コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

30 2006

ジャンプ39号感想

一応完成しました。

ボーボボ
「ああっ コレまたヤムチャになってる――!!!」
また!?なんか定番ネタっぽくなってるな!!
やられ役=ヤムチャというジャンプ漫画の掟!!!
「まずいぞ 完全に瀕死だ」
天津飯に餃子、クリリンもいるぞ!ガ王はなかなか似合ってる!!
「めざまし天の助君」
ドラえもんのひみつ道具みたいな取り出し方だ!!
「ぬぬぬぬ…ぬぬぬぬぬ」
ウゼー!そしてあんまり起きられそうじゃねー!!
「んだこりゃ――――!!!!」
あまりの不快感で復活したボーボボ!めざまし天の助君の破壊と引き換えに…。
「ナメ郎 ネオマルハーゲに来い お前には3大王のイスをくれてやる」
「興味ねーな」
せっかく3世が直々に誘ったのに、あっさり断られてるー!!
「オレこそが次期皇帝 ツルリーナ5世だ」
そういえば、闇皇帝ハイドレートもツルリーナ5世を自称したことがあったっけ…。
「あれは3ヶ月前…」
「5月5日 5:55.55」
つまり、ボーボボ世界の現在は8月5日ということ?
「今思えばあれこそオレがツルリーナ5世だというお告げ… 5だらけだったし」
確かにそれは貴重な体験だけど、5世かどうかとは関係ないよ!
「キミがネオ・マルハーゲのトップに君臨したらキミの権力でひとつところてんを主食にしてくれないかな~ 頼むよ」
強者にすりより、媚を売るところてん!ところてん促進という目的のためなら手段は選ばないのだ!!
「ラーメン高校での借りを今ここで返すぞボボ八 オレはお前の首をみやげにネオ・マルハーゲの王位につく」
「させねぇ お前がネオ・マルハーゲに戻るってんなら今ここでぶっ倒す!!!!」
一触即発!荒ぶる戦士たちの鼓動!!
「…いけない ナメっちのが強い」
天才的バトルセンスを誇るポコミの直感!この勝負に勝ち目はない!?
「げぇ!オーラで地面が溶けてる」
なぜかキルアの親父を思い出した。
「さぁ帰るわよみんな」
あれ?さっきはあんなに威勢がよかったのにあっさり撤退ですか?
「70年代ギャグマンガの逃げ方」
天才バカボン!?これでいいのだ!!
「スペランカーの爆弾置いた後的逃げ方」
爆風をくらうだけで1ミス!
スペランカーについて、詳しくはこちら
「よし!逃げ切った」
あんな逃げ方で!?ボーボボすげー!!
「タクティクス鼻毛セプトSAGA」
シミュレーションRPGっぽい!バンダナ巻いた首領パッチがかっこいい!!
「超高等戦術!!!」
戦争には犠牲がつきものなのよね。
…って、首領パッチを囮にして自分たちだけ逃げ隠れるのかよ!!
「こんなん出ましたけど♪」
「ウォーズマン!?」
首領パッチってサイボーグだったの!?ちょっとグロい!!
「うおっ!ちょ…写真はかんべん… コーホーコーホー」
みじめな敗者になんたる仕打ち!パパラッチパパラッチ!!
「真説オラオラオーラ」
ただのチンピラじゃねーか!ガ王がすごくキモい!!
「このぬのハンカチシェルタ――に入れ―――!!!」
隙間だらけなんですけど!風雨すら防げないよ!!
「オレのシェルターは昔からここって決まってんだよ」
どきどきペンギンランド!?アデリーくんがかわいそう!
「女のアンタに恨みはないが 運がなかったとあきらめるんだな」
ナメ郎の攻撃の矛先がビュティにも向かう!
「…ポコミちゃん…」
間一髪でビュティを助けたポコミ!熱で変形した杖がその衝撃の激しさを表す!!
「… ポコミ …オレと一緒に帝国に来い お前は特別だ 最高の位をくれてやる」
まるで自分がツルリーナ3世にそうされたように、ポコミをネオマルハーゲへ誘うナメ郎!
「いかない お兄ちゃんや私のことを利用するだけした帝国を私は許さない」
だが断る。このポコミが最も好きな事のひとつは、自分で強いと思ってるやつに『NO』と 断ってやる事だ…。
「それにみんなのこと好きだし裏切りたくないから」
服従と権力ではなく、抵抗と仲間をとったポコミ!
「私はいくよ♪」
「誰もテメーは誘ってねえ!!!」
ポコミのコスプレでナメ郎にすりよるパチ美!ナメ郎激怒!!
「その程度かボボ八 いつもの威勢を見せてみろ!」
その不遜な言動、まさに帝王の風格!
「今残っている体力じゃボーボボフュージョンやボーボボワールドの奥の手が一切使えない」
過酷な連戦によって疲労困憊のボーボボ!大ピンチ!!
「…力を貸してくれるか」
「うん♪ 今ならまだ勝つこともできるよ」
ナメ郎の戦力を冷静に分析するポコミ!彼女と組めば、まだ勝機はある?
「オーケー!このSUPER天の助も力を貸そう」
「むし~ん」
でもところてんは戦力外!残念!
「早く戻って来いナメ郎 お前はいずれオレを超える器だ」
3世をも超えるというナメ郎の潜在能力!
「この戦いがオレが帝王として歩む第一歩だ」
「いくぞ」
「うん」
それぞれの思いを胸に、戦いの火蓋は切って落とされた!


ネウロ
「好物はウニのアイス。」
世の中にはしじみアイスまであるそうですが、どちらにしろ食べたくはないですね。
「あなたを殺すのは…私一人で充分」
ネウロを眼前にしても余裕しゃくしゃくの江崎!その自信の理由とは!?
「穴の中で自分の手と手が触れ合うの その感触が言い様もなく大好きだった この快感わかるでしょ!? 他人の体内を自分の体が貫いた瞬間の快感!! 相手を完全に支配したという証の快感!!」
すっかり興奮して自分の欲望を告白する江崎!気だるくため息をつくネウロ!
「私が刺し貫いた春川教授の遺体でも…砂場と同じ事をしたわ そしたら!! メチャクチャ興奮したわ」
すんげー悪趣味な江崎!よだれダラダラ!!
「ねえネウロ…あなたの死体でも…砂場遊びさせて?」
あっという間に穴ボコだらけにされた人形!江崎はなにか特殊な技の使い手?
この“謎”を解かない限り、ネウロの勝利はない!!


リボーン
リボーンってそんなに人気なかったの!?主人公なのに!!
ランボさんの半分以下しか得票できないなんて…う゛お゛ぉい!!


ナルト
せめて西川君を気絶させてほしかった。


ブリーチ
やけにベラベラよくしゃべると思ったら、ルピ殺されちゃったー!
次に会ったら必ず殺すとかなんとか予告してたのに!!


メゾン・ド・ペンギン
「なぜ我が社を?」「知らねぇ」
どんだけ失礼なんだお前は!じゃあなんで面接にきたんだよ!!
「まり…あの男のことはもう忘れるっぺ」
たもっちゃん殺されたー!!!
極度の親バカだか知らないけど、ものすごくあっさり殺しにきたな!!!


もてキング
「暗くってなんにも~~見えなァ~い! なぜ…明りを消したんですゥ~」
ジョジョ第2部のナチス兵!?あの頃のジョジョはホラーだったなぁ…。
みんなァ~~ どこォ~~ ぼくをひとりぼっちにしないでェ~ん!(ジョジョ6巻参照)
「おめめが真っ赤だ―――!!!!」
「王子 こんな時はロードこどもソフトです ちゃんとドラゴンケースに入れてあります」
えらく懐かしいCMだな!悠は牛魔王的なポジションなのか!?
「おまたせ」
ネウロの江崎さん!?矢射子って刺殺願望の持ち主だったの!?
「色をつけて…おる… …んじゃよ」
「何のために!?水の中に透明の赤んぼでも落ちたのか!?」
ジョセフ・ジョースターかお前は!
カッコつけたかったんじゃよ、おまえの前で。(ジョジョ34巻参照)
「だってついに―― 王子様を見付けたから…!!」
半裸の王子様を…!!
パンジャばりに乙女だな矢射子!目がキラキラしてるよ!!
この後矢射子は阿久津にストーカー行為をして、頻繁に無言電話をかけるようになるわけですね。(え)
「ど…どうしたのかしら こんなケン初めて見るわ…!」
才気煥発の極み!?木嶋って無我の境地を極めてたの!?
「今の奴にはもてるイメージが一瞬にして見えているのだろう」
「…………そんな事が」
なんかよくわからんけど面白い雰囲気だ。
「矢射子姉ちゃん大丈夫?」
「うわあ~ん阿久津ゥゥゥゥゥ阿久津がいいよォ」
ナランチャかお前は!
うん大丈夫 ぜんぜんなんでもないよォォ―― ミスタァ―――(ジョジョ57巻参照)



ムヒョ
「ついに見付かってしもうたか」
ついに姿を現したイサビ!和風で古風な鬼のような姿!
「イサビ…!! その昔自らを使者化させ永遠の命を得た 齢およそ千数百年といわれる ティキの倒し方を知る唯一の禁魔法律家…!!」
イサビは禁魔法律家だった!それなら協会に協力してくれそうもない!!
「なになに?」
イサビにチクリを入れる山の精!
「ヌシの連れ…大層な術式を山の怪に放ったそうな」
イサビはずいぶんとお怒りの様子!まずい状況になってきた!!
「だまれ 人の城を汚しおって ワシを誰だと思っておる」
まともに話し合いに応じてくれそうもないイサビ!あからさまな敵意!!
「ワシは怪の者 山の怪の頂点に立つ怪の者…魔法律にも禁魔法律どちらにも属さぬ 山の怪の王!!!」
魔法律家だかなんだか知らねーが…ワシがキングだ!
醜く恐ろしい真の姿を現したイサビ!!大ピンチ!!
「山の土と果てるがよい…!!!」
「フッ ご冗談を…!!!」
こうなったら仕方がない!書を発動させたペイジ!
「ウロロロロロロ…!」
ヨイチも大ピンチ!不気味な巨人の姿となった山の精の怪力に押されぎみ!!
「ちっ!ヒキョーだぞテメー!!」
ハッ ヒキョウ? ケンカにヒキョーもクソもあるかこのボケェ!! どんな汚ェ手使ってでも勝ちゃいいんだよ! byミック
「おやおやいいのですかな?安住の庵が台無しだ まあいいでしょう この山も庵も 今日でお終いだ…!!」
あくまでも冷静に刑を執行するペイジ!百戦錬磨の勝負度胸!!
「あなたの出方次第ではこうなることはわかっていた 所詮裁かれる身…実に残念だ 私の問いに答えれば無限の閉塞の罪を軽くしてもいい…質問は簡単 あなたのかつての盟友ティキの 打倒に必要な ある物の在り処を――」
イサビとティキは友人だった?そして、ティキ打倒に必要な“ある物”とは!?
「――バカな…!!冥府の銀で造られた柵を破壊するなど――不可能…!!」
ペイジの計算ミス!それは、イサビの力を軽く見すぎていたこと!!
無残にも噛み千切られようとしているペイジ!!!
「――私には…やらねばならない事があるんだ 闇に堕ちた弟子を救わねばならんのだ…!!!」
まだだ、まだ終わらんよ。
ここでやっと“とっておき”が使われるのか!?
「準備に時間かかるから用意してたんだ 今からコイツを使うんだ」
魔法律書である銃を今から使おうとする毒島!形状が特殊なだけあって、使い方も特殊なのか!?
「ウメキチどこだ―――!!」
毒島から隠れる梅吉!本当はあまり使ってほしくない!?
もしかすると、書を使えば使うほど毒島の命はすり減ってしまうということなのか!?
つまり、毒島は天津飯だったんだよ!!気功砲はもうやめろ!!


霊の友
「人物相関図」
パンジャが箱舟の一員ってことにされてますね。
西先生があいまいな表現するのもよくないとは思いますが、編集者との意思疎通がちゃんとなってないんでしょうか。
「“偏執狂”パンジャ」
偏執狂だなんて、なかなかいい表現するじゃないですか…。


ジャンプ魂
日本一のイライラ決定戦!!
「ケータイを買ったときのプラン説明!!」
長々と説明された割にはよくわからない!!
「続きはwebで!!」
ネット環境のないヤツは切捨てという傲慢さ!!

たとえ魂
「とっても冷たくてクール。まさにあのコのオレを見る目や~!!」
あ…あの女の目…養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ…“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!(ジョセフ・ジョースター
「作ったそばからすぐ溶ける。まさに先を見てない日本政治や~!」
社会派なネタだ!

ジャンプファン魂
「ネズミがジャンプをかじってるのを見て、全身真っ青になった。」
ドラえもんかお前は!!全身真っ青になったら気持ち悪いわ!!
「お前なんぞに私のジャンプはやらん!!娘はやる!!」
こんな親を持った娘がかわいそうだ。

マニア魂
「日本一の英文マニア。ピリオドの向こうなんて認めない!」
文法を大切にしない奴なんて大嫌いだ!
「日本一のアナログ放送マニア。2011年7月にこの世から消滅する。」
スケールでけー!そこまでしなくてもいいのに…。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 16:18 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

28 2006

ゲド戦記と拍手返信

ココナッツ50000HIT記念アンケートにご協力いただき、ありがとうございます。
ミニキャラ集合とボボ戦記がデッドヒートな様子ですね。
実はゲド戦記はまだ観ていないんですが、なかなか面白そうだと感じたので観たいなあとは思っています。評判は散々のようですが…。
でも、公式サイトの予告編はなかなかいい感じに作ってありますね。
とりあえず主題歌がいいですね。何度も聴きたくなる曲です。

今週のボーボボ、いきなりのヤムチャに笑いました。チャオズたちもいるし!!
また、昔のギャグマンガっぽく逃げる3バカたちがかわいかったです。バカボンとかがモデルでしょうか?
あと、もてキングのパンジャネタが面白かったです。

今週のジャンプ感想は明日、感想文はあさってアップします。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:38 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

23 2006

ジャンプ38号感想

一応完成しました。

ボーボボ
「扉絵」
ビュティさんさわやかで可愛いですね!
「見ろよボボ八 オレがやったんだぜ」
ツルビーニャの無残な姿を背に誇らしげなナメ郎!
「かみの色が変わってる」
「伝説のスーパーサイヤ人なのか?」
ナメ郎も変わっちゃったけど、ついでに首領パッチも変わってるよ!
ドドドドとジョジョっぽい効果音を出してポーズ決めてるところがニクいぜ!!
「ボボ八の取り巻きが認識できる…やっかいなかかし眼が消えたか」
ナメ郎のアイデンティティがひとつ消滅!
始めて見た取り巻きの4人中3人が人間じゃないことに驚かないのは、今まで全員変なかかしに見えていたからか?
「ナメっち髪染めて不良だ―――
髪を染める→不良という単純思考!どこまでも天然なポコミ!
「新入りは先輩に挨拶するのが不良の掟じゃろが」
「シメるぞワレ」
首領パッチの顔が必要以上に極悪なんですけど!マユ毛ないし!!
ガ王はろくブルっぽくなってる!!
「ナメ郎…ここで何があったのか 話すんだ」
この異常事態に、いつになく神妙な表情のボーボボ!
「なんだその言いぐさは? せっかく真Eブロックの総隊長を倒してやったんだぜ もっと素直に喜んだらどうだ」
「ヒャッホーイ♪」「宴じゃ宴♪」
この子達めちゃくちゃ素直ー!てかバカー!!
「ちょっと静かにしてよ!!」
「静」
素直さここに極まれり!静謐なる彫刻に変身したバカ3人!!
「…教えてやるよ」
素直に喜んだから!?この男、有言実行!!
「16年前」
ナメ郎は16歳であることが判明!
「なんと邪悪なオーラよ…これが人の子か これ程の禍々しきオーラを纏った赤子は100年ぶりだ 強すぎる力は我ら一族に災いをもたらす 今ここで封じよう」
「父ちゃん」
ツルビーニャの父ちゃん、ずいぶんと年くってるな!
100年前の禍々しきオーラを纏った赤子とは、ツルリーナ3世のこと!?
「あん時はウケたぜ 強大な力をぶちまけてたガキが見る影もなくちっぽけになってやがったからな」
真の力を封じられていてもまだまだ強かったナメ郎!
「お前 自分の正体を知りたくはないか?」
「オレの…正体?… オレは…一体何なんだ」
ツルビーニャが不気味にささやく!それは悪魔のささやき!!
「ゲルパルド解封」
ナメ郎の封印は解かれ、真の記憶と力が呼び戻される!!
「父上はお前の力を恐れて封じたがオレは違う!!キサマを超えて力でねじ伏せようと考えた 今のオレなら越えられると思わないかね?真のお前の力を! この時をずっと待っていた… オレが支配者になるこの日をな!!」
オレは一番が好きだ ナンバー1だ! 誰だろうとオレの前でイバらせはしないッ!(ディオ?)
子供心に恐怖を覚えた真の力のナメ郎を倒すことによって、真の支配者になろうとしたツルビーニャ!
「え?」
でもあっさりやられたー!!
やられ方がセイントセイヤっぽい!!
「お前がなぜ執拗にオレにこだわったのか…今わかったぜ だがテメーじゃ役不足だ」
役不足という言葉の使い方間違ってる!!
この場合、「力不足」か「役者不足」を使うのが正しい日本語です。
「オレは今日限りこのグループを抜けるぜ」
「ヤダ そんなの急に言われても困る せっかく作った『真説・ボーボボ組』のグッズが台無しじゃん!! 全部作り直しよ」
人知れずグッズ展開を画策してたの!?この商売上手!!
「しぎゃぴ――!! センターポジション ビュティにとられた」
アイドル並みに激しいセンターポジション争い!!
「お前らとの縁もこれまでだ 今からは敵どうしだ」
地面を切り裂き、強い断絶の意思を示すナメ郎!
「わたくしちょうど中間でしたが」
サービスマンいたの!?お前は別にどっちでもいいよ…。
「空中セーフ?空中セーフ?」
小学生かお前は!!えらく楽しそうだな!!
「70年代アニメ的ジャンプ」
むしろ特撮ヒーローものっぽいジャンプだ!!
「ええ―――っ!?こんな短い距離も飛び越えられないの!?」
そんな変な姿勢で飛ぶから!掛け声はいい感じだったけど!!
「ザクザク」
「しょーりゅーけん」
ねっこひーろし!ねっこひーろし!!
恩をあだで返すボーボボ!一生懸命掘って助けてくれた仲間になんたる仕打ち!!
「まさか… お前……」
「そうだ オレとお前は殺し合う宿命の下にある」
神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!
ナメ郎にツルリーナ3世の面影を見たボーボボ!それは、つまり…。
「これは今までのナメ郎の力じゃない…レロレロ真拳とは違う…何だ!?」
「帝王真拳超奥義『 王家の断罪 』!!!!」
スタンドっぽいの出てきたー!!!!
謎の巨人がボーボボを木の葉のように吹き飛ばす!!
「…封印が解けた時 オレは全てを理解した オレはツルリーナⅢ世の直系にしてネオマルハーゲ帝国正統後継者 “ツル・ツルリーナ5世” 世の中ナメ郎だ」
その姿、まさに王者の風格!!!
ツルリーナ3世の子孫だったナメ郎!帝王たることを約束されたその血の力は絶望的に強大!!


ネウロ
「好物は炭酸入りコーヒー。」
あれってまずくないですか?
ネスカフェのが有名ですが、イマイチ好きになれない味です。
「小柴さんが撲殺願望なら…HALが俺に気付かせてくれたのは銃殺願望さ」
それなら、江崎さんは刺殺願望か毒殺願望でしょうか。
「ここにあるのは物理計算のスーパーコンピュータ」
じゃあ他の二つは、化学と生物が専門だとか?
「掌の中にいたのは貴様等だ」
おまえはわたしにとって釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない(プッチ神父)
「HAL… 見てますか?HAL… こいつ…こんな事まで…できますよ」
メ…ッセージ…で…す これが…せい…いっぱい…です 受け取って…下さい…伝わって…下さい…(花京院典明)


メゾン・ド・ペンギン
「いたカッパ」
カッパがひたすらかわいそうで笑えないんですけど!!


ムヒョ
「ダメです本部長 MLSでも言ってたでしょ?『とっておきはとっておけ』って」
いざという時にはちゃんと使わないと宝の持ち腐れになることもありますけどね。
「『イサビ』って奴に用があんだよ…!!」
こんな人にいったいどんな用事が?
「この人明らかに変装楽しんでる…」
髪ボッサボサで怪しいオッサンに大変身!
「私の師である『アントニオ作丸』は奇人だったが四賢人の一人であり当事最強の執行人だった」
元気ですか―――!!!!
作丸!ボンバイエ!作丸!ボンバイエ!(BGM:「炎のファイター」
悪霊の中の悪霊たち…出てこいやぁ~!!!(それは高田本部長だよ!)
「前祝いだ酒おごれっ!!」
部下にたかるなんてひどいよアントニオ!
「え!?オレ!?」
若い頃のペイジは、なんとも頼りなさげなヨイチみたいなキャラだった!
「こんなご馳走何百年ぶりだロぅ ああぜいたくダ」
ぜいたくは敵だ!
ティキの体が2つに分かれ、地獄の使者をパックンチョ!
なんとも不可解な体の構造をしているティキ!!
「その後も戦ったがまったく歯が立たなかった」
不帰烏や魔王の義手までもパックンチョ!ティキはなんでも食べるいい子です!!(そんなわけない)
「我が弟子よ…回れ右して飛べ そしていつの日か探し出すのじゃ 『イサビ』を…!! 奴なら何か知っておるはずじゃ 頼んだぞ!!」
突き落としたー!
一縷の希望を愛弟子に託し、戦場に散った老師・アントニオ作丸!
「そして良い魔法律家を育て上げるのじゃ お前の様なのぅ…!」
その後ペイジは、口が悪い魔法律家と、悪い禁魔法律家を育て上げましたとさ。(え)
「師匠…この敵は必ず…!!」
悲しみと憎しみを胸に、復讐を誓った若きペイジ!
「足のケガ その時のなんだ」
名誉の負傷!この痛みは誓いの証!!
「魔封石の術!!」
ヨイチがいつになく活躍!杖を使って大技を披露!!
「さわがしい 何事だ」
なにやら厳かな人物登場!彼がイサビなのか!?
このコマのペイジ、めちゃくちゃ渋くてかっこいい!!
「さーて本部長に追い付かなきゃ――」
倒してホッと一息ついたのもつかの間、背後で不穏な動きが!?
やっぱりヨイチはヨイチなのか!?最終的にはヘタレる運命なのか!?

霊の友
心霊写真について、詳しくはこちら


もて王
「新聞の折り込みチラシで募集してるのを見てな」
悠んちって新聞取ってたの!?バーゲンセールはきっちりチェックしてるのか!?
「未来の少女漫画家クリスティーヌ権田です」
というかジャイ子です。
「まったく 悠の女を見るセンスは悟空なみだよ!」
くしゃみすると性格が変わるピチピチギャル連れてきそう!!
「俺たちのチャクラの性質は“風”か…」
ふたつに裂けたから!?ていうか、チャクラ関係なく物理的に裂けたんですけど!!


ホンワカ学級
「席…つきますか…?それとも…人間やめますか…?」
席つくかどうかくらいで、なんで生きるか死ぬかの選択しなきゃならないんだよ…。


ジャンプ魂
日本一のドケチ決定戦!!
「クツが減らないよう、逆立ちで歩く。」
クツ履いている意味ねー!!
「落ちているお金を探すため、移動は常にホフク前進。」
ここは戦場なんだよ!!
「シャーペンの芯を貸してと言うと1本を半分に折って貸す。」
友達なくすぞ!!
「カップラーメンの湯を次のカップラーメンに入れる。」
もうだいぶぬるくなってると思うんですが…。
「メールは送信せずに、画面を直接見せる。」
手紙書くか、直接話せばいいじゃん!
「通話時間短縮のため、電話中は通常の5倍速で話す。」
村雨君じゃあないんだから、そんな早口じゃ聞き取れません!!
「ゲームは一日一時間!友達の家で。」
友達の家にあんまり入り浸ると失礼だもんね!って、そういう問題じゃないよ!!
「冬は冬眠する。」
森の熊さんかお前は!

カワユス番付
「スカウターを装着したえなりかずき」
全然かわいくねぇよ!むしろ怖いじゃねーか!!絵的にも!!!
「煮魚がきれいな目でみつめてくる。」
何この罪悪感?
「仲良く串にささっている亀田三兄弟。」
ちょっと不気味なんですけど…。疑惑の判定!
「角だけマシュマロのタンス。」
これなら足の小指ぶっつけても安心だネ!

WBC(ワールドバカクラシック)
「バカ、朝起きる。ラジオ体操の歌だけ歌う。」
ラジオ体操第一~!!
無駄にテンション高い歌だから、目覚めの一曲にはいいかもネ!(そうか?)
「バカ、朝起きる。 バカ『起きた―――!!』」
なんかよくわからんけど笑っちゃったよ!

巻末作者コメント
「35号のボ-ボボですごく感激しました!澤井先生ありがとうございますっ!!<大石浩二>」
新人の頃の自分を重ね合わせているのかどうか知りませんが、澤井先生はえらく大石先生を買っているようですね。

Posted by seiji | 18:01 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

21 2006

50000ヒット記念絵アンケートと拍手返信

50000ヒットを突破したことを記念して、今回も記念絵アンケートを実施しました。
よかったらご協力ください。投票は9月4日の月曜日に締め切ります。

ところで、合併号でジャンプが無かった先週は、版権お題板のMOTHER祭に参加していました。
MOTHER4でも発売されない限り、今後MOTHERがお題になることはおそらくないだろうと思われるので、参加できてよかったです。
MOTHERは僕の一番大好きなゲームなので、とてもいい思い出になりました。
こんな殊勝なこといってますが、僕が描いたのは全部ネタ絵です。(笑)
僕自身の画力はそうたいしたことないので、ネタで勝負してきました。
予想GUY(ガイ)にたくさんコメント頂けてよかったです。
MOTHER祭の勢いに任せて、念願のMOTHER3サイトも作りました。
Ant's Mother
興味のある方はどうぞ。


今週のボーボボ、扉絵のビュティがかわいかったですね。
ページをめくったらいきなり承太郎がいたのでビビりました。
かなり似てるんですけど!澤井先生もうまいですね。
また、ナメ郎の正体も明らかになりました。なにやら今週はストーリー漫画っぽかったですね。

今週のジャンプ感想絵は明日、感想文はあさってアップする予定です。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 15:01 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

14 2006

MOTHERお題と拍手返信

ついに明日から、版権お題が「MOTHERシリーズ」ですね!
ずっと前から投票していた、待ちに待ったお題です。もちろん、僕も参加します。
MOTHER3考察ブログはまったりと更新していますが、ずっと前にMOTHER3サイト作ると言っておきながらも全然できなかったので、これを機会になんとか完成させます。
コンテンツはそんなにないでしょうが…。
MOTHERシリーズは3部作全部好きなので、どんなイラストが見られるのかとても楽しみです。

ところで、いつの間にやら50000ヒット超えてましたね。ありがとうございます!
今回も記念絵アンケートを行いますので、準備が整うまでしばらくお待ちください。


先週は合併号だったので、今週のジャンプはお休みです。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 15:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

09 2006

ジャンプ36・37合併号感想

完成しました。

ボーボボ
「ジャンプダブル表紙」
ボーボボのヒロイン担当、パチ美かよ!!
「みんな集まれ!!真説の名の下に!!!!」
デフォルメされたチビキャラたち、かわいいですね。ガ王なんて、そのまま動物園のおみやげマスコットにできそうです。
「首領パッチ君が怒んパッチになった! でも突然なんで…?」
「なんでって ただ目立ちたいだけだろ あのバカ」
「言えてる 基本バカな子だからな~」
このお二人は、お仲間のことをよくご存知でいらっしゃる…。
基本バカな子って…。このイメージ図、ちびまる子ちゃんの山田みたいだな!
「何その散々な言いっぷり!!ヒドいよ!」
正しいツッコミだな!
「オレはただこれ以上仲間の血を見たくないだけだ」
「…首領パッチ君がまともなことしゃべってる…」
「ビュティも結構ヒドかった…」
そりゃいつものあの姿を見てたらしょうがないわな…。
「おしゃべりは終わったかィ?」
ゴリョーかお前は!!
「きゃははいきなりやられてやんの!! 弱っ」
「ダセ――ウケル―――」
怒んパッチのやられっぷりに大爆笑!仲間意識など皆無!
「痒いぜ」
全くのノーダメージだった怒んパッチ!圧倒的強者の余裕!!
「バカなァァァ―――――――――!!! ダイヤモンドぞォォ――――――――!!!?」
怒んパッチの尋常じゃないタフさにテンパるズノウ!
「ハジケろ!!」
怒んパッチエキス注入!手から発するオーラをハジケさせる攻撃!!
「オレの仲間を傷つけるヤツは許さねぇ」
ポコミをお姫様抱っこでしっかりと受け止めた怒んパッチ!仲間に対する熱い思いこそが怒んパッチの信念!!
「ちょ…オレの立場ないんだけど…」
「これが怒んパッチ…ステキ」
正統派ジャンプヒーローな怒んパッチの活躍にシビれる一同!!
「アハ ハハハハ パッチン強い♪カッコイイー♪」
首領パッチの意外な一面!喜ぶポコミ!
「善滅丸+3『真拳封殺の八十九計』!!!」
「意味ねぇよ オレ真拳じゃねえし」
真拳封じが効かない!ク-ルに決める怒んパッチ!!
「いくぜ 真説・タケノコソード!!!!!」
エリートアカデミー四天王の3人を瞬殺!まさに鬼神のごとき力!!
「…ズノウ …すまん」
「メル!! ぶっ飛びニャンコ大臣!! 爽快スポ恋メロンBOY!!」
「名前ダサッ!!! そんな名前だったのあの二人」
ぶっ飛びニャンコ大臣って…。大臣だったの!?
爽快スポ恋メロンBOYって、えらく長い名前だな!若気の至りってやつか…。(違う)
「心配ない 気にくわないが怒んパッチ時点で勝負はついている それに アイツとっておきを用意しているようだぜ」
もはや疑う余地はない勝利!加えて、怒んパッチはさらなる力を隠している…!?
「ハジケろ 怒雷蜂!!!!」
両手からほとばしる爆発的な衝撃波!木の葉のように脆くもハジケ飛ぶズノウ!!
「一皮むけたな…」
お前はなんにもやってないだろ!物知り顔しやがって!!
「ツルビーニャ様 ナメ郎様 ポコミ様 オレ達にとって3人の卒業生は神以上の存在だった… そしてオレ達はツルビーニャ様の期待に応えるべく ボーボボ・ポコミを倒す勝利への方程式をつくりだしたんだ」
少女漫画風になー!!
なんだかとってもメルヘンだ!メロンBOYって、木になってたの!?
「それを…こんなわけのわからんヤツに…」
その無念はわからんでもないぞズノウ…。
ボーボボもポコミも封じたのに、意外な伏兵によって全滅させられたアカデミー四天王!
「せっかくのジャンプ36・37夏休み合併号という大活躍の大舞台だったのに それを… こんな首領パッチなんかに…」
その無念はわからんでもないぞボーボボ…。
すっかり主人公のお株を奪われたボーボボ!失望のあまりに撃沈!!
「ここでいつもの首領パッチ君に戻った!!」
あれ?こんなにバカ面だったっけ?
怒んパッチになると、その後遺症としていつもよりバカ面になるのか?
「首領パッチ―――――!! おつかれさまー!!おつかれさまー!!」
ねぎらいの気持ちが全く伝わってこない!
悪魔超人っぽい姿になった3人が首領パッチを手荒くもてなす!ガ王のアシュラマンが似合ってる!!
「きたろーどーん」
ぺしゃんこにされて一反もめんになっちゃった!!
「ナメ郎 助けにきたぜ」
「きやがったか」
ナメ郎がスーパーサイヤ人になってるー!おまけに、ツルビーニャが惨殺されてるー!?
いったいこの二人に何があったのか!?待て次号!!


ネウロ
「ジャンプダブル表紙」
ネウロのヒロインってあかねちゃんなの!?
「好物は凍らせプリン。」
お店のメニューにもあるみたいですね。
「…世間は大変なことになってるけど とりあえず落書きはやりとげよう」
それはそれ!これはこれ!それほどに弥子の復讐心は強いのだ!!
「大半の国民は犯罪に頼る発想自体が滅多に頭をよぎらない」
無人販売所なんて、最近はめったに見ないけど…。
「これは誇りこそすれ恥ではない 進んだ対策を取らざるをえない国こそが恥なのだ!!」
笛吹の熱い主張!誇るべきは安全ではなく、平和!!
「ハリネズミの針が邪魔なら…その針を抜けばいいのだ」
ガムテープで!?なんて荒っぽいやり方なんだ!!スネ毛処理じゃないんだから!!!
「吾代にその地域をしらみ潰しに調べさせ…」
なんでファイナルファイトなの!?望月はハガーかよ!!
右端にアンドレっぽいのもいるな!

ネウロ番外編
「好物は凍らせ水ようかん。」
夏は冷凍みかんなどの、凍らせたおやつがおいしいですよね。水ようかんを凍らせると、甘味がほどよく軽減されるそうです。
また、ヨーグルトを凍らせてみたりするのもおいしいらしいです。
「いつもネウロに付き合わされているとなぁ… 夜のお墓位じゃ… まあ怖いっちゃ怖いけど」
よそんちのお供え物を勝手にパクつく弥子!なんてバチあたりな!!
「見守る…僕等は優しく…見守る…」
えぇー!?僕らって、弥子のお父さんのことを言ってたのー!?
デブの浅田って霊感あったんだ!?弥子のお父さんと一緒にこれからも優しく見守ってあげてください!!


ジャンプオールスターゲームブック
「ボーボボ:これがくり抜かれた天の助のパーツだ!!」
全部「ボ」じゃねーか!クイズとしての形を成してないよ!!
「もてキング:Q1.石の上のカエルをなぐっても、割れるのは石だけ。これな~んだ? Q2.歯のすき間から飛び出してメスよりもよう切れるのな~んだ? Q3.何も持ち込めない牢屋の中で、囚人が少年ジャンプを読みながらラジカセを聴いているよ。なぜだろう?」
波紋と幽波紋(スタンド)の問題ばっかだな!ジョジョファンしかわかんないよ!!
「ボーボボ:この超難問の答えが、まさか主人公の名前だったとは!!これは誰も予想し得なかっただろう!!」
んなわけねーだろ!!バレバレだよ!!


アイシールド21
「終わった 何もかも――」
いつも不敵な笑いを浮かべてきたヒル魔が、神妙な顔で夢の終わりを悟る…!
「奇跡なんか…最初っから起きるわけねえだろ…自分でムリヤリ起こさなきゃ自然に奇跡なんか起きるわけねえっつってんだよ…!」
しかしモン太はしっかりと前を見据える!その目には、何かをやり遂げた男の力がある!
「計時係 時計戻して!」
「まさか…テメー…」
「言っただろ キャッチじゃ誰にも負けねえってよ…!!」
奇跡を、希望を、フィールド外の芝を掴み取ったモン太!
「テメェ…やりやがったなこの猿…!! モン太ァァァアアア!!!」
糞猿ではなく、初めて「モン太」と名前で呼んだヒル魔!それはヒル魔なりの賞賛の証!!


リボーン
「TVアニメ化決定!!」
ディーグレに続いて、リボーンもアニメ化!すごいですね。

リボーン番外編
「パラボラは開くと傘そっくりです だからといって傘として使用すると かなりスリリング♪」
スリリングどころの騒ぎじゃねぇだろ…。ヘタしたら死ぬぞ!!
ていうか、こうなることをわかっていて貸したのか!?レヴィ・ア・タン…恐ろしい子…!
「ヴァリアーの嵐の守護者ベルフェゴールは 『だってオレ王子だもん』で けっこう何でも片づけます」
なんとなくそんな気はしていました。
「足踏んだよ」
「謝らないよ だってオレ王子だもん」
王族として、その傲慢な態度はどうかと思うんですが…。
「お客さん!お勘定!」
「払わないよ だってオレ王子だもん」
王子だったら金持ってるだろ!食い逃げなんてショボいことすんなよ!!
「ここ女子トイレよ」
「……………… だっ だってオレ王子だもん」
動揺してるじゃねーか!苦しい言い訳だ!!
「王子って100%男でしょ!?」
「むしろダメよ!!!」
ごもっとも!まぁ、逆にオバサンが男子トイレで用を足しにきたりすることもあるけどね…。
「ヴァリアーの晴の守護者ルッスーリアは けっこう忘れ去られたキャラです」
ぶっちゃけたー!!!!
「覚えていたとしても彼の名前ではなく『変なオカマ』として記憶されていることでしょう」
さすがは天野先生、読者の気持ちをよくわかっていらっしゃる…。
「ちょっ…私だけ扱いひどくない!?」
でもおいしいよ!芸人的には。(芸人じゃないよ!)
「彼の特徴はピンと立った小指 消しゴム落としの時はその小指ではじきそうですよね」
「やんないわよ!!古いわよ遊びが!!」
とか言いつつもやってるし!今どき、消しゴム落としなんてやってる人いるんだろうか…。
「でも そんなルッスーリアも やっぱりヘンタイ♪」
「フォローになってないじゃない 覚えてらっしゃい!あなた!」
んもぅっ、踏んづけてやるっ!!(おすぎとピーコ?)


メゾン・ド・ペンギン
「そろそろ正体を現して」
佐藤さんの正体ってドラゴンだったの!?カッコイイじゃん!!
「釣りと兄弟仁義」
中国の故事に、こんなようなお話があったなぁと思い出しました。


ムヒョ 夏の特別番外編 死のカウントダウン
「ジャンプダブル表紙」
ムヒョもナナも魔法律マーク入りの浮き輪を持ってる!協会ってこんな物まで作ってるの!?
「学校。皆が集まる場所。その影に霊が棲むトコロ…」
最後の血文字が空中に浮いているところがいいですね。
「学園の七不思議」
怖い!だってみっつしかないもの!!(え)
「え?転校生のふりして潜入捜査ぁ!!?」
「はいっ!魔法律家のお二人にお願いしたく伺いました!!」
さぁさぁおいでなすって!ってなノリで、なにやら仰々しく依頼に来た女の子達!!
「お人形…さん?」
「確かにどーみてもコドモ…」
しかし横のお二人さんは、人に物を頼むときの態度ってやつを知らないようだ。
「今私達の中学が大変な騒ぎになっているんです」
今回の舞台は中学校!ムヒョとロージー、中学生で通るんだろうか…。
「全校生徒がおびえてるの!『死のカウントダウン』が始まったって…!!」
カウントしてないじゃん。
「――何か心当たりは…?」
「あります これは私がまとめた学校の七不思議です」
ヒマだな。
「その中の一つ―― 居残り先生」
依頼人のフジコは『不二子の恐怖新聞』の編集長!寿命が百日縮まっちゃう!?
新七不思議募集って、七不思議って募集するようなもんなの!?
「その先生は真面目で毎日遅くまで残るので居残り先生って呼ばれてたのですが 女生徒と恋愛関係になってしまい」
居残り先生はロリコン先生でもあったってワケか…。(違う)
「苦悩のあまり自殺」
校長室で!?校長先生に何の恨みがあるってんだ!!
「霊になって時々居残りするんだそうです」
居残りすればいいってもんじゃないだろ…。
職務時間中にきっちり終わらせるのがプロの仕事じゃないんですか?
「まさか…!! いや そうだ ――このデカさ…色味…!! 居残り先生のテストの×印だ…!!」
も、問題文が読みにくい…!答え合わせするとき迷惑だよ!!
おまけに、こんなにでっかく×つけられたら、生徒が余計落ち込むよ!嫌がらせか!?
「やっぱり×印は全部消してあるねムヒョ」
微妙に消えてない…。もっと綺麗に消してくれよ!
「はぁ~学生って楽しいね~まだ2日目だけど…協会の力ってたいしたもんだ」
なぜ協会はこんなところまで手を回せるのか?謎の多い魔法律協会…。
「これがウチの学校一有名な七不思議 『トビラ様』!!」
の割にはえらくシュールな落書きがしてありますね。
「プールか~久しぶり~~!!」
ロージーのワキ毛処理は完璧です!!!(そこはどうでもいい)
「早!!」
「~~てか なんでムヒョ 平泳ぎあんな速い―――って ハッ!!!」
泳ぎは大の得意だったムヒョ!手足が短いと不利なのに!!
「三回連続水着ドロで あー見えてメチャ傷ついてんだ」
三回連続で盗まれるのを許すなんて、学校はろくな対策をとってないのか!?
「――ムヒョ…!!今のは―――!!」
「全員プールから今すぐ出させろ」
水中であぐらをかくという、ずいぶん難度の高いポーズを決めるムヒョ!
霊を発見して上機嫌!!
「こ これは…!! 死の カウントダウン…!!」
いや、だからカウントしてないじゃん。全部同じ×マークじゃん。
「私やフジコいつも守ってきてくれた」
「ごめん レナの水着隠したの アタシ… なんだ…!!」
おーおー怖ぇー怖ぇー まぁったくこれだから女ってヤツぁよぉ~~(ミック?)
突然の罪の告白!それは意外にも、信頼する親友の口から吐き出された…。
「ホラ レナ2年生でさ…! 色っぽくなって―― 男子に…人気でてきて…!! 本当は羨ましくて… アタシ 2人を守れてなんか――」
ねたみ、そねみが人を狂わせる…!
実は男子にもてたかったカズミ!そう、彼女はもてクイーンになりたかったんだよ!!(え)
でも、水着隠してもしょうがないような気が…。もしレナがもてなくなってもそのおこぼれをカズミが頂戴できるわけじゃないし、むしろ悲劇のヒロイン要素が加わってレナ人気が上昇しちゃうんじゃ!?
おまけに3回連続で盗むだなんて、全然反省してないな!むしろクセになりつつあるよ!!
「そう…か…あ… オマエ…か…」
ヨイチのなれの果てみたいな悪霊登場!生え際がヤバイ!!前髪は居残りしてくれなかったんですか!?(え)
「――なぜさけ…ぶ? オマエは…私にコイツを殺して欲しいのでは…ないのか? それが オマエの 私への 願いではなかったか…?」
「一生のお願いがあります 私は今すごく苦しくて死にそうです 誰かは分からないのですが 私の水着を盗む人がいるんです どうかどうかお願いです 見つけて重い罰を与えて下さい トビラ様…!!」
水着ドロの恐怖にぶるぶる震えて、トビラ様の裁きを切実に願うレナ!
でも、さすがに殺して欲しいとまでは思ってないんですけど!!
「オメェはそんなつもりじゃなくても自我の薄い悪霊には通じねェんだよ」
ついでに頭も薄いぞ!!(え)
なんとかと煙は高いところがお好き!下駄箱の上からぬっと現れたムヒョ!!
「オメェ達のトビラ様の正体はナ 罪滅しにとガキの小さい願い事聞いてたらすっかり神様気分にハマっちまった 通称『居残り先生』とかいう ただの悪霊だ…!!」
「チガウ…私は神…神 神…!」
そうだ私が居残り先生だ ならば どうする ここで裁くか? いいか 私は居残り先生 そして 新世界の神だ おまえが今 目の前にしているのは居残り先生だが 新世界の神だ(ライト?)
いいえ あなたは―――― ただの人殺しです あなたは生徒の願いや神様気分の力に負け… 神になろうなどと勘違いをしている… クレイジーな大量殺人犯(?) ただそれだけの 何者でもありません(ニア?)
「何が神様さ…!! 願いを叶える為なら何でもやるなんて そんなの神様なんかじゃない…!!」
あんたなんか神じゃない なんだ このザマは 何故カズミをこんな目に遭わせる あんたは神じゃない クズだ(魅上?)
「チガウ…チガウんだ…私は私は私は…!!!学び舎を守る守護天使!!!」
言うに事欠いて守護天使か!天使って顔じゃねーだろ…。
ツノとキバ生やした知恵ハゲ天使になんか守って欲しくないやい!!
「生徒の手前格好つけときてえんなら ビシッと地獄に行けや」
守護天使を名乗るなんておこがましいぞ!!
「『魔人検察官』の刑に処す」
「魔人検察官に捕まると最後…強力な霊でも逃げられず――地獄で永遠に責められ続けるんだ…!!」
な、なんて陰険でいやらしい魔法律なんだ…!
「私は学校を愛していた…生徒達を愛していた…」
でも生徒と関係持っちゃいけませんよ!!
「キミの願い事 叶うといい 3人ずっと 友達でいれますように…!!」
あんたがカズミ殺したら願い叶えられなくなるところでしたよ!!危ない危ない…。
「ちゃんとアタシについて来ないからよ!! カズミもさぁ 悩んでるなら…相談してよぉ…!!」
「ごめん…あたしレナに取り返しのつかない事…」
「そんな事ない そんな事ない だから 取り返しがつかないなんて 言わないで……」
死んで本当に取り返しがつかなくなってしまうところだった!
若さとは時に過ちを犯すもの!しかし、その過ちを反省して修復することもできるのだ!!
「――それにしても…友達っていいもんだねっ 何でも分かち合えて…」
今度はみんなで水着着てプール!でも、プールにまでオカルトグッズ持ち込むのはどうかと思うよフジコ…。
「ボクらもちゃんと分けようよぉ~」
「ヒッヒ」
スイカを大量に独り占めするムヒョ!食い意地張ってます!!
しかし、スイカをたくさん食べ過ぎるとおなかを壊すという罠が待っている…!!!

夏休み -霊の友-
「悪霊スポット 平将門の首塚」
東京都千代田区大手町一丁目一番一号にある、将門の首塚について詳しくはこちら
「こらぁ!なにしてるの!!」
今井さんオチなのはいいとしても、やっぱり微妙にキャラ違うような気が…。
そんな、近所の世話好きお姉さん的なキャラじゃないよ!

もてキング
「イヤアアアアアアア許してェェェェェ!!!私まだ死にたくなァァァァァァい!!!」
突然の断末魔の叫び!!
「いる!餃子がいる!」
サイコキネシスでくじを操作したのか?どどん波ー!!
「実況は三日三晩かけてそのコツを勉強していたにもかかわらず ゆうべ冒頭の悲鳴を上げて倒れてしまった現放送部部長に代わりその時教えていた元部長 明石サマンサがお送りします!」
「同情に耐えねえ!」
三日三晩イヤというほど叩き込まれたら、壊れちゃっても仕方ないわな…。合掌。
「ヴァジュラ!!!!」
ゾロかお前は!!もはや人間じゃねぇな!!
「うるせーよ!儀式の邪魔すんな!!」
いつの間にジャシン教の信者になったの?戒律厳しいよ?
「イヤアアアア マッチョが汗の塩分飛ばしてくるゥ――!!」
リボ-ンっぽいな!!これで照明をブッ壊せるぜ!!
「気を失って尚君臨するのか」
この後、バリカンでマルガリータにされるんですか?
「そんなもの最初から覚悟完了してるぜ!」
覚悟のススメ?チャンピオンネタも通じるなら、今後みどろさんネタなんか出てきたら…厄いわね。
「きゃああああ!!!」
エムゼロ?スピンの首ってボルト固定式だったっけ?
「プフ……レ…レモン入りの薔薇の棘は い 痛かろう…フッ」
ダイアーさん!?そんなねむっちまいそうなのろい動きでこのディオが倒せるかァ―――――――――!?
フフ……は…波紋入りの薔薇の棘は い 痛か……ろう………フッ byダイアー(ジョジョ5巻参照)
「ここにあった本…」
すでにサクラっぽい目になってる!!
「何か気味悪いってばよ」
気味悪いというより気持ち悪い!サイの絵本!?


みえるひと
明神さんが逆スーパーサイヤ人化しちゃったー!!


ジャンプ魂
日本一許される遅刻の言い訳決定戦!!
「3塁ベースコーチャーが静止のジェスチャーを見せたので。」
そりゃあ止まるしかないわ。後で監督に怒られるのもイヤだし。
「メインディッシュは後から来るものだ!」
お前じゃせいぜいスープってとこだな。
「ボクだけBダッシュが使えないんです。」
なるほど、徹夜でゲームして寝坊したと…。
「日本時間だったんですか!?」
じゃあお前は何時間で動いてるんだよ!!
「校門に猫水があったので近づけませんでした。」
お前は猫か!今はなんで近づけたんだ!?
「小次郎、敗れたり!!」
巌流島行って来い!!
「ゲドと一緒に旅をしてたんです。」
父親を殺したのかキサマー!!
「ボーダフォンが予想外の動きを見せて…。」
もうすぐソフトバンクになります。
「テメェが早すぎんだよ!!」
逆ギレ!?遅刻した分際でなんて図々しい態度なんだ!!
「キミのその怒る姿を見るため、そのためにボクは生まれて来たんだよ。」
ライオンハート!?どんだけ陰険な出生理由なんだ!!
「パラシュート使って来ようとしたけど、赤坂御用地に不時着してしまいました。」
よくSPに射殺されずにすんだな。
「我が第8小隊はポイント109にて敵戦車部隊と遭遇!生き残ったのは自分だけであります!!」
仲間を置いて一人で逃げ出してくるとは…軍人の風上にも置けんわ!!
「先生、あなたはかよわき大人の代弁者ですか?」
大人はかよわくねーだろ!これ以上挑発する気!?

ジャンプ喜利
お題・ジャンプの定価が突然一万円に!いったい何があった?
「一冊一冊、アイシールド21が走って配達したから。」
これなら読者も納得!でも、セナはめちゃくちゃ大変だ!!
「編集長が『昨晩、お告げを聞いた』の一点張り。」
変な宗教にハマっちゃった!?目を覚ませー!!
「いつもより2倍、と○ぶるがエロい。」
それは少年誌では無理です。
「集英社が正体を現した。」
金にあざとい正体を…。

ジャンプファン魂
「最近、ジャンプから声が聞こえてくるようになった。」
それはもう病気ですよ。
「ジャンプ下さい」「うりきれです」「ブッ殺す」
何このテンポのいい会話?ていうか、ジャンプが売り切れなのは店員の責任じゃないんですけど!!
この店員の顔はムカつくけどなー!!


巻末作者コメント
「思い出せないルフィの技がiモード検索で判明。読者の作ってくれてるデータベースがとても便利(笑)<尾田栄一郎>」
作者に使ってもらえるだなんて、データベースを作った人は光栄でしょうね。

Posted by seiji | 17:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

07 2006

絵に関してのバトンと拍手返信

FOREVERのサラシナさんから、「絵に関してのバトン」を頂きました。ありがとうございます!

1.回してくれた方の絵の印象
可愛くて和む絵ですよね。
明るくてやさしい印象を受けます。

2.回りから自分の絵に持たれていると思う印象
よいところは、面白い、線がきれいだと言ってくださる方がたまにいるので、そういったところでしょうか。
悪いところは、線の強弱があまりない、立体感や質感がない、全身画がろくに描けないところでしょうか。

3.自分の好きな絵柄を一つ
水彩絵や油絵のような芸術的なイラストが好きです。また、原色をふんだんに使った派手な色使いが好きです。
そして、線画がしっかりしていて、色をつけなくても見ごたえがあるような絵も好きです。
全部自分ができないことですね。(笑)

4.逆に苦手な絵を一つ
そんなにはありませんが、グロいのはやっぱり苦手ですね。

5.自分がなりたい、描ける様になりたいと思う絵柄、スタイルは?
ネタ絵が描きたいと思って絵師になったので、面白い絵が描きたいです。
それに加えて、かっこいい絵が描きたいです。

6.自分の絵を好いてくれる人に叫んでください!
ディ・モールトグラッツェ!(どうもありがとう)

7.そんな大好きな15人にバトンタッチ!!
多すぎでしょ・・・。
それでは、うちでリンクさせていただいている方々全員に回させて頂きます。スルーもオッケーです。


今週のボーボボ、怒んぱっちが大活躍でしたね!かっこよかったです。
あと、表紙のミニキャラもかわいかったです。
ところで、ツルビーニャ瞬殺されてたんですけど!?(笑)

今週のジャンプ感想絵は明日、感想文はあさってアップする予定です。
拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 14:26 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

02 2006

ジャンプ35号感想

ボーボボ
「何――――― アトラクションが全て動き出した!!」
いつになく真剣な表情を見せるポコミ!迫り来る危機を予感したのか!?
「うう… だって… 夜の遊園地があまりにロマンチックなんだもん… パッチ感激しちゃって…」
「…そーなんだ……」
お前そんな乙女チックなキャラだっけ!?ビュティさんもリアクションに困るわ!!
「気に入ってくれたようだね!僕の用意した夜景は I LOVE YOU」
ウゼー!何もしてないのにでしゃばってきやがった!!
いつの間にスーツに着替えたの!?その車と花束はどこから持ってきた!?
「もうバカ…」
「男はみんなバカなのさ」
バカだとかバカじゃないとかどうでもいいじゃない…二人の間に愛があれば、それでいいじゃない…。(え)
「バトル中に遊んでんじゃねぇぞ!!奥義『ツインドリル』!!!」
ごもっとも!バカップルぶりを見せ付けられるこっちの身にもなれってんだ!!
「2人とも今助けるよ――――☆」
「ぎゃああああああ威力でかすぎだ――――チビガキ――――!!!」
敵味方関係なく圧殺するどすこいプレス!もうめちゃくちゃだ!!
「もっと気を引き締めていけ!! …たく」
「自分が一番気がゆるんでるよ!!」
オッサン一人でメリーゴーランドだなんてむなしいだけだよ!!
「『影の伝説』飛び」
カネマールとの電車バトル以来の奥義だ!!(ボーボボ9巻参照)
影の伝説について、詳しくはこちら
「しまったオレじゃじゃ丸君だどーしよう!!」
おいしくなーれ、ぽこぽこぽ~ん!(じゃじゃ丸ポップコーン!?)
じゃじゃ丸君について、詳しくはこちら
「鼻毛流八卦六十四掌」
ナルトの日向ネジ!?ズダダダダダダダ!!!
「白眼に敵はない」
「岸本先生ごめんなさい!!」
ナルトに登場する術の数々について、詳しくはこちら
「…そっちだったか!」
「乗り遅れたぜニンニン!」
そんなヤツらはザ・ニンジャ
「上等だぜ!こちとらジェットコースターは大得意なんだよ!!」
「亀ラップ亀ラップ♪」
いまやボーボボにおいて伝説となった亀ラップについて、詳しくはこちら
パラレルやっちゃって――!!!!パラレルやっちゃって――!!!!
「野郎~~~~オレの平衡感覚をナメんなよ~~~~」
カイジっぽい表現法だ!!
「アストロボボササ」
「超なつかしい新感覚アクションゲームっぽい動きをしだした――――!!!」
アストロロボ・ササについて、詳しくはこちら
「メロン・ド・ペンギン」
メゾン・ド・ペンギンとの一方的なコラボ実現!
「唯一動ける動きはこれだけだ―――!!」
「これアイトーイの『集まれ!!体感ボーボボ』じゃん!!なつかしっ」
体感ボーボボのところてんマグナムゲームについて、詳しくはこちら
「首領パッチのニュース+1」
司会は首領パッチとゲームボーイブタの二人でお送りします!
ニュースプラス1について、詳しくはこちら
「ああっ!オレおもいっきりシカトされた!!!」
そりゃされるわさ…七三分けがマブいぜ!!
「大丈夫大丈夫…全然平気!」
真拳を封じられ、魂が抜かれたようになってしまった二人!大ピンチ!!
「ククク…」
あっさり敵の側についた首領パッチ!手のひらを返すのが早いぜ!!
「ひゃにゃげ!!?コレ完全に真拳が使えなくなってる―――!!!」
舌が回らなくなったボーボボ!弱体化は一目瞭然!!
「ぴゅるぴゅる真拳爆走奥義『ところてんジェット』」
ぴゅるぴゅる!?ていうか、そもそもヘッポコ丸がいないと意味ないんじゃない!?
「どっちみちしょぼい…」
ビュティさんが毒吐いた!!!
「融合完了」
「うわあああああーこれバランス悪っ!!!体ちっちゃ」
ミニキャラ化してしまった真説天ボボ!もはや赤子同然!!
「魔光騎神ズノウ」
善滅丸の力を集結し、おぞましい魔人に変身したズノウ!
「完璧な頭脳は完璧な戦略(シナリオ)を生む!!センスだけでは勝てないのですよポコミ先輩ィィィ」
ポコミのセンスとズノウの戦略、勝つのはどっちだ!?
「アハ…よくしゃべる だまって戦えば」
弱い犬ほどよく吠える!強気を崩さぬポコミ!
しかしその表情は動揺を隠せない!!
「おい どいてろ」
おもいっきりシカトされたから怒ったのか!?いつの間にやら怒んパッチに変身していた首領パッチ!!
ズノウのシナリオにはこの漢の存在はあるまい!真拳使いではない猛者、怒んパッチの怒りの鉄拳がアカデミー四天王を粉砕する!!


ネウロ
「好物は玉ねぎ漬物。」
玉ねぎのお漬物ですか…。血液がサラサラになりそうですね。
「動けないってことは日頃の恨みも晴らすチャンス 今のうちに色々落書きしちゃおっかなー…」
後が怖いよ!絶対お仕置きされるから!!
「欲望や願望というのは…生物の意思や行動を司る原動力だ」
やせたい!だからこそ、あのランディ・ジョンソンも愛用しているボディブレードを振って振って振りまくるのだ!!
「脳の片隅に兵隊としての別人格を作り上げる」
ボディブレードで白兵戦!?どんな兵隊だよ!!
「私の本体を見つける事は!やはり君には不可能だ!!」
機械的なスフィンクスが3体も登場!電子知能のピラミッドの頂点、HALを死守!!
「おやすみ…脳細胞(ニューロン)の申し子よ」
ネウロ消滅!?閉ざされた電脳世界では、ネウロといえどもHALにはかなわなかったのか!?


メゾン・ド・ペンギン
「打ち切りになるのかえ 生き残れるのかえ」
銀魂でネタにされたのを、逆にネタにもってきました!
打ち切られる前に人気投票!これが危機管理意識なのだ!!(違う)
「連載24回記念 シリーズ人気投票開催!」
この中に知らないキャラがいたら、はてなキーワードで調べてみるといいですよ!


ムヒョ
今週の今井裁判官・・・サラシ姿
正確には包帯姿ですが、半裸にサラシ代わりの包帯を巻いた姿の今井さんはとても美しかったです!
そして、人質にとられようが強気は崩さず、あくまで抵抗し続ける今井さんは健気で素敵でした。
ティキの拷問を受けようとも、学生時代から続く今井さん不死鳥伝説が終幕を迎えるはずがありません!!

「クスクス…来た来た」
死体ごっこで遊ぶティキ!小学生かお前は!!
蝿もたかってウジ虫がわきでるなど、ティキの肉体はほぼ腐乱しているようだ!
「フフフ ようこそ 今井先輩」
ヨイチと同じく、エンチューにとっても今井さんは先輩!前から面識があったのか!?
となると、魔監獄で今井さんを殺そうとするティキを止めたのも納得がいく!!
「動かない方がいいわ 傷口何針か縫ったから…」
「リオ師…!!」
傷ついた今井さんを介抱したのはリオ!女性同士だしね!!
「すっかりやつれて………」
ろくに休憩もさせてもらえず、過酷な作業をやらされている様子のリオ!
「――私もあなたと会って話がしたかった…!!」
今井さんとリオは、魔監獄でリオに殺されかけて以来の再会!!
「い いかん すごい熱だ早く処置を」
過労で倒れたリオ!でも労災は出ません!!
「この囁き声の主はリオ師ではなく禁書…!!!」
がんじがらめにされた封印のフダの下には、おぞましい化け物の牙がかいま見える!
その囁き声はいったい何を伝えようとしているのか!?
「落ち着け…!!チャンスだこれは…!!禁書とリオ師をいっぺんに奪還するチャンス!!」
最大のピンチは最大のチャンスとなりえる!人質なのに監視が甘いのを利用して、取る物をとって脱走だ!!
「クスクスクスクス……コレに触れてはいけなイ ワタシでも手に負えない代物だからネ」
蝿と共に現れたティキ!確実に体臭キツそうだ!!(え)
床をすり抜けて不気味に登場!何をするかなど全てお見通し!!
「今 ペイジはどこで誰に会っている!!!」
ティキが最も恐れているのは、ムヒョではなくペイジ!何かティキにとって都合の悪い心覚えがあるのか!?
「答エロ!!!」
おっとぉー!ここでいきなりセクハラ発言だぁーっ!!(え)
「あのクソガキの考えなんぞ手にとるようにわかル!!」
ムヒョの行き先に先回りして罠を仕掛けた位だもんな!!
「オマエ調査員だロウ!」
今井さんの頭をつかんでガクガク振りまくるティキ!なんて乱暴なんだ!!
「どこだ答エロ!!」
セクハラ発言再び!!
「キサマの問いに答える言葉など無い!!」
おめぇに食わせるタンメンはねぇ!(次長課長!?)
頭から出血しようが、今井さんは簡単に仲間を売るようなヤワな女じゃない!!質問を断固拒否!!
「逃げられるとでも思っているのか? クスクス ならば逃げてみろ この地から 私から 箱舟から…!!!」
今までほとんど謎の存在だった箱舟メンバーが、一気に4人も初顔見せ!
帽子をかぶった大男、長髪の寝不足お姉さん、色眼鏡のパイプ男に、色黒のひげもじゃじいさんだ!!
「なァ オマエラ 聞いてんのかよ~」
「眠いからしゃべらないでちょーだい」
「あっいいこと思い付いたぞミック 自分を斬ればいいじゃないか!!」
ミックの扱いがすんごく低いんですけど!!かわいそうに…。
色眼鏡は、他人事だからって無茶言うぜ!!いくらミックがほぼ不死身だからって!!
「つんめってーなぁこいつら…!!」
負けるなミック!めげるなミック!!ちょっぴり涙を出そうとも!!!
「ってあれ? そーいやアイツは?」
「さあの」
「ちっ 何でアイツだけ出入り自由なんだよ」
「じゃあ 彼を止められる?」
箱舟の中でも随一の実力を持つらしい「アイツ」とは?そして、彼は単独行動をとって一体何をしているのか?
「本トもったいないっ ティキの拷問っぷりが見れるのに~~!!」
ティキの拷問をウズウズしながら待つ色眼鏡!こいつも猟奇的な欲望の持ち主!!
「リオ師がいなければ禁書の封は解けない……!!何とか彼女だけでも逃がさないと!!」
リオを担いで逃げる今井さん!孤立無援の脱走劇の結末は果たして…?
「逃げろ逃げろ 吐かなかったことを後悔させてやる…!!」
ティキの狂気が今井さんを狙う!ティキの拷問とは一体どんな恐ろしいものなのか!?
「ふーん ずいぶん慌ててるねティキ こりゃあまずいよムヒョ 今井先輩本当に殺されちゃうかもね……」
エンチューはティキの拷問を高見の見物!ムヒョの到着は間に合うのか!?
「今井が今井がそーんな簡単に死ぬかってーのー!!!」
エンチューの危惧を否定するかのように笑う毒島!お酒を飲んで上機嫌!!
「おっ!!食え食え!!えんりょすんなマジで!!」
遠慮すんなって言われても…おかずは無しですか?ごはんだけで食えって?
「やつの不死鳥伝説はMLSからよ~」
今井フェニックス伝初公開!学生時代から不死鳥として活躍していた今井さん!!
「悪霊やっつける」
さすがの今井さんも、学生時代はスカートだったんですね。
「ほら穴に7日間家出」
家出するのはいいとしても、なぜあえてほら穴に?ていうかほら穴なんてそうそう無いでしょ?
家出するなんて、今井さんは両親との不和があったのか?
「海に置き去り 20km遠泳」
どんだけスタミナあるんだ今井さん…。
ていうか、どういう流れで海に置き去りにされたんだろ?
「とにかくスゲエッ ムネは無ェけどスゲェッ」
一言多い毒島!まあ、包帯巻けば事足りるレベルだけどね…。
「でもでもだって…」
「だってぇイマイさんがぁ~~ん ってテメェ女か!? オラオラオラ」
女々しいロージーの胸をもみまくる毒島!ヨッパライが逆セクハラだ!!
「ウメキチ ホータイを持て!! やべっ まきすぎたっ!
自分、不器用ですから…。(高倉健!?)
「ん?バイトだと?あのトラックはソレか」
「ひゃ~~い お恥ずかしい この山奥じゃ相談も少なくてねぇ」
バイトで自社トラックを持つのは考えにくいので、実際には副業みたいな感じですかね。
「――はぁ…友の為に来た後に旅…か… いいねェッ 私そういうの好きっ! 是非手伝わせてよ!!」
毒島はいなせな江戸っ子気質の持ち主!粋な女だ!!
友との絆のため、毒島は戦う!!
「よーしそうと決まればさっそく明日―― ンゲホッゲホッ」
「あっ!!ボス!! そろそろ寝ないと体にさわりますぞ!! タバコもホラやめて!!」
急に咳き込んだ毒島を心配する梅吉!毒島は何かの病気なのか?
「へっへ…久々にコイツの出番だな~… ムヒョの魔法律書が届くまで任せな ずっ っっっっどぉんとけちらしてくれるわぁ!!」
あらヤダ銃刀法違反!ずいぶんと物騒な物を隠し持っている毒島!!
銃口を人に向けないでください!!!
「――へ…? じゅ 銃…? 毒島さんあれで戦うの…?」
「ヒッヒ違げェ アレは書だ」
ずいぶんと特殊な形の魔法律書を使う毒島!銃口から使者が出てくるのか?
「書!?銃が??!! そんな――」
「本当だ あれがボスの魔法律書であり―― 宝物 自分の寿命を犠牲にしてまで手に入れた力じゃ…!!!」
表面は明るく振る舞っていても、何やら重い過去を背負っている様子の毒島!
自分の寿命を犠牲にしたからこそ、その力は強大で、この若さで執行人に登りつめる事ができたのか!?
「おっ そーだ草の 草の!! ヨイチ連絡とれないならメールにすれば?」
せめて体を隠してから言ってください!
「あ… そっかメール…!!」
今気づいたの!?気が動転してて気づかなかったのか?
「メール…か… ケータイって死んでからも見れましたっけ…?」
「ムリでしょ」
シュールな会話を楽しむヨイチとペイジ!
神聖な場所で謎の儀式を行っているこの二人!命を賭してまで彼らが求める物とは!?
「次号は通常のムヒョはお休み!学校の七不思議に迫る、超大増特別番外編です!!」
学校の七不思議の中でも一番の不思議は、せいぜい3つか4つ位しか七不思議が存在しないことだ。七不思議じゃないじゃん!
次号は合併号なので、実質的にはムヒョ本編は2週お休み!それまではガマンだ!!

魔法律学校夏季課題 霊の友
「五嶺:まぁまぁ、よいではないか。ひとつアタシが、とっておきの霊をお教えしようかねぇ。」
ゴリョーのキャラ違うんですけど!そんなお人よしじゃないよ!!
「今井:うむ。ロージーの勉強のためなら、協力してやるか。」
今井さんも微妙にキャラ違うし!今井さんはロージーのことを一貫して「草野」と呼ぶガンコ者ですよ!!
「心霊ファイルA 切り裂きジャック」
おそらく世界で最も有名な連続猟奇殺人犯、切り裂きジャックについて、詳しくはこちら
「心霊ファイルB トイレの花子さん」
学校の怪談の定番、トイレの花子さんについて、詳しくはこちら
「心霊ファイルC 赤マント」
なんで霊はトイレにばかりいるんだろ?と疑問を持ってしまう、そんな赤マントについて、詳しくはこちら


もてキング
「さあさ女性陣 このオレ自らサンオイルぬってあげますよ!  い―――え お金は一銭もいただきません 女性が満足されたら それが何よりの報酬でございます オーッホッホ!」
笑ゥせぇるすまんかお前は!ドーン!!
「なぜだか急にブレイクダンスがしたくなって…」
電子ドラッグの影響か?
「ひっええ―――っ す…水面をッ!!」
「な…あっ!なんだああ―――っ あいつう―――ッ!!」
ツェペリ男爵か!あいすの顔が濃くてキモいんですけど!!
スピードワゴンとポコのリアクションは面白いな!!(ジョジョ3巻参照)
「フフフ………もう始めています 周りをよく見て! ワハハハハ! さっきから私が水中に渦の流れをつくっていることに… 気がつかないの? おねえちゃん!」
暗青の月(ダークブルームーン)!?どーりで顔が濃いと思ったよ!!異常にテンション高いな!!
シブイねェ… まったくおたくシブイぜ… by.キャプテン・テニール(ジョジョ14巻参照
「あ゛はあ゛ぁ~ ドクドクが止まんないよ」
プリンス・ザ・リッパーことベルフェゴール!?
「はじけてまざれっ!!!」
「カ…カラダが…うごかな…!!」
ベジータかお前は!目つき悪いな!!
「昔のリボーン風のまとめ方であった」
ほのぼのギャグ漫画だったころの…。


ジャンプ魂
日本一の友情決定戦!!
「学校でウンコがしたくなったら、非常ベルを押して構内を無人にしてくれる。」
たかがウンコで、どんだけみんなに迷惑かけるんだ!!
「自転車の前かごに乗せてくれる」
荷物扱い?
「『愛と勇気とお前だけが友だちさ!』と言ってくれる」
知り合いは多くても友達は少ないタイプなんだな!(え)
「オレの死で超サイヤ人になってくれる。」
クリリンのことかー!!!!

超進化魂 テーマ:カブト虫
「スーパーカブト虫1」
長――――い!!!!
「スーパーカブト虫2」
マシンガン!?危険極まりないな!!
「スーパーカブト虫5」
チョイ悪カブト!?ぜってーモテねーぞーっ!!!
「スーパーカブト虫6」
武士じゃん!鎧兜じゃん!「無死」って!!
「スーパーカブト虫8」
生活に疲れたおじさんですよね?

イニシャル魂
「N・・・ニキビをつぶす
 B・・・ボランティアを
 A・・・明日から始めます」
跡が残るからつぶさないほうがいいよ!痛いし!!
「N・・・『無いよ!エクスカリバーなんて!』
 B・・・『婆ちゃんが鶴岡八幡宮の境内で見たんだって!!』
 A・・・『ありえねぇよ!!』」
よりにもよって鶴岡八幡宮にはねぇだろ…。
鶴岡八幡宮について、詳しくはこちら

Posted by seiji | 19:06 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog