コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

28 2009

海には行かない

kihirohitoさんのホラーな新曲を聴きました。

海には行かない


背筋がゾクゾクするような、不気味さを感じさせる曲です。少女が暗い顔でつぶやくように歌っているような、淡々とした歌声が歌詞に合ってますね。

それにしても、タイトルがいいですね。「海には行かない」理由は何なのか。数ある場所の中で、なぜ「海」なのか。動画を見る前に考えさせられます。
僕は最初、クラゲに刺されたとか、ナンパに失敗したとか、そんな他愛の無い理由を想像していたのですが、動画の中で一瞬だけ明かされる、少女が「海には行かない」と決心した衝撃的なシーンを目の当たりにしたとき、自分の想像力のつたなさを責めたくなりました。こんな小さな女の子にとって、この経験はあまりにも酷です。「夢など見ない」と彼女に決意させてしまうほどに。

少女がじっと見つめる宿り木は、大きな手のように見えます。それは人を死へとひきずりこむ悪魔の手なのか。それとも死してなお現世に未練を残す死者たちの、助けを求める手なのか。いろんな想像ができます。
そして歌い手の少女の表情が見えないところも、想像力をかきたてられます。恐怖に引きつった顔なのか。泣きはらした顔なのか。あまりのショックに表情を失っているのか。それとも正気を失って、笑っているのかもしれません。

この歌から読み取れる感情は「絶望」です。これからたくさんの出会いと経験が待っている、幼い少女が目にしたのは、自分の居場所を現世に見つけられなかった、哀れな大人の最期の姿でした。いずれは自分もあんな風になるんだろうか。そう思ってしまった彼女はもう、夢と希望に満ちた昨日までの自分には戻れないのです。
「夢など見ない」、「耳がふさげない」、「声が出せない」。見てはいけないものを見てしまった彼女は、このトラウマを背負ったまま生きるしかない。あるいは、自分が見届けたあの人のように、冷たい海へと逃げ込むか。それはどちらも恐ろしく、辛い選択です。

kihirohitoさんの引き出しの多さには脱帽です。恐怖と狂気に彩られた、心を不安定にさせるような奇妙な魅力がありますね。


今週は拍手コメントありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 06:54 | Comment [0] | TrackBack [0] | 未分類

23 2009

ジャンプ02号感想

スケットダンス
「待ってろ愚か者ォォォ!!」
チンピラ集団の奥で余裕たっぷりに座っている薮田の元へ、単身乗り込んだ椿。一番の愚か者は椿かもしれない。でも、椿はそれを承知でここへきたのだ。
「助っ人戦隊キュウエンジャー 見参!!!」
変な格好した三人組が乱入してきた!椿に協力を拒まれた手前、正体を隠したままで助太刀に参上したスケット団!
「助けを頼んだ覚えはない」
「………… そのセリフ キミの友達とやらも言うのではないかな?」
助けを求められたから助けるんじゃない。自分が助けたいと思ったから助けたんだ。おせっかいと思われようと、自分の心を信じて行動に出たボッスン達。
「ここ…コイツら…ムチャクチャ強え!!」
強いのは主にヒメコだけどね。特にボッスンは、パチンコでペチペチ射撃してるだけだから地味だよね。
「まあアイツ一人で十分なんだけどな」
鬼姫無双の始まり始まり!不良どもを木っ端微塵に吹き飛ばすヒメコ!!
「さてマツゲボーイよ 道は開いたぞ」
舞台は整った。にっくき薮田と1対1で対峙した椿、その怒りを拳に託して。
「いたた…さすがに傷が痛むな 二発にしようかな」
いざ本番となると欲が出た椿。余計な雑音は振り払って、己の道を進むのだ!


ジャン魂G!
ご当地計画 ご当地DS
「岩手県 リアス式DS」
ギザギザしてて持ちにくい!手触りが悪い!携帯ゲーム機としては致命的だ!!
「高知県 DS一本釣り」
カツオみたいに泳いでるの!?でも、水に漬かってたらもう使い物にならないんじゃない!?

王子のお部屋
「年貢王子。先生に「お納めください」と言って給食費を渡す農家のN。」
そのうち、給食費を減らせと要求して一揆を起こしそうだな。
「まくら王子。親がいくら怒っても反発しないK。」
こちらのまくらは低反発となっております。でも時々なら、ちょっとくらい反発してもいいと思うんだ。

日本一イヤなクリスマスツリー決定戦!!
「柿が実ってる。」
どうみても、ただの柿の木じゃん!
「立派なゴボウ。」
ツリーですらない!
「両手持ち武器。特殊効果でカップルに与えるダメージが2倍になる。」
クリスマスを憎むモテない男たちの嫉妬心が生み出した暗黒剣!!

オレが日本一!
「乗ってきた子供にエレベーターの全部の階のボタンを押された回数なら、オレだって日本一だ!」
子供の無邪気な行動だとはいえ、同情している人にとってはたまったもんじゃない。
「女の子に告白したら「人違いです」と言われた回数なら、オレだって日本一だ!」
こんなブサイクに告白されるなんて、人違いであってほしいと思われたってことか?あんまりじゃないか!!

Posted by seiji | 17:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

20 2009

ジャンプ01号感想

スケットダンス
「キミを傷つけたその薮田という男をボクはブン殴ってやる!!」
デージーがチンピラに無理やりキスされたことを知った椿は、一発殴ってやらないと気がすまないほどの怒りを覚える。
「自分のせいで人が傷つくのはすごく傷つく」
しかしデージーは、椿にまで迷惑はかけられないと、椿の助けを拒否する。仲間を思うばかりに、仲間を拒否するデージー。
「友達が…大切な仲間が傷つけられたとしてキミならどうするか意見が聞きたい」
デージーに止められても、やはり椿の怒りはおさまらない。迷う椿は、ボッスンの意見を求める。
「一発ブン殴る」
「同じだ…!」
それは単純明快な、しかしもっとも説得力のある意見。そうだ、自分がやるべきことは最初からわかっているじゃないか!
「ああ 熱いねえ ああ なかなかのもんだ」
焼きたての焼きいものように、熱い心を持つ椿の背中を見送るボッスン。迷いを断ち切った椿は、デージーを傷つけた「ドブ虫」の元へと走る!!
「一発だけ殴りに来た 薮田というのはどいつだ」
俺の拳が真っ赤に燃えるぅぅ!(霧島 翔
大切な仲間を傷つけられた怒り!敵陣のもとへと単身乗り込んだ椿、その熱い拳をドブ虫の顔面にねじ込むために!!


バクマン。
「僕と組みたいなら正式に僕と付き合ってください それが一緒にやる条件です」
中井さんを殺してやりたくなりました。
ダメ人間だとはわかってたけど、加藤さんという安全パイを手に入れたことでここまで腐りきってしまうとは…。純情なだけが取り柄だと思っていたのに、すっかりよごれちまったなあ。
「あなた最低です」
ただでさえ男性不信ぎみだったというのに、中井さんのせいでもっとひどくなっちまった!このショックでしばらく引きこもりそうだな。


ジャン魂G!
ザリマン。
「ミギニー 長年自分をタイ人だと思っていたが、実はインド人だった。水虫の足から繰り出すキックは脅威だ。」
インド人だってムエタイやってもいいじゃない!でも水虫の足で攻撃するのはカンベンしてほしい。
「リテャード まぎらわしい名前をしているために、毎回リチャードの代わりに喧嘩を売られるかわいそうな一般人。」
ワンピースでたとえるなら、手配書のサンジの顔にそっくりだったデュバルみたいなもんだな。とんだとばっちりだ。
「ムエタイ十二神将 リチャードの倒すべき強敵。一人ずつといわず全員でかかってくる。」
卑怯だと?戦争に「卑怯」などという言葉は通用しない。最後まで生き残ったものだけが正義なのだ。

日本一倒れそうなボウリング場決定戦!!
「ガターに自分のメガネや携帯が置かれている。」
とんでもないプレッシャーだ!ガターにだけは玉が転がらないように、細心の注意を払って投げないと…。
「子供が一生懸命作った砂の城へ向かってドカーン!」
人でなしー!純朴な子供の心がズタズタになっちゃうよ!!
「フンコロガシが丸めたウンコでストライクを連発している。」
きたねーよ!意外な才能があったのね、フンコロガシさん!!

Posted by seiji | 12:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

20 2009

ジャンプ53号感想

スケットダンス
「山田カトリーヌ花子だ」
漫画家のペンネームか!ジャイ子じゃないんだからさ。
「おいおい いきなりかよ」
残像だ。といわんばかりに、デージーの背後にまわるチンピラ・薮田!デージーの必殺技の目潰しが通用しない!?
「んっくっく 直前でかわして唇直撃は免れたってか カワイイな」
おいおい、いきなりかよ!
デージーに突然キスをする薮田。ほっぺにチューされたデージーは、「ズキュウウウウン」な状況に凍りつく!
「DOS(ドブで溺れて死ね)!」
チンピラたちに囲まれて絶体絶命の状況でも、得意の毒舌は健在。下衆なドブ虫たちに囲まれても強気は崩さない!


ジャン魂G!
日本一結ばれないお見合い決定戦!!
「自分の父親が相手の女性の座布団の下に寝転んでいる。」
親父何やってんだよ!息子のお見合いに協力する気なしか!!
「裏で『ロンハー』が動いてる。」
ドッキリなのか。こちとら真剣に結婚したいっていうのに!!
「仲人『キーッス!キーッス!キーッス!』」
お前はカップルをはやし立てる中学生男子か!茶々入れるんじゃないよ!!


万物の三本柱
「否定の三本柱
1.嫌だ!!
2.できません。
3.いいえ、ケフィアです。」
やずや、やずや。
「負けたなぁ…って思う時の三本柱
1.後半ロスタイムで3点差
2.強豪校VS弱小校の試合
3.マンガでキャラが「勝った!!」って言った時」
勝ったッ! 第3部完!(ジョジョ17巻より

イニシャル魂 AKB
「A・・・あいつは最後に
 K・・・こう言ったんだ
 B・・・「武器や防具は装備しないと意味がないぞ」」
RPGの村人か!同じ話を何度も何度も繰り返しやがって!!
「A・・・安土桃山時代、千利休が
 K・・・好んで飲んでいたのは
 B・・・ブラックコーヒー」
お茶ばかり飲んでたから、新しい飲み物の味にハマっちゃったのね。

プロジェクトアホ
「アホ名探偵。「絶対に怒らないから、殺した人手を挙げなさい」」
小学校の先生か!そんなこと言って、本当に名乗り出たら後でたっぷりお説教するんだろう!?
「アホ助っ人外国人。用具係として来日。」
わざわざ外国人枠を使ってまで採用しちゃうの!?うーん、日本人にはマネできない画期的な用具管理の使い手なんだろうか。

Posted by seiji | 10:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

14 2009

ブロリーでおどるポンポコリンと拍手返信

最近話題の新型インフルではないと思うんですが、最近まで風邪でぶっ倒れてました。面目ない。

そんな病気すらぶっ飛ばしてしまいそうなハジけた動画が発表されました。

ブロリーでおどるポンポコリン


わずか1分半ほどの動画に、あふれんばかりのネタとブロリー愛が詰まっています。
とりあえず、まる子なブロリーがキモすぎます。これはひどい。
最初のほうのおかっぱブロリーと、ラストのまる子顔のブロリーだけでおなか一杯だというのに、リズミカルに繰り広げられるブロリーとゆかいななかまたちの暴れっぷりが面白すぎます。
その中でも僕は「パッパパラガス」が好きです。不意に来たダジャレの意外な語呂のよさと、パラガスの自慢げな表情とのコラボが最高です。やっぱりブロリーMADは面白いですねぇ。

どんどん遅れてるジャンプ感想ですが、もう開き直ってマイペースに書いていきます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 23:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

06 2009

R藤本とドラゴンボールエボリューションと拍手返信

久しぶりにR藤本の動画がランキングに上がっていると思ったら、「ドラゴンボールエボリューション」の感想動画でした。

R藤本「ドラゴンボールエボリューション」に物申す!※ネタばれ注意


ドラゴンボール世代の一人としてちょっとだけ興味があったこの映画ですが、大方の予想通り、ネタ満載の問題作だったようです。
映画の配給元からの依頼による仕事ではないとはいえ、ボロクソに言ってます。まあ、原作ファンとしたら当然でしょうが。
「期待できるか!」、「ただのエロい高校生だ」、「ただのアロハシャツ着たチョウ・ユンファ」、「自分が飛んでいく!」、「精神と時の部屋のように」などなど、ドラゴンボール愛ゆえの厳しいツッコミが面白いです。
原作を改悪されて「くそったれ~!」と思っているドラゴンボールファンたちも、これで少しは気が和らぐことでしょう。


ジャンプ感想は週遅れになりますが、後で書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 23:24 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

© FC2 BLOG / ooq:blog