コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

03 2017

ジャンプ39号感想

僕のヒーローアカデミア
「この子にとっておまえはヒーローじゃない」
死んだ魚のような目でミリオを見るエリ!私を見捨てたあなたのことを忘れていない!
「………だから来た」
一度は見捨ててしまった。その罪を償うため、ミリオは戦う!そっちの目的がヤクザ復興なら、こっちはヒーロー復興だ!
「俺に近づくなよォ 酔っ払いがうつっちまうぞ!!」
周囲の人間を酔っ払いにできるとは、足止めに便利な個性だな。今回はミリオ一人だけど、この個性が複数の相手に同時発動できるなら、かなりやっかいだ。
「どういう“個性”だ?」
なんでもベラベラしゃべらせる個性+銃!透過だから銃は効かないとわかりきっているのに、バンバン撃ちまくっているのはどういうわけだ!?
「自分が楽になりたいだけだろう?」
本音をしゃべらせて恥ずかしがっているところに、キツい言葉で精神攻撃!なんともエグい戦法だ!!
「必殺 ファントム・メナス!!」
ふらついたと見せかけてからの急襲!二人いっぺんに敵を撃破したミリオ!!
「酩酊どころじゃない感覚をいつも味わってる」
平衡感覚を失う体験は慣れている!ミリオにとって相性の良い敵だったのは幸いだった!
「もう決して君を悲しませない 大丈夫!!俺が君のヒーローになる!」
エリ奪取に成功!ここはエリの身柄確保が最優先だから、ダッシュで逃げろ!オーバーホールを追いかけるのは、仲間たちと合流してからで十分だ!


約束のネバーランド
「お前達は邪魔だ」
たった一人で、追っ手の鬼たちを皆殺しにするソンジュ!強すぎない!?
「ここだ…」
砂漠のど真ん中に、地下へとつながるハッチを発見!興奮する子供たち!
「長旅ご苦労 ようこそB06-32シェルターへ」
クッキー好きの、えらそうなオッサン登場!彼が、子供たちを導く救世主となるのか!?


鬼滅の刃
「黙らねえか!!下がれ!!」
奥さんが死んで、自暴自棄になっている旦那さん!異常事態だということは把握しているが、自分がどうすればいいのかわからず、混乱しているのだろう。
「お前たちには悪いことをしたと思ってる」
おちゃらけた態度はどこへやら、思いつめた表情で語る宇髄。腕は血管浮き出ているし、完全に戦闘モードだ。
「後は俺一人で動く」
これ以上犠牲を出さないために、あえて一人で動くことにした宇髄。今は逃げろ、いつか戦うために。
「いなくなった人達は必ず助け出します」
鯉夏にお礼とお別れを告げる炭治郎。律儀な人ね。女装は完全にバレてたけど。
「何か忘れ物?」
「そうよ 忘れないように喰っておかなきゃ アンタは今夜までしかいないから ねぇ鯉夏」
狙われた鯉夏!結婚するために明日この街を出て行く彼女のことを、堕姫は標的にしていた!
「鬼だ!! 鬼の匂いだ近くにいる!!!」
すぐ戻れ炭治郎!鯉夏が喰われてしまう前に!!


読切 阿波連さんははかれない
最近よくある、変人少女ラブコメ。窓ガラスを屋外から掃除する用具一式を個人で所有しているということは、家が金持ちなんだろうか。


読切 貧民超人カネナシくん
貧乏人ギャグ。画力が低いけど、ギャグ漫画ならこんなものだろうか。
バイトしている割には、普段の食事や筆記用具すらも満足に用意できていないのはなぜだろう。
というか、ここまで貧困に苦しんでいるなら、生活保護を受給する手続きを周りがすすめるべきだと思うんだけど。


ハンター
「王妃はもう既に念を使える準備ができておいでです」
オイト王妃が念能力者に!彼女がいったいどんな能力に目覚めるのか、楽しみだ。
「“11人いる!” 発動してやるぜ……!!」
この船、念能力者多すぎだろ!!
萩尾望都のSF漫画っぽい名前の能力だけど、いったいどんな効果なのか?

スポンサーサイト

Posted by seiji | 23:11 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

27 2017

ジャンプ38号感想

僕のヒーローアカデミア
「何で……違う!これはいつもの俺じゃない…!!」
自分の個性のことを大声でネタバレしてしまうトゥワイスとトガ!自分の意思ではないようなので、誰かの個性によって操られているのか?自白剤いらずだな!!
「ごめんなヤー公 やっぱ好きにさせてもらうわ バイ」
協調性のないこの二人が、ヤクザと仲良くやれるわけがなかった!しかし入中の最大の過ちは、怒りに我を忘れて慎重さを欠いてしまったことだな。あせらずに淡々と足止めをすることが彼の仕事だったのに。
「すいませんね……やっぱ 少し話聞かせてもらっていいですか?」
単独でボスと退治しているにもかかわらず、軽いジョークを飛ばすミリオ!まさに勇者一人旅!頼むぜミリオ、お前だけが頼りだ!


約束のネバーランド
「もう一度食いてぇなあ 腹一杯人間をよ」
ソンジュがエマ達を助けたのは、自らの食欲のためだった。鬼と人間の世界が分断された今では、天然の人間などこの世界にはいない。信仰上の理由で養殖の人間を食えないソンジュにとっては、脱走者の支援こそが自らの欲望を満たす近道だったのだ。
「ここ…何もないけど…」
約束の地は、砂漠のど真ん中!おかげで鬼に見つかるリスクはほぼないけれど、ここでいったい何があるというんだ!?


鬼滅の刃
「そういうことはね 気づいた所で黙っておくのが“賢い生き方”というものなんだよ」
京極屋の女将さんが昔話で聞いたことがある、とある性悪花魁の話。その正体が蕨姫であることを看破した結果、女将さんは無残な死を迎えることとなってしまった。包丁を一本用意したところで、かなう相手ではなかった。女将さんがやるべきことは直接本人に問いただすことではなく、誰かに相談することだったのではないか。
「お前は誰よりも美しい そして強い柱を七人葬った これからももっともっと強くなる残酷になる 特別な鬼だ」
パワハラで有名な無残様からねぎらいの言葉をいただけるとは、貴重な経験をしたな!堕姫もこれでやる気百倍だ!!
「入ってきたばかりの子につらく当たりすぎたね 手当てしてやって頂戴」
蕨姫さんの営業スマイルが出たぞ!鬼であることを隠して働いているんだから、その調子で営業スマイル多めで頼むよ!客商売なんだし!
「少し時間がかかったけど上手く釣れてきたわね どんどんいらっしゃい皆殺して喰ってあげる」
鬼殺隊の刺客が来ていることに気づきながらも、獲物が向こうからやってきた程度にしかとらえていない堕姫!これが柱を七人も葬った上弦の鬼の余裕か!!


ハンター
「サバイバルゲームに熱中しているあなた方には 腹違いの娘を見殺しにしなかった事がよっぽど奇妙に映るのね」
謀略と暗躍を楽しんでいる人間たちを軽蔑するオイト王妃。彼女は戦士ではないから、戦士の考え方はわからないし、わかりたくもないのだろう。
「我々がいては王妃の気が休まらないだろう」
王妃に気を使って席を外し、円も解くバビマイナ。彼は戦士である前に紳士なのだな。
「クラピカ!?」
緋の目の酷使がたたって、ついに倒れてしまったクラピカ!無理は禁物だよ!一人で抱え込まないで!

Posted by seiji | 21:42 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

27 2017

ジャンプ36・37号感想

後日書きます。

Posted by seiji | 21:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

06 2017

ジャンプ35号感想

僕のヒーローアカデミア
「迫って来る!!圧殺されるぞ!!粗挽きハンバーグにされちまう!!」
ハンバーグだとぉ!?大ピンチだというのに、ジョークを言う余裕はあるんだな!!
「俺が“施錠”したモノはその場に一切不動(ロック)される!」
ボーボボの破天荒みたいな能力だな!おやびーん!!
「敵連…」
「シー 違います今は時代遅れの天然記念物 ゴクドー者のトガです 悪者なのです」
トガの奇襲!おまけに、初手はトゥワイスの作った分身!警戒していたロックロックも、この二段仕込みの攻撃にやられてしまう!!
「トガヒミコ!!?」
危うく緑谷もやられるところだった!しかし、相澤の洞察力と個性のおかげで、トガの正体を見破る!!
「トガ!!そうだよトガです!覚えててくれた!! わああまた会えるなんて嬉しい!! 嬉しいなァ出久くん!!」
相澤の個性で変身を解かれ、全裸で拘束されたトガ!でも、そんなことよりも緑谷と再会できた喜びの方が増しているようだ!余裕だな!
「先生!!?」
素早い身のこなしが自慢のトガ!相澤のテープを利用して退避し、ついでに攻撃も加える!!
「出向して良かったぁ…」
全裸でハァハァしちゃうトガ!変態だー!!
「哀しいぜ死柄木…ワクワクしちまうよ」
オラワクワクしてきたぞぉ!(孫悟空?)
最強の矛の分身を従えて、サーに立ち向かうトゥワイス!圧倒的なパワーを相手に、サーは予知能力でどう立ち向かうのか!?


鬼滅の刃
「すごい得したわこんな美形の子安く買えて!!」
金の卵発見!未来の売れっ子候補を前に大興奮だ!でも、その子実は男なのよね…。
「あ…あの子三味線うまいわね」
魂のビートを刻む善逸!耳がいいので、音楽の才能があるのか!すごいぞ!
「炭子ちゃんよく働くねぇ」
持ち前の人当たりのよさで、新しい環境でもすんなり馴染む炭治郎。さすが長男!
「お菓子をあげようね ひとりでこっそり食べるのよ」
恋夏花魁の魅力にタジタジになる炭治郎。しのぶさんといい、年上のお姉さんの色気に弱いんだね。
「姉なんです」
とんでもなく不細工な顔になる炭治郎!嘘をつけない性格とはいえ、そんなふざけた顔になるんかい!!
「まきをさん大丈夫かしらね 部屋に閉じ籠もって出て来ないけど」
意外とちゃんと仕事している伊之助。聞き耳を立てて、こっそり情報収集だ!猪突猛進だけの男じゃないぜ!
「さぁさ 答えてごらん お前は誰にこの手紙を出していたの」
鬼に捕らえられ、拷問を受けているまきを!答えろと命令しているわりには、口を封じるように縛っているのはどういうこと!?
絶体絶命のピンチだが、まきをの目は死んでいない!さすがは柱の嫁!そしてクノイチだ!


ハンター
「柵は…忘れるものではなく 断ち切るものなので」
個性豊かな王子たちのせいで影が薄くなりがちだが、団長もこの船に乗っているのだ!テンションが低いのを見ると、ヒソカに団員が殺されていらだっているのか?火種が多すぎて、もはや数え切れないぜ!


読切 移ろう時の中で
神様召喚太鼓漫画。独特の雰囲気はあったけれども、特に面白くはなかった。


約束のネバーランド
「狩りの仕方を教えて下さい」
きれいごとだけでは生きていけない。自分以外の命を奪うことは、生きるために必要なこと。だからエマは、狩りを教わった。自分自身の力で生きていくために。

Posted by seiji | 23:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

06 2017

ジャンプ34号感想

後日書きます。

Posted by seiji | 23:40 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

next»

© FC2 BLOG / ooq:blog