コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

28 2008

せっかくだからと拍手返信

先日発見した、まさかのデスクリムゾンMADに爆笑しました。

【デスクリムゾン】せっかくだから、シンジ君を越前で吹き替えてみた


コンバット越前の、甲高い声で放たれる迷言の数々が「エヴァ」の世界観とミスマッチしていてステキです。「気を確かに持てよー。」
デスクリムゾンはネタの宝庫なので、「せっかくだから」もっとMAD増えてほしいです。


今週のスケットダンス、どんなに恥ずかしい台詞でも、無表情で淡々と台本を読む八木ちゃんが面白かったです。

ジャンプ感想は明日書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:24 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

24 2008

ジャンプ34号感想

ネウロ
「好物はスペアリブラーメン。」
スペアリブラーメンとは、その名の通りラーメンの上にスペアリブが乗っているというとんでもない料理です。カロリー高そうですね。
「何か絶対におかしい」
味方は多ければ多いほどいい!…って、偽者がいっぱいまじってる!?どーなってるんだ!?


WJ歴代人気キャラ大集合特大ポスター
ボーボボが無駄にかっこいい!あと、『珍遊記』の山田太郎がいる!ムキャー!!


スケットダンス
「インフルエンザ!?ヤバサワブックスのメンバー全滅!!?マジで!!?」
いまいち運のないヤバ沢さん。今回はインフルエンザのせいでドタキャンだ!
「音楽の方向性の違いにより解散した」
解散するバンドのほとんどがそう言うけど、要するにケンカしたってことだよね。
「才能がない はっきり言って」
夢を持つだけでは夢に近づけなくて、大人の冷たい言葉は私を傷つける。音楽の先生の厳しい指導を受け、ショボンとする杉崎さん。
「行かないの ドイツ 昨日 決めたわ 留学はしないって」
もうやめて わたしはもう走れない いつか夢見た世界が閉じる♪(ブラック★ロックシューター
音楽に対する自信を喪失し、夢のドイツ留学をあきらめた杉崎さん。
「な…何で!?もったいねーよそんなに上手いのに!!」
どうしてそこでやめるんだよ、そこで!もう少しがんばってみろよ!!(松岡修三
「何かを為す人間てのは どこか 人生のどこかで必ずでっかい決断をしてるはずなんだ」
自信がないことは、夢をあきらめる理由にならない。勇気を持って夢を追い続けることをすすめるボッスン。
「アナタはいつもそうやって一生懸命人を応援してるのね」
臆病者の自分を応援してくれるボッスンに感謝しつつも、やはりもう一歩踏み出せない杉崎さん。ポジティブなボッスンがうらやましそうだ。
「お兄ちゃん電話だにょん」
まだその着信音使ってたの!?やっぱりボッスンってそういう趣味だったの!?
「ギターのSEIJIが事故って右腕骨折だって…スケットボンバーズはフェスの出場辞退するって…」
音楽に目覚めたボッスンに冷や水を浴びせるかのように、思わぬ理由でバンド解散。気まずい空気が立ち込める…。
「バンドを組むぞ オレ達3人で!」
解散したバンドのあぶれ者同士、スケット団バンド結成!久々にリーダーらしいボッスン!!
「The Sketchbookだ」
真っ白なスケッチブックに、描くぜ俺達の物語!情熱を音に乗せて、奏でよう君へのメッセージ!!


ジャンプ魂
日本一生まれてよかったー!!と思う瞬間決定戦!!
「共学校に入ったのに、男子は自分一人だけ!」
周りが女子ばっかりで、逆に肩身が狭いんじゃね!?
「満員電車で女の人の胸が当たっている!しかもすごいうれしいのに俺に謝ってくる!!」
えらく具体的だな!実話なのか!?

王子のお部屋
「サザン王子。現在、部活を無期限活動休止しているK。」
ただの幽霊部員だろ?
「場違い王子。水泳の授業でスピード社の水着を着るK。」
えらく本格的だな!ていうか、スピード社の水着って高いんじゃないの!?


元気魂
「脚がしびれて、もうどうしていいかわからなくなったヤツ。オラが元気を分けてやる!」
しびれた足の親指を上に引っ張ってみると、多少はしびれが和らぐよ!
「足の裏を蚊に刺されたヤツ!オラが元気を分けてやる!!」
よりにもよって、和式トイレで用を足しているときに脚がつってしまったヤツ!オラが元気を分けてやる!!

Posted by seiji | 22:49 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

21 2008

ぬのハンカチと拍手返信

先日、ボーボボサイトを巡っていて知ったんですが、ジャンプ33号掲載の『ぬらりひょんの孫』に「ぬのハンカチ」が登場していたんですね。
第十八幕「カナ、13歳――」で、雪女が「ぬのハンカチ」で、リクオの汗をふいていました。
雪女ってボーボボファンだったの!?(笑)
過去にも、「ぬのハンカチ」は『遊戯王』や『ナルト』にも登場していますが、連載時期がかぶっているわけでもない『ぬらりひょんの孫』にまで登場するとは意外でした。小ネタとして使いやすかったんでしょうか。


今週のジャンプ、WJ歴代人気キャラ大集合ポスターが豪華でよかったです。ボーボボや、珍遊記の山田太郎までいましたね。

ジャンプ感想は木曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 15:24 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

17 2008

ジャンプ33号感想

ネウロ
「好物はティラミス大福。」
ティラミス大福とは、新潟県の亀田で発明されたお菓子で、大福もちの中にティラミスクリームを入れたものだそうです。洋菓子なんだか和菓子なんだかよくわかりませんね。
「私がドMに調教してあげる」
どちらがよりサディスティックか?ドSを自負する二人の、Sの誇りをかけた戦いが始まる!


ROOM303
街の中に「白屋敷」という奇妙な空間が存在するのかと思わせておいて、実はこの街そのものが「死者たちの街」という奇妙な空間だったというオチでした。
いかにも怪しい管理人は、死者を試す悪魔のような存在。そして「部屋の主」だった佐土原は管理人の人形で、死者を挑発して罪を犯させるための存在だったんですね。
罪を犯さない善人や、罪を犯しても後悔してそれを償おうとする者は「不合格」となって天国へと連れて行かれ、逆に、罪を犯して逃げるような悪人は「合格」して地獄に連れて行かれるんでしょう。
行方不明者が多く、「いい人ばかりいなくなる」のは、「不合格」になって、天国へ行ける部屋に連れて行かれたからなんですね。この「選別」が終わったら、残った人間は街ごと地獄に落ちるのでしょうか。
クローゼットの中に入っている死体が2つあったり、失踪したヒロインを殺したのは実は親友たちだったなど、意外な展開がテンポよく続いていって、面白かったです。
あまり多くのことを説明することなく、読者に想像の余地を持たせたままのラストは、良い小説を読んだ後のような読後感でした。内容がよくまとまっている上に不思議な世界観があって、さすが手塚賞準入選だけのことはあると思いました。


スケットダンス
「今週のワンピ読んだかって言ってんだよ!!」
今週はワンピ載ってねーんだよ!!
「いや もういいよヤバ沢さんの絵は!まさかの4コマ連続!?何だコレ!」
ヤバ沢さんファンにはたまらない!…って、いるのか!?
「OKサノバビッチ」
「どついたろかお前ホンマに」
調子乗りすぎだよボッスン!その言葉を外国人に言ったら激怒されるぞ!
「2階席聞こえるー!?」
「それアイドルやん!!」
ジャニーズ系を狙ってるのか!?マイクパフォーマンスだけは一人前だな!!
「オレのエモーションをクールなグルーブにブサイクできない」
中学英語を乱用しつつ、最後に「ブサイク」とか言っちゃってる!!
「オレを縛りつける全ての物から抜け出して本当の自由を手に入れるからな」
ボッスンの言うことが、だんだんダンテに似てきたな。
「そして盗んだチャリで走り出すからな」
お前は尾崎豊か!チャリ盗むってところが、妙に貧乏臭いな!!
「自分が行動しない限り可能性はゼロなんだ 夢を叶えられんのは本人だけだぜ」
夢は叶うものではなく、自分自身で叶えるもの。自分の意思と努力が大切だということを説くボッスン。
「おう!今帰ったぜ 紳士淑女の諸君!」
かわいい女の子に優しくしてもらって、ハイテンションなボッスン!現金な野郎だぜ!!
「え?何がヤバイって!? ちょお待ちいなヤバ沢さん!!ヤバ沢さん!!」
段々「ドタキャンのヤバ沢さん」のイメージが定着しつつある彼女。今回もドタキャンなのか?


ジャンプ魂
日本一集めたくないトレカ決定戦!!
「イナバ物置に乗った100人の社員たち」
あそこに乗っているのは、稲葉製作所の社長と全国の代理店社長らしいですね。毎年CMを差し替えてるらしいから、全部集めるのは大変そうです。
「田中君の中の200の人格」
田中君って何者!?多重人格者かどうか知らないけど、見た目じゃどれがどれかわからないよ!!

オレがアイツで!
「オレが船場吉兆の女将だったら!一度ボツになったネタをもう一度出す!」
これがエコライフの真髄!…って、ただの使いまわしじゃねーか!!
「オレが伊能忠敬だったら!女の子のスリーサイズを測量する!」
そして女の子の地図を作るのか!ただの変態じゃねーか!!

イニシャル魂
「U・・・うん、僕決めたよ
 S・・・素直に
 A・・・アブラムシになってくる!!」
どういう状況なの!?誰かに「アブラムシになってくれ」と頼まれたの!?
「U・・・ウキウキ
 S・・・するよね
 A・・・明日、討ち入り」
ハイキング感覚か!ウキウキって言うより、ドキドキハラハラじゃない!?

アイドルになりたい! 『クイズ!ヘキサゴンⅡ』に出たとき
「スザンヌのことを終始「やまもとさえさん」と本名で呼び続ける。」
嫌な女だ…。
「「正解は!?」「越後製菓!!」」
お前は高橋英樹か!越後のお鏡押すだけポン! !

バカズバッ!
「イヤなかくれんぼ」
どう見ても埋められてるんですけど!マドハンドみたいになってるんですけど!!
「はじめてのおつかい Lv.100」
子供に中国株買わせるなよ!底値を狙えって言われても、株価変動のタイミングなんて読めねーよ!!

オレが日本一!
「たい焼きのくちびるをうばってから食べる回数なら、オレだって日本一だ!!」
親には見せられぬこの姿!そんなにキスに飢えてるのか、お前は!!
「「お腹まわりアウト!」って友だちに言われた回数なら、オレだって日本一だ!」
プヨプヨチェックされたの!?篠原涼子に言われるなら、まだ許せるんだけれど…。

Posted by seiji | 23:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

14 2008

シンPと拍手返信

先日はジャコウPを紹介しましたが、ついにシンPも現れました。



相変わらずのテンションの高さや毒舌も楽しいのですが、ケンシロウとのにらめっこのシーンに一番笑いました。近いよ!そして長いよ!!
無駄に硬派な「北斗の拳」と軟派な「アイマス」が混ざると、ギャップがあって面白いですね。


今週のジャンプに掲載された読切、ホラーとサスペンスと推理が混ざっているような、独特の雰囲気がある作品でしたね。面白かったです。
ジャンプ感想は木曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 23:25 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

10 2008

ジャンプ32号感想

ネウロ
「好物はプールの塩素(ラムネっぽいから)。」
ラムネっぽいからとか、そういう問題じゃなくね!?
「なに 焦る事はない 大概の人間は終わらない目標を背負って生きているのだから」
なんだか哲学的な言葉だ。全ての目標を叶えてしまったら生きている意味などないのかもしれないし、むしろ、目標を持つことが生きることなのかもしれない。
「叶えるべき目標のためには何をすればいいのか わかっているね「どこかの誰か」」
最愛のシックスに突き放され、ついに戦場の前線に立つ「魔女」、ジェニュイン!彼女の悪意は、どのようにネウロを追い詰めるのか!?


スケットダンス
「13日 金曜日 今日から木工作品の製作に取りかかりまソ」
ジェイソンみたいな人出てきたー!背景効果おかしくない!?
「ちょーギャバイ!!!」
電動丸ノコを持つ大柄の怪しい男を見てマジビビリのヤバ沢さん!Jソン先生の外見はヤバいの最上級!!
「腕の一本は簡単にギャイィンギャインでしょう」
先生、わざとやってませんか!?生徒をおびえさせて楽しむなんて、あまりいい趣味じゃありませんよ!?
「驚かせてすみまソン」
謝ってるのかケンカ売ってるのかどっちなんだ!すんまそーん!!
「怖っ!!何やその笑い方!!!」
人は無表情で笑うことができるのか?を実験しているかのような笑い方だ。正直引くわー。
「日本のホラー映画の不快な効果音やります」
嫌な特技だな!見た目は外国のホラー映画なのに、日本のホラー映画に詳しいのかよ!!
「結婚できるかあぁ!!!」
こんなにマニアックで地味な特技を練習してたら、そりゃ結婚できんわなー。
「私は!!木を切り刻んだりする教師です!!」
うんうん、リハーサル通りにできてるね…って、失敗例じゃん!あれから全く進歩しなかったの!?
「キャアアアアアアアアア!!! 怖いいいいいいい~~~!!!」
お見合い相手の女の人は、おそらくBODYの椿鬼奴のような叫び声をあげたことだろう。ご愁傷様…。


ダブルアーツ
「シスターに夢とか希望とかやっぱり無いよ」
元気で明るくて使命感がある優秀なシスター・ハイネ。夢や希望を信じたいのはやまやまだけれども、現実は自分を引き離そうとしている…。
1ページ前までは比較的明るい話の流れでありながらも、ラスト1ページだけで一気に重く悲しい話に引き込む構成がうまいと思いました。


ジャンプ魂
日本一の羞恥心決定戦!!
「ブーブークッションに座る前におならした。」
わざわざブーブークッションを設置した人の苦労はどうなるんだよ!
「スピード社の水着を着たのにビリだった!」
泳ぐのは僕だ。(北島康介)だから、いくら水着が良くても速く泳げない。
「キムタクよりかっこいいと思っていたあの頃。」
床屋さんで「キムタクにしてください」とか言ってそうだな。

イニシャル魂
「U・・・運動会前日に
 S・・・することと言えばただ一つ
 A・・・雨乞い!!」
運動がニガテなボクにとっては、運動会なんて恥をさらすためのイベントにすぎないのだ!!
「U・・・上手く伝わらないかもしれないけど
 S・・・正直なキミへの気持ちを歌にしました、聞いてください
 A・・・『足、クサイよ』」
歌を聴かなくても、タイトルだけでよくわかりました。

万物の三本柱
「●よくのっとられるもの三本柱
 1.飛行機
 2.バス
 3.スポーツマンシップ」
宣誓!われわれ選手一同はスポーツマンシップにのっとり、正々堂々と戦うことを誓います!ついでに飛行機とバスも乗っ取ります!!
「●イヤなお母さんの三本柱
「1.「宿題やったの?」
 2.「早くなさい!」
 3.「ちょっと!お母さん、イャンクック狩れないんだけど、まさし、やってくれない?」」
お母さんったらモンハンにはまっちゃってる!家事もそっちのけで夢中ですか!?
「●ネコ言葉が似合う人の三本柱
 1.ネコ耳の女の子
 2.メイドさん
 3.ヤンキー」
にゃろう…!って、かわいいな!ニャロメ!!

ジャンプファン魂
「ジャンプを咥えているパトラッシュを容赦なく本気で殴った。」
動物虐待反対!ネロ、ぼくもう疲れたよ…。
「あと六十年で百周年だと思うとソワソワして夜も眠れない。」
気が早すぎるよ!目の前の現実と向き合おうよ!!


巻末作者コメント
「ドナルドのヒップホップエクササイズをやるのが好きです。ドナルドの腰つきが凄い<星野桂>」
星野先生もドナルド教の信者だったのか…。ゴー、アクティーブ♪

Posted by seiji | 23:09 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

08 2008

好きよ留学生と拍手返信

「ソワカちゃん」シリーズで有名なkihirohitoさんの新曲、「好きよ留学生」を聴きました。



退屈な日常に息苦しさを感じている少女の前に現れたヒーローこそが「留学生」。自分とは違う世界からやってきた彼は、「常識」という鎖につながれた世界に「革命」を起こし、自分を解き放ってくれる。そんな物語だと解釈しました。
また、こうした「革命」は秩序の破壊であり、時ととして暴力的なものになりうること、それは周囲に敵を作りかねないことをも表現していて、こうした「革命」の表裏、善悪を同時に描いたまっすぐな作品だと思いました。リンの恋心もまっすぐで、青臭くて、それがとてもすがすがしいです。

ところで、この曲は「自分を投影することの出来る余地を残した歌詞」であることがファンに評価されているようですが、僕には「ソワカちゃん」とその信者の歌のように思いました。すなわち、退屈な日常から解放してくれる異次元な存在こそが「ソワカちゃん」=「留学生」であり、常識外れな「ソワカちゃん」を深く愛するのが「信者」=「リン」なのではないか、と解釈しました。
このように、様々な解釈が可能な抽象的な言葉を使いながらも、聴く者に強烈なインパクトを与えてくれる言葉回しに、kihirohitoさんのセンスの高さが伺えます。大好きです。


今週のスケットダンス、ジェイソン先生がやらかしすぎで笑いました。
また、ダブルアーツのオチがショッキングで、この絶望的な設定はすごいなあと思いました。


ジャンプ感想は木曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 22:51 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

03 2008

ジャンプ31号感想

ネウロ
「好物は鮎の天麩羅。」
鮎の天麩羅はちょっとにがいけど、おいしいですよね。また、池袋には鮎の天ぷら最中というお菓子があるそうですが、中身はただの餡だそうです。
「さあ 目標設定完了です 桂木さん 全て目標(ノルマ)に届かない限り… もうおうちに帰しません」
へ、変態だー!!
目標高すぎ!しかも運動とは関係ないものまで!弥子に異常なノルマを課す彼は、「新しい血族」の刺客?それともただの変態さん?


スケットダンス
「ンマ~イ!」
藤子不二雄Aっぽいリアクションだな!今週号はジャンプSQの出張読みきりが掲載されたから、それに便乗したのか?
「アンタ アタシのチョコ盗んだやろ」
気の知れた仲とはいえ、盗みはダメだろ!ジャンプの主人公としてあるまじき行為だぞボッスン!!
「やっぱアンタヤっとるやないか!!」
すりかえておいたのさ!(鬼畜のスパイダーマン
「血液を3分の1程抜く」
アカギっぽい拷問だな。
「ダンテの好きな女の子はF組の泉沢幸江さん」
ダンテはビジュアル系が好きなだけあって、女の子の趣味もビジュアル重視なんだろうか。
「すり替えだ」
すり替えに気づかぬとは愚かなり♪(波浪!!ソワカちゃん花まつり
泉沢幸江さんの発想は、ボッスンと同じレベルだということか…。
「誰!?」
恋が実って一件落着かと思いきや、ダンテの顔すら知らないだって!?
「過ちのエンジェル…」
おまじないに使った紙を開いてしまったら恋が実らないという噂は本当でした。
隣のクラスだから、席をちゃんと把握してなかったのね…。

スケットダンス番外編 リゾート・ダンス
「第一回 夏だ!ビーチだ! ドキッ☆女だらけの―― しりとり大会ぃ~~~~~~!!」
わざわざビーチでしりとりかよ!そんなの部室でやればいいじゃねーか!!
「UOA(海で溺れて足つれ!)」
そういう時に限って、監視員がサボってたりするのよね。
「冷麺」
八木ちゃんは冷麺が好きなのか?あっさりした料理がお好み?
「バスト89cm カップはG」
巨乳が自慢なのか!しれっと言えるところが怖いな!!
「ここで丹生さん 突然のプロフィール公開だー!! 男達の下品な歓声が飛び交います!」
しょせん男などOPPAIの奴隷!本能のままに沸き立つおバカ達!!
「自由を求めてマジ参上!!」
「リバティ☆真剣(マジ)キター!!!」
ポーズまで決めちゃって、すっかりプロのエンターティナーだな。
「ありがとうございました 一人のアニメファンとしてありがとうございました」
アニメ好きなスイッチのことだから、リバティ☆真剣は毎週必ずチェックしていることだろう。これは感涙ものだぜ!!
「うちわ」
普通の回答なのに、周囲があまりに非常識なだけに輝いて見えるぜ。
「私 夏子! 夏に生まれたから夏子なのだ☆ キラッキラの太陽が大好き! 一番乗りで白いビーチに駆け出すの! 捕まえるのはだ・あ・れ?」
ほーら、私を捕まえてごらんなさい!アハハハハ…とか言いながら、海辺でおっかけっこしそうだな。
無意味なものばかり守るだけのルール お構いなしのあなたが好きよ♪(好きよ留学生
「冷麺」
「終了ぉ~!!!」
天丼オチで、もーえーわ!どうも、ありがとうございました~。


ジャンプ魂
日本一キビしい判決文決定戦!!
「被告人の揃えてた単行本、4巻だけ取り上げる刑に処す!」
話の筋が通らないから、ものすごくイライラするぜ!!
「被告人を「キャベツ太郎」への改名に処す!」
駄菓子レベルってことか!

ジャンプ喜利 どんな凄腕ハンターも手に入れられなかった激レアな財宝とは?
「飛んで行った「痛いの」」
それは手に入れた瞬間、死にも勝る激痛が走るだろう危険な財宝!
「お母さんに預けたお年玉」
あっという間に使われているので、無いものは取り返せない!

王子のお部屋
「スザンヌ王子。あまりにテストの点数が悪いので、最近人気が出てきたK。」
ガリベン君より、おバカな奴のほうが親しみやすいよね。
「2時間ドラマ王子。2時間追い詰めてクラスの好きな女子を聞きだしたH。」
しつこいよ!恥ずかしさのあまり、犯人(?)が崖から飛び降りちゃうかもしれないじゃないか!!

元気魂
「どこがカユイのかわからないヤツ。オラが元気を分けてやる!」
誰かムヒ塗って、ムヒ!どこがカユいかわからないから全体的に塗って!!

Posted by seiji | 22:11 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog