コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

31 2008

colorバトン

「やまとなでしこ」のシャオレンさんから、colorバトンを頂きました。ありがとうございます!

◇好きな色は?
情熱の赤!でも、欝な青も好きです。あと、神秘的な紫も好きです。
その時の気分によって変わりますね。

◇嫌いな色は?
ヘドロ色。濁った緑みたいな色です。
昔、下水処理場近くの川の水が、見事なまでに腐ったヘドロ色だったのを見たのが、軽いトラウマになっているので。

◇携帯の色は?
黒です。なんとなく高級そうかなと思って。

◇貴方の心の色は?
いろんな思いが渦巻いているときもあれば、何も考えていない時もあり、幸せでいっぱいな時もあり…色々ですね。
今の気分は黄土色です。(どんなだよ)

◇つぎの6色にあう人を選んでバトンを回してください。
赤:マジデールCさん 蟹剛さん(情熱的なので)
青:虹七さん(爽やかなイラストのイメージ)
桃:DAIさん(ピンク髪のビュティさんの絵がとても美しいので)
燈:珠実さん(元気で明るいので)
白:雨頼りょうさん(白を効果的に使っているイラスト)
黒:シャオレンさん(あの描きこみ量に惚れます)


今週のジャンプ、ワンピースのデュバルの正体と、バリハケンの下ネタが面白かったです。
ジャンプ感想は水曜日か木曜日に書きます。
拍手コメントはありませんでしたが、拍手してくださった方、ありがとうございました。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:49 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

26 2008

ジャンプ17号感想

ネウロ
「好物は真珠カレー。」
真珠カレーとは、真珠を取り出した「アコヤ貝」から出る副産物の貝柱と貝肉、貝殻パウダーを使用した白いカレーのことだそうです。一度は食べてみたいですね。
「オまえはボクの姿すら捕らえられない 一晩かけて顔の皮をズたずたに掘ってやる!!」
セッコのスタンド「オアシス」みたいな能力だな。
「我が輩はしばらく休む必要がある!!貴様等人間が自分の身を守るのだ!!」
厳しい戦いが続いたせいで魔力が尽き、人間の力を頼るネウロ。そして、ネウロのケタ外れの力を目の当たりにした笹塚。これは、魔人と血族と人間の三つ巴の関係にどのような変化を与えるのか?


ダブルアーツ
バトルもラブコメ要素もある、正統派ファンタジー漫画って感じですね。
「手を繋ぐ」という「縛り」が物語のポインとになっているようなので、「人との繋がり」や「「不自由の中の自由」といったテーマが描かれるんでしょうか。
爽やかな絵柄と作風が好みなので、長く続いて面白くなってほしい作品です。


ナルト
「何故なら前の任務は仲間外れだったからな」
意外と寂しがりやだったシノが素敵だ。見開き使ったからには、それなりの活躍が期待されるぞ!


リボ-ン
「ファミリーを襲う逆境を自らの肉体で砕き明るく照らす日輪!!!!」
兄貴はいつでも極限に熱くて、いざという時に頼りになるから素敵だ。


ハンター
コムギを守るために、すっかりしおらしくなってしまったピトーと、誰かを必死に守ろうとするピトーを前にして憎悪と躊躇のせめぎあいに葛藤するゴンが面白かったです。こういう善悪が逆転するような構図は、物語に深みが出ていいですね。


スケットダンス
「この場のカードの全把握!!」
ボッスンの戦略は、すべてのカードがどこにあるのかを記憶の底から探り出すこと!ゲームに使用するカードの枚数が少なく、長期戦になったからこそできる芸当だな。
「お前が人助けをしたいと思う理由が分からねえ 過去に何があった?」
連載開始以来まだ明らかになっていない、スケット団創設の動機について探る阿形。でもボッスンはあまり話したくないようだ。
「関係ねえ事をゴチャゴチャと 人の過去までつついてきやがってこれからそのニヤケ面を泣きっ面にしてやるから覚悟しとけ」
すべてのカードがどこにあるのかを思い出し、自信満々の表情を見せるボッスン。でも、そんなにうまくいくのかなぁ…。
「妖精は出せるカードがある内は使わねえはず…」
この予想が甘い気がする。出せるカードがある状況だからこそ、あえて安形は妖精を使うんじゃないか?
「妖精(ピクシー)見つけた」
もしこれが妖精ではなかった場合、安形の勝ちになる。ボッスンの戦略には穴が目立つだけに、負ける可能性は高そうだ。


ジャンプ魂
今週は、第6代王者ロハンくんの優勝者インタビューだったので、ネタはお休みです。

Posted by seiji | 22:55 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

24 2008

キリ絵更新と拍手変身

今日は、久しぶりにイラストを更新しました。
ただでさえ遅筆なのに、あまりまとまった時間がとれないのでなかなか絵を描くことができませんが、これからもまったりと更新していくつもりなのでよろしくお願いします。
さて、次は80000ヒット記念絵を描かなければいけませんね…。


今週のジャンプから連載開始の「ダブルアーツ」、正統派のファンタジー漫画って感じでいいですね。
この作者のデビュー作「island」はとても良い作品だったので、これからの展開が楽しみです。
ただ、「マディ」のように、面白くなってくる前に打ち切り食らいそうな、地味めの作風なのがちょっと心配です。
あと、リボーンの兄貴が熱くてかっこよかったです。

ジャンプ感想は水曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:48 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

20 2008

ジャンプ16号感想

ネウロ
「好物はギモーブ。」
ギモーブとは、マシュマロのフランス語名だそうです。ちょっとシャレた言い方ですね。
「捨てなさい」
人間の命や倫理観など、まったく超越した存在「シックス」。テラの周囲の人間を皆殺しにし、その顔の皮で「箱」を作ることなど、実にあっさりとやってのける。
「我が輩もこの胃袋を守るためなら何でもするぞ」
ネウロの髪飾りの中には、何かドーピング的なものが入っていたのか?追い詰められた魔人の猛攻が始まる!!


ウルトラジャンプエッグ予告マンガ
尾玉なみえ先生、お久しぶりです。相変わらずクセのある漫画描いてますね。だが、それがいい!


スケットダンス
「お二人に戦っていただくゲームはこちら―― ピクシーガーデンです!!」
最終戦で行われるオリジナルカードゲームは、ファンタジー色の強い、読み合いと駆け引きのゲーム!
「今の説明で理解でけへんのアタシだけ?読者(みんな)分かっとん?」
正直あんまりよく分からないけど、やってるうちにわかるんじゃない?ゲームって基本そういうものだし。
「ボッスン!!ババ引いたらアカンでー!!」
だからババ抜きじゃないって!ピクシーは何にでも化けられる便利カードだって!!
「王子結婚して――!!」
どさくさにまぎれてプロポーズ!?ロマンはやっぱり、ベッタベタな新婚生活を夢見ているんだろうか。
「実はこれと言った理由は無えけどライバルの様に気になってとにかく気に喰わねえ 正反対の様子でいて似てんだよ おめーらは」
お前のこと考えると 反吐が出そうよ♪(鏡音リン「千々石ミゲル友の会のテーマ」)
ボッスンと椿は、いわゆる同属嫌悪に陥っているということか。
「賭けをしねえか藤崎 お前が負けたらスケット団を辞めるってのはどうだ?」
突然無茶な賭けを仕掛ける安形。ただでさえボッスンはメンタル弱いっていうのに、言葉でさらに動揺を誘う!!
「何を話してるのでござろうか?」
「戦い前の口汚い罵り合いじゃないか?」
それをやってたのはお前だろ!口喧嘩負けてたけど!!
「かっかっか 覚えとけ オレは性格が悪いんだよ」
あえてボッスンを挑発し、悪役を演じることで本気の勝負を仕掛ける安形。普段はやる気なさそうな顔をしているが、勝負事には熱くなるタイプのようだ。
「オレのIQは200ぐれーある」
私の戦闘力は530000です。(フリーザ
ワシの波動球は108式まであるぞ。(石田銀
「安形は人の心理を読む術を持ってる」
読める!読めるぞぉ!!(ムスカ
椿やデージーのように、玄人好みのあつかいにくすぎる人材の信頼を得て、見事に使いこなす安形。普段はあんなでも、天性のリーダーだ。
「あるぞ たった一つ 勝てる方法が…!!」
絶体絶命のピンちにもあきらめず、自慢のゴーグルを装着し、集中して必勝法を考えるボッスン。主人公の力を見せてやれ!


ジャンプ魂
日本一イヤなひな人形決定戦!!
「みんなヤンキー座りしている。」
品格もクソもねーな!ずっと押入れにしまわれてたからスネちゃったの!?
「顔が劇画チック。」
女の子泣くわ!日本的なうすい顔でいいんだよ!!
「ニアが作った。」
むしろニアすげー。人形の顔はちょっと怖いだろうけど。

イニシャル魂
「W・・・忘れられない名セリフ
 A・・・「安西先生、
 T・・・卓球がしたいです」」
じゃあ卓球部に転部すればいいんじゃね?
「W・・・「私がこの世界の
 A・・・新たな神となるのだ」!!
 T・・・「とりあえず署まで同行してもらおうか」」
春になるとああいう人が出てくるからイヤなのよね~。ヒソヒソ…。

オレが日本一!
「『初恋限定。』を読んで、男子校に来たことを後悔した回数なら、オレだって日本一だ!」
共学でも、恋愛にはとんと縁がない人はいくらでもいるぜ。
「「謝りなさいよ!!」と女子に詰め寄られた回数なら、オレだって日本一だ!」
何やったんだよ!?意地張らずに、素直に謝ったほうがいいと思うよ。

オレがアイツで!
「オレが弁慶だったら!校長先生の話の最中に立ったまま気絶する。」
ただの貧血じゃね?体の弱い女子のためにも、早めに話を切り上げてください、校長!!
「オレが橋本大阪府知事だったら!大阪のおばちゃんを軍隊化します。」
存在自体がテロだっていうのに、大群で攻めてきたらどうなっちまうんだ!?


巻末作者コメント
「友人がネウロポスター背中に貼って東京マラソン走ってくれました!!感謝感激!!<松井優征>」
走ってネウロを宣伝してくれるとは、粋な友人ですね。


OK! JUMP GUY
「地元の記念事業のマスコットキャラが大不人気!ありきたりなものよりインパクトがあっていいと思うけどなぁ…<中路>」
平城遷都1300年記念事業のマスコットキャラのことですね。僕もそんなに騒ぐほど悪いデザインだとは思いません。

Posted by seiji | 21:42 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

17 2008

トンズラブラザーズと拍手返信

最近、MOTHER2のトンズラブラザーズの曲をアレンジした、ノリのいい歌が発表されました。

「MOTHER2で、トンズラブラザーズ2008」


ヒャダインさんは、名前だけは知っていたものの歌は聴いたことが無かったんですが、いい声してますね。
一人三役を見事に演じて歌も漫才もやって、曲のアレンジや作詞までこなすなんて、本当に多才ですね。
さらにDNAさんのかわいい絵も合わさって、素晴らしい作品に仕上がっています。すっかりお気に入りです。
ひたすら「マネー!」と連呼するサビも覚えやすくていい感じです。ふとした時に口ずさむと明るい気分になれる歌ですね。


今週のネウロ、勝手にテラの知り合いを全て抹殺して顔を剥いだシックスの不気味さにおびえました。
あと、「ウルトラジャンプエッグ」の宣伝漫画を、なぜか「純情パイン」の尾玉なみえ先生が描いていて笑いました。

ジャンプ感想は木曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

12 2008

ジャンプ15号感想

ネウロ
「好物はミリメシ。」
ミリメシとは「ミリタリーメシ」の略で、軍隊や自衛隊で支給される携帯保存食や料理のことだそうです。クレーンゲーム機の景品に導入されたことをきっかけに一躍ブームになったとか。
「悟ったか?ボクがキミの征服者だ」
バカはバカでも、途方もない大バカのテラによって追い詰められたネウロ!さすがに力尽きたかに思える魔人に、反撃の術はあるのか?


スケットダンス
「金銭感覚麻痺しっぱなし ポンパドールの天然お嬢様 丹生 美森!!」
私の時代が来た!ポンパドゥール夫人のように、湯水のようにお金を使うポンパドールの美少女、ミモリン!
「アナタを虜にしてみせます乙女ワールドへようこそ 早乙女 浪漫!!」
ようこそ…『乙女の世界』へ…。(リンゴォ?)
大好きなあの人の心を撃ち抜く恋の銃弾!BGMは聖少女まつだあぁぁあああでよろしく!!
「田所さんは絶対渡さない 負けるものですか」
恋は戦争!ねたみそねみが渦巻く愛憎劇が幕を上げる!!
「受取って下さいますか?」
ミモリンが頬を染めながら渡す手紙。これはドキドキするぜ!!
「何だコレ…なんかもう甘酸っぱくて…」
古風ながらも正統派な告白手段が、観客の男性陣の心をつかむ!いつもやる気なさそうな安形までもが胸キュンだ!!
「椿ちゃん!!?」
椿まで!?しかも興奮して口が半開きになっちゃってるよ!?
「胸が…胸が苦しいよ?」
ミモリンオーラが場を支配する!ボッスンほか、会場全体がミモリンに夢中だ!!
「スイッチメガネおかしなってへん!?」
スイッチが恋に落ちるとそうなるの!?アホみたいになってるよ!?
「私殿方にこんな物を書くのは初めてで… どのように書けばいいのか迷ったのですが ひとまず一千万程で」
小切手かよ!金で釣らなくても十分通用したのに!!
ていうか、殿方以外には小切手書いたことあるのか!?
「ラブレターかに思われたその封筒の中身は何と一千万円の小切手!! これは…金の力で振り向かせようとする100年の恋も冷める告白!!」
会場全体に響く、男どもの叫び!そりゃないよー!!
「お金で愛を買うんじゃなーい!!!」
「気持ち!!気持ち気持ち!!」
生徒会メンバーからのもっともなツッコミが入る!でも、別に好みじゃない人に告白してくれって時に、気持ちを込めてくれと言われても難しいよなあ…。
「き 気持ち… 分かりました 一千万飛んで五千円で」
「金額が気持ちアップ―――!!!」
確かに気持ちには違いないけど…。当たり屋が「誠意見せろ」って言ったら「金出せ」って意味だけど…。
「おーっと ここで田所氏から終了のサインだー!!」
ごめん、もう無理です!これ以上耐えられません!!
「授業中ボーッとしてたら名前呼ばれたみたいな小芝居いらん!!」
ヒメコの的確なツッコミが光る!ロマンの女の子走りがまぶしいぜ!!
「えーと…確かこの辺のはずなんだけどなあ 新しい学校」
転校先の学校の男の子と街角でぶつかりそうな、ベタな転校生設定で始まるロマンワールド!
「ほーんとアタシったらおっちょこちょいなのだ☆ こないだなんてお母さんにマヨネーズを買って来てって言われてマルチーズを買って来てしまったのだからして なはは」
なんじゃそりゃ!?食品とペットを間違えるなんて、ドジっ子ってレベルじゃねーぞ!!
「ステキな男性(ひと)…」
説明しよう!ロマンは乙女ダイヤルを調節することによって、イマイチ好みじゃない人を理想の男性へと脳内変換することができるのだ!!
「――新しい街 新しい学校 風に緑の匂いが混じってて こんな日は 神様が 突然ドキドキするような出会いをプレゼントしてくれるの アナタハドンナヒトデスカ?」
ロマンの乙女ポエム発動!恋に恋する乙女の希望!!
「もうええわ!!!早よからめや田所さんと!!!いつまでやっとんねんアクト1!!こんなもんツッコまずにおれるかあ!!!」
ヒメコさんが!ヒメコさんが限界です!!
血管ブチギレそうな勢いでキレツッコミを浴びせるヒメコ!背後でボッスンが必死に止めています!
「それじゃあ端折ってクライマックスのAct176「告白」を演ります」
そんなに長い物語を全部演じきるつもりだったのかよ!絶対今日中に終わらないだろ!!
「やっと着いたわ!アナタのお母さんの住む街ブリストル!」
母をたずねて三千里!?お母さんは出稼ぎに行ってたの!?
「エドワード…私はもう…ダメみたい…」
病弱少女!?王道だな!!
ていうかこれって、外国人設定だったの!?
「ステファニー!!!しっかりしろステファニー!!」
田所さん空気読んだ!勝手にロマンの役柄の名前付けた!!
「最期に言わせてね―― 好きよ エドワード」
「ステファニィィー!!!」
死に際の愛の告白!あまりにも切なく美しい感動のシーンに、涙と鼻水を撒き散らしながら吼えるボッスン!!
「エドワード」「ステファニー」「エドワード」「ステファニー」
ロマンの迫真の演技が、会場を熱気に包んだ!湧き上がる感動を抑えきれない!!
早乙女浪漫、なんて恐ろしい子!
「ぶっちゃけ好みですね」
ロマンと組んで熱演したにもかかわらず、好みの問題でミモリン勝利!こんな判定法だったら、告白する意味なかったんじゃない!?
「ここで勝ったらボッスンの出番なくなるとこやったで」
「そうね 2対1になった時点で大方の読者は副将戦は負けると予想してたはずだものね」
いや、影の薄い主人公としては、副将戦までで決着がついてボッスンの出番がなくなるのもおいしいと予想していました。
「う…うん もういいからそういう事言うのやめてくんない?」
ロマンは勝負だとか漫画内の登場人物だとかを超越した存在だな。
「拙者もステファニー殿の方が熱かったでござる」
滅びの美学は、武士道にも通じるものがあるからだろうか。
「はい 田所さん コレお礼ね」
実にわかりやすい場所でワイロを渡している編集者。もう少し隠れた場所で渡せよ!!
「よしゃ!!ボッスン出番やで!!行って来い!!」
最終決戦を任せられて、緊張のあまり舞い踊るボッスンの心臓!BGMはもちろんウッーウッーウマウマ(゚∀゚)だ!
「勝った方が優勝で絶対負けられない試合だけど頑張れ!!」
余計なプレッシャーをかけるスイッチは、自分が面白ければ勝ち負けなんてどうでもいい外道!!
「余計な事すんじゃねーよこのすっとこどっこい」
言葉のセンスが妙に古い安形。八百長に怒る彼は、どんな戦いを見せるのか?


ジャンプ魂
日本一盛り上がらない格闘ゲーム決定戦!!
「キャラが全員妊婦。」
動かすのも、攻撃するのも辛いよ!ていうか、なんで妊婦同士で戦ってるんだ!?
「女性キャラが全員厚着。」
逆に、その硬派さが人気を呼ぶかも。
「「中東の笛」が鳴る。」
再試合するしかないな。ていうか、中東諸国が裏で糸引いてたのかよ!!

万物の三本柱
「●日本が世界に誇るものの三本柱
 1.世界のソニー
 2.世界のトヨタ
 3.世界のナベアツ」
こんなあらびき芸を世界に誇っちゃダメだろ!!
「●デートの誘い方の三本柱
 1.「チケット余ってるんだけど…」
 2.「今週の日曜、ヒマ?」
 3.「おーい磯野~! デートしようぜ!!」」
中島かよ!野球に誘うかのような軽いノリだな!!
「●鼻が痒くなる時の三本柱
 1.手が離せない時
 2.クシャミが出そうな時!!
 3.「よせやい」って言う時」
へへっ、どんなもんだい!って言う時。


巻末作者コメント
「西さんとメシを食った。こんなに作品に対する考えが自分と近い人に初めて会った。次作、待ってます<久保帯人>」
作品に対する考え…「オサレ」と「乙女」が近かったんでしょうか。

Posted by seiji | 22:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

10 2008

ブロリーと拍手返信

最近、この動画にハマっています。

ドラゴンボール もしもブロリーが地球に送り込まれていたら 第一話

もしもブロリーが悟空の代わりに地球に送り込まれていたら?という設定で始まるドラゴンボールです。
本編だけではなく、OP、Aパート、CM、Bパート、EDという風に、実際のテレビ放送に合わせて構成されているなど、丁寧な作りがいいです。
ブロリーがいろんな意味で大暴れで爆笑しました。圧倒的な力で全てを破壊し、なぜか頻繁に自己紹介する様子が面白すぎます。僕は元々ブロリー好きなので、つい「カカロットォ…カカロットォー!」と叫びたくなります。(え)
最近、第2話もアップされましたが、こちらもカオスで面白いです。それにしても、ブロリーは笑いすぎだ。


今週のスケットダンス、ミモリンもロマンもやりたい放題で、すごかったですね!ロマンはやっぱり、女優になるべきだと思いました。

ジャンプ感想はあさって書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:32 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

08 2008

ジャンプ14号感想

ネウロ
「好物は蛤の吸い物。」
なかなか渋い好物ですね。あっさりとしてて、蛤の吸い物は僕も好きです。
「第3回キャラクター人気投票大募集!!」
ちゃんと7人エントリーしている「七光りの親」や、「逆襲の弥子」、「ミゼラブル号」、「鳥会津ニラ美」などが面白いですね。
「我が輩の魔力をこの程度で絞り尽くしたつもりか? 浅はかにもほどがある 安く見られたものだ このバカが」
高層ビルの倒壊を防いでなお、余力を残していたネウロ。油断して、身動きを取れなくなったテラに反撃の策はあるのか?それとも、バカだから何も考えてないのかな。


ブリーチ
「…助けたわけじゃないわ エスパーグが欠けないよう 単にあなたの自殺行為を止めただけよ」
勘違いするなよ!お前を助けたつもりじゃない。(R藤本


銀魂
「まさか貴様 あの時たった一人で私に挑んできた地球人の息子」
このオヤジ、たった一人でブリーザと戦うなんて、相当勇気あるな。バーダックみたいだな。


スケットダンス
「ノーコンだから逆転しやすかったぞ ミスターワイルドピッチ」
ワイルドピッチとは「暴投」という意味。前回「ミスベイビー」となじられた借りを返すデイジー!
「ここはいっそ拙者が…!!」
「お前が腹切ってどないすんねん!!」
心配ご無用、れぷりかでござるよ。
「相撃ちぃ!!!」
空になった銃を投げ捨ててスキを作り、左手で銃を抜いて早撃ちしたスイッチ!この複雑な動きにもかかわらず、ここぞの場面で見事命中させるとは、さすがシュエッチェ!!!
「オレはスイッチハンダー(両利き)だ」
スイッチのあだ名にはそういう意味もあったのか。右手でパソコンを打ちながら、左手で銃を回すなんて、手先も器用なんだな。
「でけへんのやったらやんなや」
最後の最後でボケるところがスイッチ流!落とした銃を拾う姿がなんとも情けないぜ!!
「二回戦 シューティングギャングスター 勝者 笛吹 和義」
二回戦じゃなくて三回戦じゃね?
「黒いドレス似合ってましたよ 私も着たかったですー」
「しっかし負けても表情ひとつ変わらないとは さすがデージーちゃん」
ここで椿が照れてるけど、これはミモリンのドレス姿を妄想しているのか?それとも、負けてどよーんと落ち込んでいたことを恥じているのか?
「…と思ったらおもむろにぬいぐるみを可愛がり始めたぞ」
「やっぱりショックだったみたいですね」
敗戦のショックで精神的迷子となったデージー。無表情でも、心の中では色々渦巻いとんねん。
「プレッシャーかけんなよ!メンタル弱えんだからオレ!」
ボッスンのメンタルは豆腐並み!遊戯王で言えば、豆腐以下のメンタルに定評のある王様レベルだ!!
「遅れてメンゴ」
スケットマシーン2号の正体は、大方の予想通りロマン!相変わらず少女漫画してるぜ!!
元ネタはときめきトゥナイト王家の紋章か?
「大変!ケガをしているわ!…私の為に…?」
「塗料でござる」
ロマンの自意識過剰な質問に、ごく冷静に答える振蔵が素敵だ。
「男の気を惹くゲームならロマンのキャラは合ってるかもしれねぇな あの乙女ワールドがハマれば爆発力はでかい…」
マジで!?確かに可愛いけど、あれだけ自分の世界に入っちゃってると、逆に引くんじゃね!?
「私は何で呼ばれたの?」
子供のように純粋な瞳でボッスンを見つめるロマン。何も聞かずに駆けつけてくれたのか…。
「友達が困ってるなら私は助ける」
どこまでもまっすぐで、美しいまでに純粋な心を持つロマン。いい子だなぁ。
「…って第一話「ペンキ仮面」で王子が言ってたわ」
受け売りかい!でも、コミックスを最初から読み返してボッスンのことを研究するとは、愛ゆえになせる業だな!!
「あと…時代劇の時は好き勝手暴れちゃってごめんなさい…」
ロマンは天然キャラだから暴走しがちだけど、ちゃんと周りのことも考えていたり、後で反省するところが好印象だ。
「副将はどなた? 私 スケットマシーン2号がお相手いたす」
反省はするが自重はしない、どこまでもフリーダムなロマン。だが、それがいい!(花の慶次
「何だい?」
榛葉の指が6本になってる!COOLドライブだ!!
「アラ? まあ可愛いそのヌイグルミのシリーズ 私も持ってるわ 特に目が可愛いと思うの!」
「同感だ」
ぬいぐるみの趣味を通じて、なんだか仲良くなりそうな二人。でも、そのぬいぐるみ、ちょっと怖くない?
「両チーム中堅早く集まって下さーい!」
中堅じゃなくて副将じゃないか?今回は間違いが多いな。
「私はロマン? …いいえ 私…矢場沢萌!!」
なんだか変なスイッチが入ってしまったロマン!天然美少女対決、ロマンvsミモリンの戦いは、どちらに軍配が上がるのか!?
早乙女 浪漫…恐ろしい子!



ムヒョ(最終回)
今週の今井裁判官・・・赤面
ロージーが今井さんの彼氏だと勘違いされて、顔を真っ赤にして怒っていました。
今井さんは、ロージーに対して恋愛感情というよりは、親心のようなものを感じているのでは?と個人的には思っています。
かつて、直属の部下の藤原を見殺しにしてしまったのがトラウマになっていて、代わりにロージーを立派な魔法律家にさせるのが、自分の罪滅ぼしだと考えているのではないでしょうか。
初登場時にはただのサブキャラの一人だったのに、段々出番も増え、立派なサブヒロインとして活躍する姿は素敵でした。最後まで今井さんを応援できて幸せです。ありがとうございました!

「何で一人でいるんだろ…」
第一話で霊の相談を受けたリエが、一人ぼっちのロージーを見て心配する。今でもバレーボール続けているのかな?
「ひどいよ…!!見損なったよヨイチ!!ぬけがけなんてひどすぎる ボクもムヒョの助手になりたいのに」
「あ そっちなんだ ひどいのは」
エンチューはソワカちゃん並みの天然キャラだな。
エンチューは執行人に憧れていたはずだけれど、それはそれとして、ムヒョの助手にもなりたいのかな。
「冷静じゃないよ 今のヨイチ」
「……うん…ロージー君を破滅させようとしてるもんねまるで… ボクもしようとしてたけど…」
反逆のエンチューならぬ反逆のロージーが大暴れ?まさかな。
「ちがうよエンチュー 破滅するのはロージーだけじゃない それどこか…も…」
意味深な言葉を吐くビコ。彼女はいったいどんな心配をしているのか?
「ヨイチはいつもつめが甘いんだ」
よく爪噛んでるしね。(関係ない)
「しまった…想像以上に強力な霊…」
霊に取り付かれて危ない人を助けようとしたら、逆に返り討ちにされそうになったロージー!
「あれ…は…!! 魔列車――」
そんなピンチを見透かしたように、ホームに到着した魔列車。そして聞き覚えのある笑い声が、ロージーの耳に届く!
「へ?助手とらない??」
散々根回しして、直接ムヒョを接待してご機嫌をうかがったにもかかわらず、見事にムヒョにふられたヨイチ!今までの努力が報われず、ダダをこねる!
「よお 何やってんだウスノロ」
やっぱり行かへんで!ロージーを追いかけてきたムヒョ!
「覚悟しろ 基礎からみっちりたたきこんでやる」
もっと早く教えてやれよ!基礎からみっちりたたきこむチャンスは今までいくらでもあったのに、雑用しかやらせていなかったのはムヒョの怠慢じゃね?
「まず 半年後の試験で一級書記官 落ちたら即追い出すぞ」
助手ではなく弟子として、ロージーを再雇用したムヒョ。家事全般やってくれるから、主夫としては大いに役立つもんね。
「今井 今井 よかったなオマエのオトコ――」
ロージーが今井さんの彼氏だと勘違いされて、顔を真っ赤にして怒る今井さん。でも、あんな泣き顔見せられたら、普通はそう思うよね。
「アレレ?ちがうのか?」
恋愛感情も少しはあるかもしれないけれど、別に付き合っているわけじゃないからね。
「相変わらずだねぃ奴等」
結局、ゴリョーとエビスはどんな旅をしてたんだろうか?
「ピカピカの一級書記官 草野次郎!!」
ピッカピカの一年生♪(小学一年生
1年後にピカピカの一級書記官ってことは、ロージーは半年後の試験には落ちたということか?たいしたやつだ…。
「ご相談っていうのは?」
いろんなことがあったけれど、腐れ縁の二人は結局離れられず、ムヒョとロージーの魔法律相談事務所は今日も営業中!連載お疲れ様でした!!


ジャンプ魂
日本一応援できないアイドル決定戦!!
「コンサートでは客を全員正座させる。」
観客に説教する気か!?ドMのファン限定ライブなのか?
「常に白目。」
怖いわ!ホラー映画か!!
「『謎のネパール人』という事以外は、何もわかっていない。」
芸人か!ネパールからわざわざ極東の島国まで出稼ぎになるなんて、お疲れ様です!!

ジャンプ喜利 2008年、少年ジャンプはこう生まれ変わる!
「ジャンプマンガの三本柱が、「友情・努力・パンチラ」になる。」
勝利なんかどうでもいいから、パンチラを楽しめってか!ジャンプ作品が総TOLOVEる化か!?
「中国産」
農薬系成分「メタミドホス」が検出されたので、自主回収の対象になったそうな。
「ジャンプ魂のページのみ紙質が悪くなる。」
あからさまな嫌がらせだな!そんなにジャンプ魂って嫌われてるの!?

王子のお部屋
「ソフトバンク王子。「プププッ」とオナラを3連発したA。」
でも使ってる携帯はドコモやauだったりして。
「とうぞくの鼻王子。「クンクン。お宝の匂いがするぞ」と言って、女子更衣室に入っていったS。」
その後、とうぞくの鼻王子を見たものはいない…。

バカズバッ!
「ララの知られざる過去! ララ「デビルーク星は私が守る!!」 フリーザ「かかって来なさい。」」
お前はバーダックか!
でもデビルーク星がその後も存続しているということは、ララは見事フリーザを追い返したってことか?
「松居一代の新しい超おそうじ術」
ナッパ様じゃねーか!ピーピーうるさいヒヨコたちにあいさつしてやろうかな……。(ナッパ

元気魂
「親父が『TOLOVEる』読んでるヤツ!オラが元気を分けてやる!!」
普段、会話の少ない父と子を繋ぐ素敵な作品…にはなれそうにないな。
「母さんのダイエットに付き合わされ、ご飯を抜きにされた家族。オラが元気を分けてやる!」
ご飯抜きにするよりも、食事の栄養価を考えて、バランスがよくカロリー少なめの料理を開発したほうがいいのになあ。


巻末作者コメント
「他誌ですが某番長漫画が毎週楽しみ。デビュー時から好きな先生なので頑張って欲しい<叶恭弘>」
サンデーで連載している金剛番長のことですね。一昔前のバトル漫画の持つ、無駄な熱さを継承していて面白いですよね。
「大好きな2人と山超え谷超え至福の三年半でした。只々応援に感謝。ではまた次作で…<西義之>」
なんだかんだいっても、初連載なのに長く続きましたよね。お疲れ様でした。

Posted by seiji | 13:01 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

03 2008

ムヒョ・テニス終了と拍手返信

今週号で、ムヒョとテニスが終わってしまいました。
ムヒョは三年半、テニスは約九年と、長期連載作品が二つ同時に終わるとは珍しいですね。
どちらも連載開始から読み続けてきましたが、まさかこんなに続くとは思っていませんでした。しかし、いざ終わってみると、なんだか切ない気分になりますね。
テニスは円満終了でしたが、ムヒョはなんだか打ち切りくさかったですね。伏線残しすぎです。
逆に言えば、回収しきれない伏線を出しすぎたから打ち切られたのかもしれませんが。
ムヒョは絵やキャラや演出が好みだっただけに、ストーリーの面白さにムラがあったのが残念です。長編の中だるみがよくなかったのでは、という印象です。


今週のネウロ、相変わらず人気投票がカオスで面白いですね。
あと、銀魂のドラゴンボールパロと、スケットダンスのロマンちゃんが最高でした。

ジャンプ感想は水曜日か木曜日に書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 22:04 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

© FC2 BLOG / ooq:blog