コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

25 2007

ジャンプ43号感想

ネウロ
「好物はカレーかき氷。」
いかにもゲテモノ料理ですが、そのものズバリカレーかき氷の素という商品が販売されているようです。
案の定マズいみたいですね。
「お目出と!!」
アニメ放送直前センターカラー!めでたいだけに目が飛び出たヤコが扉絵です。
1話目からいきなりシロタということで、話題になりそうですね。
「金だな!?いくら払ったら座らせてくれるんだゲヘヘヘヘヘヘ」
ただのエロオヤジじゃねーか!由香は両親の遺産を相続したので金は持っています!!
「じゃあこの「蓊鬱」ってやつは?」
蓊鬱は「おううつ」と読み、草や木が盛んに茂っているさまを言うそうです。
「帰りなさいッ 夫の職場に妻が顔を出すもんじゃない!!」
若くて美人な嫁さんをもらっており、おまけに亭主関白!人生の勝ち組・望月!
この秋のおすすめの紅葉スポットに葉っぱのしおりを入れたのはその嫁さんか?よくできた嫁さんだなあ…。
「ふぐう~~」
今週のキーワードはなぜか「ふぐう~~」でした。
「私の周りの男女関係はこんな感じ」
ろくなもんじゃねー!!


ムヒョ
「アミちゃんここから動かないでね!! 霊からこっちが見付けにくいようにしたから…!!」
ロージーが仕事してる!依頼人の安全を確保するために防御を固め、指示と説明もバッチリだ!!
「トモくん虫を飼っているんだよね……!?」
意味深な顔で奇妙な質問をするロージー。その真意とは?
「あ あの子 何飼って……!!」
虫かごの中にいたのは、無残な虫の死骸の数々!不吉な予感!!
「おそらく「幻視」だ まるでうまく飼えているような気分にする為のな」
「一体何の為に――」
「さぁな 霊の趣味なんぞ知ったことか…!!」
屋上のほぼすべてを覆う巨大な繭!しかし、霊もトモもここにはいない!!
「あのバカ娘 余計な気ィ起こしてねぇだろうな…!!」
「いや… いや…っ おいてかないで…!!」
ロージーの忠告を無視し、恐怖のあまり部屋を飛び出したアミ!
「………ちゃ おねえ……ちゃ…ん」
箱入り娘ならぬ繭入り弟!トモは繭に覆われて、エレベーターの中に囚われていた!!
「うっぐっ ぐっ」
繭で全身をギチギチに縛られて苦しむトモ!涙と汗とよだれでひどい顔だ!!
「なんで なんで私達がこんな目に― え? エレベーターが途中でとま―」
「ダメじゃ やっぱり おまえにゃムリじゃ」
天井の上からコンニチワ☆
トモの元に駆けつけたアミの目の前に、ついに姿を現した悪霊!!
「トモ 守れ ない」
人面犬ならぬ人面虫!巨大なイモムシのような体が不快感を誘う!!
「ホラ トモ おめえ… 虫が好きじゃろ?」
あなたにそんなことを言った覚えはありません…。
恐怖に凍りつき、声すら出ない!
「ホラ虫じゃ アタシが虫じゃ おカイコじゃ アタシがオメェを ずっと守ってやる…!!」
とか言いながら締め付けているじゃありませんか!守るどころか苦しめてるじゃん!!
「おぐっ う…っ」
痛みと苦しみのあまり泡吹いて気絶寸前!こんなのに目付けられて災難だったね…。
「ようイモムシ 茶番はおわりだ 姉ちゃんごっこは楽しかったか? ガキに幻視みさせて虫にひきつけるたぁ 余程テメェのカビくせぇ思い出が大事とみえる 情が元にあるかもしれねえが凶気は凶気 罪は罪」
真打ち登場!汚名を返上するロージーの援護もあり、裁きの時間の始まりだ!
「魔法律第811条― 『はりつき』及び『傷害』の罪により 『指切り村のマショカリア』の刑に処す」
エレベーター内で舞う一輪車、天から通じるロープ。イッツ・ショータイム!
「イヤッホォオォ~~~ウッ 悪い子はッ!!」
あれ?思いっきり壁に頭ぶつけましたよ?大丈夫かこいつ?
「だぁ~~れぇ~~~~~だッ!!」
からくりサーカスに出てきそうな道化師登場!
「トモ トモを守んねぇと…守んねぇと…」
トモはあなたのせいで泡吹いて気絶してますよ。
悪霊を吸い込むマショカリアのおかもち!指切り村ということは、彼は縁切りが専門の使者なのか?
「えらいわねぇ 病気の弟しょって働いて…」
この霊は生前、弟の面倒をよく見る、ご近所でも評判のいいお姉さんだった。
「お人形さんあげようねぇ あげようかねぇ」
お人形さんいっぱいもらったのはいいけれど、おばあちゃんがくれた割には妙に洋風の人形ばっかりじゃない?時代考証はどうなってるんだ?
「トモ トモキチ!? ああっ…薬をあげ忘れて…!!」
お人形遊びにかまけて弟を放置した結果、動かなくなったトモキチ!両親はいったい何してたんだ?
「いやじゃいやじゃ死なないで そうだ虫もたくさん捕ってあげるから… ほら ちょうちょ かぶとむし… バッタ トンボ くわがた おかいこ ホラみて… あたしたちみたい……」
幼虫を外敵から守る繭のように、死んだ弟を抱きかかえるお姉ちゃん。トモを守るという強い想いが彼女を悪霊へと変えてしまった。
「福島ってのは元々養蚕が盛んだったみてーだナ」
江戸時代の初めの頃から始まり、昭和の終わりごろにかけてはかなり大規模に行われていたようですね。(参考
「同じ名の弟がいて 何かあって弟を死なせ自分も後を追ったけど成仏できず弟の代わりを探し続けていた…」
たまたま同じ名前だったからとりつかれたなんて、『ズッコケ恐怖体験』のハチベエみたいだな。


ベルモンド
怒涛の新キャラ攻勢…打ち切りの香りがぷんぷんするぜ!


ジャンプ魂
日本一カッコイイオナラの言い訳決定戦!!
「香り挽き立てだぜ!」
違いを楽しむ人の、ヘスカフェ・ゴールドブレンド。
「チィ、またオレの中の悪魔が騒ぎ出したか…。」
悪臭をつかさどる香りの悪魔がな…。
「オナラとかけまして~、ニートと解く。その心は、どちらもプー。どうもありがとうございました。」
もうええわ!(一同笑)

友情魂 息子が勉強してくれない。どうしたら真面目になってくれる?
「今度百点とったら父さん働こうかな」
めちゃめちゃすごい勢いで息子が勉強し始めた!父さんが働いてくれれば、この苦しい生活も少しは楽に…。
「CHA‐LA HEAD‐CHA‐LA! 頭カラッポの方が夢詰め込める!」
CHA‐LA HEAD‐CHA‐LA! 笑顔ウルトラZで今日もアイヤイヤイヤイヤイ!(CHA‐LA HEAD‐CHA‐LA
「睡眠学習」
息子に添い寝する親父はキモいよ!!

オレが日本一!
「「どちらにしようかな」で神様の言うとおりにしなかった回数なら、オレだって日本一だ!!」
じゃあやんなや!!
「妹との仲良さならオレだって日本一だ! 妹「ウザイ 寄るな」 勘違いでした!!」
実の妹なんてそんなもんでしょ。

万物の三本柱
「●早死に 三本柱
 1.かげろう
 2.セミ
 3.RPGの左にいるモンスター」
こうげきコマント連打してると自動的に左端から倒すからな!

「●テンションが高い人の三本柱
 1.テストの点が良かった人
 2.宝くじが当たった人
 3.世界陸上の解説をする織田裕二」
解説っていうより一人で騒いでいるだけですけどね。でもあのテンションは段々クセになりそうです。

元気魂
「お弁当食べようと思ったら箸が入ってなかった人。オラが元気を分けてやる!!」
コンビニで惣菜買って箸付けてもらうか…。
「身体検査の日にブリーフをはいてきてしまった男子!オラが元気を分けてやる!」
なぜかブリーフ派に対する風当たりが異常に強いんですよね。なんでだろう?


巻末作者コメント
「ファンレターに凄く力をもらってます。返事できてないですが全て大切に保管してる。<石岡ショウエイ>」
これはとてつもない打ち切り臭がするぞ!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 15:40 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

24 2007

初音ミクと拍手返信

最近、初音ミクという歌声合成ソフトウェアが話題のようですね。
声を重ねたり、アカペラで歌わせたりもできるようで、僕はこの動画を見て初めてこのソフトの存在を知りました。

全部初音ミク MOTHER「pollyannna」

プロの声優の声を元にしているとはいえ、機械音声でこんな綺麗な歌声が作れるなんてすごいですね。技術の進歩を感じます。

初音ミクは「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第1弾で、まだあと2つ続編の製作が決まっているようです。
どうやら次回も女性ボーカルのようですが、この技術力で男性ボーカルのソフトも作ってほしいものですね。
例えば、ベジータ役でおなじみの堀川りょうさんなんかいいんじゃないでしょうか。実際歌はうまくて、いろんな歌を歌っているようですし。

ベジータ様が歌うルパン三世
hokuto no ken 『愛をとりもどせ!!』

伸びのある歌声がいいですね。ところどころベジータを感じて面白いです。


今週のネウロ、19歳の若くて美人な嫁さんをもらっている望月に嫉妬しました。おまけに亭主関白でおかしかったです。
ムヒョは、悪霊の繭に縛られて完全にイッちゃってるトモが面白かったです。

ジャンプ感想は明日書きます。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:33 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

18 2007

ジャンプ42号感想

ネウロ
「好物はミュージックバナナ。」
ミュージックバナナとは、モーツアルトの曲を聴かせて熟成させたバナナのことだそうです。
「昼ごはんは久々に私が作るよ」
連載始まって以来の異常な形相で、恐怖に凍りつくヤコ!母の料理は青酸カリより毒性が強いのだ!
「近所の祭りで出された豚汁で・・・喰べた人の95%が病院送りになった事がある」
和歌山カレー毒物混入事件!?逮捕されるぞ!!
「まずはタマゴをまぜます!!」
犯人の豹変シーンのように、異常なテンションで料理を始める母!すごい迫力だ!!
「母親の手料理 飾り付けのクリームは…ニトロになってブッ飛んだ」
大爆発!普通なら死んでるぞ!?
いやはや、今週はまるでボーボボのようなハジけた展開だな!!
「ヤコ 不安だって1人で抱えちゃいけないよ?」
母はヤコの不安を感じ、それを紛らわすためにこんなに暴走していたのだ!母は強し!!
でも気を使うならもう少し別の方法で励ましてくれ!!!


ぼくのわたしの勇者学
倒した敵をさらに痛めつけるクソ島と、序盤の田舎町の周りをうろうろしている庶民的な魔王が面白かったです。


金未来杯ノミネート作品 ドラキュラ君と天使ちゃん
ちょっとシュールなギャグ漫画かと思いきや、ジャンプ漫画の王道を行くヒーロー展開やラブコメ要素もあって面白かったです。特にヒロインが主人公を馬乗りでボコボコにするシーンがよかったです。(笑)
ただ、絵が中途半端にリアルな絵柄を目指して失敗したような絵なので、思い切ってもっとデフォルメした絵柄にしてみたりしたほうがいいんじゃないかと思いました。ギャグ顔はなかなかよかったですし。

さて、7作品が出揃った金未来杯ノミネート作品ですが、僕の中での順位は以下のとおりです。
1.MUDDY
2.ぬらりひょんの孫
3.シュガーヒーロー
4.ドラキュラ君と天使ちゃん
5.CLUTCH
6.不恋愛戦隊ハヤタ☆ジョー
7.アナアキーズ

1~3位の漫画の実力は拮抗しており、どれが優勝してもおかしくはありませんが、画力の高さと世界観などの点から1位に『MUDDY』を挙げました。
画力や完成度の高さでは『ぬらりひょんの孫』もいいですが、妖怪のキャラが多すぎて覚えるの大変そうです。
『シュガーヒーロー』は爽やかスポーツ漫画として、やや地味ながらも名作だと思います。画力もありますし。
『ドラキュラ君と天使ちゃん』は、もう少し話のテーマを絞った上で、絵がもっと上達すれば面白いんじゃないかと思います。
『CLUTCH』は、「補欠だった主人公がなぜこんなに評価されているのか」の種明かしが地味だったのと、コマとセリフがごちゃごちゃしていたので読みにくかったです。
『不恋愛戦隊ハヤタ☆ジョー』は安易なエロに走ったのがよくありませんでした。ギャグもそんなに面白くなかったですし。
『アナアキーズ』は、独特の絵柄は個性だと思いますが、ストーリーがあまりに意味不明でどうしようもありません。


テニス
マムシがデビル化、乾が死亡など、今週はいつもに増して超展開でした。


ムヒョ
「はっはっは キーンておまえそれどこで?」
お前はアラレちゃんか!
「梨はなしてこんなに重い~」
死にそうな顔でオヤジギャグを放つパパ!少しは持ち帰ることを考えて遠慮しておけよ…。
「ギョエ~ パパのシャレ寒ぃ~ カメラがくさるう~」
「暑いから寒くていいだろ?」
「その寒いはいらないのよパパ…」
オヤジギャグに厳しいこの家族!ママの冷静なツッコミがイケてるぜ!!
「あれ…? なんか 気持ち悪い…」
突如へたり込んだお姉ちゃん。ちょっと疲れた、いや憑かれたのか?
「やっぱりパパとママのぼうしダサ―――…」
スナフキンみたいでいいじゃありませんか。
「え…? アレ何…? みん な… これみて……」
「…え? ――…撮ったとき… こんな人 いなかったよ…!!」
お姉ちゃんの背後にたたずむ異形の怪物!あたたかい家族のだんらんが、一瞬で恐怖に凍りつく!!
「それで…パパとママは…忘れなさいって… でもあたし こわくって…!! 弟は…パパ達を信じるって」
恐怖のあまり、ムヒョとロージーに相談したアミ!本名は岩田亜美、中学2年生!元ネタは柴田亜美か?
「オイ 弟は?」
全てを悟ったかのようにテレビのスイッチを消し、執行人のマントを着込むムヒョ。事態は一刻を争う!!
「霊は私に憑いてるんじゃ――」
「フン 素人のしそうな判断だ だがあれは霊独特のはりつきの動作 ―ビデオ撮ってから弟に変化は?」
「あ……!!」
飽きっぽい性格のはずの弟が積極的に虫の世話をするようになった。異変はじわじわと日常を侵食していた!
「ヒッヒ 一月か 霊(虫ケラ)が何処かに巣食うには 十分すぎる時間だ」
梨狩りのついでに取ってきた虫の中に、霊に関するものが紛れ込んでいたのか?
「ストラップだよ!!カワイイ人形つけるのが流行ってるの!!」
「フム… そうか …ヒッヒ 流行ねぇ…」
流行にうといムヒョ。アミのストラップに興味を示し、不気味な笑みを浮かべる。その真意は?
「850円になります」
タクシーの運ちゃんに小銭をどっさり渡して精算するロージー!事前に両替しとけよ!!
「このマンションだね 急ごう…!!」
こんな夜には命を落とす奴が多い!(デスクリムゾン2
惨劇を予感させるように、闇夜に不気味な静けさが漂う!!
「オイ ビデオは? ちょっと「音」を聞きそびれてナ」
ビデオに録音された「音」が霊からの重要なメッセージなのか?
「音?」
「………… フウ… やっぱカスはカスか…」
君のアホづらには心底うんざりさせられる。(ムスカ
魔法律家として全く成長していないロージーの様子に心底あきれるムヒョ!
「ウフフ…バカだなぁあたし クスクス そうだよ 幽霊なんているはずないのに… 変なの ウフフ…」
突然狂ったようにぶつぶつとひとり言をつぶやくアミ。さっき一人で飛び出したあとに何かあったのか?
「トモ」
ビデオに映っていた霊が呼ぶ「トモ」の名前。霊の標的は弟のトモだった!
「おね おねえ ちゃ たす… け…」
窓の外で、壁に必死ですがりつく腕!その正体はトモ!!
「屋上に何かいる!!!」
不気味なものに引きずり込まれるトモ!壁に爪跡を残し、屋上へと連れ去られてしまった!!
「ヒッヒ 手おくれじゃねぇ事を祈ろうぜ…!!」
魔法律書をその手に携え、屋上へと向かうムヒョ!トモは助かるのか、そしてパパとママは無事なのか!?


ジャンプ魂
日本一しょぼい甲子園の魔物決定戦!!
「スコアボードの文字をギャル文字に変える。」
読めねぇ!誰が誰なのかわかんねぇ!!
「チアガールに長ズボンをはかせる。」
全国のスケベな男たちが悲しむぞ!!
「バットにチョコを塗りたくってくる。」
チョコバットか!ホームランが出たらもう一本!!

クローズアップ原題 『To LOVEる―とらぶる―』に決まる前に長谷見・矢吹先生が考えていたタイトル(正解は『トランスガール』)
「めちゃ×ハダケてるッ!!」
けっこう合うタイトルじゃん。
「走れエロス」
確かにエロスが暴走しつつあるな。

しょこたんパチブログ
「今年こそ1日も欠かさず【5分おきにトイレ】しようと思ってたのに、3日で挫折!」「罰として今日から【一週間おきにトイレ】するお!!」
なぜそれほどトイレに行く頻度を管理しようと思ったのかが知りたい。
「罰として今日から【地球温暖化や少子高齢化などの様々な問題を解決】するお!!」
夢は大きく、理想は高く!しかしそんなに背伸びしないほうがいいぞ!!
「今年こそ1日も欠かさず【惑星を一つ破壊】しようと思ってたのに、3日で挫折!」
お前はフリーザか!2日目まではきっちり惑星を破壊したのか!?

万物の三本柱
「●有名サッカー選手の三本柱
 1.クリスティアーノ・ロナウド
 2.ロナウジーニョ
 3.朝青龍」
中田と一緒にプレイしたしな!でも本業の相撲でいろいろモメたけどな!!
「●「肉の偽装」の三本柱
 1.豚肉入りビーフコロッケ
 2.ダンボール入り肉まん
 3.寄せて上げるブラ」
しかし男はそれにあっさりとだまされる!サギだと訴えたところで誰も罪に問えない!!

バカズバッ!
「分がありすぎる、つな引き」
ジョジョ相手じゃ無理だ!もしかしてオラオラですかぁーっ!?
「カンニング防止」
カンニングしてもムダムダ!だって周りのヤツは誰もテストの問題解けないから!!

Posted by seiji | 18:59 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

17 2007

フリーザ様が絶対に言わないことと拍手返信

以前紹介した「ベジータが絶対に言わないこと」シリーズは好評だったらしく、誰かがフリーザバージョンを製作したようです。

フリーザ様が絶対に言わないこと

前半のフリーザ様もなかなかいいですが、僕としては後半の野球ネタがかわいくてお気に入りです。とぼけたような声がたまりません。

また、「べジータが絶対に言わないこと」シリーズの製作者であるm0w0mさんも精力的に新作を発表していらっしゃるようです。

べジータが絶対に言わないこと12-急がないと-
べジータが絶対に言わないこと13-ファッションのことなら-
べジータが絶対に言わないこと14-私は鳥よ-
べジータが絶対に言わないこと15-無視された-

ファッションに詳しいベジータを「さすがベジータだ…」と褒める悟空も面白いですね。


土曜日に発売されたジャンプの感想は明日書きます。勇者学のロープレネタが面白かったです。

拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

11 2007

ジャンプ41号感想

ネウロ
「好物はケフィア。」
ケフィアとは旧ソ連のコーカサス地方に伝わる発酵乳の一種です。「ヨーグルトきのこ」という愛称をつけられて、一時期日本でも健康食品としてブームになりました。
「かつて古代のヨーロッパ人は…東方から暴れこんだ騎馬民族を指して「病気」と呼んだ」
レイシズム(人種差別)ってやつですね。
欧米人が日本人のことを「イエローモンキー(黄色い猿)」と呼んだりするのも同じことです。
「黙れ」
謎を解いてくれと我先にがっつく人々を一瞬で黙らせるネウロ!その迫力はシックスに勝るとも劣らない!!
「プライドを取り戻せ人間共よ 貴様等の悪意は…そのような安っぽいものなのか?」
ネウロとシックスの決定的な違い、それは人間に対する「敬意」の有無!誇り高き魔人ネウロはその食料である『謎』の生産者である人間に対しても誇りを求める!!
「つまらん」
脅迫して人を殺させた人間たちを屋敷ごと爆破するシックス!まさに「絶対悪」!!
「近いからこそ恐い」
この言葉は差別の本質を表しているかもしれません。
いつか自分たちの存在を脅かすかもしれない「仮想敵」であると認識しているからこそ、自己保存欲求から相手を差別し、自分たちの縄張りから排除するのかもしれません。
「進化の隣人は滅ぼしてこそ…我々は種として確立できる」
いくら超人的力を持つ「シックス」の血族とはいえ、わずか100人しかいないのだったら2007年7月現在の推計で約66億人いると言われる人間には数の論理からいって太刀打ちできません。
絶対的少数者として細々と生活するのではなく、人間を超越した存在として世界を支配したいのなら当然、人間を絶滅もしくは著しく数を減少させる必要があるでしょうね。
「確かに貴様は我が輩と同じで人間ではないようだ だが…人間に対する考え方が決定的に違う」
「……ならば お互いの考え方を述べてみようか」
「全ての人間は我が輩の食料であり 我が輩の所有物(オモチャ)だ 我が輩だけがいじくる権利を持っている」
「違うね 全ての人間は私の敵であり私の所有物だ 私だけが壊す権利を持っている」
食糧と敵、その決定的違い!ネウロと人間の間には共生可能性があるが、シックスにはそれがない!!
「奴と我が輩は同じ世界に存在する事はできないのだ」
生存するために人間が必要なネウロ。そして人間を滅ぼそうとするシックス。相容れぬ二人!!


ムヒョ
「センターカラー扉絵」
ロージーがビシッと敬礼してる!ドアラみたいだな!!
「うーん久々のお洗濯キモチいい~」
鬼の居ぬ間の洗濯ならぬ、悪霊の居ぬ間の洗濯!主夫の日常に戻り、心も洗濯するロージー!
「あの嵐のような日々の後 色んな事務的な作業や復業のチラシ作りで大忙し」
雑用なら僕に任せて!ニートのように何もしないムヒョの代わりに、ロージーは精力的に動き回る!!
「ムヒョも手伝ってよ!!」「今手がはなせねぇ」
オレは留守中読んでなかったジャビン読むから忙しいんだ!
駄目だこいつ…早くなんとかしないと…。(ライト
「でも 今事務所にはそれ以上の問題が―」
事務所に巣くう不気味な物体。それは霊になりそこなった「はぐれ霊(もの)」!
はぐれメタルで例えればはぐれはじめってとこだな!!
「怖くて耐えらんな――」
オニコマイヌやブイヨセンとも戦ったし、ボビーとは友情を交わしたにもかかわらず、ロージーはまだ霊に恐怖がある!どんだけヘタレやねん!!
「ギャ~~~!!早くソイツどーにかしてくれぇぇ~」
借りていたビデオをケンジに渡したかと思ったら、それを受け取ったのははぐれ霊だった!おびえて逃げ出したケンジ!!
「オメェもたいがい化物見てきたんだそろそろ慣れ――」
「慣れっこないよ!!」
まるで成長していない…。(安西先生
どんなことがあろうと、ロージーはいつまでたってもロージーなのだ!!
「ムヒョ 新聞ソファーね」
ムヒョって貧乏なのに新聞とってたの?政治とカネの問題に文句言ってたりしてるんだろうか。
「ハッ ……!! やっぱりそーだ「ホタテのパッくん」最終回―――」
「ばめら(だめだ) そいつと同じ時間帯はダメだ…」
仁義なきチャンネル争い!決して負けられない戦いが、そこにはある。(そんな大げさなもんじゃないよ!)
「そっか… 今日… 一年前ムヒョがはまってた「逆ギレ刑事」の続編がはじまるんだ しかも同じ時間にッ!!!」
アニメの最終回も見る。ドラマの続編も見る。「両方」やんなくっちゃあならないってのが「テレビっ子」のつらいところだな。録画予約はいいか?オレはできてる。(ブチャラティ?)
「ムヒョえらいハマりようだったしな…」
逆ギレ刑事か…。天才バカボンに出てくる目ン玉つながりのお巡りさんのようにピストル撃ちまくって大暴れするのか?
「う うん でもねムヒョ… ホ ホタテパッくん…」
「ダメだあんな幼稚なクソマンガアニメ」
一刀両断!パッくんファンに聞かれたら刺されそうな台詞を平気で吐くムヒョ!
「パッくんはパッくんは……!!意外と深いストーリーだし それに― 留守中も気になってしかたなかったし ケンジに頼み込んで録画してる子さがしてもらってやっと見続けてるんだ……!!」
ロージーはアニメオタクだったことが判明!いや、録画したビデオ貸してもらえるなら見なくてもいいじゃん。
「心の友よ…!!」
ジャイアンかお前は!!
「ムヒョだってあんな怖いドラマみて――」
「るせーっ そこがいいんだ!!」
だが、それがいい。(花の慶次
カオスな作品には物好きな狂信者がつきもの!ゲームで例えればデスクリムゾンなんかその代表例だな。
「と・に・かく ダメなものは ダメ」
アニメの最終回が見たい?でもそんなの関係ねぇ!
そんな暴君ムヒョに天罰が!顔にお茶がかかって汚れてしまった!!
「ああああブチギレてぇぇぇぇぇ」
素敵な登場台詞と共に始まった「逆ギレ刑事2」!それを邪悪な顔で見守るムヒョ!!
「え!!?みせてくれるのムヒョ!!!」
逆ギレ刑事役の俳優は「緑川濁」さんだということが判明!元ネタは緑川光か?
「ムヒョ…これはひょっとしてイジメ…?」
「ちげぇ かってに変りやがってこのボロテレビ」
チャンネルを何度変えてもホタテのパッくん最終貝に!これはイライラするぜ!!
「こ ここここれは…!!」
「霊障の一種― インチキくせえが俗にいう ポルターガイスト」
ポルターガイスト現象について、詳しくはこちら
「ククク はぐれ霊がオレ様とやりあおうってのか? おとなしくしてりゃ地獄に行かずに済んだものを オレのテレビタイムを邪魔した罪は重いぜ…!!」
魔法律には、恣意的な刑罰の禁止という罪刑法定主義の基本的な概念が存在しないのか?
赤川団地の霊を裁いた時は、何の罪もない娘のあいちゃんもまとめて「三途の川行き」にしちゃったし…。霊に人権は無いと言ってしまったらそれまでだけど。
「はぐれ霊が強く反応した時はたいがいテレビ関連― まさか!!」
気に入らねぇ霊をすぐ裁こうとするムヒョとは対照的に、霊の行動の特徴に気づいて平和的解決を試みるロージー!
「そっか…キミもみたかったんだね……」
パッくんファンはパッくんファンを知る。はぐれ霊はパッくんの「旅の終わり」を見届けたかったんだ!
「ありがとっ!!」
パッくんの最終回を見届け、感謝の言葉を残して逝ったはぐれ霊。お前もパッくん狂信者だったのか…。
「いろんな霊がいるんだねぇムヒョ アニメの最終回で成仏するなんて…」」
「ヒッヒ アホめ こんなの序の口だ これから もっと厄介なのとやりあうんだ」
そりゃそうだ。しかし、アニメの最終回で成仏するような霊とやりあうのもある意味厄介だよね。
「イッヒッヒッヒッ」
「こ この上司とやってけるか不安だ…」
パッくんが終わり、安心して逆ギレ刑事を楽しむムヒョ。その凶悪なる暴力行為の数々にご満悦!!
「その後すぐ逆ギレ刑事は打ち切られた」
そりゃあんな暴力的な内容を夕方6時に放送してりゃ苦情来て打ち切られるわな…深夜にやれよ!!
俺たちの戦いはこれからだ!!!!(打ち切りの定番台詞)


金未来杯ノミネート作品 CLUTCH
この前掲載された『シュガーヒーロー』もバスケ漫画だったのにこれもバスケですか!?
努力によって手に入れた出足の早さが武器って…イマイチ地味ですね。どちらかといえばシュガーヒーローの方が面白かったです。


ジャンプ魂
日本一感動できない24時間テレビ決定戦!!
「募金される度、スタッフが「ゴチになります」と叫んでいる。」
違う番組だし!ていうか、募金を横領する気か!?
「徳光さんの泣いてる理由が巨人の連敗。」
その横で笑いが止まらない阪神ファンの松村邦洋。もちろん笑いの理由は阪神の25年ぶり10連勝。
「徳光「結局、世界を救うのは金なんだよ!金!」」
ヒステリアばりにブッちゃけた!!!!
「番組の終わりに「この番組はフィクションです」と出る。」
熱湯コマーシャルの熱湯はマジでフィクションだと小島よしおが教えてくれました。でもそんなの関係ねぇ!!

元気魂
「オラの成績が悪くて頭を抱え込んでる担任!オラが元気を分けてやる!!」
そんなことしなくていいから勉強してくれ!がんばって成績上げてくれ!!
「トイレで用を足した後に紙がないことに気づいた人!!オラが元気を分けてやる!!」
紙をくれ!紙を!!
「ご飯より先におかずを食べきってしまった少年。オラの元気とニンジンを分けてやる!!」
単にお前が苦手なニンジン押し付けたいだけじゃね?じゃあオラはピーマンを分けてやる!!

ジャンプファン魂
「ジャンプでゴキブリを叩いた母親の鼻をへし折った。」
ジャンプを汚すヤツには鉄拳制裁!それがたとえ母親でもこの掟に背くことはできんのだよ。
「ジャンプばかりを集めた部屋を大奥と呼んでいる。」
ジャンプに囲まれて幸せな気分にひたるってか!どういう趣味してるんだよ!!
「A「がんばれ今助けてやる」B「このままじゃジャンプもあの世行きだ…」A「よせーっ バカヤロー」B「あとは頼んだ」」
オレのためにジャンプまで巻き添えにゃあできねーしな…。友よ、オレのかわいいジャンプをよろしくな…。
…って、アホか!友人も、なぜ崖から落ちそうなヤツを助け上げるのにジャンプを差し出すんだよ!?

イニシャル魂
「H・・・恥ずかしがり屋な僕だけど
 D・・・男子トイレの中でだけは
 D・・・大胆になれるんだ!」
トイレで一体何してるんだお前!?そんな告白いらねーよ!!
「H・・・東国原知事は
 D・・・どげんかせんといかん!
 D・・・どんどん薄くなる自分の髪を!!」
知事の仕事に専念できるように、そっとしておいてあげてください。
「H・・・はああ――――――――!!!!
 D・・・だあああああ――――――――――――――――っ!!!!!!!
 D・・・ドラゴンボールの名セリフでした。」
うん、確かにそんな奇声を上げてはいたけど、名セリフではないよね。

キャラQ メジャーリーグで活躍できそうなジャンプキャラ
「ルフィ。ホームランボールも手を伸ばしてキャッチできるから。」
存在自体が反則です。でも、ルフィが野球の複雑なルールを理解できるのか?
「寺井。 人生送りバント 地味だが戦力になる!」
その自己犠牲の精神に乾杯。寺井はむしろ嫌々ながら両さんに利用されているような気もするけど。
「ハマー。何をやらせても全然だメジャー。」
おあとがよろしいようで。


巻末作者コメント
「今号より新展開!短編や中編ものを描いていきます。尚以前募集した使者や霊を出すつもりなのでお楽しみに!<西義之>」
募集して発表されたはいいもののいつの間にか「なかったこと」にされる可能性を恐れていましたが、ちゃんとやる気はあるようなので一安心です。
この勢いで、以前ジャンプ魂で「日本一イヤな魔法律決定戦」に選ばれた「オレのハートを奪った罪により『キス百万回』の刑に処す!!」も早く描いて下さい。

Posted by seiji | 22:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

10 2007

MOTHER3没敵集と拍手返信

youtubeでMOTHER関連の動画を探していたら、面白いものを見つけました。

MOTHER3 没敵集

ヒモヘビ超怖えぇ~!!白目向いてるし、完全にイッちゃってる!!
天使のような外見の「テントのなかのひと」やうっすらとクラウスの顔が浮き出る「わら」も怖いです。
MOTHER2のギーグみたいな敵ですね。悪夢をそのまま映像化したようなゆらゆら揺れるグラフィックはホラーもいいとこです。
当初は、ラストバトルはこんな風になる予定だったんでしょうか。もし採用されていたら確実に子供たちにトラウマ残してましたね、これは。


今週のネウロ、謎養殖場の屋敷をあっさり爆破したシックスの「絶対悪」らしさと、ネウロとの意地の張り合いが面白かったです。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 18:58 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

05 2007

ジャンプ40号感想

ネウロ
「好物はとんかつふりかけ。」
とんかつ味のふりかけかと思いきや、検索してみても調味料のものしか見つかりませんでした。
「つまり「悪意」の定向進化か」
生まれついての悪、悪意の一族、悪意に染まりきった脳の持ち主。それが「絶対悪」シックス!
「素晴らしい茶菓子を用意したよ」
館で突如繰り広げられる同時多発殺人!脅迫されてトリック殺人を犯した人々がみなネウロに謎解きを迫る!!
「喰べなさい 大量の食料を用意してあげたよ」
こいつはくせえッー!ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーーーーッ!!こんな悪には出会ったことがねえほどになァーーーーッ(スピードワゴン
吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・・・・!!自分の利益だけのために利用する事だ・・・(ブチャラティ
凄惨なる外道の行いにあからさまな嫌悪感を見せるネウロ!!
「地上に出てきてだいぶ経つ 様々な感情を経験したが これほど…不快な気分にさせられたのは初めてだ」
謎を喰うネウロを侮辱し、人の命を侮辱したシックスを挑発するネウロ!
「…残念だ だがありがとう 最高の誉め言葉だ」
紅茶を一瞬で砂にし、今度は奇妙な魔界生物に変化させたネウロにも全く動じないシックス!互いに譲らぬ2人!!


金未来杯ノミネート作品 不恋愛戦隊ハヤタ☆ジョー
無駄にエロくて無駄に熱かったけど、無駄に面白くはなかったです。
少なくとも連載で読みたいとは思わないし、長期連載できる作品だとも思えません。


スケット・ダンス
「見つけた 私の王子様」
その後はなにもかもがぼやけてしまったの だってついに―― 王子様を見付けたから…!!(パンジャ
「注:この漫画はスケット・ダンスです」
どこかの少女漫画…いや、ムヒョかと思いました。(え)
「でも私 ベタな場面に遭うとつい少女漫画的な目で見てしまったりするの それを私は乙女フィルターと呼んでいるわ」
それはパンジャも持っていたものですね。恋は盲目なのだ!!
「アナタだったのね 私の王子様 絶対逢えるって信じてた…!!」
これはきっと私の運命なの あなたに会うのもね 私の王子様…!(パンジャ)


ムヒョ
今週の今井裁判官・・・やっぱり今井さんが淹れたお茶は一味違いますよ
普段は牛乳ばっかり飲んでいるせいか、お茶を入れるのが苦手な今井さん!こりゃOLにはなれませんな。(え)
今週の今井さんはコミカルな感じがかわいかったです。

「ティキが求めたのは只の破滅?」
「否 否! 母なる協会への愛の裏返し…!!」
「歴史は常に想いに乱される」
愛ゆえに人は苦しまねばならぬ!!愛ゆえに人は悲しまねばならぬ!!愛ゆえに…(聖帝サウザー!?)
愛と憎しみは表裏一体!愛深きゆえに憎しみに堕ちた男・ティキ!
「後日談もたっくさん 例えばイサビが消え 禁書が消え フリオも消えた」
目的が不明だったイサビとフリオが消えた。おそらくは禁書を持ち去って。ティキは倒したが、裏で暗躍していた勢力が再び世に破滅をもたらそうとするのか?
「いつの日かまた」「運命は動き出す?」「あの2人の」「「アロロパシー(運命)」もまた―」「でも」「それはまだ先の話」「遠い遠い」「未来のこと…」
邪悪な顔で予言を残しつつ、図書館の闇に消えるリリーマリル。この2人はディーグレでいうブックマン的存在なのか?
「うっは――っ なんじゃここは~ 水着持ってくりゃよかったなおい~~!!」
ヘリコプターでやってきたのは、洋上に浮かぶ第12監獄!なぜかリゾート感覚のヨイチ!
「2秒でおぼれるナ ヒッヒ」
「リオ先生とナナちゃんの水着におぼれてぇぇ~~っ」
想像図の2人が「だっちゅーの」のポーズをしてる?古いよ!!
「海に落としてやろうか」
お前も蝋人形にしてやろうか!!(蝋人形の館
黒ビコ発動!ヨイチのセクハラ発言に邪悪な言葉を吐くビコ!!
「そ そーいえばビコ リオ先生どう?」
不穏な空気を和ませようと話題を変えるエンチュー、グッド!
さすがに付き合いが長いだけあって、この個性的なメンツのあしらいかたをよく心得ている。
「うん ボクと借りたアパートで休んでるよ 「無期執行猶予」だから監視員付きで――― 今井さんだけどね」
執行猶予つき判決で免れたリオ。彼女が反逆者になったのは母親の危機を救わなかった協会側の落ち度もあるし、おそらくリオ自身は人を殺していないからだろうか。
監視員が今井さんだったり、エンチューを魔監獄に連行するのに手錠もつけずムヒョ達の同行を許すなんて、意外に協会は甘いな。
「今井さんのお茶渋いんだよね~… 平気かな」
びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛!(マスオさん!?)
連載始まって以来のブサイク顔でむせるリオ!そんなビックリするくらい渋いの!?
「ああっ 後遺症?! (私がしっかりせねば…)」
リオが苦しんでいるのは禁魔法律の後遺症のせいと勘違いし、決意を固める今井さん。ちょっとズレてますよ!
「毒島さん2日前に病院から脱走したんだ んで酒飲んでかっ飛ばして 協会内で即つかまって一発免許取り消し」
飲んだら乗るな、乗るなら飲むな!飲酒運転は犯罪です!!
「それで居候…何かかわいそう」
「ただのアホ女だろ ヒッヒ」
免許取り消しされて帰ることもできなければ副業の運送業もできず、途方にくれる毒島!おとなしく入院しとけばよかったね…。
「七面犬とキリコも帰ったし」
とことんこき使われて地獄に帰っていった1人と1匹。おつかれさーん!
「一匹帰ってない奴がいるがナ」
「な」
次は原宿です!ギンジをこき使い、現世観光を楽しむキュラ!
「召喚主交代より確かなのは奴等の間に「血の契約」があることだな」
血ぃ吸ぅたろか~。(間寛平
キュラは定期的にギンジから血を吸うことによって現世に滞在し続け、そしてギンジの金と体力まで吸い続けているわけか…。たぁすけてええ~~!
「う~ん ちょっとうらやましいような~…」
キュラに血ぃ吸われてぇぇ~~っ!ってことか…。
「昨日ビコのアトリエ跡地でやったパーティーの料理――」
監視員つきとはいえ、お別れパーティーまで開催できるなんて、エンチューとリオの改心は協会もちゃんと認めたらしいな。
しかしビコは相変わらずパン作りすぎだな…。
「おめーって奴はもーつくづく……!」
エンチューも含め、爆笑する一同!今までの戦いが嘘みたいだな。
「あのこれ…冷凍して少しずつ食事に出してあげて下さい」
「おっ さすが主夫!!」
ロージーはヨイチ達にも完全に主夫として認識されてるのか…。どーなのソレ?
「ビコ…ありがとう パーティー… 楽しかった 忘れないよ きっとずっと… 皆とあんなに話すの 久し振りで楽しかった もっと沢山おしゃべりしたかったけど つづきは手紙に書くね」
続きはWEBで!
楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、贖罪の時が迫る…。轟音を奏でながらゆっくりと閉じ行く魔監獄の扉!
「てんめぇ…! 何一人でしめっぽく…!! くそっ…明るく見送るって決めてたのに…」
みんなが妙に明るいテンションだったのは、エンチューを明るく見送るため!しかし最後にボロが出た!
「―普段はやらしいのに実は熱い ヨイチのそういうとこ 好きだよ」
いや、ヨイチは普段エロ方面に熱くて、たまに他の方向にその熱さが向かうんですよ。
「ビコのムチャなところも好き」
別れの前に友に送る愛の言葉!さよならの代わりに!
「ねえムヒョ もう遅いかもだけど気付いたんだ 本当に人に要るのは努力の成果や 才能の成果より 好きな人達なんだね」
誰かのために生きていける。誰かのために命をかけることができる。かけがえのない大切な人の存在が人を支える。
「ママは それを僕にわかってほしかったのかも」
ママだけを好きでいたかった、そのこだわりが悲劇を呼んだ。ママがいなくなっても生きていけるような大切な友達を作れるように、エンチューのママは苦労してエンチューをMLSに通わせたのかもしれない。
「…ロージーくん ムヒョをよろしくね…」
「はいっ…!!」
悲しそうな顔でロージーにムヒョを託すエンチュー。ムヒョの「世話の焼ける相棒」の座の引継ぎは確かに行われました。
「オイ 待っててやらなくもねえ だからさっさと魂元に戻して 帰ってきやがれクソヤロー…!!!」
「うんっ 大好きだよムヒョ」
エンチューが求めたのは只の破滅? 否 否! ムヒョへの愛の裏返し…!!
エンチューもまたティキと同じ、愛深きゆえに歪み、憎しみに堕ちた男…!
「君の書はここにある 待っているよ いつまでも…」
私 待つわ いつまでも待つわ♪(あみん「待つわ」)
センキュー!ビューティフルティーチャー!!(ベジータが絶対に言わない事
「またうるせぇとこに帰っちまったナ…」
ケンジにずっと借りていた帽子を返し、約束通り事務所に帰ってきたムヒョとロージー!
次回からは初期の日常編に戻るのか、はたまた消えた禁書の謎に迫る展開になるのか!?


瞳のカトブレパス
白虎出てないのに終わったー!!
あんまりだ…HEEEEYYYY ァァあァんまりだァァアァ AHYYY AHYYY AHY WHOOOOOOOHHHHHHHH!!(エシディシ
随所随所にジョジョを醸し出していたのが良かったのか悪かったのかよくわかりませんが、お疲れ様でした。


ジャンプ魂
日本一しょっぱい海水浴場決定戦!!
「水温92度。」
沸騰する寸前じゃん!入れるかー!!
「ライフセーバーがライトセーバーを振り回している。」
ただのダジャレじゃねーか!危ないよ!!
「腰を負傷したはずの朝青龍がビーチバレーをしている。」
その映像が日本のニュース番組で流れて仮病疑惑が浮上し、えらい騒ぎに!ついには引退騒動にまで発展!?

ジャンプ喜利 1ベリーも懸賞金が懸けられない海賊とは?
「航海に出るたびに「携帯が圏外でつながらない」としきりにうるさい。」
船乗りは海と対話するのが粋ってもんよ。
「山が好き。」
山賊に転職しろ!いや、むしろ山が好きだからこそ海で犯罪しようとしたのか!?
「足先で温度を確かめてから海に入る。」
銭湯か!!とりあえず水道水で埋めとけ!!
「少しでも安いスーパーを探して旅している。」
主婦かお前は!隣町のスーパーは今日特売日らしいよ!!

イニシャル魂
「H・・・入りま~す
 D・・・大をしま~す
 D・・・出ま~す」
いちいち宣言しなくていーよ!
「H・・・ハリセンボンの2人だって
 D・・・堂々と生きている
 D・・・だからボクらも堂々と生きていこう!」
そうだな。

オレが日本一!
「電車でおばあさんに席を譲った人の隣に座ってた回数なら、オレだって日本一だ!」
気まずい!オレの中のちっぽけな良心がオレを責めるんだ!!
「握力が無くてブランコから落ちた回数なら、オレだって日本一だ!!」
思いっきり勢いついて飛んでいってる!これは危ない!!


ピューと吹く!ジャガー
大亜門先生が題字とイラスト描いてる!魔法少女しげはるもいるし、題字がジョジョっぽい!!


巻末作者コメント
「エンチュー編今号にて幕引きです。ここまで来れて幸せです。読んでいてくれた人達に感謝<西義之>」
長い長いエンチュー編だったなぁ…。最後ちょっと巻き入ってたけど。
次回からはどんな展開になるんだろうか?

Posted by seiji | 22:19 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

03 2007

性格バトンと拍手返信

蟹剛さんから「性格バトン」をいただきました。ありがとうございます!

・自分が思う性格
単純 テンション高い 意外とマメ

・人に言われること
真面目 意外と不真面目 熱い 面白い お前のそういうとこがダメだと思う

・男女関係なく友達の理想
一緒にいて楽しい人。思いやりがある人。

・好きな異性の理想
信念のある人。互いに想いあえる人。

・最近言われて嬉しかった事
シャオレンさんのリンクページで「着実な文才と豊富な語彙に支えられた遊び心に溢れています」と紹介されていて嬉しい反面、こっぱずかしかったです。
でも基本的に単純なので褒められるとすぐ喜びます。

・バトンの送り主の顔は見たことある?
ありません。

・送り主の印象は?
蟹剛さんは楽しくていい人そうだと思います。

・次に回す人(思い浮かんだ人を適当にどうぞ)
クール→skさん
残酷→?
可愛い→ 珠実さん このみまこさん
癒し→サラシナさん 
カッコいい→エノシマさん コンさん
面白い→蟹剛さん シャオレンさん
楽しい→サラシナさん マジデールCさん 蟹剛さん シャオレンさん
美しい→DAIさん skさん コンさん
頭が良い→夏みかんさん カサイさん
礼儀正しい→シャオレンさん
子供→?


今週のネウロ、絶対悪シックスの「吐き気をもよおす邪悪」っぷりがすごかったですね。あの悪趣味なショーを見たら、読者はみなネウロと同じ表情になったはずです。
ムヒョもまだ連載が続きそうでよかったです。あと、今週のスケットダンスは少女漫画してて面白かったです。

拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:53 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

© FC2 BLOG / ooq:blog