コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

31 2005

かなり遅いゲームバトンと拍手返信

今日は久しぶりにゲームバトンを書きます。
前回書いたのが8月15日ですか・・・2ヵ月半もたっとるやんけ!(エセ関西弁)
今回は、「KOFシリーズ」について語ろうと思います。

KOFはいわゆる格闘ゲームで、今は亡きSNKの名作です。
僕は基本的には格ゲーはノリで戦いたいと思ってるので、ガンガン攻めていけてスピード感があるこのゲームが好きです。
基本は3対3のチームバトルなので、それだけ多く戦えて長時間遊べ、誰を先に戦わせるかを考える戦略要素があるのも好印象。

キャラクターも魅力的です。
一番好きなのは矢吹真吾。弟子キャラで特殊能力もない、わりと普通の高校生だけど、体術で他の格闘家と同等に戦えるのが楽しい。
必殺技の「し~んごキ~ック!」はガードされてもあんまりスキがなく、突進力があって判定も強いので重宝しますし、
「ボディが甘いぜ」が師匠である京と同時に打ち合っても発生の速さで打ち勝つところが好きです。
'97だと「喰らえ!」の肘に攻撃判定があるから連続技にもってこいだし・・・・。
朧車のたまに出る3撃目の落下頭突きがガード不能でいい感じです。
MAX駈け鳳燐(ガード崩し)→キャンセル通常駈け鳳燐→鬼焼き未完成(追い討ち)のゴリ押し感も好きです。
パワーゲージMAXで相手体力ゲージ残り少しの時にしゃがみ強パンチガードさせたもんなら「おっし!ダブル駈け鳳燐+追い討ち確定!」てな感じでハイになれて楽しいです。

また、ド派手な超必殺技の演出が好きです。
八神庵の八稚女発動時の毒舌「遊びは終わりだ! 泣け!叫べ!そして死ね!」の台詞は有名です。’96でのMAX八稚女はなぜかお食事中だったりするし・・・。
他にも庵は勝ちポーズの「ククククク・・・ハハハハハ・・・ハァーッハッハッハ!!」のイカレた3段笑いとかが見てて楽しいです。

また、異常に強いラスボスがいいです。強すぎて、こっち3人でボス1人を倒すことに何の疑問も感じません。(笑)
「そこですか」なゲーニッツ、「さあ、無に帰ろう」なオロチ、特にクリザリッドの超必殺技はオラオララッシュなんて目じゃないぐらいに、くらうとめちゃめちゃボコボコにされてむしろ爽快感があります。
KOFについて、詳しくはこちら


あんまり長く書いてもあれなんでこの辺で。てか文章でゲームの面白さを伝えるのは難しいですね。
次は「ジョジョ」の格ゲーの話をしようかと。さすが天下のカプコンが作っただけあって、あれはファンゲーでなくいち格ゲーとしても一級品です。



今週のボーボボ、天の助がHGに!フゥゥゥ――!!!!
ビービビ撃破で毛の王国編完ということで、次はどこへ向かうんでしょうか?戦いが終わった後に明かすといったソフトンの秘密、多分毛の王国のどこかにいる3世、いまだ見ぬバーババが気になります。


ネウロ。ナショナリズムやオリエンタリズム、民主主義に内在する暴力性、異文化交流と帝国主義的な支配の欲望、他者との出会いそして自分自身との出会いでもある「旅」論など、いろいろと考えさせられる内容でした。
そもそもナショナリズムなんて元来幼稚なものなのかもしれません。
「新米」だろうが「反米」だろうが、それは好き嫌いの単純二元論であって、感情論です。
国家と国家の関係はもっと理性的な、ある意味ではビジネスライクな付き合いが理想的な外交だと思うんですが。僕もよくわかりませんが。


ムヒョ。ついに今井裁判官が!
うぅ・・・やっとだよ。同盟とか作ってたのは無駄じゃなかった・・・!!(涙)
相変わらず美しく男前だぜ今井さん!元気付けに漫画買ってくるなんて男の発想じゃね?(笑)


もてキング、小畑先生のところのアシスタント募集のハードルの高さに笑いました。前から僕も思ってたよ!(笑)


ジャンプ感想絵は明日、感想文はあさって書く予定です。



拍手返信です。

続きを読む...

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

28 2005

ジャンプ47号感想

完成しました。

ボーボボ
「扉絵」
ビービビ、無駄にカッコイイー!!
「オッス!オラ田楽☆ 今週はオラが先週までのあらすじを紹介するのら~☆」
最近あまり出番のない田楽がでしゃばりやがった!悟空みたいなノリであらすじ紹介だ!!
「田楽・作画」
やる気ねー絵だな!!
「よけいな事してんじゃねーよタコ!!!俺の出番が減るだろうが!!!」
急にキレた!東京四天王・葛西風に!!
「カマトトぶってんじゃねーよボケ いっぺん死ぬか!!?おお!!?」
毒吐きすぎだよ!!このろくでなし!!!
「ボケアホカスアホンバラ アホンダラアホンダラアホンダラ」
もはやただの悪口じゃねーか!!いい加減ウザくなってきた!!
「ナイスショット」
そう思ったときに天の助がゴルフクラブでぶっ飛ばしてくれたぜ!目指すは輝く明日へのホールインワン!!
「わんわんわんわん!!わんわん!!」
突然帰ってきた魚雷!!じごくのイルカが出てきたときのように、犬のようにほえだす!!
「ONE ONE ONE ONE わん わん わん 王王王(わんわんわん)」
「王(わん)さん!?お前王さん!!?」
いや、全然意味わかんねーよ!!なんで王さんに因縁つけてんの!?
「毛の覇轜袈(ハジケ)『エクストラ・ダンディ』降臨」
地雷ダンディが降臨したー!!なんでさかさまなの!?
「うわちゃ―――おかしなの出たー!!ガッカリ系に分類されるかもコレ!!」
あんまりかっこよくないもんね!!
「あれは地雷ダンディだ」
「あれがウワサの!!?」
そーいえばビュティさんはダンディのこと知らなかったんだ!
「悲しみのギョラッ刀牙――――!!!」
ダンディは魚雷の父親!悲しむのは仕方ないね!!
この技って独岩鉄だっけ?
「へっくんどういうこと?」
え~っと、ちょっと待っててくださいねぇ~っと・・・どこに書いてあったかな・・・。
「『覇轜袈(ハジケ)』は使う者の魂とエネルギーを具現化させた第2の自分のようなもの まさに一心同体」
「敗けた!!」
先に怒んパッチに解説されちゃった!!ヘッポコ丸のバトルオタクの名が廃る!!
「どうりでオレ達の後ろにもいるハズだぜ 覇轜袈」
「な」
禍々しい怨霊にとりつかれていらっしゃる~!!!
「いや それはただの地縛霊」
いや、地縛霊じゃなくてこれは背後霊ですよ。地縛霊は文字通り土地に憑いてますから。
「毛狩り真拳奥義『ソクハゲ』!!!」
技名がダセー!!!(笑)
「『エクストラ・ダンディ』はオレの力のかたまり・・・ダメージを負うことはない・・・またすぐもとの形に戻るぜ」
「何だコイツ!!?」
まったくもって原型とどめてねーじゃねーか!!!
「そして覇轜袈をあやつる手段はこれだ!!」
塩とつまようじで!?安っぺー!!
「ゆけエクストラ・ダンディー!!!」
「ええ――っ!!?それリモコンなの!!?」
鉄人28号ばりにシンプルなリモコンだな!!!
がんばれダンディ!!!
「毛の属性は『炎』!!!」
そーなの!?毛、燃えちゃうのに!?
「ホット・ドリンクもう一杯!!!!」
辺り一面焼きつくしたー!!もう敵も味方もねーな!!!
まずい、もう一杯!!!!
「ビービビ兄さん今日が何の日か覚えてるか? 皮肉にもアンタの誕生日さ――!!」
こんな状況で誕生日のお祝い!?てかどっから出したんだそのケーキ!?
「うけとりゃああ――オレの手作りケーキィィ――――!!!!」
顔面にぶっつけやがったよコイツ!!ドリフか!!
てか手作りだったの!?意外と料理うまいんだな!!
「・・・てか今日誕生日じゃねーぞ 別に」
「そーなの!?」
ボーボボが人の誕生日なんて覚えてるわけないと思ったよ!!
「殺す」
ビービビくん10さい誕生日おめでとう!そんなメッセージをもらったらそりゃ怒るわ!!
「鼻毛真拳超奥義『マルヒメルヘンお花畑』!!!!」
「このお花畑はメルヘンチックな心を持った永遠の少女達を引き寄せる夢の召喚大魔法!!!集いし心うるわしき召喚獣はまさにドブ川のようににごりきったキサマをぶちのめすためのお転婆妖精(フェアリー)達!!」
「明らかにメルヘンじゃない人達が集った~~~~!!!もはや集会だろコレ!!!」
ヤクザに泥棒、ヤンキーまで集まっちゃった!!シンナーの代わりにお花の香りを吸ってたらどんなに平和的だろうね!!
てか天ちゃん、ワカメちゃん!?
「毛狩り真拳奥義『毛殺乱舞』!!!」
あっさりやられたー!!!
「バカが!単なる鼻毛真拳じゃねーか・・・」
「カチ」
「ふ・・・踏んだね・・・」
「しまっ・・・この花畑はコイツを隠すためのカモフラージュ!!はじめから狙いはこの地雷を踏ませることか!!!」
「父さんにも踏まれたことなかったのにィ~~」
普通お父さんは息子を踏まないと思います!どんだけ暴力的な父さんだよ!!
てかダンディのお父さんってどんなヤツ!?むしろそっちが気になるよ!!
ダンディ、いっきま~す!!!!!
「毛の覇轜袈、『地雷地平線(ムテキホライズン)』発動!!!」
辺り一面地雷だらけ!!一個でも踏んだら誘爆して大惨事に!!
「死ね!!鼻毛真拳奥義『運命のラプソディー』!!!!」
この期に及んでくすぐり攻撃かよ!ダンディも参加してるし!!
てかダンディが貼ってるのってビックリマンシール?
「ぐわはははぎゃばばヤメロ・・・バカ・・・・・・キサマ・・・ギャハハハ ヤメ・・ふ ふざけるな このオレが・・・こんな技で・・・」
すっかり情けない表情になってしまったビービビ!効果は絶大だ!!
「カチ」
「!!! クソがああああああ」
くすぐりに耐え切れず踏んでしまった地雷!大爆発!!
「この絵を5・6分ぐらい眺めてみてちょ
とどまることを知らない地雷の誘爆!もはや地獄絵図!!
「勝ってる!中で一体何が・・・?」
「きっとすごい激戦が繰り広げられたに違いない」
コチョコチョして地雷が爆発してました。
「どうだビービビ オレの新しい力は」
「もう一度喰らわせてやろうか」
も~カンベンしてくださ~い・・・。
「ぐ・・・調子に乗るなよ この地雷を二度と踏まなければいいだけのこと・・・」
「ハイハイ坊や手のなるほうへ♪」
でも他のヤツが踏んじゃったらどうしようもないよなぁ~!!
田楽かあさーん!!!
「オギャーオギャーオギャーオギャーはるかなるオーギャスタ!!」
はるかなるオーガスタ!ってどっかで聞いたことあるけど何だっけ?
「クソがぁ またか~」
「何ィ――――!!?増えてやがる!!!兵器が」
地雷っつーか巨大軍事基地なんですけど!!
「地雷砲発射用意・・・撃て―――っ!!!」
操縦士はパンダさんなの!?
「ぎゃあああああ もはや地雷じゃね―――――!!!」
地面に置くから地雷なのに!もはやただの爆弾扱い!!
「地雷」
雀鬼パンダと共に、手と手をつなぐよ地雷の輪!(イヤだな)
秀樹もいるよ!!
「決着の刻(とき)がきたようだな オレ達の永(なが)きにわたった毛狩りの因縁にな」
ビービビによって滅ぼされた故郷・・・目の前で殺されたブーブブ姉さん・・・今、すべての因縁に決着がつく!!
てか、先週の怒怒んパッチとの主人公争いは見事にスルーされたな!!!(笑)

アニゲボ
「アニメ『ボボボーボ・ボーボボ』は10月29日(土)10:50~の放送で涙の最終回を迎えます!!」
ついにボニメも終了か・・・。
2度にわたる地方打ち切りとかいろいろあったけど、なんだかんだでけっこう続いたもんですねぇ・・・。
「類を見ないほどの斬新なギャグアニメ・・・、楽しませて頂きました!皆さんの応援しだいで、再びTVに戻ってくるかもよ!?」
ホントかよ!?終了のショックを紛らわすためにテキトーなこと言ってるんじゃないよな!?
「よーし!これからの活動拠点はアメリカだぜ!!」
そんな殺生なー!!ちゃんと日本でやってくださいよー!!
「ハイドレートの右腕 白凶 ハイドレートの腹心。TV表現的に難しい人。」
白狂、名前変わってるー!!!
“狂”っていう字がまずかったんでしょうね。てか彼の戦闘スタイルすべてがTV的にまずいですね。普通に恐いですからね。
「“スーパー”田ボがかなり強引にまとめます!!『わたしにまかせて!』」
マジで!?不安が隠し切れねぇー!!
「オマエ等!最終回、見ないとオシオキだぜ!!」
見たくても見れないんだよぉぉぉぉ!!!


ネウロ
「好物はナタデココ寿司。」
ゲテモノじゃねーか!!無国籍料理もいいトコだな!!
ちなみに、山形県鶴岡市の 「三幸寿し(さんこうずし)」さんで食べられるらしいです。商品名は「イカサマサマ」(見た目がイカっぽいから)で 1カン100円。安い!
「地獄のガス室になり得る密室性の高い個室をね」
マリリンモンローがガスでえらいことに!!
「そんな人を部屋の少し外・・・例えばそこの待合室に呼び出し おもむろにナイフで脅したとしましょう」
なんかハンプティーダンプティーみたいな化け物がいるよ!?顔だけゆうじろうだし!!
「ドアをたたくデイビッドさんの姿は・・・こう見えていたことでしょう」
いや、さすがにこうは見えないと思いますよ!?
自由の女神頭にくくりつけてる!しかもお台場みやげって書いてあるし!!
その大量のホットドッグは何だ!?サバイバルナイフとメリケンサックがヤベー!!!
「恐怖という鍵を」
それは悪魔が用いる鍵!!
「ボクの国訴訟大国ネ これ以上失礼な事言ったら シリの毛まで抜かれるよーな賠償金を払わせまーす!!」
今までの天然キャラはどこへやら!すっかりクールなインテリキャラになったデイビッド!!
「ドラマなんかに出てくるダイイングメッセージほどバカバカしいものはない」
確かにこりゃバカバカしいわ!ちょっとしたパズルだよ!?
あ□もり
み□
 □は
も□おか
 □っぽろ
せ□だい
ヒント:県庁
四角に入るのは何でしょう?ってか!そんなヒマあるなら助けを呼べ!!
「9 1・1 3・3・3」
「ククク なるほどわかりやすい」
携帯の画面が示す「らいす」の名!それは露木さくらが最期に遺したダイイングメッセージ!!
「もちろんこの3文字が名前に入っているのは・・・デイビッドライス・・・あなたしかいませんね・・・」
観念したかのように、おもむろに手で顔を覆うデイビッド!!
「どうです ここまで容疑があなたにしぼられてまだ・・・警察の捜査をかわす自信はありますか?」
冷や汗を流し震えるデイビッド・・・もう終わりだ!
「…フ…… フ―――ンフ フ――――ン フ――――ン フ――――ン フ――――ン・・・ フ―――ンフ フ――――ン フ――――ン フ――――ン フ――――ン・・・」
「国家?」
何を思ったか、突然アメリカ国家を歌いだすデイビッド!
「・・・すいまセーン・・・ ボク ウソついてまーした・・・」
ピノキオみたいに鼻が長くなったデイビッド!だってウソついてたから!!
ピノキオについて、詳しくはこちら
「日本食とかヘドが出るほど嫌いデース・・・ボクの国ではみんな・・・ハンバーガーとバーベキューしか食べませーん・・・」
すっかり目が据わったデイビッド!あんな納豆なんていう腐った豆を食べるなんて気がしれませーん・・・。
デイビッドは狂信的ナショナリストだった!!
「浴衣・・・こんなスカスカした布キレいりまセーン・・・ ボクの国では夜寝る時は・・・裸にGパンって決まってマース・・・」
胸毛がワイルド、デイビッド!!
「この紙と木だらけの建築も気が滅入りマース・・・自然(ナチュラル)と共存?クソくらえでーす・・・ ボクの国ではホームランが打ちたかったら薬物とコルクバット使いマース」
自然の叡智?知ったことか!!
マグワイア!サミー=ソーサ!!バリー=ボンズ!!!
ドーピングが蔓延するメジャーリーグ!!!!
「ナイフで脅したとか言ってましたね・・・そんな野蛮な道具使いまセーン その代わり ボクの国ではみんな・・・枕元にコイツが無いと・・・安眠できまセーン・・・」
銃刀法違反フゥー!!!
ナイフより拳銃のほうがよっぽど野蛮だろ!!!!
しかしそこは銃社会・アメリカ!!!
「でも日本のコトワザでひとつだけ好きなのありマース・・・『鳴かぬなら 殺しちまえ ホトトギス』 あの女はもちろんおまえらも・・・ボクの前ではホトトギスでーす・・・」
鼻に髑髏(どくろ)の面相が!!
狂気に満ちた白い悪魔・デイビッド!ヤツの暴走を止めるんだネウロ!!


デスノート
今週のニアの遊び・・・飛行機
レスター指揮官に日本に飛んでもらうよう頼むときに飛行機を持ったりして、ニアは毎回会話に関係した遊びをしてますね。

「あ モッチーとモンチッチー」
語呂いいな!!!
「前の髪型じゃないとモンチッチじゃないし可愛いくないから」
「ぶっ」
寡黙な模木が笑った!やっぱりアフロはどーかと思ってたんだ!
「マット ここは頼む 俺はあいつの方を」
「わかった」
まだメロに仲間がいたのか!しかもイケメンだ!マフィアの生き残りか?
「俺がこう言うのもなんだが…………………かなり可愛らしい日本人女性だ 年齢ははっきりわからないが十四・五から二十ってところだと」
「真面目に言ってるのか マット」
「ああ 大真面目だ」
しかもユーモアセンスもあるぞ!
「削除」
自分の判断で出目川を始末した魅上!!
「………魅上だ・・・ ……………キラの考え…理想…欲する物いらぬ物を理解し…使える… …………しかし… 僕の指示なしにこいつらを殺す行動を選択できるという度量は…」
有能な魅上を評価するライト!しかし同時にあまりに有能でありすぎるがゆえに、同時に恐怖も覚える!!
ライトがキラとしてほとんど動くことが出来ない今、魅上がキラの代理人ではなく、むしろ彼自身がキラとなり、ライトを差し置いて新世界の神になったりする展開になるのか!?
あるいは2代目Lであるライトをキラと知らずに殺しにかかるかも!!


ムヒョ
「限界か?若殿・・・」
ゴリョーを嘲るムヒョ!天才はまだまだ余裕!!
「――いいな ナナちゃん・・・ あの時以来かな―― ――なんでムヒョは・・・ 僕に何も教えてくれないんだろう・・・ ――なんでだろ・・・――」
なんでだろ~なんでだろ~なんでだなんでだろ~♪
なんでだろうの二人もすっかり見なくなっちゃったな・・・。
テツandトモについて、詳しくはこちら
「お願い 出てきて ママが 待ってるよ・・・!!」
「おねえちゃん だれ」
ナナは娘の霊を呼び出すことに成功!ロージーなんかより大活躍!
「また陣を張り直せば済むことだ のうエビス」
無茶言わんといてください。
「どの口が―― ほざいてやがるのかねぇ・・・ キサマのようなゴミを誰が拾ってやったと思ってるんだい? 死ぬ気でやれ・・・! 豚が!!!」
人使いが荒いどころの騒ぎじゃない!!
気持ちいいほど極悪なゴリョー!!
「――こ・・・この・・・ヒトは・・・!!」
「人形に籠っていた霊体が集まったようだナ・・・」
娘の霊を認識し、母の霊が人間の姿を取り戻した!
「おかえりアイ・・・」
「ママぁ・・・」
母と娘、感動の再会!
「ごめんねアイ・・・ ママ・・・待ってる間に悪い事しちゃったの・・・ 先に天国でお留守番できる・・・?」
しかし母娘はまたすぐに引き裂かれる運命!それだけのことをしてしまったのだ!!
「まつ・・・ あいちゃん ママからもらったお人形とおるすばんしてる!!」
母と娘をつなぐ手作りの人形!それは見た目は不恰好でも、母の愛によって美へと昇華する!!
「フン・・・2人共 地獄の中でも最も軽い三途の川行きに変更だ 煉獄の罪をガキの天国行きで相殺すればそんなもんだろ ま せいぜい親子でエンマの小言でも聞いてくんだナ・・・」
なんだかんだで実はけっこう甘いムヒョ!再び引き裂かれる2人を憐れに思い、一緒になれるように采配!!
「景気がいいねぃ六氷の・・・ 勝者の余裕かぃ・・・?」
「――そうだ・・・ 僕達勝ったんだ・・・!!」
ほとんどムヒョとナナのおかげだけどな!
君はそうたいした事はしてないよロージー!!
「ヒッヒ 誰がオレ等の勝ちだと言った・・・?」
意味深なムヒョの一言・・・その真意は!?
1.幽霊マンションにはまだ他にも悪霊がいる
2.娘の霊を呼び寄せたのはのナナなので勝ったのはナナ
3.ムヒョが魔法律協会の規則を破ってゴリョーの邪魔をしたので反則負け
思いつくのはこれぐらいですが・・・真相はいかに!?


もてキング
「阿久津宏海 高校一年生――― 本当は不良やってました―― 本当は………」
でも今はツッコミやってます―― 変な生き物のお供をしながら………(涙)
「わしがもて塾塾長 百手太臓である!」
わしが男塾塾長江田島平八である!
魁!! 男塾について、詳しくはこちら
「スパーキングしたんじゃねえだろうなアアア!? 胸がパチパチするほど騒いでんじゃねーぞコラァ!」
「ストーキングじゃねーのかよ!!だったら別にHEAD-CHA-LA(ヘッチャラ)だろ!!」
ドラゴンボールZのオープニングテーマじゃねーか!!
CHA-LA HEAD-CHA-LA 胸がパチパチするほど 騒ぐ元気玉…Sparking(スパーキング)!
「たまにいるんだ こういうオッサン趣味した女が デスノートの弥海砂なんかもそうだぞ」
「そういえば言動や行動にオッサン感じる時が・・・」
普通に他の漫画のキャラいじっちゃったよ!!
確かにミサの行動や言動はなんか古いけど・・・ゴスロリなのに!
「赤ペン先生か――い!!!」
私だけの赤ペンせんせーい!!
チャレンジ一年生♪
「オレ 百手太臓 略してモモタイ へへ・・・付き合ってよおねーさん」
デスノのシブタクじゃねーか!!
こりゃ交通事故で死ぬしかねーな!!!
「とうとう悪の本性さらけ出したわね!!」
「渋井丸太臓ォ―――――!!!!」
やっぱりか―――――!!!!
き・・・決まりだ デスノート 本物だ!! byライト


特別読切 キャディ-ガール瞬(まばたき)
「人は皆生まれた時からゴルファーなのよ!!! 人は人生という難関コースでみんな夢(カップ)を目指して競い合って生きてるの!」
キャディ-ガール瞬、元気で勢いがあるのと、何気にうまいことやいいこと言ってるのが好きです。
「プレイに集中して!クラブはもっと軽く握るのよ!!」
普通に男子トイレに入ってきていらっしゃる~!!こりゃ逆セクハラだろ!!
「フォアァー!」
動揺して軌道が右にそれちゃった!こりゃOBだ!!
「このままずっと逃げ続けるつもり? そんな生き方(プレイ)じゃ暗い林から抜けでることはできないわよ・・・」
「ミチル!アンタに必要なのは困難に立ち向かう勇気の一打よ!その一打のためにアタイの全力でキャディるから!」
キャディーはあくまでも手助けをするのみ!その一打を放つのはあくまでも自分自身!!それはほんの一打でも、重く、意味のある一打!!!
「先生トイレに行ってもいいですか?」
バリバリ逃げてるじゃねーか!!!
「ミチル・・・アンタにはもうキャディ-は必要ないわ・・・」
勝手に満足して帰ってっちゃった!
「アタイが名推理でキャディる!!」
キャディーは普通、推理とかしません!!
「学校関係者全員のアリバイ・動機・人間関係・音楽準備室の位置 さらには気象・温度・株価の変動・給食の献立・・・全ての条件を考慮して推理した結果― 一つの真実が浮かびあがったの!」
株価の変動や給食の献立はいくらなんでも関係ないと思います!!
「犯人は―― この中にいる!!絶対!!!」
うん、まぁ・・・嘘は言ってないわな・・・。
せめて、せめて10人ぐらいまでに絞ってくださいよ!!こんな何百人もいる中で犯人がわかるか!!!
「ミチル!アタイがキャディーとしてできるのはここまでよ!あとは自分の力でなんとかするのよ!!」
状況をますます悪化させただけじゃねーか!!!
「オレはずっと春川さんのことが好きなんだ!だからそんなことするもんかー!!」
土壇場に追い詰められ、ついに運命の一打を放ったミチル!
キミの心にホールインワン!!!
「さくら!お前に買ってやった時計を盗んだ犯人 オレが捕まえたぜ!!」
でも残念!そのカップにはもう先客が・・・。
ブービー賞が関の山!!
「見事な告白(ナイスショット)だったね・・・ミチル・・・」
その一打を放ったことに意味がある。
今日はダブルボギーでも、それが明日のバーディーにつながるさ!!


こち亀
「組長には恩義があるんじゃ たとえ火の中でも行かなならんけぇ 男として」
「世話になった組長の頼みじゃけ!!早く戻さんかい!!」
「とんでもない所で草野球やらないで下さいよ!逃亡生活も終わりですよ・・・」
この組長はこいつらにどんな恩を売ったというんだ!?並大抵のことじゃないぞ!!!


じゃんぷる
ハイパー大喜利
お題・今日は楽しい運動会。でもボクだけちょっとブルー。それはなぜ?
「あんなに練習をした『ニホンカモシカのモノマネ』が種目にない」
あるわけねーだろ!!そんなの隠し芸大会かなんかでやれや!!
「赤組&白組vsオレ」
漢とは、敵が強大であれば強大であるほど燃えるもの・・・!
でもこれひどすぎじゃね?
「親父がHGの格好で見ている」
一人仮装大会か!!ところでHGの相方って仕事なくてかわいそうですよね。
親父の腰が運動会フォー! byどん
どんちゃん、なかなかうまいこと言うな!!
「・中止の連絡網がまわってこなくて、今、雨のグラウンドに1人立っているから」
かわいそう!でも連絡こなくても、雨降ってたら中止だって大体わかるよな!?
「妻が『愛してる』と言ってくれない」
そりゃブルーだわ!!でも運動会には関係ないよな!?

週刊修学旅行ジャンプ
「我ら、ジャージ軍団 ~東京ディズニーシー編~」
田舎者丸出しじゃねーか!!!
「ミッドナイト・クエスチョン ~好きな人は誰ですか~」
お前、もうコクっちゃえよ!他人事だから軽く言えるぜ!!
「やっぱり家が1番!!」
ですよねー!!!

テレビDASH!
「ビオレデビューはそんなに重要じゃないと思う。」
公園デビューや高校デビューのほうが重要だ!!(それもどうかと)
「おい石原良純!そろそろ何になるのか決めてくれ!!」
もう“あたらない天気予報士”でいいじゃん。
「パピコより、あややをチューチューしてえよ!!」
ただの妄想じゃねえか。

気合だー!!
「京子!悪代官どもがビビったのは印籠ではない、黄門様の気合だー!!」
助さん、格さん、も~いいでしょう!
「京子!? 京子が2人いる!?」
京子の身にいったい何が!?次週、衝撃の真実が明らかに!!(ならない)

メルゲッチュ
「今、下位にゆきます。 田尾安志」
田尾監督、楽天解任かわいそう!まだ1年しかやってないのに!!
「ごめん、今家出たとこ 恐怖の大王」
1999年7の月に来いっつっただろうがぁ!!どんだけ時間にルーズなんだよ!!!

アホ板
「お笑い通な空手部」
武勇伝!武勇伝!武勇伝でんででんでん!!
オリエンタルラジオについて、詳しくはこちら
「いのちトリ 『焼き鳥下さい。』」
共食いか!!てかお前が焼き鳥にされるぞ!?

Posted by seiji | 21:57 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

24 2005

エビフライと拍手返信

昨日、親に晩ご飯のおかずは何がいいかと聞かれたので、
「今夜のおかずはエビフライにしていただきたい!!!!」と言っておきました。
・・・家でもそんな感じで冗談ばっか言ってます。(笑)

でも、晩ご飯に出てきたエビフライはちっさいブラックタイガーでした。しかもちょっと焦げてた。
僕はお店の定食に出てくるようなジャンボエビフライを期待してたんですが・・・。
世の中ってうまくいかないことばっかりだ。
だからこそ成功の喜びは大きくなるのかもしれませんが。
てかブラックタイガーって名前だけはかっこいいですよね。(笑)
ちなみに、おめんパチダッシュ530について詳しくはこちら
「うをおおおおおお 全国民エビフライであれ――――!!!」



今週のボーボボ、怒怒んパッチとボーボボの主人公争いが見事にスルーされてましたね!(笑)
いや、まあそれはそれでいいんですが。そんなことやってると話グダグダになっちゃうし。
ろくBLUEチックな田楽、突然帰ってきた魚雷、スタンドっぽい能力を身に着けたボーボボ、大活躍の地雷ダンディ、くすぐり攻撃に悶絶するビービビなどが面白かったです。
なんか一気にいつもの感じになりましたね。他の漫画に比べれば全然ギャグなんですが、最近のボーボボはわりとシリアスで殺伐とした雰囲気だったんで和みます。
あとボニメは今度の放送が本当に最終回らしいんで残念です。どうせ見れないけど。(涙)

また、ネウロのデイビッドの変貌ぶりも期待通りで面白かったです。
シロタばりに暴れてくれそうだ!!(笑)


ジャンプ感想絵は明日、感想文は木曜日にアップする予定です。



拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:43 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

22 2005

ジャンプ46号感想

完成しました。

ボーボボ
「ですぎたマネをしてくれたなお嬢ちゃん」
残虐非道!女子供にも容赦せず、ビュティを散々痛めつけ、首を絞めるビービビ!!
「ビュティ・・・クソ・・・もうやめてくれ」
「おのれビービビ」
戦士たちはみな倒れてしまった・・・己の無力さを呪う・・・。
「つ つ つ 次は私の番なのでしょうか・・・ ビュティまでもが手にかけられ・・・一体この先どんな惨劇が待つというのか・・・ 私このページを開けるのが怖い・・・」
でも読者的にはすげぇ楽しみです。(ヒデェ)
「あ―――― うっひょ――い」
わりとフローラルな感じのやられ方でよかったね天の助!(よかったのか?)
「チキショオ・・・強すぎる ボーボボさん亡き今最後の望みは首領パッチしかいない・・・・・・!! 頼む首領パッチ!!!」
「!!?」
当の首領パッチはゆったりくつろいで漫画読んでました!!やる気ねー!!
「あ~~あったな~こんなこと・・・」
ボーボボのコミックスを読んで思い出にひたる首領パッチ!読んでたのはあの伝説の亀ラップ収録のボーボボ3巻だ!!
「・・・間違いねえ オレはここにきてどうやら大変なことに気付いちまったようだぜ・・・」
コミックスを読んで始めて気付いた「大変なこと」とは・・・?
「フ・・・」
まったくやってらんねぇよな・・・。
「どうやらオレ このマンガの主人公じゃなかったみたい―――――――――――!!!!」
「連載4年半ずっと気付かなかったけど実は主人公はボーボボだったっぽい―――――――――――――――!!!!」
えぇ~っ、今さら~!?
そりゃ気付かなかったほうが悪いだろ!!てかお前登場したの第3話からだし!!最初はいなかったし!!
「……でもそれも全てお前が仕組んだことであり実はオレが本当の主人公・・・ そういうことだろ?ビービビ」
どんだけプラス思考なんだよ!!だからお前主人公じゃないって!!
しかも勝手に人のせいにしてるし!被害妄想もはなはだしいな!!
世界はオレを中心に回っているはずだ・・・絶対そうだ!オレが主人公じゃないなんて有り得ない!!己が主人公でないということに気付いた怒りのあまり、怒怒んパッチへと変身した首領パッチ!!
「違う」
無茶な言いがかりをはっきり否定するビービビ!ノーと言える日本!!(関係ない)
「殺す」
違うって言ってるのに!!
「速っ・・・とらえきれん・・・ 喰らう!!!」
目にも留まらぬスピードを誇る怒怒んパッチ!!こりゃいけるか?
「ドン」
「何ィ!!オレじゃない!!?なんなんだコイツは!!?」
なぜか田楽マンにいっちゃった!!
てか田楽マン巨大化してない?ヒデェ顔になってるし!!
先週のビュティのように、田楽マンのみぞおちに強烈な一撃を食らわす怒怒んパッチ!!
「今のはワザと外した」
だが次は外さない・・・一発で仕留めるぞ。
って、外したっていうか関係ない人に当ててるし!余計タチ悪いよ!!田楽マンは劇画調にブッ倒れてるし!!
「・・・みんな驚かずに聞いてくれ オレ・・・主人公じゃないかもしれない・・・」
僕がキラかもしれない(byライト)って感じですかい!?言われなくても驚かねーよ!!
でも本人にとっては大問題!動揺で震えが止まらない・・・。
「・・・うんそうだろ」
「知ってた」
知らぬは本人ばかりなり!!みんな意外とあっさり!!
ビュティさんとかわりと大丈夫そうで、このガルナーザ安心の極み!!
「タケノコ・秋のキャッスルブレイド!!!!」
秋はタケノコの季節・・・じゃないよ!タケノコの旬は春だよ!!
「強い!ハンパない怒り・・・皮肉にもその強さだけは主人公級だ!!」
「このまま勝てるよ!!!」
でも実際には主人公じゃありません!!!
「涙が止まらねぇ・・・ ボーボボが死んだからか・・・ おれが主人公じゃないからか・・・・・・」
たぶん後者だと思われます。
「今からボーボボを生き返らせる」
「ハイ」
ベーベベと破天荒、ボーボボを生き返らせ隊出動!!
「オレも命をかけるぜ お前のようにな・・・ ボーボボ・・・ オレは・・・」
命を懸けたボーボボを目にし、破天荒は何を想う?
「任務決行!!!!」
「え もうイキナリ!!? てか毛玉そうやって傷つけるんスか」
まだ心の準備が!!てかジミ~な傷つけ方だな!!
「光!何だ?」
3000円ポッキリ?風俗店の呼び込みッスか?
「なっ・・・何だここは!!!?コイツらは一体!!?」
変な生き物たちがうじゃうじゃいる!!しかも働いてるぞ!?
「ここは『ハジケリスト墓場』 現世で一流ハジケリストだったヤツらのみが来れる地獄の最終就職所さ」
なんかジョジョっぽい人出てきたー!!
顔濃いな!!ピーナッツの着ぐるみ着てるし!!
「誰だテメー」
「うわああ~ん 僕のルービックマジック~~!!!」
ピーナッツ男のルービックマジックを投げ捨てるボーボボ!てか古いな!
ルービックマジックについて、詳しくはこちら
「キサマらサボってないでさっさと働け!!!」
「ヒイイイすいません獄長様!!」
あまたの一流ハジケリスト達を統べる鬼の獄長とは?
「アナタは魚雷ガールの父 地雷ダンディ!!!」
なんとあのハイドレートに足の裏真拳を教えた猛者・地雷ダンディだった!!
てか死んでたのか!!上から犬に殴られてるし!!ペットの犬はいっぱい飼っているみたいだけれど!!
「む?私の正体を知るキサマは一体・・・ ん!」
「ああっ!!!その首のネックレスは我らの頂点『キング・オブ・ハジケリスト』の証!!お主は一体!!?」
そのネックレスはあのキング・オブ・ハジケリスト:ライスから受け継いだ最高のハジケリストの証!!
「アナタ様があの有名な首領パッチさん!?」
そして首領パッチは伝説のハジケ人なのだ!!
「やつはオレのペットにすぎん」
ペットだったんだ!?
「ここに来たのも全てはさだめ・・・『キング・オブ・ハジケリスト』は我らの王 微力ながらハジケリスト達の力の素・・・全てお渡ししますぞ」
「みんな・・・ダンディ・・・」
ハジケリスト達の優しさが身にしみる・・・。
「こうしてボーボボは一流のハジケリスト達から多くの力を得るのであった・・・」
「はい 2Bのエンピツ」「オレル-ペ・・・」「輪投げの輪」
「・・・でも半分は捨てた」
さすがは一流ハジケリスト達!ロクなもんくれねー!!(涙)
「最後にオレの魂『地雷玉』をくれてやる みんなの力とこれをあわせれば究極の力を得ることができるぞ!!」
「ダンディ!!あんたって兵器は・・・」
血も涙もないのが兵器だっていうのに、全くアンタってヤツは・・・!
アンタの魂・・・確かに受け取ったぜ!!!
「ボーボボ いた!見つけたぞ!!さっさと帰るぞ」
「オレ達の毛力でお前を生き返らせてやる!!」
任務成功!ボーボボと再会したベーベベ達!!
「こんな地までくるとは・・・いい仲間を持ったな!早く行きなさい!!現世につなぐ門が閉まる前に!!!」
「何!?」
そんな門があっただと!?しかももうすぐ閉まりそう!?
「ダメだ!!もう間に合わない」
「閉まる――!!!」
このままだと3人とも現世に帰れなくなってしまう!!
「さぁ みんな早く行って!!ただしつけもの オレはダメだ――――!!」
「つけもの!!!!」
そこに現れたつけもの!!閉まりゆく門を己の身を犠牲にしてくいとめる!!お前を殺したのは首領パッチとボーボボだっていうのに・・・!!!
ダメじゃない。お前はダメじゃないぜ・・・つけもの・・・。だって今こんなにも輝いているじゃないか!!
死してなお輝き続ける黄金の精神!!!!
「お前らの気持ちは受け取ったぜ!!! 待ってろ ビービビはオレが倒す!!!!」
みんなの思いをその身に背負い、男は再び立ち上がる!!!!
「そんな・・・怒んパッチが押されてる・・・」
「もうダメ・・・」
頼りの怒んパッチですらかなわない!絶望感が場を支配する・・・。
「ゾクッ」
そこに襲来したピヨピヨ消防士のオーラ!ホースの代わりに竹槍を持って!!
「このオーラはボーボボ!? ・・・」
「間違いねぇ・・・アイツのオーラだ」
「よかった生きてたのね」
全員が確信するボーボボの復活!!
「・・・来る!!」
「・・・ヤツが来る!!!」
どんな登場だ!?
「デコトラかよ~~!?」
なぜか出てきた大型トラック!趣味の悪い塗装だ!!
「テメーを倒しに地獄から戻って来たぜ オレは100%ボーボボ!!そして100%ハンバーグが好きな男でもあるぜ」
牛100%はやっぱり味が違う!!!
ボーボボ達を現世に帰すために死んでいったつけもの・・・己の魂をくれた地雷ダンディ・・・みんなの思いが男を漢に変えた!!今のボーボボは100%だ!!!
「超高速毛狩り真拳!!!」
「地雷」
「ポッケから手を出すまでもねぇぜ」
『バキ』でそんなキャラいたな~。
ビービビの毛狩り真拳をものともしないボーボボ!!
「お前達・・・そのケガ ビービビにやられたのか」
「うん あ・・・平気だよ」
強くなければ漢じゃない。優しくなければ漢である資格がない。
「オレの仲間に土下座して謝りな どのみちお前は100ぺん殺すがな」
『ACT3 FREEZE!!』てな感じで地面に押し付けられるビービビ!!地雷のように!!
「何だ!?何が起きているんだ!?全然わからねぇ!!!」
ボーボボの豹変に戸惑いを覚えるビービビ!!
「待ってたぜ さあ決めようか どっちが本当の主人公かを」
あれ?何でそんな流れになってんの?
そう、それは“運命”という名の必然・・・。
二人が出会った瞬間から、きっとそれは決まっていたんだ。
「何故この雌雄!!」
なぜ?そう問うのは無粋というもの・・・。
主人公・・・それはただ一人にのみ与えられる称号!!
理由などただそれだけで十分だ。
互いにベストコンディションである今こそ雌雄を決する時!
真の主人公はどちらなのか。お互いの拳で語り合おうではないか!!
新たなる激闘が今、歴史に刻まれようとしている!!!
この漢たちの壮絶なる死闘から決して目をそらすな!!!!


アニゲボ
「かわいい絵だけど、よく見るとキワドイっ!!」
いや、キワドイどころかこれアウトじゃない!?
遠くから見るとまるでトップレスて!ハジケすぎだろ!!


ネウロ
「好物はロージーの『ネギ丼』。」
他のマンガに手出しちゃった!!!
ちなみにロージーのネギ丼のレシピは『ムヒョ』3巻の巻末おまけまんがに収録!うまくすれば50円でできるらしいビンボーくせー料理だ!!
「おるすばん、吾代。よいこ。」
ついにおにぎりストックが最後のひとつにぃぃ~!
ダ・・・ダメだ。これを食ったらもう食料が・・・あぁ~でも腹へって死にそうだ・・・。
ジレンマに苦しむ吾代!かわいそう!!
「彼女の家の前を大音量スピーカーを積んだ車で通ったり」
騒音おばさんか!!右に布団叩きの絵描いてあるし!!
引越ーし!引越ーし!さっさと引越ーし!しばくぞ!
騒音おばさん、あるいは引越し、布団叩きおばさんについて、詳しくはこちら
でも多分知らないほうがいいです。(苦笑)
「自殺か・・・まぁ・・・仕方がないんじゃないか? 彼女は・・・死(ゼロ)に負けたんだ」
死をゼロと表現する春川教授!!
「自然淘汰さ 生命力とは何も体力の強さだけじゃない・・・ 死(ゼロ)への誘惑に負けない精神・・・脳力の強さが劣る者も・・・生存競争には打ち勝てないのさ」
精神力、能力を脳の力「脳力」と表現し、その重要さを主張する春川教授!!
「1と0の狭間に・・・私の求める世界がある」
1と0。生と死。その狭間にある世界とは!?
哲学的な物言いをする春川教授!!
「刺激的な余興に出会ってしまったな……」
シゲキ的になってきたね・・・ど――も byシゲキX
「密室にして自殺に見せた・・・殺人だ」
サザエさんハウスで!?
ネーウローさん♪ネウロさん♪ネウロさ~んは愉快だーなー♪
「言え いつものやつだ」
ネウロの念動力によってデイビッドを指差すヤコ!!
これはやっぱりいつものアレですか?
「え・・・えーっと・・・なんか・・・すいません」
「犯人は・・・ ・・・お前だっ・・・!!」
露木さくらを殺した犯人はデイビッド!!
第一発見者を疑えという捜査の鉄則通りだった!!
今までの天然キャラは全部演技だったのか!?
「う・・・ うっそぉ~~~ん・・・・・・・・・!!」
「慰めといて次に瞬間犯人かよ!!」
そのあまりにアレなやり方に驚愕する伊原と池田!!
しかし春川は不気味に口元を緩める!!
「容赦なしっ!!」
まぁ相手は殺人犯ですから!こんぐらいしても自業自得だろ!!


デスノ
今週は休載です。


リボーン
「硫酸って人にぶっかける以外使用法あるんですか?」
とんでもねーこと言っとるなコイツ!!いや、確かに硫酸の使用法なんてあんまり知らんけど。
調べてみたら、硫酸はさまざまな肥料、繊維、薬品の製造に使われているそうですよ。
硫酸について、詳しくはこちら


ムヒョ
「どうだっ!これが五嶺家代々の奥義百八手!!神通針で広範囲を結界で囲みエリア内の霊を結界の中心にかき集めそこを一気に魔法律で片付ける戦略!!」
ゴリョーの策とは、分裂する大量の霊を集めて一網打尽にしようというもの!
「これでもう―― おまえ等の負けは決まったんだよ・・・!!」
勝ち誇るエビス!でもまだ陣が未完成だったんだよな!?
「ヒッヒ」
しかしムヒョは余裕の笑み!ムヒョにも策が!?
「声・・・ 声が聞こえる・・・! 霊が・・・『会いたい』って言ってる・・・・・・!!」
ナナが聞いた霊の願い!!
「ムスメニ会イタイダケナノニ・・・!!」
霊は事故死した娘との再会を懇願する!!
「くやしいよ・・・いつもいつも足引っ張りっぱなし・・・お願い 負け・・・ないで・・・!!」
自分のふがいなさを憎み、悔し涙を流すナナ!
でも安心して!ロージーもいつもムヒョの足引っ張りっぱなしだから!!!(ダメじゃん)
「オイ オマエ 10円玉と紙とマジック持ってるか?」
普通は持ってないと思います!!
「霊媒体質のナナが降霊術をすれば拾えるかもしれん」
口寄せのお嬢ちゃんことナナの本領発揮!?降霊術を試みる!!
「よくやった エビス」
「・・・お・・・ おほめのお言葉・・・!!もったいねぇ・・・・・・!!」
ゴリョーに褒められて感涙するエビス!アメとムチ!!
「これで名実共に私は最強の執行人だ・・・!!」
勝った・・・計画通り。
勝利の予感に打ち震えるゴリョー!!
「ヒッヒ 戦略を知っても部下は知らねェか・・・・・・めでてぇこったナ」
ムヒョはロージーのことなんてほとんど当てにしてないもんな!!
部下を過信したという愚行!霊をしとめ損ねたゴリョー!!
「しまった結界が――!!」
気付いたころにはもう手遅れ!策士策に溺れる!!
「ま そう焦るな ヒヨッコめ」
ムヒョも魔法律を発動!ゴリョーが呼び出した地獄の使者の邪魔をする!!
「五嶺家をなめやがって・・・!!」
プライドを傷つけられ、激怒するゴリョー!!
霊ほったらかしで内輪もめ!!この場は泥沼と化した!!!


もてキング
「今の僕は前の僕より姉さんを支えられる!!」
ロージーじゃねえか!!
今の僕は前の僕よりムヒョを支えられる!! byロージー
「なんかまつ毛がスゲーことになってる!!」
顔までロージーみたいに!!このまつ毛!まぶた!目の下の影まで!!
(追記・ロージーじゃなくてエンチューの顔らしいです。ついでに擬音の「パチクリ」はビコ)
「ヒッヒお前にゃムリだね!」
今度はムヒョみたいな意地悪な口調に!!
「『姫を守れ!少年守護神(ガーディアン)』!」
こりゃまた懐かしいジャンプ打ち切りマンガを・・・!
さすがの少年守護神もジャンプ連載枠だけは守れなかったということか・・・。(涙)
「駄目だぁ―――――っ 乾が止まらな―――い!! ムーンサルト殺法だ―――!!」
駄目だぁーっ 向日が止まらねーっ!!
・・・って、テニスじゃねえか!!ムーンサルトする意味がわかんねーよ!無駄に腹出してるし!!
勝つのは生徒会だ!!!
「何だかんだときかれたら」
「答えてあげるが世の情け」
ポケモンアニメのロケット団じゃねーか!!小学生のころを思い出す!!
でんのうせんしポリゴン事件とかあったなぁ・・・。
「今もうそのセリフ別のに替わってるぞ」
そーなの!?ポリゴン事件以降は見てないからなぁ・・・。
「真白木さんどうしましょう!」
「落ち着け 高校生にもなってそれを知っている方も知っている方だ」
高校生にもなってニャ-スの格好をするのもどうかと・・・。


じゃんぷる
学校大革命
今日の議題 文化祭
「たこやき屋のどこが『文化』なんだ!!」
食文化ってことだよ。たぶん。
「カップルでお化け屋敷に来たら、通常の3倍の恐怖を与えてやる!!」
嫉妬に狂う人間はお化けより怖いのだ!!
「『それでは先生の出し物です』 グダグダじゃねえか!!帰れ」
ツッコミがキビシー!!!
先生も自ら恥をさらしにこなくてもいいのにねぇ・・・。
「ミスコンに男を出すのはやめようや。」
ウケ狙いだってことはわかるけど、実際にはあんまりウケなくて肩を落として帰っていきます。

オレビアの泉
「オレビア! 『い・・・異議あ・・・り・・・』 恥ずかしい!」
ゲーム機に向かって「異議あり!」なんて叫んでたら、はた目からは変な人にしか見えないもんな!!
「オレビア!ゴルゴンゾーラって、メッチャ強そうな名前だ。」
ゴルゴンゾーラについて、詳しくはこちら
「オレビア!女子は家と学校でのくしゃみの仕方がかなりちがう!
 学校『へくしっ』
 家『ぶぇぇぇぇっくしょい―――!!』」
おっとこらしぃぃぃ――!!
てかオヤジじゃねぇか。
「オレビア!タカシはチェスがめっちゃ強い!」
ポーカーがめっちゃ強いニツルギの親戚か!?

ハッピー天国
「財布の中身がきれいさっぱり一円もなくなったとき。」
宵越しの金は持たねぇのさ。(江戸っ子か!)
てか、ただ給料日前でピンチなだけじゃないの!?
「授業中、オナラをしちゃったけど、最終的にクラスが和んだとき。」
結果オーライ!

気合だー!! 秋のスペシャル
「京子!明らかに着れないだろう服を試着するのも気合だー!!」
無理に着て破いちゃった服を弁償するのも気合だー!!
「そうだ・・・京子へ行こう。」
どこだよ!?京子は人名だろ!!気合だーになってないし!!
そうだ。京都、行こう。

アホ板
「チョーク投げ LV95」
拡散エネルギー弾みてーになってるー!先生スゲー!!
カイワレマン達をいっぺんに攻撃できそうだ!!
「若貴の反乱 『兄さんボクが悪かったよ』『いや、オレが悪いって』」
和を以って貴しと為す!譲り合いの精神こそが日本人の美徳!!
「中尾彬 LV100」
ろくろっ首みたいになってるー!!
「ポスト小泉」
むしろこれって小泉ポストじゃね?自分の体を構造改革!?
これも郵政民営化法案に盛り込まれてるらしいよ!(嘘)
「我が家のジャンプ活用術 ネコが入らないよう家具のスキマにつめこむ。」
これが最新のリサイクル技術!う~ん、エコライフ!!!


巻末作者コメント
「金子マリさんの前座で笛を吹いたりしました。いやぁ人生何が起こるかわからないです。<うすた京介>」
ピューと吹く!うすた京介。

Posted by seiji | 22:03 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

17 2005

ボニメ情報と拍手返信

今テレビ朝日で放送中のボニメ、もうすぐ終わるらしいですね。
他のボサイトさん見てたらそんなウワサが流れてるようでちょっと気になったので、自分で調べてみました。

Web-Newtype.comボーボボの項目を見ると、10月29日放送の「スーパー田ボ参上!! 愛と平和のカウントダウン?!」と「ついに最終決戦!! 鼻毛真拳FOREVER!!」が最終話ということになっています。
これを信用すると、つまりボニメは10月いっぱいで終わりってことらしいですね。
ちなみに後番組には11月12日から「ガイキング」っていうアニメが放送されることが決定しています。6日は適当に特番でも流すんでしょうか。

始まりがあるものにはいつか必ず終わりがくるものですから、しょうがないですね。スタッフとしては、打ち切り前になんとか人気のある怒んパッチやスーパー田ボは出したかったってところでしょうか。
あと、ホラーでグロい白狂やハイドレートの足の裏真拳がテレビ的にまずかったのかもしれませんね。(笑)
地方打ち切りなどいろんなことがありましたが、76話もの長きに渡って楽しいアニメを作ってくれたボニメスタッフには感謝したいです。ありがとう。

ところでボーボボ原作のほうももうすぐ終わるんじゃないかってウワサも流れているようですが、さすがにそれはないと思います。
澤井先生のネタがつきたってこともないでしょうし、もちろん人気もあります。ボーボボは今やジャンプの看板漫画ですから、打ち切りはまずないでしょう。
ストーリー的にもバーババやツルリーナ三世、三世の元側近の謎の二人組、ソフトンとビュティの過去と目的、さらには四世とマコちゃんにいたるまで、消化していない伏線は盛りだくさんです。
最近のハードなシリアス展開がそう思わせるんでしょうが、それはただ単に澤井先生が一人のストーリーテラーとして優秀だってことです。


今週のボーボボ、ジョジョっぽいピーナッツ男、ハジケリストの墓場の獄長になってた地雷ダンディ、自らの身を呈してボーボボを現世に還したつけものなどに笑いました。あと、怒怒んパッチが田楽マン殴ったのも意味わかんなくて面白かったです。
構図が一緒なところを見ると、先週ビュティがビービビを殴ったシーンをパロったんでしょうね。こういうのをセルフパロっていうんでしたっけ?(笑)


ところでネウロ、外人のデイビッドライスが犯人でしたね。何気に先週書いた犯人予想が当たってしまいました。でもあれは推理じゃなくてまだ推測の段階でしたが。
ていうか、犯人わかるの早すぎだろ!!(笑)
彼がどう面白おかしく変貌するのか、今から楽しみです。


あと、もてキングの大木玲夜の顔がロージーっぽくなってて笑いました。確かにあのマツ毛はすごいですよね。目キラキラしてるし。少女漫画か!!(笑)
「今の僕は前の僕よりムヒョを支えられる!!」



ジャンプ感想絵は明日、感想文はあさってに書く予定です。


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 20:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

12 2005

ジャンプ45号感想

ボーボボ
「妹(ブーブブ)の死に動揺したか・・・バカが キサマの毛玉は破壊した 完全に死んだ」
自慢のアフロも解け、崩れ落ちるボーボボ・・・本当に死んでしまったのか!?愛用のグラサンが悲しく落ちる・・・。
「ボーボボ―――!!!!!」
「いや いくらなんでもそんな素顔じゃねーだろ!! グラサンの中に目おさまりきらねぇし」
意外とチャ-ミングなおめめだったボーボボ!だってあのベーベベ兄さんの弟だもんね!!
「奥義225 止まねえ雨」
天も泣いている・・・!!
「ボーボボ 享年28:死亡」
「希望は今終えた・・・」
悲しみに打ちひしがれ、そっとまぶたを閉じる父・TUYOSI!
「ボォーボボ オラァ――ッ!!!!」
「うわああ投げ捨てちゃった―――!!!」
さっきまで泣いてたと思ったら思いっきりブン投げやがった!情緒不安定だな!!
「何してんだよ首領パッチ!!」
「オレは復讐者よ・・・やっと今まで受けてきた恨みを果たせたぜ そう・・・これはオレの復讐の物語でもあったのだよ」
ボーボボの死体に鞭打つ首領パッチ!今まで散々な目にあわされていただけに、多少気持ちはわかるけれども!!
「いいから拾ってこ――い」
でもそんなことはこのヘッポコ丸が許さない!とこ屁組野球部の守備の名手・ヘッポコ丸の好送球!!
「命だけでは足らぬ 毛ごと殺してやる 一瞬にして生命力を毛に集約させその命を吸い出し同時に毛も殺す!!」
「毛狩り真拳奥義『真・毛根殺』」
髪の毛から生命力が吸いだされていく!みんなの毛が逆立ち、変色していく!!
「毛から力が抜けていく―――!!!」
あれ?後ろのほうでソフトンさんも苦しんでいるけど、髪の毛ないんじゃないの!?
「クソォ 打つ手がない」
打つ手がない感はベーベベ兄さんの顔からよ~く伝わってきます!!
「うおおおおお お父さんの髪が――」
ただでさえ抜け毛が気になっているのに――!
戦わなきゃ現実とー!!
「オレ自身がオレでなくなる~~~~~~!!!」
TUYOSIそれ自身が毛なだけに大ピンチ!!
「うおおおおお オレの玉も~ オレの玉もおおおお~」
結局それって毛なんだ!?
「え!?タイガーに!? どゆこと コレ!?」
知らね。
ろ~っこぉ~おろ~しに~、さ~っそぉ~とぉ~♪
「…ダメ…… 私…ここで死ぬんだ…」
絶望し死を覚悟するビュティ・・・。
「あきらめるなビュティ!!まだ終わっちゃいねえぞ」
その耳に届いた希望の声!!ボーボボ!?
「オレ オレ」
「グラサンかよ~」
期待はずれでグラサンでした。
「あっ ちょ・・・何その反応!?死なないで オレの話聞いてよ!!」
ビュティの冷たい反応で必死になるグラサン!
「オレこう見えてもれっきとしたボーボボの一部なんや ちなみに『ボボボーボ・ボーボボ』の点のとこ・・・アレ実はオレやねん オレおらんかったら大変やで・・・ボボボーボボーボボ!!って一気に言わないけへん 息つげへんで! それぐらい重要な男やねんオレ」
あまり重要さが伝わらない。
「ビュティ 安心しろ ビービビはオレが倒す」
ビシッと決めたグラサン!
「……………… グラサンマン…」
「グラサンマン!?何変な名前勝手につけてんの!?」
でも変な名前を付けられてイマイチ決まらない!!
「オレの名前はコンマや!!見とけやビュティ 点の実力」
グラサンマンの本名は「・(コンマ)」!誇り高き点の実力を見せてくれ!!
「鼻毛真拳奥義『グラサン・オブ・ホッパー』!!!」
「ぎゃ」
よ~くわかりました。
しょせん点の実力なんてこんなもんか・・・。
「弱すぎる・・・ボーボボがいないとグズグズだな」
期待させといてもののみごとにザコだったコンマ!このままなすすべなく終わってしまうのか!?救世主はいないのか!?
「おい小僧 主人公を忘れてるぞ?」
ここにいた――――!!!!
落雷とともに現れた頼れる漢・首領パッチ!!愛刀ドンパッチソードを携えいざ見参!!!
「キサマいつの間に!!?」
見事ビービビを出し抜いた首領パッチ!やはりこの漢の力は計り知れない!!
「あいにくオレには毛なんてないんでね んな技効かねえよ」
まゆげっぽい部分はあるけどこれは何なんですかね?
「喰らえ ボーボボの仇『ドンパッチソード大盛』!!!!」
「ダメでした☆」
だってネギだもん☆(ウザー!!)
「調子に乗るなよ 残るゴミはキサマのみだ!!」
「バカが よく見な!戦えるヤツならまだ残ってるぜ」
「死んだフリしてやがるがな」
「ドッキーン!!!」
ミイラ男みたいな格好で偽装していた死体Aこと天の助!!
「うわあああオレはなんてくさったヤツなんだ~~~ 何度もオレを助けてくれたボーボボが殺されたっていうのにまだ自分がカワイイのか――」
恐怖に負け、誇りを捨ててまでも生にしがみついた己の卑劣さと罪の意識に苦悩する天の助!!
「オレは――― オレは―――」
「プッチン」
そのとき、天の助の中の何かがふっ切れた・・・プッチンプリンのように!!
天の助の心の奥底に眠っていたひとかけらの勇気が今、目を覚ます!!
「ウオオオオオオオ ボーボボの仇はオレがとる~~~~!!! 止まらねえ!!もうこうなったオレは止まらねぇぞ~!!!」
うわあああああヒデェことになっちまった~~~!!!
キバが生え、よだれだらだらな天の助!!こりゃ怖い!!
てか後ろの首領パッチ引いてるし!!
これがファラオの呪いなのか!?(違う)
「理性崩壊!!野生のところてん ボーボボの死によりついに覚醒!!!」
ところてんってそもそも加工食品だろ!!お前の存在自体がすでに人工物だよ!!
「そうかよ」
「いや・・・そのやっぱ止まります ……ハイ」
あっさりと前言撤回!やっぱ自分の命は惜しい!!
「勝てっこない… くやしいよ… 私にも戦える力があったら… みんなを守れるのに…………………………」
こんな状況においてもみんなを気遣うけなげなビュティ!
「ニョホ」
「!」
生きていたコンマ!ヤツには何か策がある!?
「いくぜビービビ!!!その鼻へし折ってやるぜ―――!!!」
変な生き物コンビがビービビに立ち向かう!!
「野生のチカラァァァァ!!!!」
そのチカラはもはやTVのチカラを超えた!!
TVのチカラはうさんくさい番組だけども!!
「ドン」
ビュティさんがいった――!!?
ビービビのみぞおちに強烈な一撃をおみまいするビュティ!!
ジッパー下ろしてワイルドな感じに!!グラサンのワンポイントも決まってるぜ!!
「何ィィィィ!!!」
「ビュティ!!!?」
この2人が活躍しようとしてたところなのに!!
「がはっ くっ・・・ ぐぼっ!!!」
ビービビの攻撃をかわし、逆にビービビの頭を地面に叩きつけるビュティ!!鮮やかな身のこなし!!シビレるぜ!!
「ボーボボは死ぬ前にこのグラサンであるオレに力を残したんや・・・ そして残った者達を守るため・・・その力・・・この嬢ちゃんに貸してやったのさ」
ボーボボの力を借り、ツッコミヒロインからバトルヒロインへと昇格したビュティ!!
「・・・これがボーボボの力・・・」
「これぞグラサンパワー!!!」
勝手にグラサンの手柄にしやがった!!!
「オイオイオイなんじゃそりゃ~~!!! せっかくボーボボがいなくなってオレが目立つとこだったのに・・・全部ビュティにもってかれた~~~」
「いやいや・・・オレなんかわざわざ野生化までしちゃったのに 、あるでただの前座のような扱いですよコレ・・・・・・」
まったくですな。わざわざ野生化までしたのに!!
「ちょ・・・てかコレまずいんじゃないの?アタイ達あの娘に今までずいぶんつめたく当たってきたじゃない?」
「うんうん!ひょっとして超恨まれてたら?力を手に入れたらオレたちをぶち殺すって考えてたら?あ・・・ありえる話じゃね?」
日ごろの行いの悪い2人は戦々恐々!!ろくでもねーなお前ら!!
「首領パッチ君 天の助君」
「ハイッ」
「なんでしょうか女王様!?」
手のひらを返したような態度のバカ2人!!
「ゴメン・・・なんか力全部使い果たしちゃったみたい・・・」
たったの2撃で!?グラサンパワーしょぼっ!!
「それはそれで困る~~~~!!!どうすんのさビービビ」
当初の予定通りお前らでがんばるしかねぇな!!
「やってくれたな・・・小娘 なぶり殺してやる」
屈辱のビービビの怒りは頂点に達する!!
「ボーボボじゃなきゃ絶対にビービビに勝てねえ オレ達の命でボーボボをよみがえらす」
ボーボボ蘇生を試みるベーベベと破天荒!!
死んだ者を生き返らせる・・・そんな都合のいい術があるハズはない・・・おそらく・・・リスクを伴う・・・それ相応の・・・。
「おやびん お達者で・・・」
悲壮な決意をその胸に・・・覚悟を決める破天荒!!
「つづく」
いまだにタイガーになったまんまの田楽マンの玉!!
打倒村上ファンドじゃい!!!!


ネウロ
「好物は井戸水。」
水にまでこだわっちゃった!!
井戸水出るってどんだけ田舎なんだよ!!上水道通ってないってことだろ!?トイレはボットンか!!!
でも生水はおなか壊すから気をつけろぉ~っ!!!
「今日も鍋!まさに鍋の探求者!松井優征先生の作品が読めるのは週刊少年ジャンプだけです!」
松井先生って鍋奉行なんですか?
「地熱ですくすく育ったダチョウの温泉卵!!」
で、でけー!!こんだけでかいと半熟にゆでるのもけっこう時間かかるんじゃないの!?
「こういう色モノがほどよくあるのもこの温泉街のいいところでさ うんおいしい」
「店員はむしろキサマを色モノとして見ていたぞ」
ネウロ、何気にうまいこと言ってる!!
「あとココの名物といえば飲み湯」
「お肌が切ないぐらいツヤツヤになるんだって」
切ないぐらいに!?どんなだよ!!
「うわ何コレ超マズッ!!」
「バケツで浴びるように飲み始めたぞ」
ヤコは口に入るものならなんでもイケちゃうんですか!?
てかおあつらえむきにバケツなんてよくあったな!!
「なんかネウロも旅先では優しいじゃん」
「なぁに もちろん貴様に貸しを作っているのだ」
ネウロが何の魂胆もなく優しいワケなかった!!飲み湯ボコボコいってますよ~!?
「謎解きの間1回も呼吸をしない探偵なんてのをやらせてみたい」
そんな状態で謎解きができるか!!そりゃ推理じゃなくて大道芸だよ!!
「さてまずは温泉につかってゆっくりしたいところだッ・・・ ・・・がッ!!」
がッ!!がですよ!?
「もうすぐ夕食バイキング始まっちゃうんだよね――・・・ これを最大の楽しみに来たんだもん もたもたしてたらおいしいとこ無くなっちゃう」
ヤコの眼。それは獲物を狙う狩人の眼!彼女の眼に留まった料理はたちまち餌食にされてしまう!!
「お――いし――ッ!! なんかもう・・・ その・・・ この・・・ ああ もうほめてる時間がもったいないの!!」
バイキングを文字通り喰らい尽くしたヤコ!!その食欲はとどまることを知らない!!もはや食器を使うことすらせず手で食う姿は飢えた野獣のよう!!
後ろで泣いてる子供が可哀そうだ!!
「ああ・・・どうしてこんな事に・・・ 私の自慢のバイキングが・・・ シェフの誇りを満載した無敵艦隊が・・・ 開始30分で壊滅するなんて・・・」
シェフの誇りまでをも喰らい尽くしたヤコ!!
その姿はスペインの無敵艦隊をアルマダの海戦で撃破したイギリス艦隊指揮官で海賊(バイキング)上がりのフランシス・ドレーク提督のよう!
「巷でウワサの食いしん坊探偵!!」
食いしん坊万歳!!
「否定する言葉もございません」
そりゃここまでしちゃったらねぇ・・・。
「その若さで・・・大した知能を持っているようだな・・・」
なんか怪しい人出てきたー!!
「人の脳の構造を」
「脳を知る上でとても重要なことだからな」
彼は人の脳の研究者!ネウロと気が合いそうだ!!
「私・・・ちょっと気分が・・・・先に部屋で休んでるね」
毒でも盛られたか?
「山の上に95度の源泉があったのでな のんびりつかってきた」
いい湯だな~アハハン♪(ザ・ドリフターズ)
「源泉の中で凶暴な魔界魚を戦わせて・・・遊んでたら・・・逃げて・・・しまった・・・」
えぇー!?そーゆーことはちゃんとやってよ~!!
ペットは責任を持って飼いましょう!!!
「…カッ… カハッ… コェアッ… クハ… ガハッ グハッ ア……………ッ!!」
寝室で一人悶え苦しむ大学生・露木さくら!
毒でも盛られたか!?いったい誰が!?

今のところ犯人候補は「伊原則之、池田蘭子、デイビッドライス、春川英輔」の4人がいますが、僕はデイビッドが怪しいと思います。
伊原、池田、春川はみんな悪人面していますが、デイビッドだけは天然キャラで異彩を放っているからです。
ていうか、ただ外人の犯人がどう変貌するか見たいというのもありますが。(笑)
でも今のところはまだ何もわかりませんね。


デスノート
今週のニアの遊び・・・サイコロとプラモ
サイコロチョコみたいな箱の中からたくさんサイコロ出してましたねニア。
しかしその中にたったひとつだけある黒いサイコロ。6の目の変わりにドクロの絵柄があるサイコロ
そのサイコロを転がした先にはライトの名前が!しかもサイコロの目はドクロ!凝ってますね~。

「証拠は出ない 出るとしたら僕からしかない」
ミサからは決して証拠が出ないよう万全の対策をとったライト!
「もう勝手に動いてもらってミサを調べてほしいくらいだ」
ニアがミサを調べることはライトの計画内!!
「私やメロにとってLは憧れでもあり尊敬に値する唯一の人間」
ニアとメロの共通の目標だった偉大なるL!!
「どういう引っ掛かりですか?」
「で それが・・・ 今のL ですね?」
相沢にズバズバと質問し、核心をつくニア!!
「局長が『キラを殺し自分も死ぬ』と容疑者に銃を突きつけた」
「!」
相沢の話から「何か」に気付いたニア!!
「で 誰なんです?その二人」
「悪いがそれは断じて口にできん」
相沢に究極の質問を突きつけるニア!
でも相沢は断固回答拒否!いじけるニア!!
「肝心な事はひとつわかりました」
「大切なのは『キラを殺し自分も死ぬ』です つまり」
「夜神次長とキラの容疑をかけられた者は親子です」
「それしかありませんよ 『キラを殺して自分も死ぬ』 そこまで言えるのは・・・」
「よって二代目L 今 私がキラだと思っているのは夜神月」
相沢のたった一言・・・たった一言でキラ=夜神月の結論に達したニア!
証拠が出るならライトからしかない。ライトの計画ではニアはミサを調べるはずだった。
しかしニアは直接ライトへと捜査の手を伸ばす!メロを使えば多少強引な手を使ってでもライトを確保できる!
圧倒的優位に立ったニア!ライトの切り札・魅上照はニアの動きを防ぐほどの要素になりえるのか!?


べしゃり暮らし
「お父ちゃん・・・こ・・・これ・・・メール機能ついてへん奴やないか!」
話せりゃええやん。携帯やし。 by松っちゃん
とはなかなかいきません。老人じゃあるまいし。


もてキング
「見ろ 王子もハンカチ噛んで悔しがってる」
「表現古いな!!」
昭和のニオイがプンプンするぜ~!!
「木嶋ゾーンだ!!!」
もて野郎の王子様ー!!!


ムヒョ
「失敗したと思った時はもう遅い 相手の策は次々と先へ行く 天才といえどそれは止められぬ」
戦いとは才能ではない。策略だ。
天才・ムヒョを嘲笑する策士・ゴリョー!
「もしも負けたら僕達の事務所は――」
今さらビビリ始めやがった!
そもそもロージーが話にノッたんだったよねコレ?
「逃げるのはそっちだよ」
ナナを突き飛ばし、ムヒョが作った結界を横取りするゴリョー!
「こいつらがとどまっている間に逃げた方がいいんじゃないのかい?」
しかも悪ぶるそぶりもなく、いけしゃあしゃあと忠告する始末!ろくでもねー!!
「――ムヒョさん・・・アタシ帰っとけば良かった・・・バカだね・・・・・・」
後悔先に立たず!
「会イ タイ――」
霊が発した「会いたい」という一言!誰に?なぜ?
「ハアッ ハアッ ――煉がもう限界だ・・・!!」
そのころエビスはあまり目立たないところでがんばってました!
「おまえみたいな卑怯者に――ムヒョは絶対に負けないっ!!」
いいぞロージー!言うべきことは言った!!
でも男なら一発ブン殴ってもいいぐらいの状況だったけれども!!
「オレはまだ天に見放されてねえぞ・・・!!」
逆にナナは天に見放されたようだぞ・・・!!
霊に襲われて弱っているところを、よりにもよってエビスの出歯亀野郎に見つかっちゃった!!
「この娘から『煉』を頂く!!!」
狙われたナナ!こんな弱ってるところに針刺されて煉まで奪われちゃったら命も危ないんじゃないか?
「ゴッ!!」
そこに現れた邪魔者!霊に殴られたエビス!!
「くそっ!!ここはあきらめるか・・・・・・!!」
ここはひとまず退散!ってナナは!?
「オマエラはその娘でもバラしとけ・・・!!」
ほったらかしかよ!!まさに外道!!!
「三連の破魔の術!?」
「よしっ・・・」
そこにやっと駆けつけたロージーとムヒョ!ギリギリセーフ!
「――なるほど・・・!!二級のヤツの火事場のクソ力にしちゃできすぎだ・・・」
ロージーを快く思っていないエビスも認めるロージーの潜在能力!
「この神通針(オモチャ)は没収だ」
どっちが悪役かわかんねー顔でエビスから針を取り上げるムヒョ!
「ご苦労なこったナ アホの言うなりはよ・・・」
自慢の毒舌でエビスをいびるムヒョ!姑のように!!
「・・・ゴ・・・ゴリョーサマを・・・悪く言うなぁ!!」
あんな卑怯者でもエビスにとっては尊敬する人物なのか?
「――もう煉が補給出来ないなら今発動させるしか無ェ・・・!! ――陣が未完成でも・・・!!」
えぇ~!?未完成じゃダメなんじゃないの!?
霊を全部いっぺんに始末できなかったら、また分裂して元の木阿弥じゃね?
「『霊磁気吸』の陣!!」
見切り発車でやってしまったエビス!もう後戻りは出来ない!!
「あ あれは………!!」
霊が空のある一点へと吸い寄せられていく!!
ゴリョーの策とは霊を一ヶ所に集めて一網打尽にしようということなのか!?


リボーン
「相変わらず無愛想な奴ね―― 久々に脱獄仲間に会ったっていうのに」
明らかに中学生じゃなさそーな人達いっぱい出てきたー!!
特にメガネのオッサンとかお前、制服は無理あるだろー!!
「答える必要はない・・・」
六道骸の写真と同じ顔の傷があるこの男・・・骸の影武者!?
「ひぎゃアアア!」
紅一点の女性キャラはたったの一話でやられちゃった!!
「あの強欲娘のM・Mがやられたのは実にいい気分だ」
しかもやられてから名前が判明!哀れだ・・・。


じゃんぷる
ヌーベル俳句
お題 柿食えば
「柿食えば 中から指輪 アイラブユー
指輪で口の中切ったらどうすんだ!!
「ガリッ!痛っ、種噛んだ。あら、種じゃないわ。ダイヤ・・・!?」「種だよ。僕たちの幸せの種さ」「俊彦さん・・・」。アホかっ!! byどん
その種を大きく花咲かすかそれとも枯らしてしまうかは君たち次第だ。・・・って、どこのバカップルだ!!
「柿食えば 食費が浮くね お母さん」
うぅ・・・まだ子供なのにあんたには苦労ばかりさせてしまったねヒロシ・・・こんなお母さんを許しておくれ・・・。(勝手に名前つけちゃった!)
「柿食えば じじいにほうきで たたかれる」
コラー!悪ガキどもー!!また悪さしよってからに!!!
「柿食えば 食べたくなるなる ケンタッキー」
なりません。
てかケンタッキーって高くね?
「柿食えば 娘は返して くれますか!?」
犯人側もよ~わからん要求してきたな~。
「柿食えば あの日の傷が うずきだす」
うぅ・・・あの時あんなことをしなければ・・・。
体の傷は治せても、心の傷はそうはいかない。
「柿食えば 若貴笑って 握手する」
そうだといいんだけどねぇ・・・。
「柿食えば 鐘が鳴るなり コロスケかお前は」
5・7・5になってねぇし!!コロッケ食わせろナリ~!!
キテレツ大百科について、詳しくはこちら
「柿食えば? 足くずしたら? 水飲めば?」
初めて家に遊びに来た友達に言っているんですか?

勝ち組ウォーズ
「勝ち組・笑顔があどけない
 負け組・笑顔がアドゴニー」
こんな感じですか?
「勝ち組・裸婦
 負け組・裸フゥ――!!」
下半身中心に見てくださーいって・・・オェェェェ!!!!
芸術性のかけらもな・・・セイィィィィ!!!!
これぞハードゲイの芸術!そう・・・ハードゲイ術フォー!!!
ちなみに今週の週刊少年チャンピオンはHG特集があるんでHGファンは必見ですよ~!フゥー!!
ゲイの中のゲイ出て来いやああああ!!!!
「勝ち組・あざーっす!!
 負け組・アザ―――っす!!」
そーっすか。そんなん見りゃわかるわ!!

怒れメロス
「メロスは激怒した!『猫ひろし』と『舘ひろし』が微妙にまぎらわしいから。」
言われてみれば!!
「メロスは激怒した!ミックス犬?雑種だろうが!!」
リストラとかなんだとか、何でも英語にすればよく聞こえると思っていやがる!!
「メロスは激辛派」
辛いものばっかり食ってるからそんな怒りっぽくなるんだよ!

アホ板
「楽しいしりとりシリーズ♪ [芸人編]」
お笑い芸人の知識がすげー!!
「あったらイヤなピーターパン さあ行こう。ずっと子供のままでいられる国・・・ホリケンワールドへ」
ある意味正解かも。
ちなみにホリケンについて詳しくはこちら
「小次郎・・・敗れたり・・・」
えぇー!?近代科学兵器を携えて!?そりゃ勝つわ!!
小次郎はマシンガンで蜂の巣にされる運命なのか!?
「あるある大辞典」
あるあるネタの大辞典な。
「794(なくよ) うぐいす ねえ、泣かないで あめあげるからさ、あっ笑った!よかったー 平安京」
優しい子だ・・・。


巻末作者コメント
「人生で一番悲しい出来事でした。くり、どうか安らかに・・・・・・。<森田まさのり>」
ふつう作者の似顔絵が描いてあるところにネコの手が描いてあるところを見ると、飼っていたネコが死んでしまったんでしょうか。かわいそうに・・・。
「とても優しかった父方のお祖父さんが先日亡くなりました。ご冥福をお祈り致します。<澤井啓夫>」
だから盆栽好きのじいさんを出したってことは・・・ないか。
僕もおじいちゃん子だったんで、悲しみはよくわかります。

Posted by seiji | 19:43 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

10 2005

天の助の誕生日と拍手返信

今日10月10日は天の助の誕生日らしいですね!
他サイトさん回ってたら気付きました。ので早速誕生日おぬでとうトップにしてみました。
体育の日であり、目の愛護デーであり、天の助の誕生日か・・・いろいろあるもんですな!

あと、「5月5日が子供の日なら010月7日(オトガツナノカ)は大人の日だ――――――――!!!!」 ということで、10月7日は大人の女をトップ絵にしてみたんですが、その日の22時と23時にそれぞれ1回ずつ拍手が送られていました。
軽くウケた人が2人いたんでしょうか?(笑)


今週のボーボボ、熱かったですね!
真の主人公?の頼れる漢・首領パッチ、野性のチカラに目覚めたところてん、そして戦うグラサンビュティさん・・・シビレました!
ツッコミヒロインからバトルヒロインに昇格ですかいビュティさん!?ジッパー下ろしてワイルドな感じに!!グラサンのワンポイントも決まってるぜ!!
雷とともに現れたおやびんもかっこよかったし、野生のところてんはとんでもなくヒデェビジュアルで面白かったです。

ジャンプ感想絵は明日、感想文は水曜日にアップする予定です。



拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 22:09 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

06 2005

ジャンプ44号感想

ボーボボ
「あ よいしょ―――――!!!!」
あれれー!?つけものの登場の仕方、先週と違うぞー!?
元気モリモリで化けの皮をはがしたつけもの!!そのふんどしは一体何なんだ!?
「え?あ?・・・お姉ちゃん?………?…」
妹のミン、ビタお姉ちゃんの豹変に狼狽!!
「ウワアアアアア」
驚きのあまりムンクの表情になってしまったミン!
トラウマ残っちゃったらかわいそう!!
「テメー何者だ?」
「つけものです」
いや、そういうことじゃなくてだな・・・。
テメーの名前は聞いてねーよ!!
「ウザっ!!!すごくウザイ!!!」
あまりのウザさに驚愕する仲間たち!!
「オレの娘をどうした?」
「本物はただ今つけもの王国にいるだプゥ~~」
何じゃそのポーズ!?プゥ~~って何だよ!?
てかやっぱりさらったんだ!つけもの王国って何?しゃもじ親子のトースター王国みたいいなもんか!?
「殺したい程にウゼ―――!!!!」
ここに魚雷先生がいたら瞬殺してくれるのに・・・クッ!!
「潜入捜査はお手のものっスよ」
スパイのとしての実力を自負するつけもの!類まれな変装技術!!
一体全体、つけものは何者なんだ?(つけものです)
「エヘヘヘ みなさんどうもはじめまして~ 自分つけものいいます いやうれしいな~ 一気にこんなたくさん仲間ができて・・・」
今までずっとたった一人でスパイ活動を行っていたつけもの!
もうあの寂しさとはおさらば!たくさん仲間ができてもうウキウキ!!
「よっす!!オレ首領パッチ 歓迎するぜ新人!!」
いつになくフレンドリーな首領パッチ!
しかしこいつが妙に友好的な時は胸に一物ある・・・じごくのイルカしかり!!
「殺した―――!!!!!」
やりやがった―――!!!!!!
友好的な態度で近づいて油断を誘い、手刀でつけものを一突きにした首領パッチ!なぜか劇画調!!
「・・・な なぜ?」
あんなに仲良くしてくれたのに・・・どうしてオレを殺すんだ?
「お前はオレなんだ」
お前はオレと“ウザイ変な生き物”という点でキャラがかぶっている・・・。
ひとつのマンガに同じようなキャラは2人もいらない。
オレが生きるために・・・死んでくれ。
てかどっかで聞いたことあるなこのセリフ!ナランチャか?そうなるとつけもの=トリッシュ?(笑)
トリッシュと“オレ”は、なんか…『似てる』… トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズは、オレのキズだ!! byナランチャ
「全然意味わからね・・・ ぐへっ」
そんな端的な言い方されてもねぇ・・・。
「大丈夫かつけもの!!?」
「…オレもこのマンガのメインキャラとしてこの戦いで活躍したかった……」
つけものの最期の言葉・・・薄れゆく意識・・・叶わなかった願い・・・全ては終幕を迎えんとしている!
「ああ!活躍すればいいさ!!好きなだけ目立てばいい!!」
「ただしつけもの テメーはダメだ!!!!」
最初から最期までつけものは報われませんでした。
さらばつけもの・・・究極の一発キャラよ!!
「ビービビ・・・これでオレ達2人の戦いを汚すクソ野郎は始末したぜ! だがわかってほしい 正直オレもあんなヤツがまぎれこんでいたなんて知らなかったんだ・・・」
今までのことは全部なかったことに!!
「え?あれ?おかしいぞ!?だってアイツこっちのスパイだったんだろ!!?」
「いいのよ」
ビュティさんまで冷たく突き放すつけもの!所詮つけものはつけものなのだよ・・・。
「最高のシナリオを見せてやる」
「床が上がっていく!!」
「オレの王国を一望できるこここそがキサマの墓場にふさわしい」
これが毛の王国編ラストバトル!フィナーレにふさわしい舞台でいざ死闘を繰り広げん!!
「なんて夜景なの・・・・・・キレイすぎるわ」
「結婚しよう」
「でかすぎて却下よバカ!!」
ハレクラニ戦を思い出すフィールドで昔と同じことをやりだすバカ2人!!
さすがに2回目はリアクションが厳しい!!
「ボーボボ・・・毛の王国に伝わる伝説の決闘法『ヘアー・ピン』で決着をつけるぞ」
「出た『ヘアー・ピン』!!!それは毛の掟!!互いに一本の毛に毛力をこめて剣として闘うフェンシング!!封印された最終剣術戦!!」
バトルオタクの本領発揮!!専門用語ならこのヘッポコ丸に任せとけ!!
「その戦いは己だけでなく周りにいる毛の王国の人間にも災いをもたらす!!」
この不吉な言葉が意味することとは?
「キサマらにはこの戦いの真髄である『毛玉争奪』の生け贄になってもらうぞ」
破天荒、ブーブブ、ベーベベの毛の王国出身の3人の命『毛玉』が抜かれてしまった!!
ついでに首領パッチも!なぜかおむつだけれど!!
「鼻毛真拳全開」
「毛狩り真拳全開」
ビービビとボーボボの仁義なきマジバトル!!
「ガブガブガブガブ」
でも相変わらずボーボボはふざけとる!!
影絵の犬で攻撃してもダメージはありません!!
「先制はオレだ!」
でも本人は誇らしげ!!
「ハッハッハ 楽しいだろうボーボボ!!兄弟共の命をもてあそぶ戦いは!!」
血のつながった兄弟たちの命をもてあそぶ冷酷非道なビービビ!
「お願いボーボボ 私のオムツ(命)を守って」
もちろん誰も守りません!!あっさりとボロボロにされたおむつ!!首領パッチはちょっとショック!!
「ならば先にキサマの毛を狩ろうか!!」
ビービビの剣で頭に盆栽ができてしまったボーボボ!
「終わりだ―――!」
「何!!?」
絶体絶命のボーボボを謎のじいさん達が助ける!!
「なんということじゃ・・・偶然できたアフロの狩り跡が・・・ 盆栽好きのじいさん達を集めてしまったんじゃ それ程いい形だったんじゃ」
何?このまるでかっこいいシーンのような雰囲気作り?
めちゃめちゃシュールな図だな!!背景と手前の濃いメンツが一致してねぇぞ!!奥のじいさん変なポーズしてるし!!
「これで形勢は五分か?」
4対1で卑怯だけどな!!!
てかじいさん達強えー!!ハサミでよくそこまで闘えるな!!達人なのか!?OVERの親戚か!?(多分違う)
「イヤ ビービビのヤツ余裕だ」
「我が子の命絶やさせはせぬぞー!!」
息子の危機に助太刀せんとすTUYOSI!!でも誤って息子自らの手でその命を絶やしてしまったという皮肉!!
「そんな・・・毛玉に」
ビービビの剣がひとつの毛玉を貫いた!!
「ボーボボお願い・・・救ってあげて・・・ 小泉首相を・・・」
先の総選挙でボロ勝ちしたんで多分大丈夫だと思いますよ!!
でも調子に乗って暴走する危険性はありますが。
砕かれた毛玉はブーブブのものだった!首相を憂う言葉を遺言に逝ってしまったブーブブ・・・。(涙)
「ヤツの血はオレに・・・ オレに逆らうヤツは肉親であれ殺すぜ」
実の妹を殺しても全く悪びれることのない、悪鬼羅刹のビービビ!!
「うおおおお ビービビ」
ボーボボの怒りは頂点に達する!!
「天の助がいった――!!?」
なぜか関係ない天の助がいっちゃった!!
効いてるみたいだからいいけど!煮えたぎる怒りで一瞬マッチョになった天の助!なかやまきんにくんもビックリだよ!!
「こここ・・・殺すなんていくらなんでもやりすぎだろ―――――!!!」
先週お前ビービビの娘をぶち殺すって言ってたよな!?
今週はつけものも死んだというのに、そっちはスルーなのかよ!?
「うわあああパクるから 人のキャラパクるから~~~!!! うわああああああ」
お前は悲しんでるのか罵倒してるのかどっちなんだ!!
号泣しながら何気にひどいこと言っとる!!
「バサ」
姉の死に困惑し、一瞬スキができてしまったボーボボ!そのスキを見逃すはずはなく、ビービビの剣が2年3組ボーボボくんの毛玉を貫く!!
吐血するボーボボ!自慢のアフロが解けてしまったら一体どうなる!?


ネウロ
「扉絵」
これが銀河鉄道666!!不気味な魔列車に乗って、いざゆかん地獄への直行便!!
「女子高生。好物は新そば。」
新米に続いて今度は新そばか!新しいもの好きだな!!
「お母さん 私を誰だと思ってるの 回るお寿司を1レーン全部食いつくして回らなくした女だよ ちょっと位お腹に入れて行かないと・・・ 私の方が略奪者(バイキング)扱いされちゃうよ」
こ、怖えー!!!
ほっとけばバイキングを全部食い尽くしてしまいそうな脅威の胃袋を持つヤコ!!サラッと語るよ武勇伝!武勇伝!!
「あの子・・・どんどん化物になってくわ 上手いことまで言いやがって」
バケモンだわ!!もう手の届かないところまで行ってしまった娘を憂う母・・・荒っぽい口調で!!
「うれしいなー・・・久々のプチ旅行だ」
思いがけない幸運に喜ぶヤコ!
「我々を差しおいてグルメ旅行か」
しかしそーは世の中うまくいきません。
本物のバケモン共にバレちゃった!!
「決まりだ この券・・・我が輩が使う」
せっかく手に入れた券をネウロが横取り!!
「ダメか・・・?」
ちょっとかわいい仕草でおねだりするネウロ!
「連れて行かなきゃ・・・殺す気だ!!」
その裏に潜む殺気に気づくヤコ!命には代えられない!!
「とっつぁんよぉ 順番は守ろうや な? お前の頭から赤いチューリップ咲かせてやろうか アァ?」
相変わらずロクなことをしていない吾代!今度はパチプロに転職ですか!?
「誇り高き錬金術師達だ 文句あっか!!」
鋼の錬金術師なんてメじゃねーぞ!!!
「ああ・・・最近の彼は人生への迷いが感じられる・・・」
吾代の人生を憂うヤコ・・・哀れみすら感じさせる!!
「留守番だとォ!?」
ガキの使いじゃあらへんで!!
「イヤか?」
「留守番しなきゃ・・・殺す気だ!!」
ヤコの時と同じやり方でおねだりするネウロ!!
吾代もやっぱり命は惜しい!!
「・・・ 畜生・・・」
おにぎり6個で渋々承諾!!
「さすがは我が事務所きっての雑用だ!!」
それほめてんのか、けなしてんのか!?
「貴様が留守番をサボって1歩でも外に出たら・・・具をブちまけるぞ」
このおにぎりのようになー!!!
「魔界地獄温泉はまさにこの世の地獄絵図 死体と腐臭とマグマであふれた絶景スポットだ 浮かぶ白骨が偽者だったことが発覚して客足は落ちたが」
これがホントの白骨温泉!!草津ハップを入れればホラ、こんなにも白くにごったよ!?
「せっかく旅行来たんだもん 楽しまなきゃ」
でもそうはいかないようです。だって後ろの列車からあんなにも禍々しい気がたちのぼってるもの!!
腐蒲(くさりがま)温泉ではいったいどんな謎が、悪意が待っているのか!?



デスノート
今週のニアの遊び・・・プラモとサイコロ
プラモ遊びはいつものことですが、サイコロ重ねて、さらにサイコロ型の箱の中にまたサイコロという妙なものも持ってましたね。あれはサイコロチョコの箱なんでしょうか?

「この中に必ず使える者はいる・・・」
日本捜査本部の者に接触し、がぜんライトへの疑惑を募らせ、攻勢を仕掛けてきたニア!あせるライトは新たな協力者を探す!!
「出目川からミサへ送らせた個人資料・アンケート・・・」
そこでライトは『キラ王国』観覧者の一人の男に目をつける!
彼の名は魅上照(ミカミテル)!チャ-チルを尊敬し、キラを神と崇拝する検事!!
「Mr.模木が心臓麻痺で死にました」
巧妙な嘘をつき、ライトを追い詰めるニア!!
「大体ニアとは連絡の取りようもないのに夜神月を疑わせてどうしうようと?」
誤植だ!!!
「今から言う番号に連絡を入れてください 私に繋がります」
周到に連絡手段も用意していたニア!策士!!
「相沢・・・まさか・・・」
ライトに少しずつ疑いを持ち始めていた相沢・・・ついに決心する!!
「相沢 おまえがやるべきだと思うことをやればいい」
「ライトくんよりもむしろおまえと行動を共にしたいと思ってやってるんだ」
井出は何も言わずただ相沢を信頼し、ついていく。男の友情!!
「もうやるしかない!」
ついにミサという爆弾を切り離したライト!!
絶対の忠誠と死神の目を持つ切り札を失うのは惜しいが、今は証拠が出ないよう堅実に動く!!
「日本捜査本部の相沢というものだ ニアと話がしたい」
決意の相沢、ニアに連絡する!
「模木です」
久しぶりに同僚と話せて少しホッとした表情の模木!
「喋れたんですね模木さん たいした人だ・・・」
頑として話さなかった模木!喋れたことでキラに操られていたわけではなく、自分の強い意志で話さなかったことがわかり、たいした人だとニアも賞賛!!
「キラ・・・ 神・・・」
高層マンションに住む魅上照の部屋に送られた手紙とデスノート!彼は今後どう動くのか!?


ムヒョ
「こいつらは長い間魔法律家相手に戦ってやがる ある程度こちらの手の内を学んでいるんだろうよ」
百戦錬磨の経験を持つ手ごわい幽霊団地の悪霊!
「ここの霊の成り立ちを教えてあげようかねぃ・・・ある親子の悲劇の顛末をね」
それは貧乏でもお互いを支えあってけなげに生きてきた母娘が演じた悲劇の残酷な結末!
「クク 悲劇なんてこんなものだろう?」
それは、ある日、突然に・・・。
交通事故で死んだ娘は、母の生きがいであり、全てだった。
「そして母はその出来事を境に崩壊した」
娘があんなにも喜んでくれた手作りの人形。娘を失った母は思い出にすがりつく。決してもう戻ってこないとはわかっていながら。
信じられない。信じたくない。
「だっておかしくないかい・・・?娘が死んだ位でそんな・・・ クスクス また新しく男でも作って産めばよかろうに」
そういう問題じゃないでしょ~。
「エビス おぬしに五嶺家奥義『百八手』の使用を許すぞよ」
なんじゃそりゃ?
「おまぃさん・・・なんでもすると言ったよな・・・?」
エビスが嫌がっているところを見ると、ろくなやり方じゃなさそうだ!!
「やはりこの勝負私の勝ちだねぃ」
この悪霊は分裂する霊だった!スモールグールみたいに!!
こいつらを一網打尽にするためのゴリョーの策とは一体!?


もてキング
「ゴメン・・・私承太郎じゃなくちゃダメなの」
ヤツは子持ちですよ!?しかもアンタそっくりの娘なんですけど!!
「太臓ォ――――――!!!!」
こりゃブチャラティの死に様か?
あとは…ジョルノ…任せたぞ byブチャラティ
「一番大事なのは絶対に成功する事じゃないわ 失敗した時 間界人だってことがばれた時 速やかに死ぬこと」
ハンターのパームさんですかアンタ!?
「これはジャンプ編集部特製『修正海苔』!!」
主にハンターでよく使われています!!



じゃんぷる
イヤジャン
テーマ あったらイヤな自動販売機
「ナタリーが出たらもう1本!」
むしろナタリー出てきてほしくないよ!!
「はっ!!しまった!仲間がいたのか!!」
囲まれた!?クッ、オレとしたことが・・・。
って、どんな状況だよ!?何故に自動販売機に狙われている!?
「もう一台あらわれた!!」
カッコイイー!!
「全体的に“あったか~い”」
拷問?自動販売機に?
「服がくるくる回っている」
これって乾燥機ですよね!?
「向きが悪い」
ファイト~!いっぱっ~つ!!
「地蔵販売機だった。」
お地蔵さんがこんなにも身近に!!
「いろいろあって戦車になった」
すんげぇ進化だー!!!
「残像だ」
お前は飛影か!!!
「ジュース大戦争だぁ~~!!!」
全然意味わかんねぇ~~~!!!
「毒の沼 行きづらい!!」
トラマナ唱えないと!しらべるとラーの鏡落ちてるかもよ!!
「こいつぁ・・一苦労しそうだぜ・」
ドラゴンが守ってんの!?ローラ姫!?
「priceless」
あの頃の俺たち・・・プライスレス
お金で買えない価値がある。
「あれ?このこの自販機にはボタンがないぞ」
それは触っちゃダメー!!!

テレビDASH!
「ポッキーのCMよぉ!!!現実逃避すんな。」
そんな時だってあるさ。
「何か余計モヤッとするのは僕だけですか?」
伊東四郎にモヤットボールを浴びせる意味がわかんない。

メルゲッチュ
「おい!オレの筋肉!おい、オレの筋肉! 草野仁」
あれ?きんに君じゃなかったんだ?確かにマッチョだけど!!
「オレの鉛筆はもちろんHB・・・じゃなくてHGだぜフォ――ッ!! レイザ-ラモンHG」
今度は三菱鉛筆に殴りこみですよオッケ~イ!!
ちなみに本当に作った人もいるみたいですよー!フゥー!!
やっぱ大和ハードゲイ魂見せなきゃダメでしょ~!!(別にいい)

アホ板 おにぎりシリ-ズ
「おにぎり物語・第2話
うめぼし師匠『おにぎり・・・』 おにぎり『師匠・・・』 うめぼし『強くなるのだ 誰よりも強くだ!』 おにぎり『は・・・はいっ!師匠!!』」
や・・・やはり師匠の言葉は重みが違う・・・ゴクリ。
「その先に ~new world~
うめぼし『フン、どうした?その程度か?』 おにぎり『まだまだ・・・これからですよ 師匠!!』(『オレは・・・強くなる!!』)」
ただひたすらに強さを求め、師匠と共に修行に明け暮れた日々・・・。
今思えばこの時が一番幸せだったのかもしれない・・・。
「ライバル出現 ~someday~
おにぎり『セイッセイッ』 ?『フッそんな修行では俺には勝てんぞ!!』 おにぎり『おっ お前は!! トースト君!!』」
新キャラ出てきたー!なんか浮いてるし!!舞空術使えるのか!?
そう、ヤツがオレの人生におけるカオス(混沌)!
この時を境に、運命の歯車は大きく回りだしてしまった・・・。
「?『梅干しの分際でパンである私にたてつくなど・・・・・・100年早いのだよ』 うめぼし『ブレッド伯爵・・・』『お前だけでも逃げろ!!』 おにぎり『え・・・』 うめぼし『梅干流秘術 空間転移!!』『生きろ・・・』 おにぎり『師匠―――!!』」
な、なんて剣さばきなんだ!勝てる気がしない・・・!!
“鮮血のブレッド伯爵”の名は伊達じゃない!(勝手に変な設定作っちゃった!)
構えに全くスキがない・・・これが本場ヨーロッパのフェンシングなのか!!(違う)
てかいつの間に伯爵にまで出世したんだ?トースト君!!
「うめぼし『強くなったな・・・・おにぎり・・・。 オレはもう何も残すことはない・・・・。世界を救うのは・・・・・。おっ・・・・おにぎ・・・・り・・・・お前だ・・・・!!!』 おにぎり『師匠―――――――――!!! どうして・・・うっうっ・・・ 師匠―――――――!!!!!』」
オレはあの頃から何も成長しちゃいなかった・・・。
本当に大切なものは何一つ守れやしない・・・いつだってそうだ!
それは夜空に輝く月のように遠く、手のひらに落ちた雪の結晶のように儚く、そして美しい。
あなたがいなければ・・・一体何を目標にすればいいというんですか!?
オレは出来の悪い弟子でしたね師匠・・・あなたの教えをほとんど身に付けられなかった!!
でもね師匠・・・そんなオレでもあなたからひとつだけ学んだことがあります・・・。
絶望の底にいたオレをあなたは救ってくれた・・・。
そしてあなたは「強くなること」を教えてくれた。
「強さ」とは何か。あなたと出会ったことでほんの少しだけわかった気がします・・・。
それはただ単に勝ち続けることではなく、たとえ負けても、くじけても、ただひたすらに前を見続けること。
壁にぶち当たっても歩みを止めることはなく、それを乗り越えること。信念を持ち続けること。
きっとそれが生きるってことなんですよね、師匠・・・。
あなたの教え、無駄にはしません。
ブレッド伯爵!ヤツはオレが倒す!!あなたの仇を取って見せます!それがあなたへの恩返しになると思うから・・・!!
オレはあなたのように強くなれたのだろうか?
熱すぎるぜ、おにぎりシリーズ!!!


作者コメント
「『ボーボボ』の1巻が家にずっとなくて、最近やっと買いました。何でなかったんだろう?<澤井啓夫>」
だからつけものを出したってことかー!!!

Posted by seiji | 22:08 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

03 2005

ハードな展開と拍手返信

今週のボーボボ、いつになくハードな展開でしたね!
久しぶりの登場でノリノリのつけものは首領パッチに殺られるわ、(笑)
ブーブブ姉さんは首相を心配する言葉を遺言に死んじゃうわ、
ボーボボも・・・?という劇的な超展開でした。
なぜか天の助がマッチョになってビービビ殴ってるし・・・もうさっぱりわけわからん。けど今週も面白かったです。
ただしつけもの、テメーはダメだ。(笑)


あと、じゃんぷるのおにぎりシリーズに爆笑しました。
こちらも超ハードな劇的展開です。うめぼし師匠ー!!!
うぅっ、なんで・・・なんで死んでしまうんですか!!!
ブレッド伯爵め・・・絶対に許さん!!!!
とまあこんな感じで最高に熱くて面白いです。おにぎりのくせに。(笑)


ジャンプ感想絵は明日、感想文は木曜日にアップする予定です。


拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 22:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

© FC2 BLOG / ooq:blog