コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2005

ジャンプ30号感想

ボーボボ
「前回のあらすじ」
「ノーウンコーーーー!!」「ノーウンコーーーーー!!」
まあ大体そんな感じ。
「ギョラショック!!!」
吐血した!!そんなにあのウンコ面がよかったの!?
「そんな・・・ソフトンさんが人間だったなんてこれ以上の驚きはそうそうないぞ・・・」
「お・・・お兄ちゃん・・・?」
「何ィーーーっ!!!?」
さっそく驚いとる!!もう前言撤回かよ!!
「ウンコさーん いつもみたいに輝いてくれー!!!」
「トイレ真拳奥義 つまったその後に!」
そんな技使ってたっけ!?つまる前にこまめに流そうぜ!!
「パビロン真拳奥義『エチオピアの白い味覚』!!!」
「うーんバナナ味」
アイスンってバナナアイスだったんだ!?
「いでよ!!バビロン真拳奥義『バビロンの失われし羅生門』!!!」
便器じゃん!!羅生門なんてかっこいいもんでもないよ!!
「この者は真の姿をさらすという大罪を犯しおったんや」
じゃあアイスン(ゆうこ)はどうなの?
「鼻毛真拳奥義『巨大ウエハースでトッピングーーー』!!!」
アイスにトッピングは欠かせない!!
「よくも姐さんを!!イルカパンチ」
腕短いから当たらないよそんなの!!
「なんの奥義『鳶職ジャンプ』!!!」
鳶(とび)職なだけにな!!これが職人技だ!!
「こうなったらあのアイス女の欲しそうな物を渡してやめてもらうっきゃねーー!!!」
物でつる気か!!いい作戦だな!!
「オレ銀杏!!」
それ秋の味覚だよ!!
銀杏は踏み潰すと強烈なにおいを放つから気をつけろぉ~っ!!
「じゃあオレはクーラーボックス!」
「オレは自転車」
「私は麦ワラ帽子と旗を・・・」
そんなかさばるものどっから持ってきたんだよ!!
「ソフトンINゴールデントイレ!!!」
「ソフトンが帰るべき場所に帰っていったー!!!」
そゆこと。
「自分ビュティの兄キっス」
そんなぶっちゃけ発言してたっけ!?
「バキュームバスターズ」
ゴーストバスターズみたいなもんか!?
「今からは止まってるヤツや下手な踊りをするヤツになぎなたが降りそそぐぜ!」
なぎなた!?こりゃまた和風だな!!
「だが安心しな!!うまく踊ってるヤツには招き猫が降りそそぐぜ!」
安心できねーよ!!招き猫でも当たったら痛いぞ!!
「フゥ♪」
じごくのイルカはフラダンスか!!ハワイア~ンだな!!
「シャカシャカ」
8区総隊長も意外といい動き!!
「ダンスバトルですって!?私達にできるかしら!?」
タンスバトルか!重々しいバトルだな!!
「ベリーGOOD!!!」
すごくいいんだ!?一体どういう基準なんだ!?
「そのまま鼻毛真拳超奥義『ヤンス・ガンス・レボリューション』!!!」
ダンス・ダンス・レボリュ-ション風に!?
ボーボボは『おそ松くん』のイヤミみたいだ!!シェー!!
「くっ・・・テメーらもダンサーだったか 上等だ踊り殺す!!」
なんで正装してるの!?
「ペロペロ真拳奥義『エコー・ザ・ドルフィン』!!!」
なめなめ真拳じゃなくてペロペロ真拳を使うのか!!
「この超音波を浴びたものがどうなるかわかるな?」
「ぐわああああイルカになるーーーーーーー!!!」
そーなの!?ノリいいなこいつら!!
「コレ イルカの天敵のサメさんだーーーーーーー!!!!」
急にリアルになった!サメは人を襲うこともあるから怖いぞー!!
「くらえ!!鼻毛真拳奥義『水中丸かじりサメ』!!!!」
鼻毛全く使ってないじゃん!サメさんにおまかせじゃん!!
「ぎゃああああ弱肉強食ーー!!!」
それが自然の掟!!
「グフッ・・・切り身にされたぜ」
静岡県東部ではスーパーでイルカ肉を売っているらしいけど、イルカの肉はあんまりおいしくないらしい。
「今回ばかりは皆に頼ってられない・・・自分の目で確かめにいかなきゃ!!」
自分自身で真実を確かめるため、くねくねと踊りながら単身戦場に向かう健気なビュティ!!
「あ!ビュティ 危険だ戻るんだー!!!」
お前がボディガードとしてついてけよ!!ヘッポコ丸!!
「お前らをダンサーとして認めるぜ!!死ね エンジェル真拳奥義『ウイングステップ』!!」
ダンサーとして認めちゃったの!?あれで!?
「小僧・・・オレの真のダンスを見せよう」
ドロンと出てきた!いつの間に忍術体得してたの!?
「マチュピチュマチュピチュ マチュピチュマチュピチュ」
「これはインカ帝国に伝わりし伝説の空中都市ダンス『ソウル・DE・マチュピチュ』!!!」
そーなの!?妙な踊り(?)だな!!
ちなみに、インカ帝国について詳しくはこちら
「さすがですおやびーーーーん♪」「ステキすぎ
おやびん信者も大満足!!
「いくぜ鼻毛真拳奥義『100回転ブレイクダンス』!!! てかパナ!!!」
パクリか!!パナなんて、懐かしいヤツ持ってきたな!!(10巻参照)
「バビロン真拳奥義『カムチャッカ半島のうつろなる埋葬舞踊』!!!」
やっぱりバビロン真拳ってどっかの地名が技名に入ってるんだ!!
「バビ・・・・・・・ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン」
「自称バビロン真拳超奥義『雀鬼流夢の上がり牌乱舞』!!!」
玄人(バイニン)だったのお前!?房州さ~ん!!
「役満アンド跳満満ガン直撃単騎ドラ4フィーバー!!!」
もう何がなんだかよくわからんが、とりあえずすごそう!!
「くっ・・・姐さん 今助けに行きます」
じごくのイルカもくねくねしだした!!
「さあダンス勝負といこうぜ!」
「古っ!!!そしてダサッ!!」
いつの時代のミュージシャンだよ!!すげぇ格好だな!!
「喰らえ『ペンライト・エクスプレス』!!!」
「ぎゃあああキレイすぎるーーーーー!!!」
何このノリ?楽しそうだな!!
「ゲゲゲ・・・・・・ もっとだ・・・もっとつぶしあえ・・・」
8区総隊長はまだ見ぬ第3勢力のスパイなのか?
「ソフトンさんは・・・お兄ちゃんはアナタなんかに絶対負けないよ」
実の妹だからこそ・・・兄に対する絶対の信頼!!
「馬びろ~~~~~~ん!!!」
イマイチやる気が感じられない!!
「・・・・・・今までずっと黙っていてすまなかったな・・・」
「お兄・・・・・・」
生き別れの兄妹、感動の再会・・・!!
「大きくなったな ビュティ」
とすんなりいくはずがなかった!!
馬びろ~んに食われとる!!招き猫とかにも埋まってるし!!
「・・・ってこれ全然感動できないーーーーーーー!!!!」
でしょうね。
「せっかくの感動シーンなのに最悪な再会だーーーー!!!2週間前のは何だったの!?」
結局、2週間前のはいつもの嘘あらすじだったのか?
「全ては敵の罠!!許すまじ!!」
全部敵になすりつけた!!これが責任転嫁!!
「つづく」
クッ・・・ムカつく!!


発表!!傑作読者ハジケキャラ!!
「ペナントさん 京都と書いてあるのに、どっちかっていうと日光のほうが好きなハジケリスト」
存在自体が矛盾の塊だな! 日光猿軍団は一度見てみたい。
「おしぼり」
ショボイ名前にもかかわらずかっこいいキャラだ!
「Ms.田中」
Msってことは女性なのコイツ!?
「田中”ザ・ダークネス”コロ」
妙にやさぐれた、かわいげのない犬ですね。
「ポイポイ 強さを極めし賢者の一人」
ウザッ!
「カマ凹 正体は謎に包まれている・・・」
どーみてもカマボコだけど。足と顔があるにはしても。
「巨大・焼鳥(ギガ・フェニックス) 身長・・・200m 倒れることによって敵を潰す。」
こいつぁでけえ・・・猛烈にでけえよ・・・。


アニゲボ
「『ビギンネットワークス』新商品の正体は、食玩でした!」
ガム菓子に缶バッチ(全20種)とシールがついて105円!安い!!
よさそうな商品ですね!!



デスノート
今週のニア・・・出番なし
扉絵だけには出てましたが、ヒキガエルみたいなしもぶくれの顔に描かれてましたね。
だんだんメロのほうがイケメン担当になってきました。

「伊出さん 恋愛した事ないんですか?」
「馬鹿とは何だ それに俺だって恋愛くらいーー」
これだけムキになるってことは、間違いなく恋愛した事ありませんね・・・。
彼は真面目そうなので、色恋沙汰には全く興味を示さず、ひたすら仕事に打ち込んでいたんでしょうね。
「やった!完全に二人を出し抜いた やはりノートと眼球(ミサ)を持っている僕は最強だ!!」
ミサの眼によって探し出したスナイダーをノートで操り、ついにメロの居場所をつきとめたライト!!
「ライト またミサ ライトの役に立てたね?」
「ああ 愛してるよ ミサ」
ライト、顔怖っ!!目がすわってるよ!?
セリフと顔が一致してねぇ~!!
「なんで俺がこんなことを・・・見張りなんて・・・ ああ面倒くせ~ でもノート返してもらうには・・・」
完璧な計画のはずだった。これでひとつの決着がつくはずだった。
全くの想定外だった、新たな死神の存在!!
「こいつらを殺したらすぐ移動だ 準備はできてるだろうな」
ノートと眼球(スナイダー)、そして協力的な死神(シドウ)!!
ライトには決して手に入らなかった協力的な死神をも手に入れたメロ!!
もうメロの暴挙は誰にも止められないのか!?


ネウロ
「好物は野菜サラダのポテチのせ。」
ポテトサラダ食べればいーじゃん。
「高校って学食で選ぶもんでしょ?」
そーなの!?さすがグルメは考え方が違う!!
「あの子茹でたらプリッとして美味しいかな」
黒ッ!!黒いよヤコ!!好き嫌いがないのはいいことかもしれないが!!
「・・・もうエビピラフ食べれない・・・」
ヤコ、さっそく横取りして食っとる!!食欲がハンパじゃねーな!!
「人でなしッ」
えぇ~っ!?出会い頭にそれはないでしょ!?
「これが・・・『赤い箱』・・・」
出版社に運び込まれた、不気味な赤い箱!
「この目で見ても信じられないッス先輩・・・ その誰かがこのガラスの中に・・・丸ごと入っているなんて」
殺してバラバラにしたあげく、死体を箱の中に押し込めてあるわけか!
猟奇的にもほどがあるな!!
「・・・・・・ 先輩?」
妙な反応を見せる笹塚・・・彼は犯人と何か因縁があるのか?
「合図は・・・ ・・・そうだな このTVを魔界生物(わがはい)が全力で貴様に投げつける」
「ふざけんな!!」
死ぬ死ぬ死んじゃう!!一発で逝くよそんなの!!
「全然さりげなくないし・・・あんたにそんなのぶつけられたら死ぬでしょーが!!」
「・・・問題ない」
言葉に全く説得力がね~!!
「ぶつけられる前に・・・貴様が気づけばいいだけだ」
全く無茶を言う。
「・・・あのー・・・ 事件の依頼に来たんですが・・・」
「バッ!!」「ビタ」
ネウロ振りかぶったー!!ヤコ気づいたー!!
すんでのところで命拾い!!
「チッ」「『チッ』じゃねーよ」
ネウロ悲しそう!!でもぶつけられたら冗談じゃないよ!!
「夜中になると毎晩のように出かけて・・・普段は家にこもりきりなんですが」
ヒッキー君か!
「ある晩・・・たまたま夜中に帰った息子と出くわしたら衣服のいたる所に・・・血らしき汚れが」
そりゃ明らかにおかしいだろ!!さっさと警察に相談しろよ!!
「先生はへばりつくのは得意なんです ホラ サマになっているでしょ?」
へばりついてるんじゃなくて押し付けられてるんだよ!!
アヤ・エイジアもそうだけど、なんでここにくる依頼人はみんな鈍いんだ!?


ミスフル
「じゃあドラクエ先輩は」
「最強羽生将棋64版」
将棋好きだったんですかドラクエ先輩!?
しかもニンテンドウ64!?微妙になつかしー!
「FF先輩はどうですか?」
「とびだせ大作戦」
なんだそりゃ?と思って調べてみたら、ファミリーコンピュータ・ディスクシステムのアクションゲームだそうです。
レゲーマニアだったんですねFF先輩~!!


じゃんぷる
まんが☆王 『魔人ポルテ』
「ペロルとポロル」
トーンをまったく使わずにペンだけでここまで表現できるのか・・・スゴイ!
影や服のしわまできっちり描きこまれていて、鳥とその舞う羽が美しいです。
ほのぼのした雰囲気もいいですね。素敵です。
「魔人ポルテ」
ごちゃごちゃした装飾品と派手な化粧、生意気そうな顔つきが魔人っぽいですね。
ものすごい手間かかってるんだろうなコレ・・・さすがにレベルが高いです。
「ちっさいポルテ。ポルテの鼻くそから生まれる。鼻くそがある限り大量生産可能だ。非常に口が悪い。背中にあるのは剣ではなく、ピアニカ。」
かわいいけど・・・鼻くそから生まれるの!?
おまけに背中にしょってるのは剣じゃなくて鍵盤ハーモニカなんだ!?何ゆえ?
「壺の所持者が女性のときは、この姿で現れる。ニヒルなイケメン魔人を気取り、女性を手玉にとって利用し、わがまま勝手なふるまいをする。最悪の魔人である。」
ある意味一番たちが悪い。
「壺の所持者がおっさん、または政治家などのお偉いさんの場合には、むしろ話もしたくないので、このアホな姿で現れるのだ!」
魔人っていうか変人じゃん!!ヒデーなこれ!!!
「魔人の正体を隠すため、普段はこの姿でいる。人間の命令に従う気などさらさらないので、常にやる気ゼロ! めんどくせ~って感じ!」
目が死んどる!!横柄な態度だな!!
でも袴の模様が凝っていてきれいですね。
「占星術師ラウル」
ミステリアスな雰囲気!!ロマサガっぽい!!
「ラウルの占い」
でも占いは10円ガムの包みの迷路レベルだ!!ショボーッ!!
当たりのウサギちゃんが出るとどうなるんだ?
「ポルテの壺」
絶対魔人じゃなくてエスパーが入ってるよ!!賭けてもいい!!
「叶えた願い カエラはメールし放題!!」
カエラ限定!?お前らは!?
彼氏自慢メールなんかもタダになった! byどん
ぶっちゃけた話、彼氏自慢メールはいらない。
「ペルセア城落城」
アリさんたちは最強です。これが数の力!!
てかケーキのお城なんて作っても、どうせ数日で腐ってしまいますよね。

おまえらの大公約(マニフェスト)
「12位以内に入れなかったらジャンプにマヨネーズかけて食べる!!」
このマヨラーがっ!!
「50位以内には入れなかったらもう・・・・・・恋なんてしないよ・・・・。」
いつかその恋を笑って振り返れる時が来るさ・・・って関係ねーだろ!!
「もしも」「50位以内に」「入れなかったら」「???????」
古代エジプトのヒエログリフ!?読めねー!!
「ハガキが載るまでは『エサはいらん』とうちのポチが言ってる気がする。」
気のせいだよ絶対!!ちゃんとエサあげないと動物虐待になるぞ!!
「のらないと母さんが死ぬ」
母さんが!?家族を巻き込んじゃあいけませんよ。


巻末作者コメント
「誰と誰が仲が悪いとか、そんなニュースをそんなに毎日知りたがっている奴がいるんだろうか。<うすた京介>」
若貴騒動のことですね多分。
マスコミもネタがないんでしょうね・・・。
そしてワイドショー的なニュースを知りたがる人が多いっていうのが現実なんでしょう。
マスコミとは真実を流すのではなく、視聴者が知りたい情報を流すものです。
それが視聴率至上主義、商業主義の負の側面です。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

27 2005

拍手絵変更と拍手返信

拍手絵、変更しました。
前回のは、急場しのぎで描いたやつだったのに、長々と使ってしまいましたね・・・すいません。

今までは何のひねりもない絵だったので、今回はネタ絵です。
ボニメがギガ編までで打ち切られて悲しいので、3世編のネタに統一してます。
僕が好きなシーンを適当に色付けして描いてみました。
本当は5種類描きたかったんですが、なかなか時間がとれず、このままだといつまでも変更できなさそうなので、とりあえず3種類あります。
時間ができたらもう少し増やしたいです。

今週のボーボボ、相変わらずじごくのイルカがハジケてましたね。
ソフトンが自分のお兄ちゃんだと悟ったビュティが健気でした。
感想絵は明日、文は早ければあさっての水曜日にでもアップします。

ところで、このブログ、追記機能なんて便利なものがあったんですね。今日知りました。
これからは拍手返信は追記でやることにします。

ということで、以下拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 21:20 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

23 2005

ジャンプ29号感想

ボーボボ
「ぐ・・・マズイ こんな時にバビロンの封印が解けかけるとは・・・」
苦しむソフトンを見て、不敵に笑うゆうこ!彼女は何かを知っている?
「おい発毛獅志共!!オレが来たからにはテメーらまとめて毛穴に還してやるぜ!!!!」
出るくいは打たれるもの!!ムダ毛は処理されるもの!!
「上等やん やってみーや」
役者はそろった!さぁこれからが本番だ!!
「よ 飲んでる?」
居酒屋風?そんな軽いノリの登場じゃなかっただろ!!
「不確かな僕らの未来にポツダム宣言!!!!」
不確かな僕らの未来に降伏勧告!??意味わからん!!
ちなみに、ポツダム宣言について詳しくはこちら
「よく来たね! ようこそボーボボの世界へ・・・ 歓迎するよ」
新入りには優しく接する!!それが先輩としての礼儀!!
「え?ウソ・・・意外!!! この2人ってマンガで見てると超乱暴なイメージがあったけど 実際会ってみると超紳士的!!」
現実とイメージとは必ずしも一致しないものです。
「あの自分毎週このマンガ読んでて・・・ずっと2人のファンでした!感激です!!」
有名人に会ったらとりあえず握手を求める!それがファン心理!!
「首ななめ飛び込み打ち下ろし延髄っ!!!!」
延髄斬りだぁぁぁーーっ!!猪木かお前は!!
「??????」
もうわけがわからないじごくのイルカ!!これがだまし討ち!!
「ヒッヒッヒ このマンガに入ってきたが最後甘やかしは一切ねぇ!!!」
「読者キャラだろうが速攻でぶち殺すよ~ん!!!」
残虐非道、邪知暴虐、悪鬼羅刹、魑魅魍魎!!
「コレヨリミッションヲカイシスル・・・シンニュウシャヲハイジョシマス」
「ぎゃああああ この2人深夜アニメに出てきてそうな暗殺部隊みたいなのになってるーー!!!」
こんなの出てくるの!?怖えぇーーー!!!
「これ完全に悪者の動きだ!!」
カニみたいな横歩き!!得体の知れない動きが不気味だ!!
「スイマー」「メケメケメケ」
「アンタ達も!!?」
スイマーとエリマキトカゲ!?ノリいいなこいつら!!
「協力奥義『鼻毛式歓迎会』」
昭和のヤンキーの歓迎会か!!リーゼントとパーマが眩しいゼ!!
「洗礼ね!これが洗礼ってヤツねーーー!!」
多分違うと思う。
「オレはいい!!オレは!!だがオレの生みの親・滉太君に対してなんて仕打ちだー!!!」
ボーボボが大好きで、一生懸命考えて描いて応募してくれただろう滉太君(8歳)・・・。
そのキャラがこんなひどい扱いを受けてたらどう思うだろうか・・・?
「滉太君(8歳)…………」
じゅんとするボーボボ達・・・人として当然の感傷!!
「ウソだボケーーーー!!!今作った話じゃーーーーーー!!」
卑劣極まりないじごくのイルカ!奸佞邪智、奸智術策!!
「あ!てかおなかすいたな・・・・・・・・・」
腹が減っては戦はできぬ!
「何や ほら魚や」
てかなんでゆうこは生魚携帯してるの!?(笑)
「いえ 自分魚はちょっと・・・生臭くて」
魚の臭みを消すには、梅干しを一緒に鍋に入れて煮るといいらしいぞ!!
「ふざけすぎーーーーーー!!!」
「ついにここで魚雷が飛んだーーーーー!!!」
ついに魚雷が本領発揮!てか今まで黙って見てたのが謎!!
「エンジェル真拳奥義『ジェイル・フェザー(牢獄の羽根)』!!!」
羽根によって拘束される破天荒、魚雷、ブーブブ!
「ボクの翼は天使の詩(うた)を奏でて罪人を縛りつける フッ・・・4対4のこの戦いにもうキミ達は不要なのさ」
キザなセリフとポーズを決める発毛11区総隊長、堕天使シェル!!
ソフトンさんと気が合いそうだな!!
さあ愚かなる堕天使たちよ 旋律の調べを奏でようか(9巻参照)
「YES的エンジェル」「お前達の相手はオレ達4人の傷ついた堕天使」「聴いてくれ『自身FLY』」
ビジュアル系バンド”ボシェード”結成!!
インディーズでの活躍を経て、近々メジャー・デビュー!!(嘘)
「バトルそっちのけでナンパ待ち!!?三流女子大生か!!!」
三流女子大生ってこんな感じなの!?
「パラパラパラパラ」
粉を!?全然楽しそうじゃないな!!目が死んでるし!!
「ヒューーーーーコンバンハー♪盛り上がってるーーーーーー?」
「オレらも混ぜてよ♪」
なんだよそのカツラ!!少なくとも盛り上がってはいないぞ!!
「しまった ナルシスト病がつい!」
なんじゃその病?不治の病だな!!
「アカン 実力はあるがアホや・・・あの2人」
出来の悪い部下に頭を抱えるゆうこ!
「くっ・・・オレ達はただナンパしただけだ!!」
ナンパするのは勝手だが、もう少し相手を選ぼうぜ。
「首領パッチ教授の総回診です」
偉いセンセーがおいでなすった!!
クマがうじゃうじゃついてきてるし!!
「見たか!!これがボーボボ4周年記念超奥義『オレンジの巨塔』だ!!!!」
「ぎゃああああ財前教授ーーーーーーーー!!!」
欲望と利害が渦巻く医学界の内幕を赤裸々に描いたドラマ白い巨塔!!
ちょっと古くない?
「ああっ!!豆腐の中央に天の助が!!! 完全に豆腐派にされている天の助がいる!!!」
この男豆腐につき!?体中豆腐だらけだ!!
「どや?仲間のこない情けない姿見る気分は?」
「別に」「普段もだいだいこんな感じだしな」「うん」「情けなくない姿の方がめずらしい」
ビュティさんまで!!みんなつめてー!!
「いやそーだけどもう少し心配してあげましょうよ!!」
フォローに入るヘッポコ丸も決して否定はしない!!
「ほな もう1人の仲間のあの姿はどや?」
「ソフトンさん!!!」「大丈夫かソフトン!」「元気出せよウンコ!!」「しっかりするのら」
「あれーーーーーっ!!?僕ん時のリアクションと露骨に違いません!!?」これが日ごろの行いの差ってやつなのか?
でも首領パッチだけはちょっと厳しい!!
「何もあらへん バビロンの封印が解けかけとんのや」
バビロンを知るゆうこ!何者!?
「………女…… なぜお前が知っている・・・?」
不敵に笑う8区総隊長!こいつも何かを知っているのか!?
「なぜならウチもアンタと同じ バビロンの女戦士だからや」
な、なんだってーーーー!?
「ウチの名はアイスン お前の封印が解けかけているのは私のバビロンと共鳴しているからや」
アイスクリームみたいな顔に変化したゆうこ改めアイスン!!
西のプルプル対決に続き、北ではバビロン対決!!
「『アイスン』って名前ってこたあ『ソフトン』はウンコじゃなくてアイスクリームだったってことになるだろがぁぁぁぁーーーーーーーーーー!!!」
気づいてしまった、信じがたい推測!!
「今までずっとウンコって信じてやってきたのに こんなのってこんなのって あんまりだーーーーーうわあああああ!!!」
今まで信じてきたものが打ち崩される・・・それは喪失の悲哀!!
「………案ずるな ソフトクリームかウンコかはオレ自身定かではない・・・」
自分でもわからなかったの!?
「……よかった……ホントよかった……」
信じててもいいんだ。今までどおりでいいんだ。
安堵の感情が暖かく体を包む・・・。
「バビロンが出会えばそこに1つの試練が生まれる 見えるか・・・これから起こる最悪の未来『バビロン予知夢』が」
果たしてその『バビロン予知夢』とは?
「確かに起こりえない最悪の未来が見える」
「私はトイレット戦士ビュティ!!全国のトイレのために私一生懸命戦います!!!カッポン!!!」
うむ、確かにこれは「起こりえない最悪の未来」だ・・・。
トイレ用品で身を固めたビュティ!!
唯一の良心であるビュティさんがハジケちゃったらこのマンガどうなるの!?
何事も一生懸命なのはいいことかもしれないが、できればもう少し別の分野でその熱意を発揮してほしい!
てか「カッポン!!!」ってどういう決めゼリフだよ!!
「便器のつまりにカッポンーーー!!!」
ところでカッポンの正式名称ってなんなんでしょうか?
「………すべてが最悪だ」
妹が全身トイレ用品ファッションで死亡!!これは最悪だ!!
「この未来を見た以上オレの進む道は決まっている・・・ 我が妹ビュティを見殺しにはできん!!!バビロンの力を全て捨てよう!!!」
妹を守るため、自ら封印を解いたソフトン!!イケメン参上!!
「ぎゃあああああああああソフトンが人間になったーーーー!!!!」
「ぎゃあああああああウンコが美男子になったーーーーーーーーーーー!!!!」
どっちかっていうと後者が正しい表現に聞こえるのはなぜだろう・・・。
全員驚愕の展開!!しかし8区総隊長はニヤニヤと余裕の表情を崩さない!!
これは何を意味するのか!?


アニゲボ
いけにえインタビュー!!
小野坂「何で名前がカンピョーなの?」
カンピョー君「それ以上聞くな!刺すぞ!!」
それが大人の事情ってやつなんだよ・・・。
小野坂「ぼくは他の現場に行くと、やりすぎって言われるんです。でもこの現場だと認められるんですよ」
確かに小野坂さんはもうやりすぎなほどハジケて首領パッチを演じてますよね。
でもそのやりすぎ感こそが小野坂さんの真骨頂ですし、
それがボニメの面白さを支えていると僕は思います。


デスノート
今週のニアの遊び・・・無し
というか出番すら無し。
かわりにメロが板チョコをずぅ~っと、ペロペロなめてました。

「俺達もアメリカを敵に回す気はさらさらない 互いの利益になる取引をしよう」ノートをうまく使い、大統領を脅迫するメロ!!
「ノートから逃れる方法はないのか?」
困惑する大統領はLに助けを求める!!
「やった これでニアよりも優位に立った」
うまく大統領を言いくるめ、味方につけることに成功したライト!!
「あとはニアが絞り込むより先にスナイダーの居場所を突き止められれば・・・」スナイダー?誰それ?
と思ってたら、後でメロの側近の名前だということが判明しましたね。
大場先生のネーム上のミスでしょうか?
「名前しか見えない人がいたんだって ミサお手柄ーっ」
死神の目で人を見ると、生きている人間は名前と寿命が見え、すでに死んでいる人間はその両方とも見えない。
寿命が見えない人間こそがデスノートの所持者!!
「名前 ジャック=カルソンになってるけど本名はカル=スナイダー 寿命は見えないから今この人に所有権あるのは間違いないよ」
いまデスノートに直接名前を書いているのはメロの側近・カル=スナイダーと判明!!
「ニア ここまではふがいなく見せていたがやはり世界トップの探偵はLだ そしてメロ デスノートで世界を変えるのはキラだ 思い知るがいい」
Lとしてのライバルであるニア、そしてキラとしてのライバルであるメロ。
その両方とも勝つ!!悪魔的表情を浮かべ、勝利を確信するライト!!!


ネウロ
「センターカラー扉絵」
この信号機の絵怖いんですけど!!通り魔か!?
「待ってろよ 数多くの人間を死へと追いやってきたオレの『眼』が・・・お前らもまとめて撮り殺してやる!!」
目が怖えぇ~!!なんで眼球に直接スコープが張り付いてるんだ?
「好物は輪切り冷凍バナナ。」
冷凍バナナか・・・この季節にはいいかもしれませんね。
バナナなんてほっとくとすぐ腐りますし。
「アヤ・エイジア大好きだったのによォ・・・社長に付き合わせてライブ2回も行ったのに・・・」
吾代ってアヤ・エイジアの大ファンだったの!?
ということは、やっぱり吾代も”ひとりきり”を感じていたんでしょうか?
「ど・・・どーも~・・・ ワラジムシでーす・・・」
自分でワラジムシだって認めちゃった!!
ちょっと自己紹介がハードゲイ風?
「カメラが捕らえる情報は・・・所詮真実の欠片だ もっと言うなら・・・真実である必要すらない!!」
真実は無数に存在する!!目に見えるのはその氷山の一角!!
ましてやカメラで映した映像など、編集の手が入った作品!!
情報はまず疑ってみて、自分自身で真偽を判断することこそが肝要!!
「貴様は『住む所が無くてこっそり空き部屋に住み着いている我々とは無関係のイカレたチンピラ』・・・を演じて 『上でガタガタうるせーぞ!!俺の無職生活の邪魔すんなや!!』・・・と この部屋に殴りこみ その記者の記録道具を破壊した上で追い出すのだ」
素晴らしい作戦だ!!でも吾代はものすごくみっともない役だな!!
「待望のコミックス題①巻7/4発売!描き下ろしのおまけページ満載です!更にカバーにスゲェ~仕掛けが!?」
スゲェ~仕掛けって一体何だ!?
ていうか「スゲェ~仕掛け」っていうこのノリが何なんだ!?
「おまえら・・・有名になりたいんだろ? だったら・・・望み通りにしてやるよ」
窓の外に尋常じゃない数のカメラが!!
ていうかこれだけ大量のカメラ、いったいどこから持ってきたんだ?
「百年早いぞ腐れマスコミ」
指パッチン1回でカメラを爆破!!これが魔人の真骨頂!!
「今のうちにこいつには人を見る商売を・・・廃業させてしまおう」
魔界777ツ道具”串焼け線照射器(イビルロウビーム)”が篠原を襲う!!
見る立場から見られる立場へ!!
これがマスコミという名の権力をかさにきて暴挙を成した報い!!
「俺の中身が何なのか・・・よく見て確かめてほしいんだ」
篠原が路地裏で出会った謎の少年!
「俺の中身・・・見てくれないのか じゃあお前の中身を見せてくれ」
もはや廃人となってしまった篠原を謎の少年が襲う!!
素手で人体をあっさりと破壊するこの少年!いったい何者!?
「俺は・・・誰でもあって誰でもない 俺は・・・自分の正体(なかみ)がわからない 俺は・・・知りたい 俺がいったい誰なのか・・・」
こっちが知りたいよそんなこと!!

今回のテーマは”自分”!!
「自分探しの旅」って昔流行りましたよね。
自分なんてものは、どこかに落ちているようなものではないと思うんですが・・・。
自分が何者であるかなんてことは、一言で言えるほど単純なものでもないし、もし自分がこうこうこういう人間だと思っていても、他人の目からは全く違う見方をされていることもあります。
自分だからこそわかることもあるし、他人の目を介して初めてわかる一面というものも存在します。
また、自分とは永遠に変わらないものでもありません。
疲れているときは誰だってイライラと怒りっぽくなるし、病気になったら沈んだ気分になるものです。
月日がたつことで、外見はもちろん、考え方まで容易に変化します。
自分のある一瞬のある一面だけを切り取ってこれが自分だと解釈することは相当無理があります。
また、自分はこういう人間だと決め付けてしまうと、そのイメージにとらわれ、自分自身の可能性を狭めることになってしまう危険性があります。

そういった微妙なテーマに対するひとつの回答が『ネウロ』で提示されるんでしょうか?


アイシールド21
「待たせたな」
ついにフィールドに舞い戻ったムサシ!!
髪型をキチッとして、髭も剃って別人のように若々しくなった!!

ヒゲ面の人がヒゲを剃ると、別人のように若返るというのはよくありますよね。
わかりやすい例で言うと、元中日のゴメスとか。
(野球ファンしかわからねーし!!とっくに引退してるし!!)


カイン
「一人っきりで緑豊かな一軒家に住まう内水融先生の作品が読めるのは週刊少年ジャンプだけ!!」
なんじゃその紹介!?それを読者に伝えてどうするんだ!?
一人で一軒家に住んでるってことは、わりと金持ちなのか!?


じゃんぷる
「じゃんぷるを踏み台にして『上戸彩』と結婚するぞ~~!!」
じゃんぷるはそんな踏み台になるもんでもないよ!!
別に優勝しても、アイドルどころかどんちゃんに会えるだけだし!!(泣)
ていうか全然似てねーな上戸彩!!

アピールハガキスペシャル
「第9回という中途半端感が、オレのやる気をかき立てる! 待ってたぜ、この時をよォ!!」
中途半端感が?妙なもんに触発されたな!!
「時は満ちた!! オレは凡人をやめるぞ、どんすけぇ!!」
石仮面でもかぶる気ですかい!?
凡人から変人へ!!それがじゃんぷるロード!!(ダメじゃん)
「みんな死んでチョ
絵と文が全然合ってねぇ~!!毒吐きすぎ!!

ザ・ベター賞
「トイレに行きたいのに海パンのヒモをきつく結びすぎたため、ほどけずに困ってるヤツ。」
かといってゆるいと脱げてきちゃうし・・・加減が難しいんですよね。
「行きに海パンをはいてきたのはよかったものの、帰りのことを考えてなくてすごく焦ってる小学生。」
いたいたそんなヤツ!もう顔面蒼白でした。
「休憩終了を知らせる笛と同時に、一斉に飛び込むヤツら。」
みんなせっかちさんなんだよ!!
「シャワーを浴びてる時、お経を唱えだすヤツ。・・・ってこれテツトモが『なんでだろう』でやってたわ!!」
パクリか!!でもそれを堂々と言えるところは男らしいぞ!!(そうか?)
ところで、テツトモって最近見なくなりましたね・・・。

テレビDASH!
「もうデューク更家が、レイザーラモン住谷にしか見えない。」
ついに『バク天』名物、ハードゲイことレイザーラモン住谷ネタがじゃんぷるにも登場ですよ~!オッケ~~~~~イ!!
どうも~ハードゲイで~す!!
ハードゲイパワー!!
Are You Ready?ゲーイ♪
ゲーイゲイゲイゲーイゲイ♪
ちっちゃなころからハードゲイ 15でハードゲイと呼ばれたよ フゥー♪
ナイフみたいにハードゲイ♪ さわるものみな ハードゲイ フォ~♪
ハードゲイ・ティッシュです、どうぞ~!触り心地はソフトですから~!!
ようこそハードゲイスタンドへ。
ハードゲイハイオクとハードゲイレギュラーがありますけども!
どうも~ハードゲイラーメンで~す!
麺の硬さは選べますよ~。ハードかハードか。硬めかハードか。
どうも~ハードゲイパトロール、HGPで~す!!
花粉症ですかお父さん!ではハードゲイマスクをどうぞ!花粉は一切通しません。
ゴホッ!ゴホッ! ・・・通気性ゼロ フォ~!
戦後のドサクサフゥ~!!多分トラウマフゥ~!!
・・・トラウマになるってわかってるならやめとけよハードゲイ。(苦笑)
「バブルマンのCM 炭酸飲料降ったらマズイだろ!!」
開けた瞬間ブシュ~ッとくるぞ!ブシュ~ッと!!

アホ板
「木村カエラない」
カエラはメールし放題!てかもうやりたい放題!!
「低反発マクラ」
もうちょっとハッキリものを言おうぜ!!
ノーと言える日本!!(石原慎太郎?)
「伊達政宗LV.100」
気持ち悪ッ!!なんか眼帯がうじゃうじゃついてるし!!怖いよ!!
「あずきバー」
あずきバーはオリハルコンばりの硬さなのだ!!(嘘)

巻末作者コメント
「秋本先生に両さんリューク、中川月(ライト)、麗子ミサのイラスト入りコミックスを戴きました。感激!<小畑健>」
それはすごい!1回見てみたいものですね。

Posted by seiji | 21:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

20 2005

つけものと拍手返信

こんなのあるって知ってました?

つけものTシャツ

つけものマグカップ


つけもの リストバンド


これらのグッズはすべて、「コスパ」というメーカーさんが作っています。
かなりのハジケっぷりですね。
あえてつけものを選ぶとは・・・目の付け所が違う!!!(笑)


今週のボーボボ、
まさかゆうこにあんな秘密があったとは・・・。
ていうかソフトンさん、どういう予知夢見てんだよアンタ!!
そりゃ妹のあんな未来見せられたら、バビロンの封印ぐらい解くわな・・・。(笑)

ジャンプ感想絵は明日、感想文は木曜日に書く予定です。



拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 19:25 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

15 2005

ジャンプ28号感想

ボーボボ
「これぞ『ボーボボRPG』!!勇者も戦士も魔法使いも入り乱れての大活躍!!一人除き!!」
おぉ!なんかかっこいい!!でも・・・天の助刺されてる~!?
配役は、
ボーボボ→勇者、ヘッポコ丸→ガンマン、ビュティ→魔法使い(白魔道士)、魚雷ガール→戦士、田楽マン→妖精、首領パッチ→とらわれの姫(?)、ソフトン→ラスボス、天の助→へんじがない ただのしかばねのようだ
ってところでしょうか?(笑)
「なんやねん・・・こいつは?」
サラサラヘアーのロン毛が眩しいこの男はまさか・・・!?
そしてウザいぐらいいっぱいいるウンコの妖精はなんやねん?
「・・・何でこんなことに・・・」
ブーブブがやられている・・・!?
首領パッチはふじいあきら風に口からトランプ出している・・・!?
ボーボボは口の中に田楽マンが入った状態で埋まっている・・・!?
天の助はポセイドンみたいな格好で絵の中に入っている・・・!?
本当に何でこんなことに・・・。
「ウンコッ!!!ウンコッ!!!」「アオ!!ウンコ%ーーーー!!!!」「ウンコ!ウンコ野郎!!」「コイツはウンコ野郎ォーーー!!!」
このイケメンはソフトンさん!?なぜバビロンの封印は解けたのか!?
それはともかく、果てしなくウンコ扱いだ!!
「超美形のソフトンさんのお顔が見る影もなく変な顔にィ~~!ギョラ~~~~」
魚雷の目から見ると、あのウンコ顔が美形だったのか!?
「ギャグマンガ日和サイコー」
魚雷の頭に旗が!!澤井先生はいい人だなぁ・・・。
「すまなかったなビュティ・・・今までずっとだまっていて」
「そんな・・・・・・・・・ソフトンさんが私のお兄ちゃんだったなんて・・・・・・」
ついに明らかになった衝撃的事実!!
運命の歯車は動き出した・・・もう誰にも止めることはできない!!
「ちなみに一匹豆腐道場で暴れてたヤツを豆腐3区総隊長がぶっ倒したらしいんやが」
やっぱり天の助は負けちゃったのか!!
「この北の塔に来たのが最後や なんせウチらのこの6区総隊長は『ボーボボ4周年記念ハジケキャラ募集』のGPキャラなんや 作者もよう考えとるわ」
ついに姿を現す読者募集グランプリキャラ!いったいどんなに恐ろしいヤツなんだ!?
「ガウガウガウガウガウガウ」
「魚雷さんがすごくほえてる!! それだけ強大ってこと!?」
魚雷さんって、そんな習性あったっけ?
「ふぅ~~~~~ ギリギリタッチダウンね」
ギョラシールド22が出てきたー!!
始めて見る・・・これがデビルバットゴーストか・・・。ゴクリ(違う)
「先生この日のために1万枚ハガキ出したの!!徹夜で!!!」
お疲れ様です魚雷先生!!でもそれは無駄な努力ですよ!!
「先生早とちり!!!」
早とちりとはまた違うと思うんですが・・・八つ当たりですかい先生!?
「オレが真の『ボーボボ読者キャラ募集』のGPキャラだーー!!!!」
うわあぁぁなんかスゴイヤツ出てきたーーー!!!
じごくのイルカ!?必殺技がべろーんドリルで、なめなめ真拳の使い手で、性格は暴れん坊!?
見た目もなんとも形容しがたい!!さすがはグランプリキャラ!!
「イルカじゃねえ オレはじごくのイルカだ!」
ただのイルカといっしょにしてもらっちゃ困る!!
オレはじごくのイルカ!!それ以上でもそれ以下でもない!!
「・・・・・・・・・だがオレの心の中はいつも天国なのさ」
心の中は決して誰にも侵されることのない聖域!!
理想郷は心の中でのみ存在しうる!!心の平穏こそが幸福の条件!!
どんなに泥にまみれようと、心に一輪の花を持て!!
「何言ってっかわかんねーけど うぜーから殺してえ・・・」
黒ッ!!ヘッポコ丸の黒い部分を垣間見た!!
「それはさておき 見事このオレ『じごくのイルカ』を描いて送ってきてくれた前田滉太君(8歳)には ぼのハンカチと複製原画に続き・・・ オレの独断で作者のサイン色紙6枚セットとボーボボグッズをまとめて送るぜ!!!」
滉太君おめでとう!!ハジケてるよ君は!!
そしてありがとうじごくのイルカ!!副賞いっぱい足してくれて!!
「変な金が入ってる!!!・・・・・・ってコイツも読者キャラかよ!!」
ヘッポコ丸たちのサイフに入っていたのは、すぐ勝手に人の財布に入ってくる”1392円”!!
ウゼー!!肖像もムカツク!!1392円って微妙だし!!
左下にわざわざ”ニセ札”って書いてあるけど、そんなん見たらわかるわ!!
「このキャラを送ってくれた杉本卓也君にはサイン色紙3枚とアロンアルファを送っとくぜカスピ海!!」
卓也君おめでとう!!サイン色紙3枚はうれしいけど、アロンアルファはなぜ?
「おいお前 本当に強いのか?」
ハジケてるのは十分わかったけれど、強いかどうかは未知数だ!!
「いいでしょう・・・では姐さん この戦い アッシ1人に任せて下せえ」
やれやれ・・・といった感じで、1人でも十分戦えるところを見せようとする自信たっぷりのじごくのイルカ!!
「かなりのおふざけ野郎のようね いいわ コイツは私が殺るわ」
おふざけは許さない!!伝説のボケ殺し、魚雷ガールが参戦!!
「いいのか?お前の相手はじごくのイルカだぞ?」
相手を見て物を言っているのか?そうとでも言いたげな余裕しゃくしゃくのじごくのイルカ!!
「我が輩は魚雷である 名前はまだ無い」
吾輩は猫である。名前はまだ無い。(『吾輩は猫である』著:夏目漱石)
「地獄地獄地獄地獄地獄地獄地獄地獄地獄地獄地獄地獄」
「漱石漱石漱石漱石漱石漱石漱石漱石漱石漱石漱石漱石」
地獄と漱石のオラオララッシュ!!すごいハイレベルな戦いだ!!
「漱石が打ち勝った!!!」
漱石強えぇ~!!さすが元1000円札!!!
「どんなおふざけも許さない なぜなら私は魚雷だから」
この魚雷がいる限り、どんなおふざけも抹殺される!!
「ブーブブ 本気でオレ達発毛獅志に勝てると思ってるなんてお前は本当にカワイイヤツだな…………」
いや、アンタめちゃめちゃ吐血してるよ!?そんなこと言ってる場合じゃないんじゃない!?
「全く本当に食べちゃいたいくらいにカワイイ……カワイイ…… 食べちゃお」
本当に食べちゃった!?ブーブブの足だけ見えてるのが怖い!!
「じごくーーーーーー♪」
なにこの出し物?意味わからん!!
「これでブーブブは終わりだ!」
終わりなんだ!?わりと元気そうだったけれども!!
「さぁお前らも食べてやる!!!」
ビュティ達が食われてしまう!!
「時速80キロ!!!」
そこで助けに来たボーボボ!!読者キャラ”トラック”に乗って!!
「トラック トラの顔をしたトラック 時速80キロまでだせる トラを移動させるのに使う。」
トラ輸送限定!?ていうか時速80キロって微妙だなまたコレ!!
せっかくだから100キロまでだせてもよかったのに!!
「『トラック』のキャラを送ってくれた倉田諄也君(11歳)ありがとう!キミには謎の物体Xを送るぞ!!楽しみに待ってな」
おめでとう諄也君!!謎の物体Xがいったい何なのか、わかるのは君だけだ!!
「他人(ヒト)に言われてやってんじゃねえ オレがハジケてえからハジケてんだぁ!!!!」
誰も聞いてないよそんなこと!!怖ッ!!
他人に言われてやるハジケなどハジケにあらず!!
誰かのためにハジケるんじゃない。ハジケそれ自体が目的であり、至高の快楽なのだ!!
ハジケリストなら、ハジケたい時、ハジケられるだけハジケてみろ!!
いい言葉だ・・・座右の銘として心に刻みますおやびん!!


アニゲボ
「いけにえインタビュー!!」
今回は、天の助役の園部啓一さんと、田楽マン役の金田朋子さんのインタビューです。
園部さんは・・・はなわ?(笑) 髪型がソフトリーゼント(ベッカムヘアー)ですね。
タレ目で目が細くて、すごくいい人そうな印象です。
金田さんは、すごい天然なイジられキャラですね。
ボケる金田さんと、ツッコミの小野坂さん、子安さんの掛け合いが面白かったです。
普段は首領パッチとボーボボがボケ役なのに・・・。(笑)
「聖鼻毛領域(ボーボボ・ワールド)ならぬ聖金田領域(カネトモ・ワールド)に来ちまったぜ!」
言いえて妙。


デスノート
今週のニアの遊び・・・プラモデル
ロボットとか飛行機とか、いっぱいプラモ作ってますね・・・。
接着が甘くてロボットの腕や頭が取れてしまいましたが。
レスター指揮官達は、ニアがこうしていつも遊んでいるのをどう思っているんでしょうか?
ていうか、このプラモとかって、やっぱりSPKの経費として落としているんですかね?
業務上横領もいいトコだな!!(笑)

「ついに死神界にもビラ配る奴が出てきたか・・・」
「まあ特定の人間探すなら死神界のほうが早いと気付いただけでもシドウにしては上出来だ」
やっぱりシドウは死神界でもバカだとなめられていたのか!
なんかかわいそうになってきた・・・自分のノートをちゃんと管理してないシドウが悪いんだけど・・・。
「父さんの携帯に 犯人からだ」
突然メロから電話がかかってきた!!
「携帯電話共有システムですね」
粧裕奪回作戦ではさっぱり役に立たなかったライトの携帯電話共有システムがここにきて活躍!!
「Lの死後 おまえらがLとして仕立て上げたのは誰だ?」
まずいことを聞かれた!!
2代目L(ライト)の名前が知られてしまう!!名前を知ったらすぐにメロは殺すだろう!!
「松田さん何を!?」
松田が超ファインプレー!!
自分が役立たずの2代目Lだと嘘をつき、身を挺してライトを守る!!
役立たずには役立たずなりのやり方がある。かっこいいぜ松田!!
「一生ついていきますよ たとえあなたが・・・これからどんな道を選ぼうとその道を」
よき妻、幸子。いつまでもどこまでもついていく。
一生愛すると誓った、たった一人の人だから。
「・・・・・・・・・僕 殺されないっすかね・・・」
「自分からやっておいて・・・」
やっぱり松田は松田でした。
でもこのヘタレっぷりがまた彼のよさでもあるんですけどね。
「はい 私はニアです」
ごくあっさりと自分の正体を明かすニア。
Lが「私はLです」と言ったシーンをほうふつとさせる!!
「つまり核のボタンを押すことのできる人間を操り殺すこともできるって事だ」
「だからあんたは俺達の言うことを聞くしかない わかるな?」
核の脅威をちらつかせ、大統領を脅すメロ!!
「流石(さすが)大統領 話が早い・・・」
大統領がメロの言いなりになってしまった!!
メロはいったい何をやらせるつもりなのか?恐怖が加速する!!!


ネウロ
「扉絵」
幸せツーショットの女名探偵!って、全然幸せそうじゃないよ?
相手化け物だし!!手錠で繋がれてるし!!ニュースキャスターのネウロ、妙に前のめりだな!!
「好物は牛どんツユ切り生卵&納豆かけ。もずくもつけて。」
牛どんツユ切りとは・・・通だなヤコ!!個人的にはネギだくもおすすめ!!
でも生卵はいいとして、納豆もかけるんだ!?おいしいのかそれ?あんまり合わなさそうだけれども!!
もずくは自分で健康にいいそうだぞ!!
「サイン・・・ サ・・・サイン・・・」
よりにもよって、サイン第1号がこんなヤツかよ!!しかも腹に!?
ていうかヤコも律儀だな!!ちゃんとサイン書いてあげるなんて!!
そしてこのデブ、サインもらった後の逃げ足速ッ!!なぜ逃げる!?
「あの女 近所のうどん屋で見た事ある 四杯も一気に平らげて・・・とどめに友達に汁吹きかけて帰ってった 強烈な印象だったからよく覚えてる」
「俺ももんじゃ屋で見た 鉄板いっぱいの巨大もんじゃを作ってニヤニヤしてたのは衝撃的だった」
「俺が見たのは20分で食ったらタダのジャンボラーメン 10分で食ってあろうことかそのまま向かいのトンカツ屋に入っていった」
フードファイターばりの弥子の大食い伝説が次々と明らかに!!スゲー!!
・・・ところで、フードファイターって今頃何してるんでしょうかね?(笑)
「ささやかな楽しみなのに思いっきり流れてんじゃん!!」
「・・・九割方自業自得な気がするが」
ネウロのおっしゃるとおり!ていうか今まで噂になってなかったことがむしろ不思議!!
ネウロの目が死んどる!!
「祝!コミックス『魔人探偵脳噛ネウロ』第①巻7月4日発売決定!ネウロ&弥子のプロフィールも収録!さらにはあの天才・至郎田シェフのドーピングコンソメスープのレシピなどオマケ満載!必読の一冊!!」
ついに1巻発売ですか。ネウロ&弥子のプロフィールはいいとして・・・ドーピングコンソメスープのレシピ!?
どうやって作るの!?ていうか、まず材料を調達するのが無理だろ!?犯罪ですから!!
「中途半端に命が戻ってしまったようだ」
壁に埋められてた人の髪が動き出しちゃった!!怖えぇ~!!
「あ・・・あかねちゃんっていうんだ・・・」
壁に埋められていた人の名前はアカネと判明!!
「ところでパソコンは使えるか? ・・・よし」
使えるんだ!?髪の毛のくせに使えるんだ!?
「これからは死体の髪の毛も借りたいほど忙しくなりそうなのだ」
どういう例えだよ!!実際に借りてるけれど!!
「報酬は・・・そうだな 週5回のトリートメントでどうだ?」
「ひーーーーーーッ!! ちぎれるほど狂喜してるッ!!」
そんなにうれしいんだトリートメント!?てか怖ぇー!!
「・・・で そのトリ-トメントは私がやれと?」
「もちろん」
嫌な役はいつも弥子に回ってくる。悲しきさだめ・・・。
「使える人間を増やしておいて・・・任せられる仕事はどんどんやらせるべきなのだ」
レッサーパンダが!?立っただけで大騒ぎしてる場合じゃないな!!
「忠実!!うらぎり君(ジャンプの表紙)」
忠実なのか裏切るのかはっきりしろよ!!
「我が輩には・・・ジャンプで人を殺す事まで可能なのだ」
ジャ、ジャンプすげぇ~~!!
・・・って、すごいのはネウロのほうじゃん!!
「四の五の言わずついてこい むろん貴様がジャンプの1ページにどうしてもなりたいのなら・・・話は別だが・・・?」
いや、間違いなくジャンプの1ページにはなってますよ。
「・・・さあ早くしろ それともやはりジャンプに載りたいか・・・?」
だからもうジャンプには載ってるって。
「うるせーな 前から後ろから!!」
殴ったーーー!!!!
後頭部に裏拳炸裂!!これは痛い!!
「困ったなぁ勝手についてきた人がマスコミの人を殴ってしまったぞ・・・」
お前がやらせたんだろーが!白々しい!!
「殺してやる!! 取材拒否のガキに暴力を行使するチンピラ・・・ どいつもこいつも撮り殺してやる!!」
うわあぁぁコイツ変なヤツだぁぁぁああああ!!!
眼球にカメラが張り付いてるし!!どうなってんだコレ!?
このフリーライター篠原紀夫が何か事件を起こすのか!?
ていうか、いくら撮っても撮り殺すことなんてできないだろ!?


じゃんぷる
イヤジャン
テーマ あったらイヤな文房具
「鉛筆の文字は消せますが、あの日におかした罪は消せない消しゴム。 ちくしょう!やっぱり無理か」
そりゃ消せんわ!!てかこれ普通の消しゴムじゃん!!
消したいことだらけ!! byどん
人は誰もが罪を背負って生きている・・・。
「ジョ-ジでーす。 定規。」
気持ち悪い!!こんな定規すぐ捨てるわ!!
「えんぴつ付消しゴム」
逆転の発想!!でも使いにくそうだ!!
「消っ・・・消される!!」
この世から!?ヤバイぞこの消しゴム!!
「守った・・・!」
自らの命を犠牲にしてまで、エンピツの魔の手から守ってくれた消しゴム!!
さよならは言わない。だってキミは僕らの心の中にいつまでもいつまでも生き続けるのだから・・・。
・・・って、どういう状況だよこれ!?おかしいだろ!!
「こんなガムテープ ご自由にはがしてお使いください」
ガムテープで縛られてる!?こんな使いかたされたガムテープ使いたくないよ!!
ていうか早く助けなきゃ!!

熱血!!男塾
「ひとーつ!男なら、デートの待ち合わせは渋谷ハチ公前じゃなくて、『体育館裏に来いやぁぁぁ!!』」
そこデートじゃなくて決闘する場所だよ!!怖くて行けないよ!!
「ひとーつ!男なら、電話帳は見るものじゃなく破るもの!!」
天ボボかお前は!!あるいは花山さん!?
「ひとーつ!男なら、『レモン100個分のビタミンC』じゃなく、レモン100個を食え!!」
スゲェ効率悪い!!
ちなみに、レモンよりイチゴのほうがビタミンCが多いって知ってました?
「ひとーつ!男なら、死ぬ気でアイツを奪い返すぐらいしてみろよ!今でも愛してるんだろ!?」
どういうラブドラマですかい!?
愛は障害があったほうが燃え上がる。愛情が暴走する略奪愛!!

ザンゲのお時間
「森君、ゴメン!給食の焼きそばに輪ゴム混ぜた犯人はボクなんだ。」
まずい焼きそばって、本当に輪ゴムみたいな食感ですよね・・・。
「朝起こしにきてくれた妹を回し蹴りで撃退してごめんね。」
朝からアグレッシブだな!!・・・強えぇ・・・。

Posted by seiji | 21:48 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

13 2005

ところてんと拍手返信

昨日の「あるある」見ました?
なんと、「ところてん」が特集されてましたよ!!

番組によると、寒天、ところてんが、血糖値、コレステロール、体脂肪、血圧などを下げ、基礎代謝までをもあげて、ダイエット効果は歴然。
また、小腸のぜん動を活発にしつつ、糖の体内への吸収を緩やかにし、コレステロールを吸着、脂肪を一緒に排出したりといった作用もある。
さらには、不溶性食物繊維が善玉菌を増やし、排便作用を促して便秘改善・・・などなど、ベタボメでしたよ!!
と、ところてんスゲー!!

巷では、ところてんの買い占めまで起こっているそうです!!
「あるある ところてん」で検索すれば、
みんながところてんを買い占めている様子がわかると思います。
もしかして、ところてんの時代がきちゃったのか!?(笑)

一日一食ところてん!!
ところてんは女性の味方です!!(ホントかよ!?)


今週のボーボボ、ついにソフトンさんの謎が明らかになりそうですね!
ついに登場した読者募集キャラもハジケてます。

今日は、昔のブログで書いたジャンプ感想ログを、こっちに書き写しておきました。
いつまでも更新してなかったら、おそらく自動的に消されるでしょうから。

ジャンプ感想文は水曜、絵は木曜日にアップする予定です。
明日、6月14日は特別にやるべきことがありますからね・・・。



拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 18:40 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

09 2005

ジャンプ27号感想

ボーボボ
「本当にこのメンバーだけで大丈夫かな・・・ やっぱボーボボがいないと不安だよ! ボーボボ早く戻って来て・・・」
一抹の不安を抱えるビュティ・・・
次のコマがヘッポコ丸ってところがすっごく不安!!(笑)
「騒ぐな髪の毛共 服を決めてる最中だぞ」
ビービビ兄さん、おめかし中!!
今は大切な娘たちとのディナーに備えるが吉!!
「……… パパ…」
「なんでもないよ ビタ さあディナーに行こうか」
子供ながらに父のいつもと違う様子に気づき、心配する娘、ビタ!!
父は娘には心配かけまいと、笑顔で優しい嘘をつく!!
「その頃」
ヒデーことになってる~!!
顔中落書きだらけ!!修学旅行生かお前らは!!
ひたいに”愛”って書いてあるし!!我愛羅かよ!?
鼻の穴に筆は突っ込んであるわ、耳たぶは洗濯バサミで挟んであるわ、もうやりたい放題!!
「体中ボロボロだぜ・・・・・・」
「なんの!オレ達はロボロボだぜ?」
ロボロボ!?疲れを知らない機械人形ってことか!?
「このままザコ処理ってことだーーー!!!」「YES]
「ぎゃあああ オレら露骨なザコ扱いー!!」
これはもはや消化試合!!レーザービームが火を噴くぜ!!
「ふぅ・・・もうオレには力が残ってねえってのに全くタフなヤツらだぜ・・・」
首領パッチ、本当に“高校鉄拳伝タフ”みたいになってるし!!
ていうかみんな、ヤンジャンネタとかわかるのか!?
「カメハメ波ー」
露骨にかめはめ波放ったー!!もうパロネタし放題だ!!
「ザコ処理!!!!」
安心しきっていたベーベベを首領パッチが襲う!油断禁物!!
「くらえ!!ブヒッとね真拳奥義『死のカウントダウン』!! カウント3 2 1 こんなのはいってましたーーー♪」
ショボい!!ショボすぎ!!なんかムカついてきた!!!
「高画質 高画質」
言うこともムカツク!!
「即殺してえよ コイツ・・・・・・」
ボーボボに角が生えた!!そりゃ怒るわ!!もうなんか裏切られた気分だ!!
「実はこのオレ『とっても健康マン』の正体は『貧弱マン』だったのさ!!元気が一番!!」
何ィ!?まさかここでこんなヤツが出てくるとは予想外!!懐かしいな!!
ていうか貧弱マンって真拳使いだったんだ!?それなりに強くね?
そして相変わらず言葉に説得力ねーな!!
「説明しよう 貧弱マンとはコミックス2巻で友情出演した男 その正体とは作者のデビュー前の原稿の主人公だったヤツである」
しかも作者のデビュー前のボツ原稿の主人公だって!?いったいどんな物語だったんだ!?
「こんなオレ達2人どーよ?」
どーよって言われても・・・ねぇ?
「完璧な使い捨てキャラじゃねーか!!」
「ですよねーーーーー」
言うべきことははっきりと言う!!それは大切なこと!!
ジャンピングサッカーボールキックで撃沈!!これでいけるさワールドカップ!!
「類いまれなる不遇の死」
思えば哀れな奴らだった・・・。
「お前達はおもいっきり使い捨てキャラだったが せめて最後は大ゴマで倒してやったぜ!!!」
せめて散り際だけは美しく!!それが戦士としての情け!!
「そのボーボボのやさしさに全米が泣いた・・・・・・」
その評価はあてにならねーぞ!奴らはすぐ泣くから!!泣き虫だから!!!「・・・・・・そんな・・・・・・オレの体がお役に立てなかった・・・」
自分のあまりのふがいなさに打ち震える極楽鳥!!
「フッフッフ ここに来て効いてきたな オレ達の夢奥義『シリアス台無し拳』が!」
「お前はもはや何をやってもカッコ悪い!」
ケンシロウきどりか!!ろくなもんじゃねーなコイツら!!
「ツーーーー」「涙!?」
悲しみと絶望・・・思わず涙があふれ出る!!
「玉ネギの汁が目に入っちゃいまちたねーーーーーー♪」
そんなわけねーよ!!雰囲気が台無しだよ!!
「ダイレクト玉ネギ!」
眼球にダイレクトで?こいつはキビシー!!
「キタァーーーーー!!!!」
何が!?そして後ろの飛行機なんだよ!?
「暗殺真拳超奥義『黒い鳥籠の中の少年の結末』!!!!」
「何ィーーーー!!」「コイツ自分で・・・!?」
自責の念にかられ、自らの体を貫く極楽鳥!!
「ビービビ様の役に立てぬ者などこの発毛獅志には不要・・・ 申し訳ございませんでした ビービビ様・・・・・・」
みずからの死をもって償う・・・哀れな一人の狂信者の末路・・・。
「思想はどうあれ すさまじい信念だな これが発毛獅志・・・ハンパねえ・・・・・・」
尋常でない覚悟の発毛獅志の姿を目の当たりにし、驚きを隠せないベーベベ!!
「見ろ!ヤツは毛の寿命を全うしただけだ・・・・・・ いずれ次の毛へと生え変わるさ…………」
コイツらって死ぬと毛になるんだ!?というより元々が1本の毛だったのか!?
「……ベーベベ兄さん・・・ こんな形になったけど これからは仲間として共に戦いましょう」
今まではグダグダだったけど、改めてベーベベを仲間に誘うボーボボ!!
「調子に乗んな 誰がテメーらの仲間になんかなるかよ」
オレはそんなに軽い男じゃない!!仲間になることを断固拒否する気高き男、べーべベ!!
「誰がテメーなんか仲間にするか!!!!」「ええっ!!!?」
ボーボボの鉄拳炸裂!!
ベーベベはもう何がなんだかわからない!!
「図が高いわ この万年下僕野郎がー!!!」
仲間にならないとわかったら、手のひらを返したようなこの態度!!
やっぱりこんな奴らと仲間にならなくて正解だった!!
「海に帰れぇ!!!海に帰れぇぇぇぇ!!!!」
塩をまく首領パッチ!!どこまでもワカメ扱い!!
「フン・・・まあいいさ せいぜいビービビ兄ィに殺されねえよう逃げ回るんだな」
ニヒルかつスマートに別れを告げるベーベベ!!
「うるせぇ!!さっさと消えろ このドテチン野郎!!!」
でもこのバカどもが黙って帰らせてくれるわけがない!!ヒドい扱いだ!!
「・・・・・・ 結局勧誘失敗か・・・」
「誠意は尽くした やれるだけのことはやったさ・・・・・・・・・」
ホントかよ!?あれがお前らの精一杯の誠意なのか!?
「何か大切なことを忘れてる気がするな」「ん」
落ちていく田楽姫!!
『北斗の拳』のユリアっぽい!ということはここはサザンクロスで、塔の下には山のフドウ達”南斗五車星”がいるのか!?(笑)
ケ・・・ケン あなたとの約束を守れなかった・・・ byユリア
「決着の刻(とき)」
そのころ・・・豆腐道場では竜虎の壮絶な戦いが決着を迎えようとしていた・・・。
「哀れな・・・・・・玉砕か」
愚かで脆弱(ぜいじゃく)なところてんを哀れむ豆腐!!
「テメーがな!!!」
しかしところてんは勝つ気満々!!先手必勝!!
「砕け散れ豆腐!!!」
うなりをあげる天の助の右拳!!やったのか?
「・・・・・・いいパンチだ」
あえてパンチを受け、余裕を見せる豆腐!!捕まってしまった!!
いいパンチだったぞ浦飯 今までで最高の・・・・・・ by戸愚呂
「豆腐を切らせて・・・ところてんを断つ!!!!」
肉を切らせて骨を断つ!!図られた天の助!!
「プルプル真拳奥義『豆腐の角』!!!!」
豆腐の角に頭ぶっつけて死ぬこともあると言われるほどの凶器をモロにくらう天の助!!
実はさすらいの豆腐もプルプル真拳の使い手だった!!これこそまさに真拳勝負!!
「悔いるがよい 悔いるがよい 悔いるがよい・・・ この豆腐に拳を向けたことを 哀れなる・・・ 小さなところてんよ」
戸愚呂に殴られた浦飯幽助ばりに吹っ飛ぶ天の助!!
圧倒的な実力差・・・やはりところてんは豆腐にかなわないのか?
「負けてねえ・・・・・・ オレはまだ負けてねえぞ うおおおおおおおお」
負けず嫌い!!!
わかっている。本当はわかっている。どうあがいてもかなわない相手だということは。
だからこそ天の助は歯ぎしりし、泣き、吼える。
だが天の助は決して敗北を認めない。
認めない。認めない。認めない!!!
自ら敗北を認めてしまった時、その時が真の敗北だからだ。
戦いから逃げ出すことも、ましてや命乞いをすることもない。
これはところてんの誇りをかけた聖戦だからだ。
どうあがいてもかなわないだって?
じゃあそれが本当かどうか試してみせようじゃないか!!
何度でも何度でも立ち向かってみせる。その命尽きるまで!!!
まったく・・・粋な男ですよ・・・。


アニゲボ
「短期集中連載!!ボーボボと首領パッチのいけにえインタビュー!!」
声優さんのインタビューですか。
僕のような地方組にとっては、もうなかなかボニメの話が聞けないだけに貴重ですね。
ビュティ役の野中さんは、確かに回を追うごとにツッコミがうまくなっていった印象があります。


アニ基地
「レム 旧Dブロック隊長で、睡眠真拳を操る男。」
男じゃねーし!!女だし!!ちゃんとチェックしといてくれよ!!
おまけに睡眠真拳じゃなくて爆睡真拳だよ!!これは誤植じゃなくて変更か?
「カンピョー君」
カンピョー巻きみてーな名前に変更されちゃったよ!!
カンチョーぐらいいいじゃん!!いちじくかんちょう作ってる人怒るよ?


デスノート
今週のニアの遊び・・・サイコロキャッスル
めちゃめちゃサイコロ積み上げとる!!お城になっとる!!
几帳面にサイコロの面まで整然と揃えてるし!!
ていうかこれだけ大量のサイコロ、どうやって集めたんだよ!!

「殺す 必ずノートもこいつより先に取り戻し 誘拐犯同様殺す」
すっかり役立たず扱いされ、怒りに燃えるライト!!
こいつだけは許せない。殺す、絶対に!!
「やられました 今ここにいる・・・いやこれはSPKのほとんどのメンバーが殺された様です」
崩れるサイコロキャッスル!!
それはSPKが壊滅的な打撃を受けたことを暗示している!!
メロ達によって、SPKメンバーやFBI長官が殺されてしまった!!
さっきまでの余裕はどこへやら、すっかり気落ちした表情のニア!!
「ははは いいざまだ・・・」
ニアの災難を笑うライト!!極悪!!
「私がこの事件に絡んでいると考えているのは通称メロ 写真はありませんし本名はわかりません」
写真はある。本当は写真はあるのだが、あえてそれを教えないニア!
2代目Lがキラである可能性がある以上、写真のことを教えるわけにはいかない!!
「リンダという絵の才能に秀でた子がいて今はかなり有名な画家になっていたのですが」
リンダって、「ニア たまには外で遊ぼー」「あいつはほっとけよ リンダ」のシーンで出てきた、ツインテールの女の子か!!
活発そうな子だったのに、まさか画家になってるとは・・・。
「ニア・・・メロ・・・L・・・ 何かゾクゾクしてきたよ」
やはり竜崎がいないとぬるい・・・そう思っていたライトに新たな好敵手が!!
これで退屈せずにすみそうだ!!



ネウロ
「ひとりきりの閉じた心 澄み切った暗闇の中でのみ 私は最大限の力を発揮できるのだ」
彼女はひとりきりでいたかった。ただそれだけだ。
「好物はからすみ大根。」
日本三大珍味か!!でもそれって酒のつまみじゃなかったっけ?
オッサンくさい好物だな!!
「あなたは大切な人を殺すことで・・・あなたと同じ『ひとりきり』の人たちの脳を揺さぶる歌を・・・再び歌えるようになったんですよね・・・?」
『ひとりきり』の人たちの脳を揺さぶる歌を歌うためには、自分自身も『ひとりきり』でないといけない。
彼女にとって歌うことと生きることは同義語だった。
だから、殺した。歌い続けるため、生き続けるために。
「2人ともかけがえのない人だから・・・だから殺したの」
「澄み切っていたはずの私の心の暗闇はーー 暖かくて優しい光に・・・侵されていた」
「私が『ひとりきり』でなくなるほど私の音楽は輝きと力をなくしていくのだ!!」創作者であるがゆえの苦悩!!
彼女は閉じた世界においてしか羽ばたけない。
優しくしてくれるほど、理解してくれるほど苦しんでしまうという皮肉!!
これが常人には無い能力を持った代償!!
「2人とも大好きだから・・・私の中からいなくなって?」
「私はひとりきりじゃないと歌えないから 私の心に暗闇を取り戻すために さよなら」
愛するがゆえに・・・悲しい運命の皮肉!!
自らかけがえのない人の命を絶ってしまったアヤ・エイジア・・・。
「私は後悔していない これでまた『ひとりきり』になれたんだもの 今の私は・・・・・歌への愛とアイデアで満ちあふれてる 例え死刑台に登るとしても・・・私はその時まで歌い続けるわ」
ひとりきりになれたことで、理解してくれる人がいなくなったことで、
歌というひとつの表現手段への愛を取り戻した彼女。
理解してくれる人が1人でもいるのなら、もはや表現する必要など無い。
「うそ・・・ アヤさん罪の意識でいっぱい・・・ じゃなきゃ・・・ せっかく警察をだませたのにうちに来る必要なんかないもん」
「依頼した人にこのトリックが解けても解けなくても 私はその運命に従おうと思ってた・・・ ・・・一度きりの贖罪の賭け」
「でも 探偵さん あなたにお願いして良かったと思ってる ほんとよ」
悲しく微笑(わら)うアヤ・エイジア。
誰かにわかってほしかった。でも誰にもわかってほしくない。そのジレンマ。
「明日も事務所に集合だ 来なければ全身の間接を引きちぎるぞ」
サラッと怖いこと言ってる!!
「私の知名度が・・・とんでもなく全国区になっちゃってることに・・・。」
ヤコが新聞の1面を飾っちゃった!!これで桂木弥子魔界探偵事務所も繁盛間違いなしだ!!

今回のエピソード、ネウロのテレビ談義から始まり、ホームページを見てアヤ・エイジアが調査を依頼しに来て、テレビの生放送に乱入し、アヤ・エイジアのファンや関係者のホームページが事件解決の鍵となり、最後はヤコが新聞の1面を飾る、
というところを見ると、「メディア、マスコミ」がテーマだったようですね。
前回は「巣」、その前は「食」がテーマ、といった具合に毎回ひとつのテーマをもって物語を作るという姿勢は、話に一貫性があってわかりやすいから好感が持てます。

また、なぜアヤ・エイジアは犯行から時間がたっているのに今頃依頼しにきたのか?という謎ですが、
それはネウロがホームページのあちこちに潜めた”謎に訴えかけるサブリミナル画像”が功を奏したんでしょう。
作中でははっきりとは描かれていませんが。



じゃんぷる
第9回GPスペースウォーズ編開幕(アウトブレイク)!!!
「反乱軍 酢豚の中のパイナップルに反乱したり、いちご100%のアニメ放映時間が遅すぎるのに反乱したり・・・とにかく反乱しまくってる3人。」
余計なことにばっかり反乱しとる!!もっとほかに大切なことあるだろ?
でも酢豚の中のパイナップルにはぜひとも反乱したい!!


ハイパー大喜利
お題 世界一運が悪い運河梨夫クン。彼がこれまでにしでかした伝説を教えてください。
「母にゴキブリと間違われ3回ひっぱたかれた」
ひでー!!自分の息子の顔ぐらい覚えといてくれよ!!しかも3回も!?
でもまあ殺虫剤まかれないだけマシかも。(そうでもない)
>まあこんなヘンな名前つけられたからな。ゴキブリ並みの扱いなのかも・・・ byどん
そんな悲しいこと言うなよ。
「芸能人でもないのに『抱かれたくない男』の1位に輝いた!!」
そこ、出川の定位置じゃん!
でもまあ、出川ですら結婚できたんだし、あんまり気にするなよ。
「三途の川がどんなところだったか、おじいちゃんよりもくわしく話せる。」
まあ、おじいちゃんは一度逝ったら帰ってこれないから。
よくいく観光地ベスト1!! byどん
確かに絶景には間違いないがな!!
「爆発寸前のセルと悟空が瞬間移動をして、家にやってきた!!」
もう死亡決定だ!!またすぐに別の場所に瞬間移動してもらわないと!
「ふとんがふっとんだ」
ただのダジャレじゃん!界王様かお前は!!


オレビアの泉
「オレビア!ケンカを止めに来るヤツが本当は一番暴れたい!!」
実際ケンカなんかしたこともないヤツはビビって止めにきませんからね。
あるいは自分にケンカの矛先が向かってきてもかまわないと思っている
血気盛んなやつが止めに入ることもあるかもしれません。
ケンカはやめろよ!やめろ!やめろって言ってるだろーが!(ボコッ)(殴ったー!)
「オレビア!何も買ってないのに、店を出るとき『またお越しくださいませー!』と言われると、かなり気まずい。」
特に長時間立ち読みした後だったりすると、気まずさ最高潮!!
「オレビア!メガネをかけてる人がバカだと安心する。」
人を見かけで判断したらだめだってことですね。

怒れメロス
「メロスは激怒した!一緒に登校している彼女が、女性専用車両に乗り込んだから。」
これが倦怠期!!
・・・っていうか、それって彼女じゃないんじゃないの?
「メロスは激怒した!T君が飼っている雑種犬をミックス犬と言って見栄を張るから。」
雑種は雑種だろ!?なんでも英語で言えばいいと思いやがって!!
「メロスは激怒した!メガネがくもって見えないけど外したらもっと見えないから。」
メガネ拭けよ!!あるいは水洗いしろ!!

Posted by seiji | 22:52 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

06 2005

ざんげと拍手返信

ジャンプ感想絵、文以外はほとんど更新してなくてごめんなさい。
最近土日は毎週バイト入っているからです。
今週はそれ以外にもいろいろと用事があるので、ジャンプ感想絵、文ともにアップするの遅れると思います。申し訳ありません。
多分、木曜に感想文、金曜に感想絵をアップすることになると思います。

今週のジャンプ、とっても健康マンの正体にビビらされました。まさかアイツだったとは・・・懐かしい!
豆腐とところてんの戦いも相変わらず熱いです。

そしてネウロ、アヤ・エイジアがマネージャー2人を殺した動機は、↓で僕が推理した通りでしたね。
ホッとしました。あれだけ書いといて推理外したらお笑い種ですからね。まあそれはそれでネタとしては悪くないですが。(笑)
他にも当てた人はいるんでしょうか?ちょっと気になります。
というか、ネウロの考察ってほとんど見たことありません。



拍手返信です。

続きを読む...

Posted by seiji | 19:58 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

02 2005

ジャンプ26号感想

ボーボボ
「私の出番はまだギョラ?」
いきなり魚雷先生のアップはキツいよ!!
でも待ってますよ魚雷先生!!
「ところてんと豆腐・・・・・・ 決して交わらざる存在同士 そこに戦う深い理由などない・・・・・・ 出会ったが最期 殺し合う運命(さだめ)なのだ」
二人が出会ったことが運命(さだめ)ならば、殺し合うこともまた運命(さだめ)!!
なんびともその運命から逃れることなどできはしないのだ!!
この勝負に引き分けは無い!!生き残れるものはただ一人!!
さぁ、今こそ豆腐とところてんの”因縁”という名の鎖を断ち切る時!!!
「この勝負おそらく長期戦にもつれ込む!」
長期戦覚悟の天の助!!
「・・・・・・・・・ 1分とかかるまい 一瞬で決まる」
だけど豆腐は瞬殺する気満々だ!!
「奇怪(きっかい)だな・・・二人の闘気がぶつかり合って心地よい音色を奏でてやがる」
ところてんは聴く。修羅場に流れる、荒れ狂う羅刹どもの狂奏曲を・・・!!
「果てしなく静かな空気よ」
しかし豆腐は音など聞こえない。嵐の前の静けさ・・・!!
「感謝するぜ!キサマの血でオレはまた一歩修羅に近づく!」
修羅は切望する!!血肉を喰らう狂獣とならんことを!!
「この戦いで得るものは無い」
でも豆腐にとってはこんな戦いは無価値!!
なぜなら、それは足元のアリを踏み潰すことと同じようなことだから!!
圧倒的な実力差を感じるからこそ言える言葉!!
「そしてこれより先・・・先に動いたほうが負ける!!」
決して交わりあうことの無かった二人の意見がついにかみ合った!!
先に動いたほうが、先にスキを見せたほうが負ける・・・!!
「ダァーーー!!!!」
動いたーーーーー!!!!
わかっちゃいるけどやめられない。
目の前に長年の宿敵がいるというのに、ただ黙って構えていることなどできない!!
「・・・・・・コイツ バカなのか・・・?」
そーですよ。
「完全なバカだな」
ビービビ兄さんも認めるバカ!!
って、ボーボボとベーベベのことですか。
「これぞ大人の解決法」
買収って書いてあるよ!敵対的買収じゃないのコレ?確かに大人の解決法だけど!!
お前らはホリエモンとニッポン放送か!!
「ここは兄キであるオレが頭脳(ブレーン)としてお前に指示を出しながら戦うしかない!!」
策士・ベーベベ、ここは頭を使う!!
「いくぞ・・・ スネ毛真拳奥義『スネ毛の構え』!!!!」
デスノネタできたーーーー!!!!
Lっぽい座り方だな!!でも勝手に『スネ毛の構え』とか名乗っちゃっていいのか?
てかベーベベ兄さんもデスノ読んでたんだ!?(笑)
「ええ~っ!!? てかLじゃん!! ただのなりきりじゃん!!!」
まずは形から入ってみる・・・それもひとつの方法!!
「クク・・・ いい作戦かもな 健闘を祈るぜ」
意外とビービビは高評価!!
「この構えはオレの思考能力を極限まで高めて2倍3倍にUPさせる!」
マジで!?スゲー!!てか普段はそれの半分か3分の一しか頭使ってないってこと?
ちなみにこの座り方をしないと、Lの推理力は40%減!!(デスノ3巻参照)
「コレってのりしろ?コレってのりしろ?」
リュークの格好よく似合ってるな首領リューク(仮名)!!
ちなみにリュークの口癖は”面白!!”
「果たしてオレはこの弟を使いこなせるのか・・・・・・?」
パペットマペット風に!?これはウシくんかカエルくんかどっちなんだ!?
「簡単よ~~~♪ ほ~ら子供よ寄っといで♪」
もっとやっておくれよパチおじさん!!
「ぎゃああああビービビが寄ってきたーーーーーーーー!!!」
子供だけじゃなくて余計な人も寄ってきちゃった!!
「離脱!!!」
やっぱりこんなバカが扱いきれるわけがなかった!!
「バカが オレが使いこなす スネ毛・鼻毛W真拳奥義『新生・二大毛色統合(鼻からスネ毛が出ています)』!!!!」
パペマペボーボボの鼻からレーザーが!これはどう見ても毛じゃない!!
カミの毛を切り裂くレーザー!!ついでに首領パッチも!!
「2つの異なる毛の融合!!これぞ『スネ鼻毛』だ!!!」
『スネ鼻毛』、名前はダサいけど強力だ!!
「スゲーぜ ベーベベ兄さん!!スネ毛の力がどんどん入ってくるよ!!最高だ!!」
兄の面目躍如!
「フ 現金なヤツめ・・・」
デスノ2巻の表紙みたいな構図で喜ぶベーベベ!!
「気安く命令してんじゃねーーーーーーーーーー!!!!」
いきなりキレた!!やはりボーボボはそう簡単に扱えるような男じゃない!!
「うおわぁ!!!?」
驚いてついつい変な声を出してしまうべーべべ!!
「はっ! よく見るとオレのスネ毛がうまくとけ込めてねえ!!最悪のバイト1日目って感じだ」
妙なところがリアルだな!!
「スネ毛と鼻毛の不協和音がこの暴走を呼び起こしたのか!!!」
まだ何もわからない新人を尻目に内輪で会話を楽しむ先輩たち!最悪な仕事場だ!!
「キミ 帰ってよし」「スネ太郎!!!」
仕事場にうまく溶け込めないやつはリストラ!これが競争原理!!
「ボーボボの説明書読むか」
そんなのあったの?インチキくせぇ!!
「読めねぇ!!!!」
犬語?やっぱり全然使い物にならなかった!!
「オラーーーーッ!!人質をとったぜ!!返してほしくば身代ワカメを用意しろ!!身代ワカメを!!」
「待って犯人さん!!身代コンブにしてちょーだい!!」
身代コンブよりワカメのほうが、どっちかっていうと価値があるのか?
てかなんなんだよこのノリは!!
「カミの毛真拳超奥義『A Capriccio Hair(髪の毛の狂想曲)』!!!!」
顔面を噛みつぶすカミの毛!血しぶきが舞う地獄絵図!!
「ぎゃあああ」
この首領パッチの顔、ホラー漫画で見たような気が!!
楳図 かずおか!!
「これが不要なムダ毛と髪の毛の格の違いだ」
勝ち誇るビービビ!!髪の毛は毛の中でも別格!!
「鼻毛をナメんなーーーーーーーーーーーっ!!!!」
KING鼻毛さんの怒りの一蹴!!やはりあの目立ちたがり屋が黙っているわけが無かった!!
「ふう 間に合ったぜ・・・ オレの鼻毛との魂の交渉がな」
「PSP貸すから力貸せ」「やります」
PSPで交渉成立!!なかなか売ってないから貴重!!
「うわあああああ ペナント真拳ペナント真拳!!!」
久しぶりに披露されたのペナント真拳!ペチペチ地味に痛い!!
今週は京都ではなく、亀ヶ岳のペナントだ!!
「何で!!?かさい?」
この際だからボーボボもついでに殴っておく!東京四天王・葛西風に!!
「まとめてぶち殺す カミの毛真拳奥義『Neptune・Eternity(ネプチューン・エタニティー)』
出ちゃった大技!!でも何も起こらないぞ?
「ダサッ!!今のすごくダサッ!!」
ずっとかっこつけてただけに、今のはダサい!!
「ムダだぜビービビ兄ィ・・・アンタの髪は封じた さっきの奥義の間に鼻毛とスネ毛を髪の毛に混ぜさせてもらったんでね もはやアンタの髪は髪の毛として成立しない」
転んでもただではおきない!!
鼻毛とスネ毛という不純物を混ぜ込み、カミの毛真拳を封じたベーベベ!!策士!!
「これぞ 全毛真拳統一奥義『毛平和(ヘアーピース)』!!!」
それは互いにつなぎあった毛を新たに統合された新生な毛に生まれかえる大技!
統合された毛たちは心身ともにつながりあうことができる!
きっとかなえられるよ世界平和!!
「繋がりてーーーーーー!!! オレもみんなと一緒に繋がりたいのにオレだけ誰とも繋がってねえよ!!」
自分だけ仲間はずれ!!孤独を嘆き悲しむ首領パッチ!!
「孤独」
なぜにナルト風?額当てつけてるし!
「そしてそのまま 幾日もの月日が経ち・・・彼はいつしか石になっていた」
どんだけ座りっぱなしなんだよ!!
「・・・こうして金のパチマスクが誕生したのである」
石だったのに!!いつの間に金になってたんだ?そしてなぜマスクを作る?
「私が本当の『毛平和(ヘアーピース』」
意味わからん!!偽者の『毛平和(ヘアーピース』もあったのか?
ビービビの頭を覆う金のパチマスク!!
「王子!パチ肉星を頼みます」
何コレ?ミートくん?
「W毛真拳奥義『鼻毛とスネ毛のラプソディー』!!!!!」
KING鼻毛さんとスネ毛のコラボレーション!!
KING鼻毛さんはいい迷惑だけれど!!
「死ね」
ベーベベ兄さんの首を捕らえるビービビ!このままだとやられてしまう!!
「オレを・・・オレ達を昔のままだと思うなぁーーー!!! なぜなら地球は常に回っているんだーー!!!」
地球は回るよいつまでも!
物事は常に変化している!!いつまでも昔のままだと思っていたら大間違いだ!!
「オレの勝ちだ」
完全勝利!!さぁ後は雑魚を掃除するだけ!!


アニゲボ
「新鋭メーカーが参入決定!」
ビギンネットワークスさんが新たに参入決定!!ありがとう!!
もしメーカーが参入すれば、ジャンプ誌上でこうして大々的に宣伝してくれるので、新鋭メーカーのほうがむしろ参入するメリットが大きいのかもしれません。
ということで男気あふれるメーカーさん、ボーボボをよろしく!


デスノート
今週のニアの遊び?・・・髪の毛ひっぱり
手持ち無沙汰な時は、自分の髪を引っ張って、クルンとなって丸まるのを楽しむ、という行為をニアはよくやっているようです。
遊びとは言えないかもしれませんが・・・。

「N・・・ 誘拐犯とアメリカ本当に無関係なんですか?」
誘拐犯とNたちアメリカのつながりを疑うライト!
「正直それだったらよいのですが・・・違います」
ノートやキラの正体は欲しい。あえて本音を語り、疑いを晴らそうとするニア!「この誘拐には一切関わっていません」
「関わっていないという証明ができますか?」
「犯人を捕まえることでしか証明はできないでしょうね」
ねちねちとこちらを疑う2代目Lに、もううんざりなニア!!
「ボス 見ていたくれたと思うが すべて言われた通り完璧にやった」
「ああ よくやった」
「これで俺の過去の失敗(へま)は帳消しに」
「ああ 消してやるよ やれ」
ヘリごと爆破!!
過去の失敗は帳消し。その命とともに!!
仲間を殺すことをまったく躊躇せず、証拠は一切残さないメロ達!!
「次長と同乗した男が8分ほど前に心臓麻痺で死亡 乗り合わせた医師の判断です」
「機長も着陸した直後に意識を失った様で たぶんこっちも・・・」
カイル=ブロック(機長)、ザック=イリウス(次長と同乗した男)の名前がノートに書かれ、二人とも死んでしまった!!
組織につながりそうなものは全て消す。そのことを徹底して行うメロ達!!
「俺 ノートを失くして大王(じじい)の所に報告にいったんだけど・・・ ノートの特徴言ったら それならリュークが自分が落としたノートだって言って持っていったって・・・」
最初にリュークがライトに渡したノートは、死神シドウのノートだった!!
「やっぱり行くしかないのか・・・人間界(げかい)に・・・」
死神界から、新たな死神シドウが新規参入!!
「もうノートは犯人に渡ったと考えるしかありません 何もできずにみすみす渡してしまった・・・・・・・・・・」
2代目Lの失態を見届け、ほくそえむニア!!
「私には犯人の心当たりがまったく無いわけではありませんし ノートを取り戻す策も考えてあります」
用意周到!!ノートを奪われた際の対策もちゃんと考えてあったニア!!
それはノートを奪った者を特定し、Lの名の下に犯人達の名前・写真を発表する、そうして犯罪者として名前と顔を挙げられればキラに殺されるぞ、それをされたくなければノートを渡せと脅しをかけるというもの!!
キラを追っている者としては不本意なやり方だが、この場合やむをえない!!「組織の全てを知る必要がある・・・できるんですか?」
「できる できないではなく やるんです・・・・・・・・」
できるかできないか、今はそんなことを言っている場合ではない!!
こうなってしまった以上、今はただやるしかない!!
大切なことは、何ができるかではない。何をするかだ!!!
「何か食べながら話していたとか」
メロの板チョコ好きに目をつけ、夜神次長に質問するニア!
「マジだ・・・マジでこいつ犯人の目星をつけている」
ニアが本当に犯人の目星をつけていることに驚愕するライト!!
「やはりこいつとはとりあえず手を組むしか・・・ しかし僕がキラでありそしてLであることも絶対に知られないように・・・」
ニアの手際のよさに、渋々手を組もうとするライト!!
しかしそれには、自分がキラでありそしてLであることも絶対に知られないように注意する必要がある!
大変なことだが、もう手段を選べる余裕は無い!!
「うわっ!?死神」
ついに人間界に姿を現した死神シドウ!
「ここで俺が声を出してこいつと話すのも・・・」
ライトたち人間には、死神シドウの姿は見えないし声も聞こえないが、リュークの声は聞こえてしまう。
ライトたちの近くで話をするのはまずい!!
「ノート返して」
当然のごとくノートの返還を要求するシドウ!
「あ・・・やっぱりそれか・・・」
それはリュークの想定の範囲内!!
「いやそれがややこしいことになっていて俺も今どこにあるのか・・・」
でもノートはもう手元には無い!どこにあるのかすらわからない!!
返せと言われても無いものは無い!!
「そんな無責任な」
気が弱いシドウ!そんなに強くは言えない!!
でも確かにリュークは無責任!!
「こいつのことライトには言えないな・・・」
ライトたちには内緒にしておこうと決意するリューク!!
今後この死神シドウがどのように物語に関わってくるのか?
ついにノートを手に入れたメロ側に憑いたりすることがあるのだろうか?
そうなるとニア、ライト側にとっては厄介な存在に!!


ネウロ
「好物は新茶でお茶づけ。」
もう「女子高生。」とかそういう前フリすら無くなっちゃってるし!!好物だけしか書いてないし!!
新茶は何に使ってもおいしいけれど、お茶づけはまた格別です。
「『温泉峡の滝壺から立ち昇る殺意!マイナスイオンが覆い隠した美人女将の殺人トリック!!』・・・か」
マイナスイオンを過信しすぎ!!
そんなもん覆い隠せないよマイナスイオンは!!(笑)
「地上の2時間ドラマはえらく欲張るな 魔界のはいたってシンプルだ たいがいが最初の5分で全員死んで・・・ あとはずっと死体を映してる もちろん10時またぎも延々と死体・・・」
なんじゃそりゃ?魔人はそんなの見て何が面白いんだ?
ドラマである必要性が見当たらない!!
「犯人は・・・アヤさん・・・だよね 違う・・・?」
自分自身で『謎』の答えにたどり着いたヤコ!
「ゾウリムシ程度の存在と思っていたが・・・ 喜べ ワラジムシに昇格だ」
ゾウリムシは、体長0.2mm~0.3mm程度の単細胞生物で、ワラジムシは体長10mm~15mmの節足動物!(wikipediaより)
大きさ的には約50倍も昇格!やったねヤコ!!(やったのか?)
「コネはどこまでも浅ましく使うのが先生流でして」
「・・・・・・ 浅ましくてごめんなさい・・・」
謝るぐらいなら浅ましく使うなよ!!
すっかり浅ましい人にされてしまったヤコ!!
「さあ・・・2時間も前座どもで焦らしてきましたが 最後はいよいよこの方!!」前に歌ってた人の扱い悪ッ!!前座扱いかよ!!
てか司会の女の人の目が怖いし!!もう一人のおっさんはビビってるし!!
「私の考えが間違っていないなら アヤ・エイジアーー 逢沢綾は私がネウロと出会ってきた犯人の中で多分一番残酷で そして一番悲しい人だ」
今まではろくな犯人いなかったけどね!!
「・・・・・・!! 探偵・・・さん?」
番組終了間際に突如乱入したヤコ!
「犯人は・・・ ・・・・・・おまえだっ・・・」
そして爆弾発言!!
テレビカメラの前で世界的な歌姫を犯人扱い!!これは暴挙だ!!
「ーーご覧のスポンサーの提供でお送りしましたーー」
番組終わっちゃったーー!!
こんなすごい展開で!?視聴者怒るぞ!!
「こっ このガキ何てことを!!放送事故おこしやがって」
怒り心頭の番組スタッフ!!そりゃそうだ!!
「本気なの探偵さん・・・? それって 私があの2人を自殺に見せかけて殺した・・・ってこと?」
あくまで冷静なアヤ・エイジア!!
さぁ探偵さんのお手並み拝見!!
「・・・さてアヤさん パパッと解いてしまいましょう あなたの殺人計画の全容を」
マネージャー自殺事件の真相は、アヤ・エイジアの計画殺人だった!?
彼女がマネージャーたちを殺した理由とは!?
計画的に殺したのならば、なぜ彼女は桂木弥子魔界探偵事務所に調査を依頼したのか!?
そして追い詰められたアヤ・エイジアはやっぱりすごい顔に変身するのか!?(笑)
『謎』は深まるばかり!!
「あれを見てた人間も半端な数じゃないですよ!!」
ヤコの顔が全国区に!!これはすごい宣伝効果だ!!


考察 アヤ・エイジアがマネージャー二人を殺害した動機について

アヤ・エイジアがマネージャー二人を殺害した動機について、今までのアヤ・エイジアの言葉から、少し思い当たることがあるので書いてみます。
「私は彼らの脳をダイレクトに揺らすことができるのよ」
「私も・・・世界で一人きりだからよ」
「あなたじゃ無理よ だってあなたがそばにいても・・・私は歌えるもの」
これらの言葉にヒントがあります。
アヤ・エイジアが世界的な歌姫になれた理由。
それは、”孤独を感じる人間の脳をダイレクトに揺らすことができる歌”を歌うことができるからです。
なぜそんな歌を歌うことができるのか?
それは、彼女自身も孤独を感じているからです。
つまり彼女が孤独を感じなくなったら、もう歌うことはできません。

彼女が殺したマネージャー。
一人目は無名時代からのパートナー、台島拓郎。
二人目は台島を失ってしまった後、彼女を励ましてくれ、新人の頃から付き合いのある大泉ひばり。
アヤ・エイジアは彼らと一緒にいるうちに、深い信頼関係を築き上げ、親友になってしまった。
孤独を感じることができなくなってしまいつつあった。
だから、殺した。
孤独を感じ続けるため、歌い続けるために。

深く信頼してくれている親友を殺すという意味では残酷な人。
世界的な歌姫として歌い続けるためには、親友を殺してまでいつまでも孤独であり続けなければならないという意味では悲しい人。

「私の考えが間違っていないなら アヤ・エイジアーー 逢沢綾は私がネウロと出会ってきた犯人の中で多分一番残酷で そして一番悲しい人だ」
ヤコのこの言葉の真意は、多分こういうことなんだと思います。

もちろん間違っているかもしれませんが。


銀魂
「かっえっれっ!かっえっれっ!さっさと帰れ~!!」
めちゃイケでもネタにされてた布団たたきおばさんじゃん!!
あれはめちゃイケで山本がモノマネしてたのも、ニュースで見た本物も爆笑でした。
あのおばさんのファンサイト?もあるそうですね。ネット世界は広いもんです。


こち亀
「た・だ・の・3輪車だと言ってんだろォ」
「うるせえよいちいち・・・」
企画会社の人のキレっぷりが最高でした。(笑)


じゃんぷる
「第8代王者 アカツキくん大特集!!!」
8代王者、アカツキくんの正体が今明らかに!!
群馬県在住の、初代レースから参加しているベテラン戦士だった!!
アカ「パソコン部に入ってます」
どん「パソコン部?それどんなことやんの?敵の忍びの情報収集とか?」
アカ「主にネットゲームを」
どん「ゲームかよ!!遊びじゃねーかよ!!」
パソコン部なんてたいそうな名前付けてるけど、その実態はネットゲーム部!!
部活なんてそんなもの!!
あとどんちゃんのツッコミがグッド!!
アカ「あと、アイドルには自信ありますよ」
そんな自信いらないよ!!えらそうに言えることでもないよ!!
「次号より第9回GP開幕!!!」
ついに次号から9大レース開始!
新コーナーの出だしはどうなるのか?有望な新人は出てくるのか?
興味は尽きない!!

Posted by seiji | 19:26 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。