コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

30 2008

ソワカちゃん聖誕祭と拍手返信

pixivで企画されていた「ソワカちゃん生誕祭」に、僕も参加しました!

1nen.png

ネタの使いまわしに定評のある僕ですが、前回のアノニムよりもソワカちゃんの方がしっくりきてる気がします。ビーム乱射するし。
決して、目ン玉つながりのお巡りさんがソワカちゃんのコスプレしてるわけではないです。
左下のは一応ヌーメンですが、ウナギイヌに似せたら気持ち悪い生物になってしまいましたね。
他にも「レレレのクーヤン」や「天才パパボン」なども考えていたんですが、時間と画力の関係で没になりました。

護法少女ソワカちゃんがアップされてから一周年になる「2008年10月8日」に投稿される記念動画に、この絵も使われるそうなので、いったいどんな感じになるのか楽しみです。


今週のチャゲチャ、ついにヒロインが登場しましたね。
気が強いバトルヒロインのヒマワリは、なかなかキャラが立っていて人気出そうですね。
ボーボボ連載初期の、言葉が荒っぽくて男っぽいビュティを思い出しました。


ジャンプ感想は水曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:59 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

24 2008

ジャンプ43号感想

チャゲチャ
「センターカラー扉絵」
右下の女子高生が気になるぜ!ヒロイン候補なのか?
「幹部まで正確に伝わる確率は7割だな 旧型だし」
なんて大規模な伝言リレーなんだ…って、効率悪すぎだろ!!
「このコンビニはオレら後髪長高の縄張りだぞ!この駐車場に輝く「後ろ髪引かれ像」が見えねぇのか」「たてちゃったんだぞ!コンビニの迷惑考えずにたてちゃったんだぞコラ!!」
ただでさえ狭いコンビニの駐車場がもっと狭くなっちゃうよ!罪悪感あるなら、すぐに取り壊せよ!!
「お 腰治った♪」
意外と器用なチャゲチャ!骨盤の一撃で、後ろ髪引かれ像を首領パッチ像へと改作!!
「チャー…ゲー…チャー…ゲー…チャァァー」
「キミそんなのあったの?」
どう見てもかめはめ波のパクリじゃん!ドラゴンボール世代なのか!!
「んじゃこりゃああ!!!」
ふと油断した瞬間に、大砲に囲まれていたチャゲチャ!そりゃビビるわ!!
「い…痛い… ギュルルいってるもの」
「やっぱやせガマンしてたんだ」
カッコつけてはみたものの、やっぱり痛いものは痛い!涙がちょちょぎれるチャゲチャ!!
「なんだ…コイツは?新顔か」「知らん ほっとけ」
アフロードの上を堂々と闊歩する謎の赤ピーマン!ヤン気ーはすごいが、見た目がショボいのでスルー!!
「見るか?2008年度版暮東京ヤン校格付け表」
変な名前の高校が多数掲載されている中、「鼻毛真拳高」が!?「ヤマンバ女子」も気になるぜ!!
「ドブかよ」
激熱高はランキングでは下の下、ドブに頭を突っ込んでいるレベル!それもそのはず、激熱高の3年生たちは2年前、「富士焼んきー」によって全員焼き殺されていた!!
「人は言う あれは… パシリの完成型だったの」
ベガのサイコクラッシャーのような姿勢で突進し、タバコを要求する粕谷!これぞヤン必殺技の極意!!
「コーヒー買ってきてくれよ ブラジルまで」
パシリ技にはパシリ技を!ゲンコツ一発で粕谷を地球の裏側まで殴り飛ばすという地球的規模の大技を放ったチャゲチャ!!
「な…何者なにゃ ションベンちびってもた」
お前は早く農協に帰れや!さっさと出荷されちまえ!!
「マサト 決めたぜ オレが激熱高の頭になって 誰からもナメられない最強の高校にしてやる」
これから奏でますは、下克上という名のヤンキー狂想曲!ドブからテッペンへと、ヤン宿から始まる魂のハードロック!!


ネウロ
「好物はスッポンの生き血。」
スッポンの生き血は滋養強壮、精力回復に効果があるとされていますが、鼻血のような味なので、ちょっと飲みにくいそうです。
「あなたとは違うかもしれない…!!」
何かっこつけてんだよ、フクダ総理!もっと自分自身を客観的に見ろよ!!
「それからすぐの事だった 笹塚さんが行方知れずになったのは」
夕日が水平線の向こうへと静かに沈むように、笹塚はふいに姿を消した。彼はたった一人で何をしようとしているのか?




スケットダンス
「ウワサだよ 南場京子がお金持ちのあーちゃんに目を付けて金を獲ってるって」
あーちゃんが不良にたかられてる!?親友の危機に立ち上がるヒメコ!!
「ウワサついでにもうひとつ そうやって前にもあーちゃんと南場の関係に口出ししたヤツがいたけど 後で南場のグループにボコられたって話だよ こてんぱんにね」
「何がウワサや 自分の事やないか」
ホッケー部の仲間の女の子は、実はすでに南場に立ち向かっていた。ヒメコにしつこく忠告するのは、ヒメコを自分と同じよう目に合わせないためだった。
「大したモンだぜ マジで手ェ出してこねえじゃん コイツ」
あーちゃんを人質にとられ、パパスのようにボコボコにされるヒメコ!ぬわーーっっ!!
「京子!? 何で…下の名前を呼び捨てで書いとんの? あーちゃん… ホンマは南場と仲ええんちゃうん?」 
金が入っている封筒の宛名に違和感を感じ、「真実」に気づいたヒメコ。あーちゃんと南場はグルだった!!
「こりゃダメだ やっぱコイツ徹底的にやっちまおうぜ ありさ そのうち気づくぜ ウチらの関係」
「………… そうだね 好きにしな」
涙を流しながらヒメコに助けを求めたのは、ただの演技だった!?いつものおしとやかな姿はどこへやら、極道の妻のような風格ある台詞を吐くあーちゃん!!
「ど…どうして…!!」
「平穏に生きるためよ」
加納ありさは静かに暮らしたい!吉良吉影のような人生観を持つあーちゃん!!
「私は目立ちたくないのよ 誰とでも仲良くして トラブルは極力避ける 等しく全員にいい顔していれば疎まれる事はない そうしていればいじめられる事もない」
ビバ八方美人!敵を作らないようにふるまうことで、いじめを回避していたあーちゃん!
でも、学校一のヤンキーの後ろについてたら、嫌でも目立つと思うんですけど!!
「私は弱者を演じてただけ 本当は弱くなんかないのよ それなのに お前は…私を弱いと言ったな…? っざけんじゃねーよ!!! 守ってやるだ!? なに上からモノ言ってんだ!! 仲良くしてやってんのはこっちの方なんだよ!! ちょっと優しくしてやりゃつけ上がりやがって!! アンタみたいなヤツがそうやって! 弱い者を下に見て!! 優越感にひたって!!! いじめるんだろーがっ!!!!」
はじめてですよ…この私をここまでコケにしたおバカさんは…。(フリーザ
過去にいじめを受けていたトラウマによって、自尊心が異常なまでに高くなってしまったあーちゃん!自分が「弱者」として扱われることがガマンならず、ブチギレる!!
「ああ… 彼女は―― かつて大きな痛みを刻まれ ゆがんでしまったのだ」
あーちゃんの豹変を、あわれむような表情で見つめるヒメコ。初めて会ったときから、あーちゃんはすでに壊れていたのだ。優しい笑顔の裏に潜んでいた狂気を目にしたヒメコは、ただ絶望して立ち尽くすだけ…。
「誰に…誰に向ければいい? この感情を誰に………」
怒り、悲しみ、絶望…。自分の胸に渦巻く暗くよどんだ感情を振りほどくために、ヒメコはステッィクを手に持った。


ジャンプ魂
日本一「負けないで♪」が流れる瞬間決定戦!!
「ケータイの電波が1本と圏外の中間をさまよっているとき!!」
ケータイに電話がかかってきたのはいいが、もう電池がほとんどないとき!!
「電子レンジからあっつあつの皿を出すとき!!」
手袋がなかなか見つからないときは、タオルか何かを手に巻いてお皿を持つといいよ。
「うちわだけで夏を乗り切ろうとしているとき!!」
この異常気象じゃあとても耐えられないので、日中はおとなしくコンビニあたりで涼むんだ!!

Posted by seiji | 23:16 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

22 2008

松岡動画流星群

最近流行っている松岡修造MADですが、ついに流星群が登場しました。

松岡動画流星群 1/2

松岡動画流星群 2/2


熱くてウザくて面白い松岡修造の魅力が、10数分の動画の中にたっぷり詰まっています。あまりにもシュールな言動の連発で、だんだん中毒になってきそうです。


今週のチャゲチャ、かめはめ波っぽい技を放つ姿が面白かったです。君そんなのあったの?
あと、スケットダンスの過去編はやっぱり鬱展開でしたね。

今週は拍手コメントありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

Posted by seiji | 22:19 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

17 2008

ジャンプ42号感想

新連載 チャゲチャ
「時代はまさに今 不良達にスポットライトが当たる激ヤンキー時代の到来なのだ!!」
澤井先生の新作は、「よいこの低学年むけヤンキーまんが」!
なんじゃそりゃ!?無理あるだろ!!田楽マンと首領パッチも悲しんでるし!!
「は…早くこの街から…逃げるニャア …ヤツは…ヤツは…悪魔超人級のバケモノニャア」
お前の顔も悪魔超人級だよ!気持悪いよ!!
「ガン ゴッ」
カッコつけてポーズ決めてたら、頭ぶつけて落ちていきやがった!どうか安らかに眠れ…。
「な…あんだこのとてつもなく巨大なヤン気ーは!!!?オレ達が押されている」
尋常ではない「気」が、命知らずの荒くれ者どもをおびえさせる。その先にあるものとは…?
「ウソだろ…」「ウソだろ…」「ウソだろ…」「ウソだろ…」
巨大ウンコだったー!!!!
ウソだろ…。気は気でも、とんでもなく強烈な臭気だったってワケか…。
「しみじみっス」
線香花火ならぬ、うんこう花火!?…って、やかましいわ!!
「やっぱうめぇな天然のタバコは……」
自然破壊反対!線路の脇にある樹木を引っこ抜いてタバコにするなんて…。車内は禁煙ですよ!!
「いきなりだ!いきなりのディープインパクト!」
血みどろ公園での惨劇!チャゲチャの親友「ハト山ポポ郎」の命を奪ったのは、下理羅高のヤンキーがいたずらで投げた爆竹だった。親友の無残な最期を看取ったチャゲチャの怒りが弾け飛ぶ!!
「ポポ郎の忘れ形見だ」
クソ野郎にはクソを!あの小さな体からは想像もつかないほどでかいウンコを武器に、ヤンキーどもを葬り去ったチャゲチャ!!
「…二度とお前みたいな悲しい犠牲者を出さねぇためにこの街に戻ってきたぜ マリア…」
マリア気持悪っ!!これは一発ネタだよねそうだよね!?
「人間川流し」
力無き者は去れ!普通の高校生たちはヤンキーによって次々と川下へと流される!ただスイカだけをお供に…。
「だがスイカだけは自力で戻ってくる」
ビート板で!?産卵期の鮭のような帰巣本能があるのか!?
「スイカは国産っつったろ」
これがホントの流れ作業!こだわりの国産スイカ使用で、テキパキと高校生を川へ流すヤンキー達!!
「先輩ゴメン やっぱ無理」
自信満々のチャゲチャと共に敵の本陣へと向かったものの、あまりの敵勢の多さ、恐ろしさに怖気づくマサト!今すぐここを逃げ出したい!!
「しまったプロだ!!一匹メンチのプロがまざってやがった」
「目力ナメんなコラァァ」
これが目力の最高峰!目玉人間が放ったメンチビーム、街を軽々と粉砕するほどの破壊力!!
「まずい!!第2波か!!」
「早く溜まって…」
破壊力がものすごいだけあって、メンチビームは魔貫光殺砲並みの溜め時間が必要な様子!
「もっと信じて信じて!!!」
がんばれがんばれ!できるできる!絶対できる!がんばれ!もっとやれるって!やれる!気持ちの問題だ!(松岡修造
「だからボクはやめとけって言ったんだ キミは全然現実をわかってない ボクの言った通りボクといっしょの学園ほのぼのコメディにしとけば良かったんだ ほら 早くあやまって」
「くたばれ幻想」
このドラ○もんの劣化版みたいな生き物、ウゼー!!そりゃチャゲチャもブン殴りたくなるわ!!
「コイツ ヤン必殺技が使えるのか――!!!」
自分の心臓を激しくマッサージすることでパワーアップするチャゲチャ!これが奥義「人間自動二輪」!!
「やってくれるね 一張羅だぜ…」
敵の卑劣なだまし討ちにもひるまず、圧倒的な力で下理羅高校の総番、オレオを撃破したチャゲチャ!この力はいったいどのようにして得たのか?
「まだやるかい」
バキの花山さんみたいなセリフだな。クールだぜ。
「これがオレ達2人の最初の出会いだったんだ」
ちょっと一段落って雰囲気だけど、後ろから空気が読めないおまわりさんが突撃してきますよ!国家権力には勝てませんわー。
「これぞ「ヤンキー島流し」の法 オレはこれを新法案として国会に提出する」
日本の総理はおろか、世界各国の大統領にまで恐れられているヤンキーの帝王、華部金玉郎。ヤンキーどもを片っ端から島流しに彼は、国会重視の民主主義的独裁者だ!!


ネウロ
「好物はブラックバスのさつま揚げ。」
ブラックバスの調理には手間と時間がかかるそうですが、おいしいらしいです。
「海の王者は地球の王者 海のぬしの恐怖を教えてやろう!!」
謎の生物が、海を荒らす弥子達を狙う!海のぬしの正体とは、はたして!?


スケットダンス
「あたしのヒーローはテレビの中 子供っぽい番組は見ない方だったが「ポップマン」だけは好きだった」
先週の最後の後姿は、ボッスンじゃなくてヒメコだったの?じゃあ今のボッスンはヒメコの好きな「ポップマン」のコスプレをしてるってこと!?
「夏が過ぎて――風が冷たくなってきた」
東京に出てきて初めてできた友達、あーちゃんが不良に絡まれてる?不安が胸を締め付けるこの状況に、ヒメコはどう立ち向かうのか?


ジャンプ魂
日本一くつろげない海の家決定戦!!
「客の大半が夏休みの宿題をしている学生。」
そういうのは家でやれよ、家で!家といっても、海の家じゃなくて自分の家だぞ!!
「いじめられているカメがチラチラ見てくる!」
いや、そんな助けてくれオーラ出されてもオレ関係ないし…。とばっちりうけるのイヤだし…。
「サンタクロースと見られる人物がバイトとしてこき使われている。」
クリスマスの夜までに、たくさんの子供へのプレゼントを準備するために、バイトに励んでいるわけですね。いい話じゃない…。

トイレのカッコイイ別名
「トイレーツ・オブ・カリビアン」
さあ、オレのウ○コよ!下水道という名の大海原に出航だー!!
「俺たちのゴール」
おなかが痛くてたまらない時!トイレはいつも、俺たちをあたたかく迎えてくれるのさ。
「あっ、ども。おひさしぶりです。」
あっ、こちらこそどーもどーも、いつもお世話になります。それじゃあちょっとお借りしますね。

ジャンプファン魂
「野球部の不良たちに正面からぶつかり、夢を見ることの素晴らしさを説き、更正させ、ジャンプを読ませることに成功した。」
最終目的がジャンプ読ませることなの!?確かにジャンプには夢が詰まっているかもしれないが…。
「『ファミコンジャンプ3』の発売を、17年間待ち続けている。」
ファミコンジャンプ2は名作でした。懐かしいな。

Posted by seiji | 22:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

16 2008

チャゲチャ連載開始と拍手返信

ついに、「ボーボボ」の澤井先生の新作、よいこの低学年むけヤンキーまんが「チャゲチャ」が始まりました!

ハードボイルドに荒廃した雰囲気の中に、おかしなノリと変な生き物が混在する、独特の世界観は健在でした。
戦闘機にはりつく気持ち悪い猫、親友のハト、自力で戻ってくるスイカ、とんでもない威力のメンチビーム、くたばれ幻想などが面白かったです。
巻頭カラー1ページ目にさりげなく田楽マンと首領パッチが混ざっているなど、「ボーボボ」ファンへのサービスも欠かさないところが憎いです。
今回は女性キャラが一切登場しない男臭い内容でしたが、ボーボボで言うビュティさんのような一種の清涼剤は今後出てくるんでしょうか?
ノリと勢いでひたすら突っ走り、全く展開が読めない澤井先生の作品ですから、今後どんな展開が待っているのか楽しみです。


ジャンプ感想は水曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 22:09 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

11 2008

ジャンプ41号感想

ネウロ
「好物はなめろう。」
なめろうとは房総地方の漁師料理で、鯵に味噌、葱、生姜、大葉などをみじん切りしたものと味噌を和えた物だそうです。別に世の中ナメ郎とは関係ないです。
「海のぬしに注意!!」
川のぬしならぬ海のぬしとは!?人間を10人くらい丸呑みできそうな化物が、海中にひそむ!!


スケットダンス
「新しいスティック探しにな 「BLAST」のサイクロンに近い感じがええねんけどな 同じブラスト製品でコンボジット素材カーボン多めのヤツ ヘッドがマキシで反りは22ミリのん ある?」
意外とこだわり派のヒメコ!そんな細かい指定をいっぺんにされても、何を勧めたらいいのかさっぱりわかりません!!
「さすがはホッケーの元エースだな」
ヒメコはホッケーの経験者だったことが判明!日本ではマイナースポーツなのに、なぜ彼女はホッケーをやっていたのか?
「ヒメコがマニアックな事言ってるとなんか引くな」
ことホッケーに関しては、スイッチよりもオタクだぜ!!
「コイツの名前は「薫風丸」や」
忍者漫画に出てくる刀か犬みたいなネーミングだ。
「この公園…久しぶりやな ここで最初のスティック折ったんや」
スケット団が偶然訪れたのは、何やら因縁のありそうな公園。3年前のヒメコ達の思い出がふつふつと蘇る…。


第4回金未来杯ノミネート作品 クロガネ
全体的に荒削りな点が目立つものの、勢いと将来性を感じさせる作品でした。意外と面白かったです。


ダブルアーツ
打ち切られてしまいました。雰囲気が好きだっただけに、残念です。
絵柄やキャラはいいと思うんですが、展開が遅すぎて盛り上がりに欠けるのと、戦闘シーンがあまりうまくない点がいけなかったと思います。
この作者は、バトルものは向いてないんじゃないかと思いました。


ジャンプ魂
日本一もらいたくない金メダル決定戦!!
「ひもが長いため、金メダルが股間の位置にくる。」
金メダルっていうか、ひもの方に問題があるじゃねえか!
「ヤマザキ春のパン祭りで、20点集めたら必ずもらえる。」
めちゃくちゃ簡単にもらえるじゃん!ありがたみがないよ!!

プロジェクトA(アホ)
「アホホッキョクグマ。南極にいる。」
アホコウテイペンギン。市民権を獲得した。
「アホナマケモノ。めっちゃ働き者。」
ナマケモノとしてはアホでも、社会的にはとても評価されます。

ジャンプ喜利 トリコも苦戦する超危険な獲物とは?
「小さな子供が病気の母の為に一生懸命貯めたお金で買った1つのリンゴ」
そんな獲物を狙うのはド外道だけだ!
「正月にお母さんに預けたお年玉」
あっという間に消えてなくなることから、幻の存在とされているとか。
「30~39の時の世界のナベアツ」
ずっとアホのターン!こいつは近寄りがたいぜ!!

Posted by seiji | 23:43 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

08 2008

澤井先生の新作『チャゲチャ』

ジャンプ42号から、ついに澤井先生の新連載『チャゲチャ』が始まるらしいですね!
アフロのオッサン(ボーボボ)、おじいちゃん(黒梟)に続く主人公は、ツッパリのオッサンのようです。これまた人気出なさそうな主人公ですね。
暴力的なまでの勢いとカオスと笑いが混在する澤井ワールドが、再びジャンプで読めると思うとワクワクします。楽しみです!


今週のジャンプ、ダブルアーツが打ち切られてしまったのが少しショックでした。

ジャンプ感想は木曜日に書きます。
今週は拍手コメントありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

Posted by seiji | 22:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

07 2008

ジャンプ40号感想

ネウロ
「好物はゼリーフライ。」
ゼリーフライとは。豆腐のオカラにジャガイモや野菜のみじん切りなどを混ぜたものを油で揚げソースにくぐらせたもので、埼玉県行田市で作られている郷土料理のことだそうです。別にゼリーを揚げたものではないんですね。
「大したものだ この女は血族の中で最も鮮やかに…我が輩に勝ったのだ」
大したやつだ…。
敗軍の将は死して語らず。「シックス」への忠誠心に殉じたジュニュインの姿は、ネウロに敬意を抱かせるような気高い最期だった。


スケットダンス
「キャ―― 白昼堂々怪人がー!!」
そんな仮面ライダーみたいな世界観なの!?
「ああっ いけない 女の子が昼最中から怪人に襲われてる!! すぐ警察に連絡だ!」
決して間違いではなんだけれども、正しいとも言い切れない反応だ。
「マンガ家か―― ボクにもなれるかなぁ」
ただGペン見せてもらっただけで漫画家志すんかい!そんな甘い世界じゃねーだろ!!
「しかし絵やセンスはともかく ロマンの漫画に関する知識は本物だぞ」
スイッチは人を見る目があるな。冷静に他人の評価すべき点を見極めている。
「ヘタP君どこ行ったんや!!」
「彼は夢破れて東京を去ったわ」
あの程度のモチベーションじゃあそうなるわな…。
「STEP2 顔の描き方」
ロマン先生に愛の告白!?ヘタこい太くんは恋に積極的だ!!
「オイラ無能だから人間の顔が描けねえんだ」
「アナタは本当に無能 さればコツを教えてしんぜよう」
甘やかすのではなく突き放すのがロマン先生の教育方針!
「色々な角度で描けるわ」
「うわっちょっ……イヤやコレ!!気持ち悪っ」
顔のパーツが不規則に並んでいて気持ち悪い!
「あーー!スイッチのボッスンやーー!!」
ヒメコはもう、スイッチの描くかわいいボッスンの虜です。
「STEP3 キャラクターの作り方」
いつの間にか権力をもったらしいヘタこい太君が、ロマン先生にセクハラしとる!!
「オイラ才能ないのかなぁ!! 才能ないのかなあ!!!」
大事なことなので2回言いました。
「STEP4 ストーリーの作り方」
セクハラがバレて逮捕されたの!?なんだかクマ吉くんみたいな末路だな。
「オイラみたいなクズ野郎は死んだほうがマシだー!!!」
さっきからうるさいなコイツ!ネガティブにもほどがあるだろ!!
「こい太君死ぬことは無いわ ほんの少し顔を上げてみて 空はいつだって希望の光に満ちているわ こい太君 死ぬ事なんてない」
とてもとても大切なことなので2回言いました。
「アキラ…生きてたのね」
「あの時…崖から落ちたオレは村人に助けられたんだ」
学生のくせして、お前ら殺し合いしてたんかい!ラブコメかと思いきや、サイキックバトルものなの!?
「ふっ…そういう事…それなら次こそ確実に息の根を止めてあげるわ 私のこの”親愛なる魂(ラバーソウル)”でね!!」
スタンドみたいなものを発現させたマリコ!ていうか「ラバーソウル」って、黄の節制(イエローテンパランス)の本体の名前じゃん!!
こいつはメチャゆるさんよなああああ!(ラバーソウル
「ああ フミちゃんどんな顔するかなあ 迷惑じゃないかなあ」
可愛い後輩を持って心底うれしそうなロマン。彼女の純粋な思いは、きっとフミちゃんにも届くだろう。
「私に絵を教えて下さい!」
ロマン先輩の思いやりは確かに後輩に伝わったが、余計なことに画力まで伝わったらしい。ということで、フミちゃんは絵が得意なボッスン先輩の弟子になることに決めたのでした。


第4回金未来杯ノミネート作品 格闘王子
話に意外性がなく、主人公が勢いだけで強いので、あまり面白くなかったです。


ジャンプ魂
日本一暑苦しい男決定戦!!
「朝昼晩ハバネロ。」
口の中が真っ赤にただれてそうだな。
「松岡周造のTシャツを着ている。」
彼は炎の精霊の化身だから。
「属性は炎、弱点は氷。」
RPGか!

クローズアップ原題 「どがしかでん!」に決まる前に濱田先生が考えていたタイトル(正解は「十凌高校ズンドコ節」)
「DoLiveる」
ちょっとHなラブコメスポーツものっぽいな。
「Basket dance」
部室内でのグダグダトークが話のメインになりそうだな。
「球魂」
銀魂よりも下ネタっぽいタイトルだな。

アイドルになりたい!! 「24時間テレビ 愛は地球をすくう」に出たとき
「エドはるみに「最後まで一緒に走ろうね」と言って並走し、ゴール直前で1人ラストスパート!!」
親友だと思っていた人に裏切られて、人は大人になる。
「番組開始2分で号泣する」
まだ泣き所までいってないよ!それじゃあただの泣き虫だよ!!
「徳光!てめえ男のくせにメソメソしてんじゃねえよ!!」
この啖呵が某プロデューサーの目に留まり、後に彼女は「ごくせん」の主人公に抜擢されることは…ないか。

Posted by seiji | 22:40 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

01 2008

美加みかんと拍手返信

「護法少女ソワカちゃん」で有名なkihirohitoPの新曲、「あなたも☆になれる」にハマりました。

あなたも☆になれる【鏡音リン】【オリジナル】


ソワカちゃんに次ぐアイドル(?)、美加みかんちゃんのデビュー曲という設定で、ノリノリのダンスミュージックです。
浮世離れしたソワカちゃんとは違って、みかんちゃんはまぬけ面で、どこか憎めないかわいさがあります。
曲調は明るいのに、「死」を連想させるフレーズが連発される歌詞がシュールで、面白いです。どこかネジが外れているような、妙な世界観がありますね。


今週のジャンプ、ロマンちゃんのヘタッピ漫画研究所Rがカオスで面白かったです。

ジャンプ感想は金曜日に書きます。(すいません、日曜日になってしまいました。)
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 22:58 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

© FC2 BLOG / ooq:blog