし! 付き合ってられないわ アタシもうやめるから!」
案の定、みんなの足を引っ張って怒られ、逆ギレしたサーヤ!子供じみてるのはお前のほうだろ!!
「タンカ切って出てきちゃったから陰で練習したいんだけど…」
困ったときのスケット団頼み!うんうん、こういうときこそ協力しないとね!
「どうして…こんなに一生懸命手伝ってくれるの?」
ボッスンだけは、サーヤのおっぱいが揺れるのをガン見するのに一生懸命だったけどね。
「すげーじゃんサーヤ!」「お前いつの間に!」
スケット団と一緒に練習したおかげで、みんなと一緒になって飛べるサーヤ。兄貴と一緒で、本番には強いタイプなのかな。
「ゴメン 引っかかっちゃった」
「どうしてウソをついたの?縄に引っかかったのは私なのに…」
ホリィをかばって、自分が縄に引っかかったとウソをついたサーヤ。あれだけ冷たくされたら鬼の首を取ったようになじってもおかしくないだろうに。
「たまたまつまずく事なんてよくあんじゃん だから別に誰だっていいよ」
「ごめんね サーヤ」
スケット団のやさしさに触れ、少しやさしくなれたサーヤ。そんなサーヤの笑顔を見てしまっては、口の悪いホリィも素直に謝るしかない。
「何やねんお前!!」
サーヤの練習につきあってばかりで、自分の練習はおろそかになってしまったボッスン。本番で一回目から引っかかるなんて、めちゃくちゃ恥ずかしいじゃねーか!!


ジャン魂G!
日本一の熱血教師決定戦!!
「放課後、生徒に当てるためのチョーク投げを一人で練習してる。」
放課後するべきことはもっと他にあるだろ!体罰にスポ魂精神を発揮しなくていいんだよ!!
「正解の時は抱きしめて褒め、不正解のときは抱きしめて慰める。」
どっちにしろ抱きしめるのかよ!…先生、ワキガがくさいです…。
「「おまえら、来てくれたのか!」と毎朝号泣。」
いったいその前に何があったんだよ!授業をボイコットされるようなことやらかしたわけ!?
「モンスターペアレントを倒して仲間にしている。」
先生はまものつかいだったの!?ていうか、モンスターペアレントはドラキーとかと同類なわけ!?

フキダマシイ
「あなたがこの手紙を読んでいる頃、私は…関東全域を暴風域に巻き込みながら、ゆっくり北上しているでしょう」
台風情報!?おかあさん、学校が休みになるように、明日の朝までは本州に停滞しててね!!
「あなたがこの手紙を読んでいる頃、私は…2階で寝てるから3時頃起こしてね。えっ?めんどくさい?それぐらいできるでしょう」
ぐうたらな母さんだな!自分で目覚ましセットしてから寝ろよ!!

ジャンプファン魂
「バレンタインに本命チョコをくれた女子より、ジャンプを貸してくれた男子に「付き合ってください」と言った。」
やっぱり付き合う相手とは趣味が合わないとね~。…って、本命チョコくれた女子がかわいそうだろ!!
「オッパイなんてどうでもいい。ジャンプを揉みたい。」
これはとんでもない変態だ。でも、それで君が幸せになるのなら、好きなだけ揉めばいいさ!

連金釜
「マツコデラックス+緑+しわ=最長老様」
たしかにあの圧倒的なたたずまいは最長老様に似たものがあるな。細木和子(ドドリア)と並んで立たせたい。
「サザエさん+ジャンケン=はぁ、明日からまた学校かぁ…」
楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、現実が僕らを夢から引き戻す。それでも僕らは生きていく。夢も現実も人生の一部なのだから。

Posted by seiji | 22:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。