コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

31 2009

ジャンプ26号感想

スケットダンス
「ボクが父さんと母さんの子供であることに違いはないのだから」
ボッスンよりも少し賢い椿は、血液型によって、自分の両親は自分の肉親ではないことにきづいていた。しかしそれでも、彼は椿家の息子であることに誇りを持っていた。
「後夜祭のフォークダンスが始まります グラウンドにいる人は火を囲んで手をつなぎましょう」
キョロキョロしているヒメコは、やっぱりボッスンを探しているのかな。
「今度一回 うちにメシ食いに来いよ 母ちゃんと妹紹介すっからよ」
椿にとっての両親がそうであるように、ボッスンにも誇れる家族がいる。家族や性格は違っても、それぞれの幸せの形がある。
「誕生日おめでとう」「誕生日おめでとう」
肉親に誕生日のお祝いをされる。他のみんなにはみんなには当たり前のことであっても、ボッスンと椿にとっては初めての経験。
「アレ?」
天涯孤独と思っていた自分にも、実の兄弟がいた。その喜びに、自然と涙があふれてくるボッスン。
椿もこの日の帰り道、一人で嬉し涙を流したのだろうか?
「なんで照れんねん!!」「お前もか!!」「ちょお待て お前らなんやその反応!告白した翌日の男女か!」
今までと何にも変わらないとは言ってみたものの、やはり現実はそうもいかず…。なんだか照れくさいよね。やっぱり。
二人ともシャイボーイだぜ、まったく。


ジャン魂G!
PR栞ちゃん!
「告知の冒頭で冥土のみやげに教えてやろう!」と言う。」
お前はRPGのラスボスか!…フフフ、貴様の故郷を焼き払ったのは、この私だ!!
「話の最後に毎回「まあ全部ウソなんですけどね」。」
話が台無し!こんな人の言うことなんて、まるで信じられない!!

日本一の豪傑決定戦!!
「公衆電話を携帯している。」
公衆電話を私物化するな!ていうか、あんなデカくて重いもの携帯してんの!?
「足の小指をぶつけたタンスの角がへこんだ。」
人類は新しい境地に達した。そう、“タンスの角にぶつけた小指”という名の弱点を克服したのだ。
「ボウリングで上手投げ。」
レーンを転がることなく、直接ピンに投てきするわけですね。なんか種目違うんじゃね?
「橋より重いものを持ったことがない。」
逆に言えば、橋まではなんとか持てるわけですね。どんだけ剛力なんだよ!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 11:21 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

26 2009

邪ティさんと拍手返信

最近ハジケが足りない…というか、全然ボーボボ絵描いてないので、リハビリとして邪ティさん描いてみました。

34.png

思ったよりもいい感じ。あとはもっとネタ度を増していくだけですね。


今週のスケットダンス、告白したあとの男女のように照れるボッスン達が面白かったです。

拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:52 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

24 2009

ジャンプ25号感想

スケットダンス
「一人…赤ちゃんを一人… こっちへ」
ハルの遺言、医者としての責任、子供がいない自分、アカネの想い。すべてを総合して椿医師が出した結論は、双子の片方を引き取り、片方をアカネに託すというものだった。
「色々な…色々な思いが交錯して混じり合い…私は混乱の中で決断していた 驚く事にその時はそれが最善の行動だと思ってたんだ」
椿医師が下した残酷な決断。それは誰もの願いを叶えたようで、誰もの願いを裏切った。
「もう少しだけ一緒に居たい あと一日 あと一日だけと…」
兄弟を引き離してしまった罪悪感よりも、託された子供への愛情が勝った。頭の片隅にしこりを抱えながらも、愛する我が子をずっと育ててきたのだ。
「なんで突然話す気に?」
「先日・・・キミのお母さん…アカネさんに街でバッタリ会ったんだ」
アカネが秘密を告白したことを知った椿医師は、アカネすら知らない真実を椿に告げる。母親を死なせ、その子供を引き離した責任として。
「アレ?椿…」
すべてを知ったボッスンと椿が、グラウンドの片隅で対峙する。彼らはどんな思いで、どんな言葉を交わすのだろうか?


ブリーチ
「わしの司るものは“老い” あらゆるものはわしの傍から老い・死に絶えてゆく」
なんというザ・グレイトフル・デッド。 プロシュート兄貴の能力を強化した感じだな。
『直』は素早いんだぜ パワー全開だぁ~~~~~『死の息吹(レスビラ)』の「直」ざわりはよおおお!


いぬまるだしっ
「見た目は子ども!!体は大人!!そんな女性がタイプです!!」
童顔で巨乳な女の子がタイプってことか。マニアックだな。
「あと八戸市の藤川議員は美人すぎると思いませんか!!」
なぜかDVDと写真集出したり、スペインのウェブ投票で「世界一美しい女性議員」に選ばれたりしてましたね。


サイレン
「脳を酷使し過ぎたイアンは 二度と目を覚ますことは無かった」
イアンさぁ~ん!!(泣)
いやいや、イアンさんの死に様かっこよすぎだろ…。死に急いだマツリと、彼女と添い遂げる勇気が無かった自分をうらみつつも、ひたすら他人を救い続けて死ぬなんて…。


ジャンプ魂
次週から『ジャン魂G!』としてリューアルするので、今週はお休みです。
どうりで「フープメン」が後ろのほうに載ってると思ったよ。

Posted by seiji | 16:29 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

20 2009

わらびもちと拍手返信

久しぶりに、リアルでひどい動画を見ました。



こいつはプルプル真拳の使い手かっ!?とツッコミたくなるほど、わらびもちのプルプルぶりを激しくしつこく主張してきます。
これは騒音公害もいいとこですね。本当にわらびもちを宣伝する気あるんでしょうか?買いづらいよ!!
ウザすぎて笑えてきます。ぷるっぷるっぷる~んときた!


今週のスケットダンス、いよいよ出生の秘密を知った二人が対峙しましたね。いったいどんな会話をするんでしょうか。

拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:31 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

17 2009

ジャンプ24号感想


スケットダンス
「椿…!!」
演出長いな!8ページも使ってやるべき演出か?先週の時点でバレバレだったのに!!
「桐島さん こんな時に言う事ではないかもしれませんが… いえ…こんな状況だからこそ今 アナタにお伝えしなければなりません」
先生が余計なこと言うから、ハルが気落ちしちゃったじゃん!自分は死んで子供だけ生き残った後の事だけ考えるようになっちゃったじゃん!!
「先生 もし…私が死んだら… 赤ちゃんの事を…よろしくお願いします」
いくらアカネの夢や経済状況が心配だからって、赤の他人の先生に押し付けるなよ!先生だって生活苦しいかもしれないだろ!!
「せ…先生…最後に…ひとつだけ…」
「もう喋らないで!後で聞きます」
一見冷たい返答だけど、先生はハルを絶対に助けるという覚悟を決めてこう言い放ったんだろう。ハルが死んだら「後」は無いわけだから。
「赤ちゃんの名前・・・もう…決めてあるんです」
「そんなこと聞きたくない!!もう喋らないで!」
ハル、いい加減黙れよ!先生は必死に助けようとしてるんだから!!


ジャンプ魂
ジャンプ魂は3年間の歴史に終わりを告げ、ジャン魂Gとして生まれ変わるそうです。
…名前変えただけじゃね?

Posted by seiji | 20:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

13 2009

ソワカちゃんDVD化

なんと、「護法少女ソワカちゃん」のDVDが発売決定したそうです。
護法少女ソワカちゃん 乗の巻』、どんな内容なんでしょうね。気になります。
そのうち、ツタヤでソワカちゃんのDVDをレンタルすることも可能なんですかね?そうなれば見やすくてありがたいんですけどね。


今週のスケットダンス、ちょっと演出がくどい気がしました。先週の時点でほぼわかっていたことをバラすのに、こんなにページ使わなくても…と思いました。

今週は拍手コメントありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

Posted by seiji | 23:03 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

06 2009

ウザいロボット

ウザいロボットの動画に驚愕しました。



まず真っ白で無表情な顔が不気味ですが、苦しみにのたうちまわるような動きも超キモいです。
無表情かと見せかけて、微妙に表情が変わるところもウザいですね。キリッとした表情になるシーンは笑いました。アングルも絶妙です。
よりにもよって、なぜこんなにウザいロボットを作ったのか知りませんが、これを製作した技術はすごいですね。


先週号が合併号だったので、今週はジャンプお休みです。
今週は拍手コメントありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

Posted by seiji | 20:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

02 2009

ジャンプ22・23号感想

スケットダンス
「私は17年前キミのお母さんのお腹からキミを産ませた医師だ」
謎の男は医師だった。交通事故にあって危険な状態だったとはいえ、母親を死なせてしまった責任を感じ、わざわざボッスンに会いに来たのだ。
「赤ん坊はもう一人産まれていた…!」
母親を死なせてしまったことに責任を感じて、双子の片割れをこの医師自身が育てることにしたんだろうか。そしてそれが椿だったというオチかな。


ぼっけさん
「マジかよこの祭り全町民って 二万人近くここにいるって事!?」
「やっぱりこの「1万円分おひねり」効果かもね!」
金の力に物を言わせ、菩怪大集合計画を成功させた「四人組」!ざっと計算して、2万x1万で2億円か。どんだけリッチなんだよ!!
「甘い考えだったなぁ…」
偽りの平和に惑わされ、まんまと「四人組」の陰謀にひっかかったデモン。戦力差以上に、この危機意識の欠如が致命的だ。
「全町民に配った面 その正体は 菩怪の力を吸い取る「呪具」よ!!」
町のみんな、紅牛に元気を分けてくれ!菩怪の力を大量に注ぎ込まれ、不気味に変化するサユ!!
「われら四人組は菩怪の力で生き永らえているからねぇ…」
セクシーお姉さんに見えた黒兎も、実はババアだったことが判明!菩怪の力を吸い取られた今、しわくちゃ白髪のヨボヨボに!!
「これで 邪魔は…いない …ヒノ…」
ヒノにとって絶望的な状況。しかし、ただ一人菩怪の力を吸い取られなかった南区の菩怪、リングが突如反旗を翻し、「四人組」たちを惨殺する!
…ていうかお前ら、そういう一番大事な役は自分たちでやれよ…。
「おそ…くなって…ごめん…な 兄ちゃん帰った…ぞ… オマエに マツロバやりに…」
リングの正体は、変わり果てたヒノの兄だった。相変わらずイカレていた彼は、ヒノのヒーローであるために、手段を選ばずその身を捧げたのだった。
「いっしょに人に戻ろう」
力を吸い取るお面を自分とリングにかぶせ、全ての菩怪の力を紅牛に注ぎ込んだヒノ。菩怪と人の争いをなくすために、ヒノは全ての菩怪を人に還すことを選んだ。
「ご愛読本当にありがとうございました!!西義之先生の次回作にご期待下さい!!」
終盤のヒノの兄ちゃんのイカレっぷりは面白かったけど、スタートダッシュに失敗したのか、短期連載で終わっちゃったな。ユンボルといいチャゲチャといいぼっけさんといい、なかなか長期連載を経験した作者の新連載が長続きしないなあ。

Posted by seiji | 16:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog