コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

31 2009

クルトガと拍手返信

松岡修造の動画に、またおかしなのが登場しました。


うざいですね。非常にうざいです。(笑)
毎回、登場シーンに笑わされます。お前はどこから出てくるのかと。
勉強がんばれとかなんとか言ってますが、文房具の宣伝で勉強を思いっきり邪魔しているところが面白いです。
こんなにおかしな寸劇を書いた脚本家もバカですが、それをノリノリでやる修造もバカですね。いい意味で。(笑)


今週のぼっけさん、あれだけ大々的に宣戦布告したのに、やけにあっさり「南区」が手を引いてしまいましたね。拍子抜けしてしまいました。
ジャンプ感想は木曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:11 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

26 2009

ジャンプ17号感想

とりあえず書いた文だけ。また明日追記します。

スケットダンス
ボッスンは複雑な家庭環境で育ったんだな。
義理の母親と義理の妹にコキ使われる日々。でも、女性ばかりの家庭だから免疫ができて、ヒメコやキャプテンみたいに、女友達が多いんだろう。


ぼっけさん
赤べこの能力を無駄に消費してしまったことに激怒する黒兎が、ドラゴンボールが石になってしまったことに激怒するフリーザさんにダブって見えた。

続きを読む...

Posted by seiji | 22:32 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

24 2009

アホマジックと拍手返信

外人さんが撮った実にくだらない動画を知りました。

アホマジック



文字通り、「タネも仕掛けもない」マジックです。いや、これはもはやパントマイムですかね?
小学生か!とツッコミたくなるようなバカげたことを大真面目にやる姿は、滑稽を通り越して、だんだんカッコよく見えてきます。あんたすごいよ。
爆笑というより、じわじわくる笑いですが、たまにはこういうのもいいですね。
超能力?で自動販売機から商品を取り出すシーンが好きです。直後の「どうですか?」みたいなしぐさがいいですね。


今週のぼっけさん、赤べこの力が消費されたことに怒り狂う黒兎の姿が、フリーザ様にダブりました。

ジャンプ感想は木曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 22:31 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

18 2009

ジャンプ16号感想

ぼっけさん
「何様よ菩怪(あんた達)って!!やる事成す事尊大意味不明(エラそうでなおかつわかんない)」
エセ中国人みたいな妙な言葉を使うサユ?君ってそんなキャラだっけ?
「私は南区最高幹部「四人組」の黒兎 安心しろ 戦意は無い」
冷酷な剣士・黒兎は女性だった?菩怪は人間じゃないらしいから、性別とかあんまり関係ないのかな。
「「紅牛」という名の殺戮兵器なのだよ…!!!」
な、なんだってー!!!
思わずMMR的にツッコみたくなる衝撃的事実!無邪気に眠るこの少女は、生きる大量破壊兵器なのだ!!
「増長しきった人間共を滅ぼすのだ…!!」
世界を灰にして、新しい帝国を築くのがワシの長年の夢だ!(チャージマン研の院長?)
菩怪たちの目的は、人間を滅ぼして菩怪が支配する世界を築くことなんだろうか。
「どうだ眠狐神? 南(こっち)へ来い おまえも人がにくかろう 働きによっては側に置いてやっても――」
いちおう最後に聞いておこう…。どうかな、僕の下で働いてみる気はないか?(フリーザ
大物らしく、北と南の垣根を越えて、ヒノをスカウトしようとする黒兎。でもすっごく上から目線!!
「貴様 敵に情が芽生えたな…?」
敵に情が芽生えて殺せなくなるなんて、X-6号みたいだな。


ネウロ
「好物はじゃがいも。」
それってもしかして、サイの墓に植えた木から連想したのか?
「出会えて…本当に良かった…!!」
多くの人と出会い、そして別れた。辛い別れもあったけれど、それでもヤコは、出会えたことに感謝できる。強くなったなあ。


スケットダンス
「オレそっくりだな」
まぬけでお人よしで、少し暗いところがあったボッスンの父親、リョウスケ。後にアカネと結婚してボッスンが生まれたものの、14歳のボッスンは父親のことをよく知らないようだ。ボッスンが小さい頃に亡くなったか、あるいは離婚したのか?


ジャンプ魂
日本一イヤな料理番組決定戦!!
「シェフがエプロン姿の女子アナに興奮して料理どころじゃない。」
シェフが本当に食べたいのは、自分の作った料理ではなく…。
「さあ、今日の食材は…そこのあなた!!!」
なんだかホラーな雰囲気!ふと振り返ると、後ろには包丁を持ったシェフが…。
「「何故こんなに美味しい料理が作れるのに妻に逃げられたのでしょうか…」とシェフのネガティブ発言が絶えない。」
妻は、食材よりも家庭をかまってほしかったんだろう。

フキダマシイ
「うるせえっ!いいから早く(「ドッキリ大成功」って立て札)持って来い!!」
この世の嫌なことは全部、ドッキリだったらよかったのに…。
「うるせえっ!いいから早く(「よく分かる立てこもり入門書~解説編~」)持って来い!!」
そんなハウツー本ねーよ!もしあったとしても、実行する前に読んどけよ!!

王子のお部屋
「独身王子。ファミレスで「お一人様ですか?」と聞かれ、「ええ、まだ独身です」と答えたR。」
ファミレスの店員を口説く気か?その手には乗らないぜ!!
「正直王子。工場見学で「質問はありますか?」と聞かれた時、「トイレはどこですか?と言ったY。」
トイレ行きたくてしょうがなかったんだね。でも、もう少しタイミングを考えて質問しようね。
「インテリ王子。あんまんを買う時、「ヨルダンの首都ください」と言うH。」
アンマンのことかーっ!!!

プロジェクトA
「アホ扇風機。借金で首がまわらない。」
暑いから風を送ってくれだって?こっちは懐が寒いから、金を送ってくれ。
「アホクリリン。気円斬とまちがえて、「ひぐちカッター」で敵を倒そうとする。」
「アホフリーザ。「ひぐちカッター」で体を斬られた。」
みんな、ひぐちカッターをクリリンの持ち技みたいに扱ってるな。ひぐちカッター!二枚刃!!

Posted by seiji | 22:59 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

16 2009

チャージマン研!

チャージマン研!にハマりました。

チャージマン研!第三十五話 「頭の中にダイナマイト」


超展開だらけで、一部のアニメファンには有名なこの作品ですが、「そうか、頭の中に爆弾が!」というシーンから始まって、ボルガ博士拉致→今のあなたは人間ロボットなんだ→ボルガ博士!お許しください!→人間爆弾への流れが面白すぎます。なんとかして博士を助けようという気はないのかと。
終盤の「かわいそうなボルガ博士…」というセリフが皮肉に聞こえます。お前が言うな。

この回以外にも、ヨーロッパ嫌いに定評がある院長が素敵な「恐怖!精神病院」、パパの黒さに戦慄する「記憶を無くした少女」など、迷作が目白押しです。
一話5分程度で終わるので、サクサク見れるのがいいですね。超展開ばっかりだから飽きませんし。
各話通じて、チャージマン研の極悪さとジュラル星人の弱さ、作戦の回りくどさに笑えます。戦闘シーンなんか1分足らずですよ?何たる疾走感でしょうか。


今週のぼっけさん、フラフラ裏切るアベルと、敵にも味方にも容赦ない黒兎という二人の濃いキャラの掛け合いが楽しかったです。
あと、気絶してるミミちゃんがかわいかったです。でも殺戮兵器。

ジャンプ感想は水曜日に書きます。
今週は拍手コメントありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

Posted by seiji | 23:00 | Comment [0] | TrackBack [0] | お知らせ

11 2009

ジャンプ15号感想

とりあえず書いた文だけ。また明日追記します。

ぼっけさん
「ハイ 強くなりたい菩怪初級者の為の「はうつーぼっけ」」
マニュアルあるの!?自動車教習所じゃないんだからさ…。
「しまった ここの床は老朽化が進んでたんだ」
デモンはドジっ子!罪なき女の子を転落死させてしまうところだった!
でも、深読みすれば、実はデモンは「南区」の内通者で、ドサクサにまぎれてサユを殺そうとしていたのかもしれないな。
「なんで アベルさんと一緒に…」
氷づけにされた警察署で待っていたのは、ミミを脇に抱えた黒兎と、冷たい眼でこちらを見据えるアベル!南区と戦う菩怪は、本当にヒノだけしかいないのか…。


スケットダンス
「ペアルックやー!!」
バカップル全開じゃん!はずかしっ!!
「インディうしろー!!」
映画館で騒ぐんじゃねーよ!周囲が迷惑だろうが!!
そんでインディは志村扱いなのか!!!
「早よ食えやジョーズ!!いつまでやっとんねん!!」
「もう口ン中飛び込めインディ!!つーかお前の体型ひどいな!」
緊迫したシーンのはずなのに余裕ぶっこきすぎで、見ててムカつくインディ!
そして仕事の遅いジョーズにボッスンとヒメコの怒り爆発!間が長すぎるとイライラするんじゃい!!
「インディの最終形態ハンパなかったな」
「ごっつかったな」
インディ、変身したの!?この映画って変身ヒーローものだったの!?
あのメタボな外人がいったいどんな姿に変身したのか、ちょっと見たかったな。

Posted by seiji | 22:56 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

11 2009

バトルドームMAD

先日、このMADを見て超!エキサイティン!!しました。


昔懐かしいCMですね。確かに「超!エキサイティン!!」と「シュゥゥーッ!!」は言い方が面白かったんですが、それがここまでカオスな作品になるとは…。


今週のスケットダンス、インディの残念な体型に笑いました。篠原先生は、ウザい外人描かせたら天下一品ですね。

今週は拍手コメントありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

Posted by seiji | 07:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

05 2009

ジャンプ14号感想

とりあえず書いた文だけ。また明日追記します。

スケットダンス
「み…見つけた ずっと捜し続けてた運命の女…」
その後はなにもかもがぼやけてしまったんだ だってついに―― 運命の女を見付けたから…!!(パンジャ?)
「オレが曜日もわかんねぇ男だとでも言いてーのか?」
「ちゃうよ!!アタシはアンタが曜日もわかってへん男やなんて全然思てへんよ!!」
「わわ…わかったよ! もういい…!なんか重い!」
必死なヒメコが健気だな。その妙な必死さにとまどうボッスンが面白い。
「変形物かな」
ボッスンの好きな映画のジャンルは変形物!要するに、特撮ロボット映画とかが好きなんだな。子供か!!
「ボッスン なんかグロい事言うて」
どういう心境の変化で!?淡々とした言い方で意外な発言するな!!
「ミ…ミミズの流しそうめん…」
なかなかグロい発想だ。ミミズがいっぱいいるだけでグロいのに、それを流しそうめんに投入するとは。(参考画像←グロ注意)


ぼっけさん
「全菩怪の95%が南区に集中という現状…」
仮にこちらが精鋭の戦士を抱えていたとしても、数で押し切られるレベルじゃないですか!そんなに不利な戦争だったの!?
「湯沸し名人の「茶狸」に 建物を揺らす「家鯰」 占い大好き「おみくじ女」 そして…ワシは字がうまいだけ」
最初の二人はともかく、おみくじ女と筆仙は普通の人間でも可能な能力じゃん!ただのおみくじマニアと、達筆なジジイじゃねーか!!
「…少年よ 現実は残酷じゃ 北区で戦える菩怪はわずかじゃ」
ろくに戦闘力を持たない菩怪だからこそ、人間との共生を望んだのかもしれない。逆に武闘派の菩怪はなまじ力に自信があるぶん、人間を自分よりも低く見ていたのかもしれない。



ジャンプ魂
日本一イヤな100円ショップ決定戦!!
「会員料一万円、入場料一万円。」
なんかヤバイ商品を扱ってそうだな。
「時給も100円なので、店員の目が死んでる。」
労働基準法違反ってレベルじゃねーぞ!
「俺を見るなり「分割にしましょうか?」と聞いてきた!」
そんなに金持ってなさそーに見えるのか!バカにすんな!!

万物の三本柱
「■ケンカした後言いにくい言葉の三本柱
 1.オレが悪かった。
 2.ごめんなさい。
 3.金貸してくんない?」
図々しいなお前!だからケンカになるんだよ!!
「■必ず泣くものの三本柱
 1.卒業式
 2.入試の合格発表
 3.ラピュタの再放送」
熟練者になると、シータが空から降ってくるシーンですでに泣けると言います。
「■無かった事にして流されると困る物の三本柱
 1.年金問題
 2.雇用問題
 3.渾身のボケ」
そういう時は「はい、ジャンガジャンガジャンガジャンガ ジャンガジャンガジャンガジャンガ
ジャンガ ジャンガジャンガジャジャーン」と言ってごまかすんんだ。…ちょっと古いけど。

キャラQ 紅白歌合戦に出れそうなジャンプキャラ
「ボッスン 集中力を生かし、票の集計係『野鳥の会』要員として活躍!!」
地味な活躍だな。でも、実にボッスンらしい役柄だ。
「トリコ・普段から猛獣と戦ってるので、和田アキ子が暴れたら止める役割として。」
和田アキ子の捕獲レベルはいくつですかーっ!「8000以上だーっ!!」

Posted by seiji | 22:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

04 2009

中川財務相と拍手返信

先日、このMADを見て大笑いしました。

中川財務相以外も酔わせてみた


へべれけの中川財務相に質問する記者が、もっとへべれけになっているというネタを実際に動画にしたものです。
後半、中川財務相が早口になってキリッとするところも笑えます。このギャップがいいですね。


今週のぼっけさん、北区のぼっけのあまりのショボさに吹きました。字がうまいだけって、普通の人間と変わらないじゃないか!

ジャンプ感想は木曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 07:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

01 2009

ジャンプ13号感想

ぼっけさん
「……呪いが眠りから覚めたんだ… 南区に集う「菩怪純血主義」を謳う輩達の呪い 北区の人間を淘汰する計画が…!!」
なんだかハリポタ風な世界観だな。この「穢れた血」め!(ドラコ・マルフォイ
「南の最終的な狙いは人…我等はじっとしておればよい…それに人なんぞどうでもよい」
自分たちさえ生き残ればそれでいい。腰抜けで自己中心的な北区の菩怪たち。
「じゃあ僕一人でいい 街は僕が守ります」
まるで10年も修羅場をくぐりぬけて来たような…スゴ味と…冷静さを感じる目だ…たったの数分でこんなにも変わるものか…!(ブチャラティ
メケの死によって、自分以外の何かのために戦う意志を手にしたヒノ。あのナヨナヨ少年が、急に主人公らしくなってきたぜ!


スケットダンス
「私 読み切りデビューしました」
シュールなギャグ漫画として評価されました。
「聖将軍ヴァリアスと呼ぶがいい」
セイントセイヤかい!急に変身しちゃって、いったいどういうつもり!?
「聖将軍ヴァリアス」
「呼ぶんかい!!」
ノリいいな!お前は将軍に使える家来か!!
「デビューできた 夢が叶ったよ 王子…」
今までの努力の成果が認められ、商業誌デビューを果たしたロマン。うれしくて涙が止まらない。
「漫画一本を一人で完成させんのって相当キツいんやろ?」
バクマンあたりでもそんなこと言ってたな。構想はあっても、ちゃんとした作品として形にするのには相当労力がいるんだろう。
「私の王子様は- ちゃんとわかってくれている」
今週のボッスンとロマンは、良い主人公とヒロインでした。


ネウロ
「好物は揚げチョコ餃子。」
なんでも餃子の皮に包めばいいってもんじゃないかと…。イチゴソースにつけたり、バナナと一緒に包んだりもするそうですね。
「全部片付いたよ パパ」
串刺しにしたヤコを手土産に、シックスの元へと戻ったイレブン。ザイの記憶を取り戻した彼女は、いったいどんな選択をしたのか?


ジャンプ魂
オリキャラ魂 『ぬらりひょんの孫』に出してみたいオリジナルキャラ
「バカヤローの孫」
バカヤロー解散した首相の孫は、漢字が読めないバカヤローだったというオチ。

日本一イヤな焼肉屋決定戦!!
「厨房から「焼いちゃえば大丈夫だって!」と聞こえてくる。」
そんな闇鍋感覚の料理出されても困るわ!金返せ!!
「煙を吸い込む所からたまに咳が聞こえる」
人力なの!?そんな無茶しないでください!!

ジャンプファン魂
「どんなにエコに厳しいオレでもジャンプの大量生産だけは許せる。」
ジャンプは再生紙使ってるから、もともとエコなんだよ。
「集英社で出待ち。」
むしろ、印刷所で出待ちしたほうがいいんじゃね?

Posted by seiji | 21:42 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog